予想外にまだ紅かった…

京都府立植物園京都野外彫刻展(京都府、京都彫刻家協会主催)が開催中です。
IMG_0005_convert_20231207190559.jpg

このブログで時々紹介させて頂いている松原氏から案内状を頂いたので見に行きました。
松原氏の作品は「EDAMAME」です。今年3月にも尼崎芸文美術展にこの作品を出品されていましたが、屋外で見るとまた違った雰囲気です。
IMG_0042_convert_20231207141805.jpg

広い植物園のあちこちにたくさんの立体作品が展示してあります。ぶらぶら歩きながら鑑賞していると、さらに知人の島崎將氏の作品も見つけました。題名は「Double faced」です。お二方とも精力的に作品を造って出品されているようです。
IMG_0025_convert_20231207141816.jpg

また敷地内の植物園会館では彫刻小品展も開催されています。こちらには40余りの作品が並んでいます。
IMG_0036_convert_20231207141832.jpg

松原氏はこちらにも出品されています。真鍮の作品で題名は「蜘蛛の巣(立方体)」です。
IMG_0033_convert_20231207141842.jpg

この彫刻小品展10日で終了ですが、屋外の京都野外彫刻展17日まで開催中です。

ちなみに訪れたのは昨日(12/7)ですが、園内ではまだ紅葉が残っていました。確かに京都紅葉の見ごろは12月上旬までと聞きますが、ここまで残っているとは思いもしませんでした。
IMG_0011_convert_20231207141857.jpg

さすがに少々色は褪せてはいましたが、「いつまで紅いねん!」と突っ込みながら撮影しました。いわゆる「名残の紅葉」ですね。
IMG_0046_convert_20231207141905.jpg

京都はインバウンド復活で混んでいるので、紅葉は見に行かなかったのですが、まさか彫刻展を見に行っておまけに紅葉まで見られたのは想定外でラッキーでした。人もほとんどいませんでしたしね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

おはようございます。
目が覚める、紅葉ですね、綺麗です。。
師走でもまだ見られれるのは、北国からしてみれば不思議ですが、まだこちらは、銀世界まで行ってません。。色のないモノトーンの中途半端な季節です。
植物園内の野外彫刻展も、周りの景色との一体感がありそうでいいですね。
シノッチさんへ
コメントありがとうございます。
11月以降は北海道と京阪神の風景は大きく違ってきますね。私の地域など場合によっては週末最高気温が20度近くまで上がるらしいです。雪景色は一冬で1~2回うっすらと積もることがあるかどうかというところです。
こんにちは
彫刻も素晴しいですが
府立植物園は紅葉の大穴場ですね
ここの紅葉見たらよその紅葉は見れないですね
この場面私も撮りました
山田さんへ
コメントありがとうございます。
実は私も紅葉が見頃の時期に何度か行ったことがあります。下賀茂神社とハシゴしましたが、下賀茂神社はいっぱいでも、確かにここは少なかったですね。ただ今回はさすがに終わっていると思っていたので意外でした。

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース