ハルカスで作品展

このブログでも時々紹介する造形作家の松原一彦氏の作品を見に行きました。作品名「閉じ込められた男」です。
IMG_0068_20221118171618e42.jpg

真鍮の釘を組み合わせて作られています。その真鍮でできた箱の中に真鍮でできた男が閉じ込められています。
IMG_0069_2022111821025778c.jpg

今回は第18回日韓現代美術同行展で、60点を超える作品が展示してありました。
IMG_0072_20221118171617c42.jpg

会場は大阪芸術大学スカイキャンパスです。日本一の高さを誇るあべのハルカス24階にあります。
IMG_0046_202211181716162fe.jpg

24階に行くのには17階でエレベーターを乗り換えます。16階には外へ出られる展望スペースがあります。
IMG_0057_20221118171615441.jpg

あべのハルカス60階あるので、16階といえば4分の1程度の高さです。それでもなかなかの眺望です。
IMG_0058_20221118171614d58.jpg

2年前もここで同じ作品展を見ました。そのときも快晴でした。というよりもせっかくのハルカスなので快晴の日を選んで来ているといった方が正しいかもしれません。(作品展はすでに終了しています)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース