世界遺産もういいでしょ!

古市古墳群エリアは実際に行ってみると古墳が日常風景に溶け込んでいるのがよくわかります。
住宅の向こうにあるのは山ではなく、日本第2位の大きさを誇る応神天皇陵古墳です。
古市古墳 (2041)

この住宅の目の前にあるのは応神天皇陵古墳培塚である東馬塚古墳です。円筒埴輪が出土しています。
古市古墳 (2040)

この住宅のカーポート横にあるのは東馬塚古墳です。ここからも多くの埴輪が出土しています。
古市古墳 (2071)

駐車場の向こうにあるのは稲荷塚古墳です。このあたりでは珍しい帆立貝形古墳です。
古市古墳 (2058)

児童公園の向こうにあるのは青山古墳です。墳丘長72mの大型古墳で堀もめぐらされそこから埴輪も発見さrています。
古市古墳 (2078)

墓地の向こうは墓山古墳です。全長225mあり、古市古墳群5位全国22位)の大きさです。この古墳を2倍すると応神天皇陵古墳とまったく同じ形になることから、当時古墳の「設計図」があったという見方もあります。
古市古墳 (2073)

そして以前にも紹介した近鉄土師ノ里駅前鍋塚古墳です。
古市古墳 (2002)

このように古市古墳群藤井寺羽曳野に住む人々の日常の風景になっています。これらの古墳はすべて世界遺産になります。
世界遺産に登録された後、もし自治体や商店の思い通りに観光客が押し寄せると、私有地に入ってきたり生活道路が渋滞したり周辺がゴミだらけになります。知床京都の惨状をどう見ているのでしょう。なのに登録推薦が決まった時も関西のニュース番組でこぞってお祭りのように大騒ぎして古墳群を紹介しているのを見ると腹立たしささえ感じます。

それに世界的に見ても世界遺産はネタ切れではないでしょうか。立候補すればそのうち順番が回ってきて認定されるような気がしています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース