国宝になった明治の学校

旧開智学校は、長野県松本市に残る明治初期の洋風校舎です。
1873年(明治6年)に開校し、校舎は1876年に建設されました。
IMG_10381.jpg

文明開化時代の小学校建築を代表する建物として知られています。
この校舎が2019年9月に国宝に指定されました。
IMG_10380_20191103111925473.jpg

正面の唐破風には2体の天使が校名の額を掲げており、このデザインは東京日日新聞の題字がモチーフになっているそうです。
IMG_10383.jpg

建築物だけでも十分価値がありますが、内部にも明治初期の学校資料、明治・大正・昭和の3時代に使用された教科書や生徒作品などが展示されており、おもしろく見て回れました。
IMG_10384.jpg

当時の算数の問題も掲示してありました。文章問題に出てくるもの(牛や馬、水車、博覧会)が時代を反映しています。それにしても今と比べるとハイレベルです。
P11000453.jpg

同じく国宝の松本城から歩いて10分ほどの場所にあります。下の写真は松本城の天守から撮影した開智学校です。
IMG_10350.jpg

こんな近くにまったく別の時代の2つの国宝建築があるというのはすごいことですね。私がここへ行ったのは2015年でした。松本城から歩いて行ったのですがガラガラでした。国宝となった今では来訪客も激増しているのでしょうね。実際に松本市のHPを見ると駐車場は20台分しかないので公共交通機関でお越しくださいという注意書きが付加されていました。
IMG_10378.jpg

目の前に現在の開智小学校があります。こちらの校舎もなかなかおしゃれです。
IMG_10377_20191103111925c60.jpg

テレビ番組でこの小学校の児童が定期的に旧開智学校の掃除をしているようすを「国宝を掃除できるのは誇らしい」というコメントとともに紹介していました。こうして地域に愛されているものが国宝になるのはいいことです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 長野県
genre : 地域情報

旧三井家下鴨別邸

京都・下鴨神社糺の森の南端に高い塀で囲まれた一角が旧三井家下鴨別邸です。
IMG_41109.jpg

約5700平方メートルの敷地に木造3階建ての主屋、平屋の玄関棟茶室が建っています。
IMG_41106.jpg

とくに主屋の3階にある望楼は印象的です。この日もここへ寄るつもりはなかったのですが、前を通ったときに高い塀の向こうに望楼が見えたので「何だろう」と思い入りました。
IMG_41103.jpg

平成23年に国の重要文化財に指定され、平成28年から一般公開されています。
IMG_41093.jpg

庭園も見事です。係の方の話では池に写る建物もいいとのことでした。晴れていたらもっと良かったのでしょうね。
IMG_41097.jpg

望楼を含む2階以上には上がれませんが、特別公開期間には上がれるそうです。ただ望楼は3畳の広さらしいので身動きが取れないような気もします。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

昔の人気者も交代

京都府福知山市にある三段池です。江戸時代に福知山藩主松平忠房により潅漑用の池として築かれた歴史的な池で満水時には4.8haもの広さになります。
IMG_2308.jpg

現在は一帯が三段池公園になっていて、池の周囲に1.3kmの散策道があります。訪れた11月中旬はまだ紅葉の始まりでした。
IMG_2258.jpg

その三段池公園の一角に市立福知山動物園があります。
IMG_2263.jpg

今から10年くらい前に関西でニホンザルのこどもがウリ坊に乗って疾走することで有名になり来園者が増えました。
今ではかわいい子ザルも大人のニホンザルです。少し前に動物園から逃亡し話題になりました。捕獲されてからは頑丈なオリに入れられています。
IMG_2277.jpg

そのときのウリ坊も巨大なイノシシです。こちらもさらに頑丈なオリに入れられていました。よく野生のイノシシに住宅街などで襲われるニュースを聞きますが、こんなのに襲われたらひとたまりもありません。
IMG_2280.jpg

そして現在人気を集めているのは今年の7月に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんです。10月に公募により「令明」と名付けられました。ちょうど屋外に出る時間でしたが、まだ外に慣れていないようで、敷地のすみっこでじーっと耐えるように座ってました。
IMG_2305.jpg

敷地内ではイチョウの紅葉がきれいでした。
IMG_2266.jpg

入園料は220円で動物用のエサを50円で販売しています。小動物中心の小さな動物園で、子ども連れのお客さんが中心でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

風景写真の真実とウソの境目

昨日、通りかかった尼崎富松神社です。家から歩いて7~8分です。
IMG_2853.jpg

能舞台(下の写真左)があり毎年7月には薪能が行われます。
IMG_2850.jpg

地元では有名な神社ですが、紅葉の名所ではありません
でもそこで私が撮った写真が下の写真です。これだけを見るとちょっとした紅葉名所の神社のようです。
IMG_2861_20191201172430186.jpg

たまたま「唯一のもみじの紅葉具合」「鳥居を見上げられる場所」「青空が青く写る角度」「西日が紅葉を照らす角度と時間」という偶然に恵まれて労せずにきれいな写真が撮れました。(上の写真のもみじは下の写真の鳥居横のもみじです)
IMG_2851_20191201162803550.jpg

きれいに撮れてもこの1枚だけを見せて「紅葉の隠れた名所」といえばやはりウソになると思います。でも「富松神社の紅葉です」とだけいって見せたらどうでしょうね。写真が合成でない限り確かにウソではありません
IMG_2861_20191201172430186.jpg

たまに雑誌やネットなどで紹介される写真でそのような場合もあります。行って見て「ちょっと違うぞ~」という経験あります。難しいところです。結局は伝える側が見る側をある方向へ誘導しようとする意図があるかどうかですね。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

穴場紅葉

京都山科にある勧修寺は醍醐天皇が生母の菩提を弔うために創建された寺院です。

やや穴場的な紅葉の名所です。紅葉については木の本数では東福寺永観堂など超有名な寺院に劣りますが、ゆっくり鑑賞するならこれくらいの寺院がいいです。
IMG_2421.jpg

門をくぐるとすぐ見えるのが宸殿です。
IMG_2379.jpg

宸殿の前の紅葉が見頃でした。「さざれ石」とともに撮影。
IMG_2411.jpg

また書院横の紅葉もなかなか見事です。
IMG_2403.jpg

平安時代以来と伝えられている氷室池を中心とする池庭と昭和6年に再建された観音堂です。
IMG_2401.jpg

庭園に1輪だけアジサイが咲いていて、紅葉の中で目を引きました。
IMG_2392.jpg

紅葉以外にも樹齢750年を超えるハイビャクシンや徳川光圀寄進の雪見灯籠も見どころです。(写真ではハイビャクシンが成長して灯籠が隠れています 下の写真で左の岩の上に頭が少し見えています)
IMG_2393.jpg

ところで勧修寺は正式には「かじゅうじ」と読みます。ただ周辺は勧修寺(かんしゅうじ)町です。京都市営地下鉄小野駅から徒歩6分です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 京都
genre : 地域情報

tag : 京都 東福寺 永観堂

「深紅のじゅうたん」まだ・・

京都の平野部での紅葉もいよいよ見頃を迎えました。
IMG_2330.jpg

京都山科にある毘沙門堂門跡に行きました。赤穂事件で徳川綱吉に赤穂浪士切腹の決断を促したという逸話のある寺院ですが、関西ではサクラと紅葉が美しいことでも有名です。
IMG_2365.jpg

紅葉時に必ず紹介されるのが勅使門へ続く参道です。階段が深紅のじゅうたんのように落ち葉で真っ赤になる「敷き紅葉」で人気です。訪れたとき紅葉は見頃でしたが、まだ落ち葉はありませんでした。
IMG_2371.jpg

本堂横の紅葉もちょうど見頃でした。
IMG_2357.jpg

そして境内の中でも高台弁財天あたりが最も紅葉が美しい場所です。冒頭の写真もそうです。
IMG_2329_20191123062509763.jpg

晩翠園という谷川の水を引き滝を造った江戸初期の回遊式庭園です。
IMG_2341.jpg

訪れたとき仁王門へ続く急階段の下に茶色のネコが座っていました。来る人の撮影にも姿勢を崩すことなく応じ、愛想よくお出迎えをしていました。
IMG_2324.jpg

紅葉以外にも、建物内には見る角度によって変化する「天井龍」やどの角度から見ても鑑賞者が中心になる「動く襖絵」などがあります。場所はJR山科駅から徒歩20分のところです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 京都
genre : 地域情報

tag : 京都

現存しない絵もここにある

前回紹介したように大塚国際美術館は「陶板複製画」を中心とした美術館です。
古代壁画から現代絵画まで1000点以上の作品が鑑賞できます。
美術に疎い私でも知っている絵画がいっぱいあります。

言わずと知れたレオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」
IMG_12031_201911041359580b8.jpg

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」IMG_11963.jpg

ミレー「落穂拾い」IMG_11973.jpg

ムンク「叫び」
IMG_11965_2019110214431775d.jpg

いずれも撮影OK(三脚フラッシュ不可)だけでなく、触るのもOKです。

またこの美術館のもうひとつの特徴は、今は存在しない作品も復元して展示しているということです。
レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」修復前と修復後のものが同じ部屋の中で展示されていますが、もちろん修復前の作品は現存しません。下の写真はその修復前の「最後の晩餐」です。
IMG_11952_20191102132211aee.jpg

下の写真はエル・グレコ「祭壇衝立」です。この作品は今では戦災等で各地に分散している作品です。これを集めてもとの状態にして復元されています
IMG_12010.jpg

これ以外にもゴッホの作品など戦火で焼失した作品も復元展示されています。

このような数々の作品をガイドの説明を聞きながら鑑賞することもできます。(解説中なのは「ヴィーナスの誕生」ですね)
IMG_12025.jpg

とにかく広い美術館で、鑑賞ルートは4kmに及びます。ここだけで1日を過ごすのであればいいですが、そうでなければ事前に館内マップや展示作品リストなどを手に入れて計画しておいた方がいいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

複製の美術館

今や全国的に有名になった徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行きました。
陶板複製画」を中心とした美術館で、作品を撮影したり触れたりできます。陶板なので劣化しないため新しい絵画の保存方法としても注目されています。
IMG_11946.jpg

建設にあたり、国立公園内のため景観維持などの理由から、一旦は山を削り、5階分の建物を造ったあとで、また埋め戻すという難工事の末に1998年にオープンしました。
ですから下の写真で写っている屋上庭園のような芝生庭園が1階で、上の写真の正面玄関が地下5階ということになります。
IMG_12063_20191101191857f63.jpg

地下5階の玄関を入ると長いエスカレーターがあり、一気に地下3階まで上がります。そこから地上2階までが展示施設です。
IMG_12087.jpg

訪れたのは平日です。土日祝を避け平日に行けるタイミングを待っていました。開館直後でしたので、まだ団体客もなく予想以上にすいていました。
IMG_11967_20191101185552ff1.jpg

入館してすぐにとりあえず目あての知っている絵画の場所に行ったこともあり、「モナ・リザ」も独占。
IMG_11957.jpg

1階の芝生庭園にも誰もいません。
IMG_11985.jpg

昼頃になると、ここでお弁当を食べる学生の姿がありました。それでも混雑はしていません。
IMG_12045.jpg

庭園の横にあるピカソの「ゲルニカ」のフロアもひっそり・・
IMG_11990.jpg

車で行く場合は少し離れた場所に駐車場があり、そこから美術館までシャトルバスが出ています。駐車料金は無料です。
IMG_11944_20191101185542ea7.jpg

入館料は3300円と少々高めです。ただ事前にホームページで前売りチケットを購入すれば3160円と少しだけ安くなります。私は少しでも安い前売りチケットをPCで購入し印刷して持っていきました。(スマホに表示してもOKです)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

丹波のもみじ寺

京都府福知山市にある長安寺です。
聖徳太子の実弟・麻呂子親王の勅命による創建と伝えられています。
IMG_2214.jpg

このお寺は「丹波のもみじ寺」としても親しまれています。
IMG_2239.jpg

まだ色づき始めでしたが、それでも見事な紅葉です。
IMG_2244.jpg

薬師堂の中に入ることができます。正面の薬師如来立像を拝んだ後、頭上の天井画を見逃してはいけません。
IMG_2228.jpg

この龍雲図は写真ではわかりにくいですが、立体になっています。
IMG_2227.jpg

本堂にあたる大方丈は1784年に再建され、本尊の釈迦如来が安置されています。枯山水の庭も見どころです。
IMG_2217.jpg

場所はJR福知山駅から車で10分くらいです。駐車場は無料ですし、拝観料も300円のみです。京都府北部に行かれる折にはおすすめの寺院です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 京都府

花と彫刻の公園

大阪市西区にある靭(うつぼ)公園です。行ったのは10月19日でしたが、もう木々の葉は少し色づき始めていました。
IMG_10744_20191019135708f7a.jpg

オフィス街にある東西800m南北150mの細長い公園で、とくにバラ園が有名です。今は花の季節ではないですが、ところどころで咲いている花はありました。
IMG_10761_20191019135707500.jpg

この時期にわざわざ行ったのは知り合いの松原一彦氏が大阪彫刻家会議に所属しており、その団体がこの公園に作品を展示していたので見に行ったわけです。
IMG_10765.jpg

知人の松原氏の作品が下の写真です。タイトル「The Head」です。
IMG_10721.jpg

ほかにも大阪彫刻家会議の方々の作品が展示されています。
下の作品のタイトルは「風の想い出」です。
IMG_10750_2019101914302942f.jpg

これぐらいだと素人の私でも、作品とタイトルを見て合点はいくのですが・・
下の作品タイトルは「心のトビラ」 こうなると正直なところ意味はよくわかりません・・
IMG_10755_2019101913570678b.jpg

このように公園内に40以上の作品が点在しています。ひとつひとつ作品とタイトルを見ながら巡るのもおもしろいです。
IMG_10718.jpg

作品は11月10日(日)まで展示されています。公園ですからいつでも自由に入場できます。
ちなみに松原一彦氏のHP「松原一彦立体造形作品」(←クリック)は私のHPの右の「応援」のところにリンクしています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


ナビ!ちゃお 北海道


札幌レンタリース