ウトロの2つの巨岩

観光船事故の影響で知床ウトロが大きなダメージを受けています。これから夏に向けて観光客が減らないことを願います。

そこで今回はウトロのシンボルになっている2つの巨岩を紹介します。
まず1つ目はゴジラ岩です。その名の通り見た目がゴジラに見えることからその名が付いています。
IMG_10233_20180810055212155.jpg

確かにゴジラが大きな岩を抱えているように見えます。
IMG_10229_20180810055212531.jpg

近づいて下から見るとさらに迫力があります。サイズ的にもまるで本物のゴジラが現れたようです。
074.jpg

そして2つ目は「オロンコ岩」です。
IMG_10234_20180810054955318.jpg

高さが60mある巨岩で、町のどこからも見えるウトロのシンボルです。
075.jpg

岩肌に作られた急な階段を170段上れば頂上にたどり着きます。「世界の果てまでイッテQ!」でデヴィ夫人もぎゃあぎゃあ叫びながら登っていました。
IMG_10217_20180810054954947.jpg

岩の頂上は意外と平らでここからの眺望は知床八景のひとつになっています。
IMG_10223_201808100549530ef.jpg

正面は夕日の名所プユニ岬です。上から2枚目のゴジラ岩を俯瞰で見た写真もここから撮ったものです。
IMG_10231_20180810054953936.jpg

ウトロに来る人は多いですが、オロンコ岩に登る人はあまりいません。もちろんしんどいということもありますが、そもそも岩の上に登れることを知らない人も多いかもしれません。少々息は切れますが景色はすばらしいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

No title
こんにちは。
今年に関しては観光は壊滅的でしょうか。

こんな岩の上に登れてしまうとは驚きました。
高さがある割に170段しかないということは、相当な
急こう配ということですね。
No title
こんにちわ。私もオロンコ岩には二度ほど上に登っています。景色も良いですが夏場は上に様々な花も咲きます。ミニ原生花園みたいですね。小型の遊覧船は複数の会社がありますが、その一つは知人の経営によるものです。今回は違う会社だったので、ある意味ではホッとしました。海底の調査と船の引き上げなどで8億とか10億とか費用がかかるそうです。特殊な作業であり二ヶ月ほども掛かるとなればやむを得ないのでしょうね。残る人たちが早く発見されるといいですね。
カワイさんへ
コメントありがとうございます。
おっしゃるように観光船はウトロ観光の目玉ですので苦しい状況になるでしょうね。
オロンコ岩はおっしゃるように階段こそついていますがかなり急ですし、しかも手すりは付いてはいますが岩にはりつくように階段がありますのでとくに海側に行くと足がすくみます。
野付ウシさんへ
コメントありがとうございます。
オロンコ岩の上までエゾシカも来ないので、食害にも遭わず知床の草花が残っているとガイドさんに聞いた覚えがあります。

観光船は知床観光の目玉でもあるのでウトロにはコロナに加えさらに大きな打撃となります。私は当面はホテルとネイチャーセンターのタイアップをするなど健脚でトレッキングなどを楽しめる層にターゲットを絞る方がよいように思うのですが・・。

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース