瞰望岩は自己責任

遠軽のシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」です。
地上約78mの火山礫凝灰岩の岩丘です。
IMG_110556.jpg

近くを流れる湧別川が削ってこのあたりの平野部を作りましたが、この岩の部分だけは非常に固く、取り残されてしまったと考えられています。
IMG_10451_2018081007350461b.jpg

下から見ると岩の頂上へ行くのは困難と思われますが、実は岩の向こうから頂上近くまで車で上がれ、駐車スペースから歩いて5分ほどで岩の先端部に行くことができます。
岩の頂上は岩肌がむき出しで、柵も設置されていないので注意と覚悟が必要です。
IMG_110559.jpg

頂上からは遠軽の町が一望できます。ただし写真のように高い場所が苦手な人は足がすくみます。
IMG_10458_20180810073503c11.jpg

かつてはアイヌのチャシだったらしいですが、ここからだと下の動きがすべて丸見えですね。
IMG_10460_20190721163239c08.jpg

ちなみに以前火野正平さんがNHKの番組の「日本縦断こころ旅」でここに行かれていました。高所恐怖症の火野さんは上の写真のベンチにも座れず、その下に座りこんで視聴者のお便りを読んでおられました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : NHKBS

comment

Secret

No title

おはようございます。
自己責任で登ってくださいとは、今時珍しいですね。登ってみたくなりました。

No title

今年私も行ってきましたがお尻がムズムズしましたよ。
火野正平さん高所恐怖症のなのによくそこまで行けましたね(**)

No title

こんにちわ。ここは昔は柵を作るはずだったんですが、柵があると安心してもたれかかったりして、柵が壊れる危険がある・・・で..柵は作らないことに。落ちる人はどうやっても落ちますからね。
岩の状態から言えば、中途半端で作りにくいでしょうしね。
今は「自己責任」なんて言うと、お役所が何を言っているのか!なんてクレーム出る時代ですね。

ありがとうございます

K.R.M さん haru&mai さん

結局は登山と同じ感覚で滑落しないように万全を期してくださいということなんでしょうね。haru&mai さんがおっしゃるように火野正平さんはかなりの高所恐怖症ですが、演出上仕方なかったのでしょう。

野付ウシさん
柵がないのにはそのような経緯があったのですね。安全面はともかく柵がない方が岩の存在としては生きているようには思います。

No title

瞰望岩を知ったのは、石北線の特急車内から。あんなところへは登れないのだろうと思って眺めていました。
その後裏側から車で行けると知り、いつか行ってみたいと思っていたのですが、2014年6月に行くことができブログにもアップ。
正平さんの番組を見て、もっと向こうへ行けるやろ。とツッコんでいました。

とっしーさんへ

コメントありがとうございます。

遠くからでも目立つし存在感がある岩ですね。上まで簡単に登れるようにしたのがポイントですね!
プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


ナビ!ちゃお 北海道


札幌レンタリース