駅逓所という施設

以前にもこのブログで紹介しましたが駅逓所えきていしょ)とは鉄道がない北海道開拓の時代に旅人に宿や馬を提供する施設で、多いときには道内に200か所以上あったそうです。
昭和初期に制度が廃止された後、取り壊されるなどして、現存しているものは数か所のみです。

狩勝峠十勝側に下った場所にあった新得町新内駅逓所も碑があるだけで残っていません。ちなみに前回紹介したエコトロッコのすぐ目の前です。
IMG_10018_20180810050002030.jpg

数少ない現存している駅逓所のひとつが別海町奥行臼駅逓所です。
P11000226.jpg

ほとんど当時のまま残されています。
1244e.jpg

ここは内部の見学もできます。一見の価値ありです。
1245g.jpg

設置の経緯から駅逓所は近くにある場合が多いですが駅逓と鉄道の駅とは別施設です。駅逓は私の理解としては「道の駅」に近い存在です。奥行臼の場合、駅と駅逓がすぐ近くにあり、国道から入っていくとこの駅逓が先に出てきます。
廃駅に行くつもりで駅逓所と間違えないようにしましょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト




コメント

No title
こんにちわ。北見市郊外、留辺蘂から石北峠に行く途中の「塩別温泉」の近くにも「旧駅逓」が残っています。一度だけ見学に訪れたこともありますが、他に周辺では残っていません。
国道そばなのですが、看板など目立たないためほとんど立ち寄る人はいませんね。立ち寄っても駅逓の意味もわからず、説明文も難しいですから「フーン」で終わりかな?
野付ウシさんへ
いつもありがとうございます。

そのような場所にも残っているのですね。奥行臼は担当の方も常駐して来訪者に説明をされていました。私もその説明を聞いてはじめて「ここは鉄道の駅跡ではない」と理解したようなことです。

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース