金ケ崎の退き口

統一地方選挙報道のため1週休みだった大河ドラマどうする家康」の今回のタイトルは「金ヶ崎でどうする!」です。織田信長最大のピンチである「金ケ崎の退き口」が描かれます。
IMG_0035_202304031855231a1.jpg

信長が越前の朝倉氏を攻め込んでいたときに、妹のを嫁がせている浅井氏に裏切られて背後から攻められ挟み撃ちになり、現在の福井県敦賀市金ケ崎城から命からがら逃げたのが「金ケ崎の退き口」です。現在、城は残っておらず、金ヶ崎城跡の麓には金崎宮が建っています。

私が北海道へ行くときに利用する新日本海フェリー敦賀港ターミナルはこの金ケ崎城跡の近くです。フェリーは深夜出港なので早めの夕方に行って金ケ崎緑地といわれる海沿いの公園の周辺を歩いたことがあります。
IMG_110024.jpg

公園のすぐ隣にあるのが「旧敦賀港駅舎」です。現在は敦賀鉄道資料館として活用されています。
IMG_110029.jpg

公園の敷地内にある「人道の港 敦賀ムゼウム」です。
戦前、シベリアやナチスドイツから逃れてきたユダヤ人難民が、リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が発給した“命のビザ”を握りしめ、敦賀港に上陸したことに関連した展示を行っています。
IMG_110031.jpg

赤レンガ倉庫」は1905年に建てられ石油貯蔵庫として使われていました。内部は柱が無く国の登録有形文化財です。現在は商業施設になっています。
IMG_110032.jpg

敦賀港駅 ランプ小屋」は1882年に作られた小さなランプ小屋で、現存する鉄道関連の建造物では最古のもののひとつです。汽車の照明に使われるランプや油類などの危険物を保管していました。
IMG_110037.jpg

海洋交通がさかんだった時代、鉄道と港の関連は密接で、小樽函館とまではいかないものの敦賀にも多くの明治時代のレトロな建物が残っています。ただ夕方でしたのですべて見学時間は終わっていましたが…
IMG_110027.jpg

このように金ケ崎城跡周辺は見どころが多く、また近くには日本三大松原気比の松原日本三大木造鳥居気比神宮もあります。私のようにフェリー乗船前にちょこっと見るのではなく、1日かけて見るべきエリアです。
nigaoe_oda_nobunaga.png
ちなみに浅井氏に嫁いでいる信長の妹金ケ崎城で戦っている兄に浅井氏の裏切りで「袋のネズミ」になっていることを知らせるために両端を固く縛った小豆の袋を送り届けたという逸話があります。ドラマチックな話なので時代劇では定番のように描かれる逸話ですが、実際は後世の作り話のようです。
【追記】16日の「どうする家康」の「金ヶ崎でどうする」では市の小豆の袋は未遂に終わり、市の侍女の阿月が命を懸けて金ヶ崎城まで知らせに走るという展開で描かれました。小豆と阿月です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

撤退戦
いよいよ今日ですね。金ヶ崎の退き口は!
敦賀の位置を考えると、ここで南北から挟み込まれたら大軍を擁していても勝つのは難しいかも?
撤退することにもためらいのない信長の素早い判断力は流石だなと。
仕事ではなかなか撤退の判断がつかないことが多いですからね。
大納言兼加賀守さんへ
コメントありがとうございます。
実際に挟み撃ちになっているとわかったときの信長陣営の実際の会話を聞いてみたいものですね。ドラマでは信長自身の判断から秀吉や光秀の進言までいろいろと描かれていますが。

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース