足すくむ瞰望岩

遠軽のシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」です。
地上約78mの火山礫凝灰岩の岩丘です。
IMG_110556.jpg

近くを流れる湧別川の浸食によってこのあたりの平野部ができましたが、この岩は非常に固く浸食されずに残ったと考えられています。
IMG_10451_2018081007350461b.jpg

下から見ると岩の頂上へ行くのは困難と思われますが、実は岩の向こうから頂上近くまで車で上がれ、駐車スペースから歩いて5分ほどで岩の先端部に行くことができます。
岩の頂上は岩肌がむき出しで、柵も設置されていないので注意と覚悟が必要です。
IMG_110559.jpg

頂上からは遠軽の町が一望できます。ただし写真のように高い場所が苦手な人は足がすくみます。
IMG_10458_20180810073503c11.jpg

かつてはアイヌのチャシ(城)だったらしいですが、確かにここからだと下の動きがすべて丸見えですね。
IMG_10460_20190721163239c08.jpg

ちなみに以前火野正平さんがNHKの番組の「日本縦断こころ旅」でここに行かれていました。高所恐怖症の火野さんは上の写真のベンチにも座れず、その下に座りこんで視聴者のお便りを読んでおられました。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

No title
こんにちわ。先日、遠軽の太陽の丘に行った時は、寄らずに戻りましたが、その前には数十年ぶりに立ち寄り、下を眺めてきました。柵を作ったら余計に危険だということで、柵をあえて無くしたそうですね。かつては身を投げる人もいたようですが、近年ではそんな話は聞こえなくなりました。
柵があれば安心して寄りかかってしまうから、余計に危険だと言う考えですね。
野付ウシさんへ
コメントありがとうございます。
私は火野さんのような高所恐怖症とまではいきませんが、ここに立つと足がすくみました。
やはり危険
こんにちは
ここ瞰望岩を見たのは石北線の車内から。あんな岩の上にはとても登れないだろうと思っていたのですが、何かのサイトで裏には道路があると知り、車で行ってみました。
ちゃんとした道、駐車場もあり、それからは少しの上り坂。眼前に広がる遠軽の眺めに感激したのを覚えています。
しかし、柵どころかロープも張られていないのは怖いですね。

最近人気の兵庫県の竹田城も、私が行った時は天守後の石垣にはロープも張られていなかったのですが、今では安全のために張られているようです。
でもどちらが良いのか・・・いろんな意見があるでしょうね。
とっしーさんへ
コメントありがとうございます。
野付ウシさんのコメント情報では柵を作れば寄りかかってかえって危険だということであえて柵は無いそうです。
私も整備されたあとの竹田城に行きましたが、安全対策に加え、石垣や樹木の根っこを観光客が踏んで傷めないよう人の動線を制限する狙いもあるそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース