「あま」の歴史エリア

先日、知人の彫刻展を見に行きました。
IMG_20210221_0001.jpg

会場は尼崎市尼信会館(下の写真の白い建物)です。阪神尼崎駅から徒歩5分の場所にあります。ちなみに手前の赤煉瓦建築は尼崎信用金庫創業当時(大正12年)の本店です。
IMG_0017_2021022014093262c.jpg

尼信会館は尼崎信用金庫の創業80周年記念事業の一環として2001年に開設された博物館です。常設展は「城下町尼崎」です。
IMG_0018_20210220140931c59.jpg

尼信会館のとなりには「尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館」があります。存在は知っていましたが初めて行きました。
日本をはじめ世界62カ国の今昔の貯金箱を13000点以上収蔵しているユニークな博物館です。
IMG_0031_20210220140931f00.jpg

建物はもともと銀行でしたので、当時の金庫室も展示室に利用されています。
IMG_0033.jpg

この尼信会館のすぐ近くに寺町と呼ばれるエリアがあります。1617年尼崎藩主・戸田氏鉄が尼崎城を築く際、城下町を整備するために散在していた寺院をここに集めたのが寺町の起こりです。市内に住んでいながらこの辺りをゆっくり巡ったことがなかったので歩いてみました。
IMG_0014_20210220140930b0b.jpg

当初は20の寺があったそうです。現在でも11カ寺が軒を連ねています。
中でも最も大きな伽藍を持つのは本興寺です。1420年創建で、1617年尼崎城築城と同時にに現在地に移転しました。
IMG_0043_20210220140929f5a.jpg

開山堂・三光堂・方丈は室町・桃山時代のすぐれた建造物として国の重要文化財に指定されています。下の写真の三重宝塔は昭和49年建築ですが、寺町の中でシンボル的な存在になっています。
IMG_0001_2021022014094028a.jpg

この寺町の東に2019年に尼崎城が出来ました。あくまで外観復元天守ですし、場所も実際の城跡とはズレているので歴史的な価値はありませんが、やはり天守ができると尼崎は城下町だったというアピールになります。尼崎が城下町だったことを知らない市民も少なくありません。
IMG_10475_2019040311430060a.jpg

今回紹介した尼信会館寺町尼崎城阪神尼崎駅から徒歩圏内で、昨秋には近くに尼崎歴史博物館もオープンしました。最近は観光マップも作り、観光客を呼び込もうとしています。私がこの辺りに行ったときもマップ片手に歩いている人を何人か見かけましたので、効果は出ているようです。

松ちゃん浜ちゃんで「あま」のディープなイメージが広く知られていますが、多少は落ち着いた歴史エリアもあります。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 尼崎市

comment

Secret

No title

なかなか面白い展示があるんですね。
こういうところじっくりみてると
閃き色々ありそうです(^-^)

ジャムさんへ

コメントありがとうございます。

私も尼崎市民でありながらこのあたりへ行くことはありません。
改めて訪れてなかなかおもしろいエリアだと再認識しました。
プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
お願い
当ブログの北海道記事は過去の情報も含まれます。ご紹介した情報について補足訂正等がありましたらお知らせ頂ければ幸いです。 また新型コロナの影響もあり関西周辺情報が多くなっています。ご了承ください。
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース