FC2ブログ

48年ぶりに内部へ

1970年の大阪万博のシンボルである太陽の塔。万博閉幕後、唯一残されたパビリオンです。
その内部が修復されて今年の3月から公開されています。
IMG_10114_2018061614384887d.jpg

入場はネットによる申し込み制です。3月に申し込んでやっと見学の日が巡ってきました
私にとって1970年に入って以来、48年ぶりの入場です。
(訪れたのは地震の前日でした。太陽の塔は震源近くの吹田なのでもしかしたら内部に被害が出ているかもしれません。少なくとも火曜日は臨時休業のようでした。)
IMG_10148_20180616143847805.jpg

内部はすべて撮影禁止です。このエントランスから奥は写すことはできません。
IMG_10124_20180616183906a34.jpg

中は吹き抜けになっており1本の「生命の樹」がパンフレットの写真のように上へ伸びています。その枝に単細胞生物からクロマニョン人まで進化しながらくっついています。
岡本太郎氏の高さ41mに及ぶ巨大造形です。
IMG_20180616a_0001.jpg

この高さ41mの「生命の樹」のまわりをひたすら螺旋状の階段を上っていきます。見学しながらゆっくり上がるとはいえそこそこきついです。
階段の最上部太陽の塔の真ん中の顔のあたりです。中から空洞になっている両手の中が覗けました。
IMG_10120_20180616143847b94.jpg

太陽の塔には3つの顔があります。一番上の未来を表す「黄金の顔」、中央にある現在を表す「太陽の顔」、背中にある過去を表す「黒い太陽
IMG_10121_20180616183906303.jpg

さらには第4の顔ともいえる「地底の太陽」が内部にありました。しかしこれが閉幕後から行方不明・・・
今回の内部再生事業の目玉の一つがこの第4の顔の復元でした。復元されたこの第4の顔がプロジェクションマッピングによって様々な表情に照らし出される演出はなかなかのものでした。
IMG_20180616a_0002.jpg

とくに少年時代に万博に行った世代にはおすすめの「太陽の塔の内部」です。
予約は太陽の塔オフィシャルサイト(←クリック)で希望日の4カ月前からできます。土日はすぐに満員になります。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト

theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 大阪万博

comment

Secret

No title

新婚時代に 私の両親と カミサン 4人で万博訪れました。東名 名神をサニークーペに乗り、懐かしい思い出が蘇りました。豊中に伯父がおり、そこで泊まり、奈良に住んでいた 母方の祖父 祖母宅にも。50年前 半世紀経つのですね。当時の日本は活気がありました。いま サニークーペで大阪まで行く元気はありません。v-13両親 祖父 祖母は他界。私のいとこ達が大阪です。あっという間の半世紀。万博公園訪れてみたいです。

kitchenplazaさんへ

コメントありがとうございます。

万博公園といっても太陽の塔は予約制ですし、あとは広大な芝生と森林公園です。
お近くならともかく遠路はるばるですと少々がっかりされるかもしれません・・
プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性
兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


ナビ!ちゃお 北海道


札幌レンタリース