国宝になった理由

前回紹介した国宝・松江城
地階には井戸が掘られています。籠城に備えてですが、城の中に井戸があるのは現存天守の中では唯一です。

そしてこの場所こそが重要な場所になりました。

IMG_10013.jpg

松江城が国宝になった決め手は、新たに発見された2枚の祈祷札です。
別の神社で発見されましたが、札には「慶長拾六年」と記載されています。

さらに調査によってこの札の釘穴と上の写真の井戸の横の通し柱の釘穴とが一致することが確認されたのです。
これで松江城の築城年が確定され、しかもその当時からの城である証拠となったわけです。

IMG_10032_2015110307493992c.jpg

この2枚の祈祷札は期間限定で松江歴史館で公開されていましたので足を運びました。

IMG_10040.jpg

ちなみに松江歴史館の入館料は常設展と企画展を合わせると910円。
少々高いなと思い、祈祷札を公開してる企画展のみ見学しました。それだと400円でした。
(祈祷札は撮影禁止でしたので画像はありません)

IMG_10039.jpg

上の写真は和風旅館ではなく、松江歴史館です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース