小樽運河の原風景

小樽運河北運河エリアです。観光客が集まるあたりの運河は埋め立てられて川幅は当時の半分ほどになっていますが、北運河あたりは川幅40mのままの当時の運河の姿を残しています。
IMG_4931_convert_20230727060240.jpg

観光客が多い場所から歩いて10分ほどです。下の写真は運河の終点です。
IMG_4930_convert_20230727060252.jpg

その小樽運河の北端にある公園が運河公園です。中央には当時の「船入澗(ふないりま)」をモチーフにした噴水池があります。
IMG_4935_convert_20230727060303.jpg

公園の一角には旧日本石油倉庫が残されています。大正9年竣工の木骨石造倉庫で、現在は休憩所として使われています。
IMG_4938_convert_20230727060314.jpg

最盛期の小樽には50軒以上の酒蔵がありましたが、今はこの近くに田中酒造だけが残っています。1927年(昭和2年)に建てられた木造2階建ての建物で、小樽市の「歴史的建造物」に指定されいます。
IMG_4950_convert_20230727060324.jpg

このあたりまで来るとほとんど観光客はいません。小樽運河の原風景が感じられるエリアです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



厳島神社とは無関係の近江の厳島神社

滋賀県高島市にある白髭神社近江で最古の神社です。前回は白糠厳島神社について書きましたが、この神社は宮島の厳島神社とは無関係です。しかし近江の厳島神社と呼ばれています。
IMG_3491_convert_20230803180705.jpg

その理由は、琵琶湖の中に朱塗りの鳥居が建っている様子が宮島の厳島神社と似ているからです。
IMG_3495_convert_20230803180718.jpg

鎌倉時代の絵図には鳥居は地上に描かれているそうで、その後琵琶湖の水位が上昇したために湖の中に建つことになったといわれています。
IMG_3497_convert_20230803180738.jpg

この神社に来るほとんどの人の目的はこの琵琶湖の中に建つ鳥居です。しかし鳥居と本殿の間には交通量の多い国道161号線があり、横断禁止になっています。なので境内側に鳥居を見るための展望台が用意されています。
IMG_3499_convert_20230803180728.jpg

それでも少しでも近くで鳥居を見ようとして、無理に湖側へ横断する人が後を絶たず、実際に過去には死亡事故も起きています。ある意味、前回紹介した白糠厳島神社の参道を横切る第4種踏切より危険です。何よりの違いは踏切は渡ってもいいですが、ここは渡ってはいけないということです。神社や自治体は横断禁止が呼びかけ、大きな警告板もあります。横断しなくても展望台からよく見えますし、写真も撮れるのですけどね。
IMG_3500_convert_20240306165736.jpg

結局は警告板では効果がないということで、先月高さ1.1mの柵が設置されて、ローカルニュースや新聞でも報道されました。
ccc2024-03-24_063514_convert_20240324063850.jpg

ちなみに私が訪れたのは柵が設置される前でしたので、やはり強引に横断する人がおりました。
美瑛の畑の侵入者もそうですが、一部のルールを守らない人間のためにせっかくの景観が損なわれるのは腹立たしく嘆かわしい限りです o(`ω´ )o

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

参道を横切る線路

前回紹介した白糠町白糠厳島神社ですが、ここには普通の神社とは違うレアな光景があります。

実はこの神社の参道をJR根室本線の線路が横切っています
IMG_3974_convert_20230731202909.jpg

しかも踏切には遮断機はおろか、警報機もありません。あくまで自分でしっかり確認して渡らないといけません。
IMG_3985_convert_20230731202935.jpg

しかしこの踏切は両方向とも踏切の手前でカーブしており見通しがよくありません。
帯広方面
IMG_3978_convert_20230731202947.jpg

釧路方面
IMG_3979_convert_20230731203002.jpg

列車が来ていないか目視するのはもちろんのこと、列車の音がしていないか耳でも確認して渡らないといけません。
このように遮断機・警報機のない踏切第4種踏切といいますが、全国には約2400カ所もあるそうです。最近も群馬県の第4種踏切で9歳の女の子が列車にはねられて亡くなるいう痛ましい事故がありました。
IMG_3991_convert_20240413093502.jpg

この白糠町白糠厳島神社の踏切も祖父母が孫を連れて渡るケースもあるでしょう。視力や聴力、歩行能力に衰えがある高齢者にとっては危険な踏切です。しかし遮断機・警報機を付けるのには1500万~3000万円かかるそうです。
IMG_3988_convert_20230731203018.jpg

下の写真のように鳥居の前は国道で、国道の向こうはすぐ海なので、線路は参道を横切るしかなかったのかもしれません。
IMG_3984_convert_20230731201709.jpg

帯広-釧路間のJR根室本線が廃線になるまで参道を横切るレアで危険な踏切は存在するのでしょう。

ちなみに関西でも近鉄電車神社の参道を横切っていますが、そこは警報機や遮断機がある安全な踏切です。
29464884_m_convert_20240416053628.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

宮島でなく白糠の厳島神社

釧路の西の白糠町にある白糠厳島神社です。江戸時代に安芸宮島の厳島神社から分霊してできた神社と伝わっています。
IMG_3972_convert_20230731201617.jpg

下の写真の二の鳥居をくぐって石段を上がった先に本殿があります。
IMG_3983_convert_20230731201643.jpg

釧路市米町にも厳島神社がありますが、今回紹介している厳島神社釧路市の隣の白糠町にあります。
IMG_3987_convert_20230731201658.jpg

国道38号線から100mほど離れた標高24mの高台に鎮座しています。
IMG_3984_convert_20230731201709.jpg

白糠厳島神社例大祭」は夏の風物詩として地元民に愛されています。もちろん私は祭りは見たことはありませんが、クライマックスの海に入って神輿を清める海中神輿は見応えがあるそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ミャクミャクってかわいいかなあ…

大阪万博開幕まであと1年になりました。
当初の予算よりもどんどん膨らむ上に、大屋根やデザイナーズトイレなどに惜しげもなく大金をつぎ込む姿勢に批判は強くなる一方です。
大阪維新の会吉本興業協賛大手企業在阪テレビ局を掌握していますから、開幕1年前の金・土曜日は関西ローカル番組で朝から夕方まで万博情報を放送し、吉本のタレントや吉村大阪府知事が出演してPRしていました。レポーターも街へ出て万博で盛り上がっていると大騒ぎしていましたが、実際に街が万博で盛り上がっている様子はまったく感じません。ほとんど花が咲いていない花畑でわずか数本でも咲いていれば、たくさん咲いているかのような映像を撮って伝えるのがテレビですからね。
IMG_0010_convert_20240301153045.jpg

ところで、大阪万博が盛り上がらない要因湯水のごとく使われる費用万博の先に見えるIRへの反対が大きいですが、それ以外に公式キャラクター「ミャクミャク」の使用制限の厳しさを指摘する意見があります。
大阪のある商店街では「商店街に万博関連の販促物やポスターなどを掲示しようとしたんですが、『あれはダメ、これはダメ』と縛りがキツすぎる。みんな呆れていますよ。一部の大企業だけじゃなく、大阪全体で万博を盛り上げなきゃいけないのに、お偉いさんは何を考えているのか。疑問しかないですわ。」という声も出ています。
awaa_2024-04-05_161328_convert_20240405161540.jpg
それと正反対なのが熊本の「くまモン」です。「くまモン」は国内企業の商標使用は無料です。熊本県にすれば損のように思えますが、「くまモン」が広がることで観光客が増え、熊本経済の活性化につながるのであればOKという発想です。熊本へ行ったときに「くまモン」のグッズを買いましたが、そういう事情もあってか意外と安かったです。
IMG_0186_20221029181243c8c.jpg

ただそれ以前に私は「くまモン」はかわいいと思いますが、「ミャクミャク」はそう思いません。もちろんその外見にはいろいろな意味が込められていますが、結果として少し怖いというか気味が悪いように感じてしまいます。昔、水木しげるの漫画に百目という妖怪が登場したことがありますが、私は初めてミャクミャクを見たときに百目を連想しました。
story_img_1_convert_20240411164535.jpgaazz 2024-04-11 170641

かわいいという人もいるでしょうから、以上はあくまでも個人的な感想ですが、それでも私のように感じる人間も少なくないのであれば、「ミャクミャク」が広まらないのは、使用制限云々という以前にキャラクターデザインに問題があるようにも思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

物産展で豚丼とアイス

阪急うめだ本店北海道物産大会が開催中です。昨日のブログで書いた造幣局の桜の通り抜けに行った帰りに寄りました。
aa2024-04-10_182745_convert_20240410183423.jpg

こちらのイートインコーナーで豚丼を食べました。「豚丼ポルコ」という函館の店で、札幌江別にも出店しているようです。帯広から取り寄せた希少なブランド豚「かみこみ豚」を使用した豚丼です。「かみこみ豚」は脂身がとても甘く柔らかい肉質が特徴です。
IMG_0082aa_convert_20240410195220.jpg

メニューは2種類で、私が食べたのは十勝特製豚丼(1430円)です。肉が柔らかく、名前の通り帯広の豚丼を感じさせるタレと焼き方でした。
IMG_0085_convert_20240410183439.jpg

家内が食べたのは函館塩豚丼です。一切れ分けてもらいましたが、肉の甘さがより強調される感じがしました。「かみこみ豚」のおいしさを味わうにはこちらの方がいいように思いました。北海道でこの店に行く機会があれば塩豚丼を注文します。
P1010513_convert_20240410183452.jpg

そのあとスイーツエリアに行き、デザートにソフトクリームをいただきました。8種類の店のソフトクリームから選べます。
IMG_0098_convert_20240410183524.jpg

私が食べたのは中札内十勝フロマージュベリーベリーマスカルポーネソフトクリーム」です。ほのかにチーズの香りがしました。
IMG_0096_convert_20240410183505.jpg

家内は旭川スノークリスタルあさひやま北海道奇跡のプリンソフトクリーム」でした。
IMG_0094_convert_20240410183515.jpg

持ち帰りの豪華な海鮮弁当などは平気で3000円以上するのでとても手が出ません。それでも北海道と聞くと財布のひもが緩む人が多く、けっこう売れているようです。
food_kaisendon.png
私は今回のようにイートインコーナーで1500円ほどの飲食をして帰ってくれば十分に満足です。それでも現地のお店よりは割高なんですけどね。まあそれは仕方ありません。
ちなみにイートインの店や販売店の多くは期間の前後半で入れ替わります。つまりお客さんを期間中に2回足を運ばせる戦略です。阪急百貨店もなかなか商売上手です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今年も「通り抜け」ました

昨年に続いて大阪造幣局の「桜の通り抜け」に行きました。明治16年から始まり、今年で141年目という歴史のあるイベントです。
南門から北門までの560mの間に141品種340本の桜が植えられています。そこを桜を見ながら一方通行で通り抜けます。
IMG_0034_convert_20240410152737.jpg

造幣局の桜は八重桜など遅咲きの品種が中心ですが、今春はさらに開花が遅れ、開催期間の前半は咲き始めから五分咲きほどだったようです。私が訪れたのは最終日の1日前でしたが、見頃と晴天がマッチした貴重な日でしたので、大勢の人が来ていました。ちなみに開催期間は4月5~11日でした。
IMG_aaa0010_convert_20240410154949.jpg

その年の人気投票で1位の桜が翌年の『今年の花』になります。ということで昨年1位だった「大手毬」という品種が『今年の桜』に選ばれていました。たくさんの花が枝先に密生して咲いて大きな手毬のようなことからこの名が付けられました。ここ以外ではあまり見ることができない珍しい桜です。
IMG_0065_convert_20240410152747.jpg

珍しいといえば下の写真の「御衣黄」という桜も変わっています。一見すると葉っぱだけのように見えますが、よく見るとかわいい薄い緑の花が咲いています。
IMG_0061_convert_20240411092024.jpg

さらに今年は「松前薄重染井」という新たな品種が登場しました。北海道松前町の桜研究家浅利政俊氏がソメイヨシノと里桜を交配してつくった桜です。松前の浅利氏はいろいろな桜を交配して新しい品種を作っているようで、松前○○という名前の桜が何種類もありました。
IMG_0016_convert_20240410152758.jpg

この通り抜けで一番多い品種が八重桜の「関山」という品種です。造幣局にはこの木が60本あるということで、この花が咲く時期と、『今年の花』の見頃に合わせる形で予想して通り抜けの開催時期を決定するそうです。
IMG_0056_convert_20240410153624.jpg

ただ今年は3月末になって寒い日が続き、急に桜の開花が遅れたので、この「桜の通り抜け」も完全な満開まであと数日開催日が長ければよかった感じでした。
IMG_0052_convert_20240410153810.jpg

それでも全体として八分咲き以上でしたので見応えは十分でした。
IMG_0032_convert_20240411093256.jpg

例年であれば、造幣局の桜が咲く頃には前の大川沿いのソメイヨシノは散っているのが普通ですが、今年は両方の桜がきれいに咲き揃うという珍しい春でした。
IMG_0003_convert_20240410161340.jpg

でも思い返せば、関西では昔はソメイヨシノの満開は4月になってからで、入学式は満開の桜の下で記念写真を撮るのが恒例でした。いつの間にか3月にずれてきたのが、今年は急に昔に戻ったということです。
nyugaku_girl.png
このあと桜前線は北東北北海道と北上していきますが、それも例年に比べると早いのではないでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

安平の鉄道資料館

前回紹介した道の駅あびら D51ステーションには鉄道資料館が併設されています。もともと安平町鉄道資料館として別の場所にありましたが、道の駅のオープンに伴って移転してきました。
IMG_2275_convert_20240410080929.jpg

屋外には特急列車「キハ183系車両」が展示されています。北海道仕様の特急「おおぞら」です。クラウドファンディングによって保存されました。
IMG_2300.jpg

資料館の中にはそのキハ183系車両の座席がベンチ代わりに置いてあります。
P1000508.jpg

そしてメインの展示は蒸気機関車「D51-320号機」 いわゆるデゴイチです。道の駅の名前が「あびら D51ステーション」ですので、この蒸気機関車がここの主役といえるでしょう。
IMG_2277_20220601084928c24.jpg

昭和15年に製造され、昭和51年に追分機関区を最後に引退しました。OBの手によりすばらしい状態で保存されており、日本遺産にも認定されました。
IMG_2282.jpg

機関車の周囲には当時の貴重な品物や資料がたくさん展示されています。
IMG_2288.jpg

蒸気機関車は屋外展示日には外に出されます。そのときの牽引車として働くのが貨車移動機 協三工業製10t動車です。コンテナ化される前の貨物の入れ換えで活躍していました。
IMG_2284_convert_20240408143051.jpg

キハ183系車両」と「D51-320号機」が並んで屋外で展示されている様子を写真で見ましたが、ぜひとも実際に見てみたいものです。屋外展示は4~10月の第2・4日曜日だそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

道の駅「あびらD51ステーション」

道の駅あびらD51ステーションです。国道234号沿いにあり、道東自動車道追分町I.Cから約3分という場所にあります。
IMG_2267.jpg

2019年春にオープンした比較的新しい道の駅です。館内では地域の新鮮野菜や焼き立てパン、町内の名産品を販売しています。
IMG_2292.jpg

安平町の名産のひとつが菜の花です。以前訪れたときはちょうど菜の花が満開の時期でした。
IMG_1975_convert_20240408140143.jpg

道の駅ではその菜の花のはちみつを販売していました。
IMG_2294.jpg

また安平町といえばノーザンファームに代表されるように競走馬で有名です。
a22008504_m_convert_20240408150327.jpg

馬が好きな高齢の母に写真のトートバッグをお土産に買いました。
IMG_2298.jpg

そしてここ追分地区はかつて鉄道の拠点となった場所で、道の駅には鉄道資料館があり、多くの資料が展示されています。そちらもこのあと見学しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

洞爺湖中島はそこそこの山

前回は高いところからの洞爺湖でしたが、今回は湖畔からの写真です。この日は分厚い雲に覆われ、全体的に鉛色の写真です。写真の山は対岸ではなく、湖の中央にある中島です。中島というのは1つの島ではなく、大島・弁天島・観音島・饅頭島の4島の総称です。
IMG_5279_convert_20230802171938.jpg

時折小雨がぱらつく天気で、白鳥のボートも休業のようでした。
IMG_5277_convert_20230802171927.jpg

下の写真は別のときの洞爺湖です。このときは快晴で雪を被った羊蹄山もきれいに見えました。ただ少し風があったので湖面にはさざ波が立っていました。
IMG_10465.jpg

夜になっても天気が良かったので満天の星空でした。コンデジの星空モードで撮りました。
IMG_10485.jpg

翌朝も引き続いて好天です。朝焼けの中、中島が浮かび上がっていました。
IMG_0500_convert_20240322174723.jpg

この日は好天に加えて昨日までの風も収まり、鏡面現象とまではいかないものの、湖面に中島がきれいに映っていました。
IMG_0515_convert_20240322174734.jpg

ちなみに中島は約5万年前の噴火でできた溶岩ドームが水面に姿を現したものです。4つの中島の中で最も大きい大島標高455mあります。札幌の藻岩山小樽の天狗山標高530mですので、そこそこの高さの山です。道央自動車道有珠山サービスエリアからも見えます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

手軽に洞爺湖を見下ろせる場所

洞爺湖を見下ろす高台にあるサイロ展望台です。
IMG_5201_convert_20230724071648.jpg

ここは標高290mの場所にあるので、洞爺湖はもちろん有珠山昭和新山もよく見える場所です。しかしこの日は霧で何も見えない状態でした。
IMG_5200_convert_20230724071716.jpg

下の写真は以前立ち寄ったときに上の写真と同じような構図で撮ったものです。晴れていればこのように湖と周辺の山がよく見えます。
2015広角6D (1290)

少しだけ霧が晴れてきましたが、それでも辛うじて湖に浮かぶ中島が見える程度でした。
IMG_5199_convert_20230724071726.jpg

ここは洞爺湖温泉街から札幌方面へと向かう国道230号線に面しているので、多くの外国人観光客が大型バスで次々とやって来ます。手軽に洞爺湖を上から見渡せる場所は意外と少なく、その意味でサイロ展望台は人気の場所です。
IMG_5197_convert_20230724071739.jpg

さらに洞爺湖サミットが開催されたザ・ウィンザーホテル洞爺まで行けば標高が620mの場所からの洞爺湖が望めます。下の写真がそうです。宿泊や食事をしなくてもテラスから風景を見ることができます。
2015広角6D_(297)_convert_20240323201149

あと手軽に上から洞爺湖を望めるのは、ロープウェイで有珠山に登るくらいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

マルーン色と桜色

自宅最寄りの阪急武庫之荘駅では、駅前や線路沿いに多くの桜が植えられています。数日前はほとんど咲いていませんでしたが、大阪や神戸で開花宣言が出てから一気に咲き始めました。
IMG_6893_convert_20240405095625.jpg

阪急電車の車体は昔から一貫して阪急マルーンという独特の濃い小豆色です。特急や普通などの列車の種別に関係なく、すべて同じマルーン色です。
IMG_6890_convert_20240405095613.jpg

この車体のマルーン色桜のピンク色がマッチしてなかなかきれいです。なので、この時期は線路沿いに多くのカメラマンが待ち構えています。
IMG_0002_20220402095732b41.jpg

私は撮り鉄ではないので、じっと待ち構えているわけではありませんが、自宅から駅までは10分ほど線路沿いを歩くので、コンデジさえ持って出かければ、タイミングよく阪急電車の競演を構図に収めることもできます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

無欲でエフフォーリア獲得!

一昨日、JR大阪駅時空の広場を通ったときのことです。
IMG_6873_convert_20240404154408.jpg

白馬がいるので「駅に馬!?」と思って近寄るとロボットでした。
IMG_6865_convert_20240404154428.jpg

それにしても筋肉や毛並みまで精巧な作りで、実際に顔を動かします。近くで見ても本物と思うような完成度です。
IMG_6866_convert_20240404155929.jpg

人気の牝馬のソダシという白馬がいましたが、彼女をモデルに作ったのかもしれません。
IMG_6868_convert_20240404154453.jpg

日曜日は競馬G1レース桜花賞なので、JRAがPRイベントをしていたようです。
IMG_6867_convert_20240404154503.jpg

近くにいた係の方に「抽選をしていますので、よかったら回してみてください」と言われたので、ガラガラっと回すと、恥ずかしいくらいに大きく鐘を鳴らされて「当たりで~す!
fukubiki_woman.png

そして下の写真のぬいぐるみを「どうぞ!」と渡されました。2021年有馬記念優勝馬エフフォーリアです。左の後ろ脚が白いのが特徴で、そこも忠実に再現されています。
帰宅後さっそくリビングの棚に座らせました。家内はかわいいと喜んでおります。訳が分からず言われるままに無欲で回したのがよかったのかもしれません。
IMG_6887_convert_20240404154512.jpg

これで運があると思って、調子に乗って当てる気満々で桜花賞の馬券を買うと、きっと外れるでしょう。私は年末の有馬記念だけ3千円ほど買うだけと決めているので、そこは自重します。
aa408279_convert_20240404155344.jpg
私が訪れたときはお客さんはおらず閑散としていましたが、ネットニュースを見ると、昨日はここで福永祐一調教師のトークイベントがあり、大盛況だったようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

釧路で唯一の六花亭

釧路市にある六花亭鶴見橋店です。
IMG_4030_convert_20230801091119.jpg

新釧路川に架かる鶴見橋のたもとにあります。店の前は道道113号釧路環状線という交通量の多い道路です。
IMG_4033_convert_20240324141857.jpg

釧路市にある唯一の六花亭路上店舗です。
IMG_4031_convert_20230801091129.jpg

ここの喫茶室は六花亭では珍しいモーニングサービスがあります。このときはもう午後でしたのでモーニングメニューはありませんでした。
IMG_4035_convert_20230801091145.jpg

注文したのはモンブランとポイントで飲めるポイントコーヒーです。以前来たときはコーヒーは無料だったのですけどね(-_-;)
IMG_4038_convert_20230801091157.jpg

釧路六花亭に行くときはいつも景色のきれいな春採店へ行っていました。しかし春採店が2023年1月に閉店になってしまいました。
CIMG0610_convert_20240402140848.jpg

上の写真はかつてあった春採店の喫茶室からの眺めです。丘の上に立つ春採店の喫茶室から眺める春採湖がすばらしかったので残念です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

札幌から消えたサクサクパイ

六花亭札幌本店です。2015年にオープンしてから何度となく来ています。
IMG_5931_convert_20240205160553.jpg

ここは店舗・喫茶室に加えて室内楽ホール、ギャラリーを兼ね備えた10階建ての六花亭の自社ビルです。
IMG_10256_20160404153627c3b.jpg

1階はショップになっています。店舗南側には北海道の山野草を植栽した小さなガーデンがあります。
IMG_5929_convert_20240205160606.jpg

2階はカフェスペースです。平日の午後2時半で20分ほど待ちました。
IMG_5917_convert_20240205160617.jpg

席によっては1階のガーデンを見下ろしながらくつろげます。案内された席も窓側でした。
IMG_5921_convert_20240402133846.jpg

注文したのはホットプディングです。さつまいもとリンゴの角切りを包んだ温かいプディングです。
IMG_5923_convert_20240205160625.jpg

そして妻は福ハ内を注文。生クリーム、きなこのムース、黒みつの組合せに黒豆をふりかけたものです。
IMG_5926_convert_20240205160635.jpg

楽しみにしていたサクサクパイ札幌本店では扱わなくなったそうで、これでまた昔のように帯広でしか食べることができなくなりました。これは残念です。下の写真は以前ここで食べたサクサクパイです。
IMG_0189.jpg

札幌本店は札幌駅の近くですが駐車場はありません。それでも賞味期限が3時間というサクサクパイが目あてで来ていましたが、提供されなくなったのであれば、札幌市内だけでも駐車場のある六花亭はたくさんあるので、ここへ来る機会は減るかもなあと思いながら店を出ました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Suage+でスープカレー

Suage2007年に創業したスープカレー専門店で、今は札幌市内に5店舗あります。私が行ったのはすすきのの「Soup Curry Suage+(すあげプラス)」です。
IMG_6391_convert_20240206112158.jpg

カレーの辛さは、「①甘口」~「⑥超辛」まで用意されています。私は③の辛さにしました。

注文したのは期間限定のチーズソースのかかったハンバーグが入ったカレー
IMG_6395_convert_20240206112208.jpg

妻はラベンダーポークの炙り角煮カレー 
IMG_6397_convert_20240206112216.jpg

ここのカレーは癖がなくて味わいやすく、具材の旨味が強いのが特徴です。具材のおいしさは自社農園でカレーに使う野菜を育てているというこだわりにあるのかもしれません。
IMG_6398_convert_20240206112224.jpg

地下鉄すすきの駅から歩いて3分くらいの場所にあります。ただメイン通りのひとつ北の細い通りなので少し探しました。
IMG_6662_convert_20240204064437.jpg

すぐ近くには姉妹店の「Soup Curry Suage2」があります。混雑具合によってはこちらに行くのもありかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

神戸のお嬢様タンタン、天国へ

神戸市立王子動物園のメスのジャイアントパンダ「タンタン」が国内最高齢の28歳で命を終えました。パンダの寿命は20~30年なので、人間だと100歳ほどのおばあちゃんになるそうです。(今回の写真は病気になる前に訪れたときの元気なタンタンです)
IMG_21205.jpg

タンタン2000年に神戸市が阪神淡路大震災の復興の一助にと中国から借り受けました。
IMG_21268.jpg

それ以来、神戸市民のみならず、近隣地域の人たちに愛されてきました。2020年に契約満了で中国に帰ることになりましたが、折しも新型コロナの影響で直行便が飛ばなくなるなどの事情で帰国は延期されました。
IMG_21259.jpg

やがて直行便も再開され、いよいよお別れかと思われた2021年春、今度はタンタンの心臓疾患が判明して再び帰国が先送りされました。それ以降、病状は回復せず、結局は帰国も4回延期されていました。
IMG_21248.jpg

心臓病が判明してからは体調を安定させるため、お客さんの前には出ていませんでした。24時間態勢でケアをしてきた2人の飼育員さんたちは、タンタンの姿を見られないファンのために、最近まで彼女の動画をSNSに投稿し、フォロワー数は10万人近くになっていました。
IMG_21213.jpg

小さい体に短い手足がかわいいことから“神戸のお嬢様”と呼ばれ、、来日から23年半もの長きに渡り、多くのファンを魅了してきたタンタンでした。王子動物園では今日から献花台を設置し、後日、ファンとのお別れの会も検討されているようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

消えゆく『北の国から』

根室本線富良野~新得間が3月31日の運行を最後に廃線になりました。
それに伴って富良野駅の1つ南の布部駅も廃駅となりました。布部駅はドラマ『北の国から』の第1話の冒頭で、主人公の黒板五郎純、蛍の3人が降り立った駅で、ファンの間では聖地として有名な駅です。駅前の大きな木の下には『北の国 此処から始まる』と書かれた脚本家・倉本聰氏直筆の木製の記念碑があります。
27352571_m_convert_20240328070309.jpg

この布部駅を残してほしいという声もありますが、集客が未知数なこともあり富良野市は消極的です。地域住民も高齢化で除雪など駅の維持管理は困難ということで、布部駅の保存に暗雲が立ち込めています。その一方で、同じく廃駅になった映画『鉄道員』で幌舞駅として撮影に使われた幾寅駅は、これまでにすでに観光地化されて多くの人が訪れていることから、南富良野町は駅と駅前のロケセットの維持を決めており、布部駅とは対照的です。
aa2024-03-28_071230_convert_20240328071532.jpg

北の国から』はレギュラー放送が終わって42年、その後のスペシャル放送も最後の『北の国から 2002遺言』から22年が経ち、さすがに徐々に影が薄くなりつつあります。かつて富良野駅近くあった「北の国から」資料館も2016年に閉館になっています。
1.2016.S120 (30)

閉館直前に訪れましたが、館内には再現されたドラマセットやたくさんの写真パネルが飾られていました。
その中でドラマに出演した俳優さんの写真パネルが飾られていましたが、ドラマ終了後に亡くなった俳優さんの写真には黒いリボンが付けられていました。訪れたときは存命だった田中邦衛さんも3年前に88歳で亡くなりました。
ちなみにドラマで純を演じていた吉岡秀隆さんはもう50代半ばですが、いまだに私は「純くん」と呼んでしまいます。
1.2016.S120 (40)

ロケの中心地だった「麓郷の森」には撮影に使われた家や資料館がありますので、そちらへ行けばまだ『北の国から』の雰囲気は味わえると思います。(私は長く訪れていませんが)
今でもテレビで黒板五郎役の田中邦衛さんの「純~蛍~」などのものまねを時々見かけますが、若い世代には伝わっていないのでしょうね。布部駅の廃駅でまたひとつ『北の国から』の痕跡が消えていきます。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース