櫓だけでも見応え十分!

前回紹介した駿府城公園ですが、公園は自由に入れますが、復元された櫓などは有料です。駿府城の天守は復元されていませんが、櫓だけでも十分見応えがあります。

東御門は1996年(平成8年)に日本古来の伝統工法にのっとって復元されました。
IMG_3200.jpg

その東御門から繋がっている巽(たつみ)櫓は、1989年(平成元年)に復元された櫓です。
IMG_3007.jpg

巽櫓は全国の櫓建築でもあまり例のないL字型の形をしており、防御に優れた櫓でした。
IMG_3198.jpg

東御門巽櫓の中は資料館になっており、駿府城公園内より発掘された出土品などが展示されています。
IMG_3241.jpg

また徳川家康が幼少期に今川氏の人質時代に太原雪斎から教えを受けたとされる臨済寺の「竹千代手習いの間」もここに復元されています。
IMG_3252_20230314062329dd6.jpg

東御門・巽櫓と反対の隅にあるのが坤(ひつじさる)櫓です。 2014年(平成26年)に復元されました。
IMG_3213.jpg

屋根には鯱が乗っています。出土した完全な姿の鯱を3Dスキャナーで計測し、原型に忠実に複製されました。
IMG_3214.jpg

外観は2階建てに見えますが、内部は3階構造になっています。2・3階部分は床板と天井板をすべて取り外されているので、骨組みに釘などを使わない伝統的な木造工法により復元された櫓の構造がよくわかります。
IMG_3212.jpg

紅葉山庭園は城が存在した頃からある庭園ではなく、駿府城公園の歴史的背景を生かして再現された庭園です。下の写真は奥に富士山を模した築山があり、手前の松原と白い州浜と併せて三保松原を表現しています。
IMG_3231_20230314062504dc4.jpg

東御門・巽櫓坤櫓紅葉山庭園共通券は360円でそもそも安いですが、静岡市歴史博物館大河ドラマ館両方に入館するとさらに半額になり、わずか180円で3ヵ所を鑑賞できました

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース