遊久の里 鶴雅

昨夏の北海道旅行でもっとも贅沢な宿だった「あかん遊久の里 鶴雅」です。
IMG_12222.jpg

部屋の窓からは阿寒湖雄阿寒岳が見えます。
IMG_12232.jpg

となりの「阿寒湖鶴雅ウイング」とは連絡通路でつながっており入浴施設も共有できます。連絡通路というと無機質で冷たい印象ですが、そうではなくさながら美術館のようです。
IMG_12245.jpg

阿寒湖鶴雅ウイング」の1階はロビーギャラリーイランカラプテ」(アイヌ語で「こんにちは」)にはアイヌ作家の作品が展示されています。
IMG_12240.jpg

ホテルの前にはお土産屋さんが並んでいます。ぶらぶら歩いてみるのもいいですね。
IMG_12244.jpg

ホテルの阿寒湖側は「阿寒イオマプの庭」という中庭です。縄文とアイヌと自然の融合がテーマです。
IMG_12253.jpg

さすが贅沢な宿だけあって宿泊客を飽きさせない見どころが満載です。贅沢といっても我が家はじゃらんポイントがあったので、実質夫婦で2万円で泊まれました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 北海道旅行

comment

Secret

No title

こんにちわ。このホテルは何度も泊まりました。(鶴雅となる前にも何度か泊まりました)
娘夫婦(在オーストラリア)が来た時も、ここに泊まっていますが、白人の旦那に大浴場への入り方をレクチャーしながら一緒に入ったのが懐かしいです。鶴雅グループはどこのホテルも概ね評判は良いですね。

野付ウシさんへ

いつもありがとうございます。

確かサロマ湖畔にもありますよね。以前は違う旅館名だったのが、気が付くと「鶴雅」になっていることがあります。やはり少々高い金額でもそれに合った満足は得られる宿ですね。

No title

おはようございます。
2年前に家族で宿泊しました。素敵なホテルですよね。
ちょっとお高いので、復興割で泊まりました。(笑)

K.R.Mさんへ

コメントありがとうございます。
なるほど!道民の皆さんは復興割があったのですね。実際に宿泊されたのですから、復興には貢献したシステムでしたね。
私もまた泊まりたい宿のひとつです。

No title

こんばんわ。
阿寒湖鶴雅ウイングには8年前に泊まりましたが、一階ロビーの展示作品の写真を拝見して懐かしく思いました。URLは8年前の記事です。
その時ははゆっくり阿寒湖を観光できませんでしたので、機会があればまた行ってみたいです。

なんこくまほらさんへ

コメントありがとうございます。
なんこくまほらさんの阿寒の記事拝見しました。
冬の阿寒湖の景色もいいですね!冬にも行ってみたくなりました。
情報ありがとうございました!
プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
04 ≪│2020/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース