絶滅危惧の「幻の橋」

前回、オホーツク海流氷がなくなるのでは・・などという話をしました。
環境破壊により消えていく風景もありますし、時間の経過とともにやむを得ず消えていく風景もあります。

上士幌町タウシュベツ川橋梁は、昭和30年に糠平ダムの完成により旧士幌線の線路とともに湖底に沈みました
139.jpg

その後この橋梁がダム湖の水位が下がると湖上に現れることで「幻の橋」と注目されるようになりました。
しかし、湖底で凍ったり溶けたりを繰り返すのですから当然橋のダメージは大きいです。
115.jpg

私が訪れた2013年にはすでに橋の中央部が崩落寸前でした。最近の写真を見るとさらに崩れています。中央部分が崩れると一気に橋全体が崩れる可能性があるらしいです。
149.jpg

現在は橋の近くまでは自家用車で行くことはできません。ゲート前に駐車してヒグマの生息する森を4キロ歩かねばなりません。
私はNPOひがし大雪自然ガイドセンターのツアーを申し込みました。それなら近くまで車で行って、森を10分ほど歩けば着きます。下の写真は旧士幌線跡を歩いている様子です。この先にタウシュベツ川橋梁があります。
128.jpg

とにかく数年前から言われているのは、もはやいつ崩壊してもおかしくない状態だそうです。
西興部の「氷のトンネル」や支笏湖の「苔の洞門」が崩落して「見ておけばよかったなあ」と感じる方は、ぜひタウシュベツ川橋梁を今のうちに見ておいてください


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : オホーツク海 流氷

comment

Secret

No title

こんばんは~
すごい!とても貴重な橋なのですね。
これを見ていたら高知の沈下橋を思い浮かべます。

sensuidiverさんへ

コメントありがとうございます。

確かに雰囲気は似ていますね。ただ沈下橋は現役ですが、こちらは役目を終えていますので補修もされませんし朽ちていくだけです。それだけに今しか見れません。

おはようございます

私のブログの写真は数年前にワカサギ釣りの際
スキーで行ってきたときの写真です。
ツアーで結構人がきていましたね。
いつ崩れるかなと思ってます。

林道

おはようございます&初めまして(^^)
2~3年前にタウシュベツ川橋梁に行った際は、林道ゲートの鍵を
借りて橋近くまで車で行き、歩いたのは数百メートルでした。
今はゲートのところからあの林道を歩かなければいけないなんて、
ちょっと無理ですね(^^ゞ
次回にもう一度行こうと思っていたのですが…。

昨年行きました

僕も昨年6月に行きました。
これまで厳しい自然に耐えつつ残ってきたことが奇跡ですよね。
また見に行きたいと思います。

㏊ru&maiさんへ

私は冬は行ったことはありませんが、寒さが苦手な私には想像を絶する環境だと・・

気旅 さんへ

おっしゃるようにどこやらの事務所に行けば鍵を借りられて近くまで行けるようです。ただ私にはその林道の運転でさえ心許なくツアーに参加しました。

私も昨年

私も昨年6月に行きました。奇しくもコメント入れられている 大納言兼加賀守 さんと同じ時期ですね。
当日は大雨警報が出そうな天候、よほどツアーをキャンセルしようかと思ったのですが、出発した早朝の北見はザンザ降りでも、糠平に着く頃には雨はあがり、幸いにもほとんど傘をさすことはありませんでした。その後帯広から弟子屈への道ではまたもや雨、しかも雷雨。
行っておいて良かったです。

大納言兼加賀守さんへ

そうですか~まだ何とかもっているのですね。
でも本当にあとどれだけもつかというレベルみたいです。

とっしーさんへ

とっしーさんも行かれましたか~けっこうみなさん行かれているのですね。私も近くまでは雨が降っていましたが糠平湖につくと止みました。

タウシュベツの冬と春

こんばんは。

私がタウシュベツに初めて訪れたのは夏でした。
その時は完全に水没してました。 それで、今度は真冬に初日の出を撮ろうと夜間ハイクで行った時が下のリンクの記事です。 
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-882.html
ご覧の通り、ほとんど氷に埋まってました。

それで、何としても見たいとゴールデンウイークに訪れたなら、ドンピシャでした。 もう、ギリシャ神話の神殿のような姿でした。 その時のモノが、下のリンクの記事です。 その崇高な姿に感動して、翌年も訪ねましたよ。
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1247.html
宜しければどうぞ。

とっしーさん、奇遇です

自らのブログを調べてみると、どうも6月16日【日】の同じタウシュベツ川橋梁のツアーに参加していたようです。
まさかまさか、こんなところで接点があるとは思いもしませんでした。

風来梨さんへ

コメントありがとうございます。

この橋は季節やタイミングでいろいろですから運次第ですね。
私もネットで調べましたが夏は基本的に水没しているようですが冬も見えないときがあるのですね。

大納言兼加賀守さんへ

同じ日に訪れただけでなく、お二方は同じツアーに参加されていたのですね~すごい偶然ですね!

なべさんに感謝

ホントに、このブログで同じ日の同じツアーに参加していた方が判明するとは・・・
驚きですねえ。なべさんに感謝です。

とっしーさんへ

私のブログを見てくださっている方の数はごくごく限られているのですが、その中でたまたま同じ日の同じ時間のツアーに参加していた方が見つかるというのはすごい偶然です!驚きの一語に尽きます。
プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース