いよいよ大晦日 (^^)/

今年も大晦日になりました。とりあえず迎春準備は昨日までにほぼ終わりました。
リビングの棚の置物も、からへバトンタッチです。
IMG_0031_convert_20231223120225.jpg

それにしても年末のテレビ番組って、どうしてあそこまで長時間なんでしょうね。平気で4時間以上あり、せっかくおもしろそうな題材の番組も、無理に尺を膨らませるので、間延びして見るのも疲れてしまいます。なので、こたつに入ってテレビをつけても、結局はABEMAYoutubeあたりの無料のネット番組を見ることが多いです。(我が家のテレビは比較的新しいのでリモコンにネット番組のボタンがあります(^^♪)
kotatsu_animal_2023122007063240c.png

初詣は改めて行くとして、「年末詣」も済ませました。
IMG_0006_convert_20231230095025.jpg

それではみなさん、よいお年をお迎えください!
joyanokane_obousan_202312301322336d2.png


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



年末年始は相応の気温で(´・_・`)

いよいよ今年も残すところ今日を入れて2日です。
大阪・梅田阪急百貨店のショーウィンドウも先週紹介したクリスマス仕様から、一気に正月仕様に変わりました。
IMG_0098_convert_20231227142643.jpg

神社仏閣も境内は迎春の飾りが施され、すでに初詣客を迎える準備が整っています。
IMG_0040_convert_20231227142926.jpg

阪神地区は少し前まで最高気温が5度くらいの2月の真冬の寒さでしたが、今週後半は気温が15度くらいまで上がる春先のような年の瀬になっています。穏やかな暖かい正月はありがたい一方で、やはりいろいろな影響を考えると季節相応がいいと思います。最近の天候は気温・雨・風雪のいずれに於いても「ほどほど」がなく極端です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

六花亭ポイントルールの残念な変更

年末年始用に六花亭のお菓子を通販で購入し、先日段ボールにいっぱい届きました。
IMG_0003_convert_20231223153939.jpg

折しもたまたま知人からも六花亭のポテトチップスも頂き、我が家のお菓子の棚は六花亭で埋め尽くされました。
IMG_0034_convert_20231223123855.jpg

旅行で北海道へ行くと必ず六花亭に行きます。現地でしか食べられないものもけっこうあるので、喫茶室イートインコーナーに立ち寄ります。ですから六花亭ポイントカードは必携です。
IMG_4042_convert_20230730112430.jpg

ポイントは100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円で使えます。一定のポイントが貯まるとオリジナルの景品と交換することができます。我が家には六花亭の食器やタオルがいくつかあります。またポイントを使って喫茶室でコーヒーを飲むこともできます。400円のコーヒー実質25円分の25ポイントで飲めるのでかなりお得です。
IMG_4034_convert_20230730112442.jpg

しかし残念なポイントルールの変更がありました。これまでは通販のポイントポイントカードに合算されて店舗でも使えましたが、このたび通販のポイントは通販サイトでしか使えなくなりました。これまで北海道旅行に行くと、通販で貯まったポイントを使って喫茶室でコーヒーを飲んでいましたが、我が家は実質これができなくなりました。道外者が北海道六花亭の店でカードに貯められるポイントなど知れてますからね。そりゃまあ400円出せばいいわけですけど…(´・_・`)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

おつかれ生です\(^o^)/

世間一般に今日は仕事納めですね。「みなさん、おつかれ生です」と阪神タイガース平田コーチが2度のビールかけで言ったことで、関西ではちょっとした流行語のようになり、挙句の果てにはアサヒビールからCMのオファーがありました。
character_beer.png
北海道ではビールと言えばサッポロビールでしょう。
サッポロファクトリーはサッポロビールの前身である札幌開拓使麦酒醸造所だった跡地に作られた大型商業複合施設です。
1004_convert_20231219163608.jpg

シンボルは大正時代に建てられた黒い大きな煙突とレンガの建物です。ここへ行ったのはもう8年前のことですので、画像も情報も少々古いです…
1002_convert_20231219163623.jpg

開業当時の製法にならったビール造りを続けているブルワリー「札幌開拓使麦酒醸造所」があります。現在は耐震工事中ということですので、もしかすると今は見学できないかもしれません。
1003_convert_20231219163558.jpg

ビヤケラー札幌開拓使」という店はかつてのビール貯蔵庫が大型ビアホールになっています。ただやはり耐震工事のため、店は一時閉店しているようです。工事はもうそろそろ終わるとは思いますけど。
1001_convert_20231219163546.jpg

さあ今年も残すところあとわずかです。大掃除、買い物、帰省…と年末休みに入っても大晦日まで息つく暇もない方も多いかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

観光地になった市場…

小樽三角市場です。20年前に初めて来たときはまだ知る人ぞ知る地元の市場でした。
IMG_5010_convert_20230801093253.jpg

しかし、テレビで取り上げられ、SNSでも紹介されて、今では釧路和商市場函館朝市のようにすっかり観光地化されてしまい、今回もインバウンドでいっぱいでした。
IMG_5014_convert_20230801093311.jpg

当然値段も観光客価格なので安くはありません。
IMG_5013_convert_20230801093326.jpg

中にある食堂も外国人で長蛇の列です。海鮮丼もいい値段です。
IMG_5018_convert_20230809161204.jpg

30年前に北海道へ行き始めた頃の各地の市場の雰囲気が懐かしいです。おそらく、これは北海道の市場に限ったことではなく、有名な大阪の黒門市場などもそうです。一昔前は「良いものを安く」売っていましたが、インバウンドが押し寄せてからは決して安くありません。質のことまではわかりませんが、高くても売れるのですから、需給の法則からすれば仕方ないですけどね。
kabu_site_souba_souju.png
小樽でも南樽市場や前回紹介した釧路釧之助函館自由市場などはまだ地元の店といえるかもしれませんが、やがては同じようになるかもしれません(;_;) そうなると地元の海産物を安く買える最後の狙い目は各地のご当地スーパーということになるのでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

奮発して特上生寿司!

前回紹介した釧路釧之助本店で昼食をとることにしました。最初は2階の「釧ちゃん食堂」で食べようと思っていましたが、お寿司が食べたくなり、販売エリアの一角にある「お寿司コーナー」に行きました。
IMG_4016_convert_20230801122222.jpg

カウンター席とテーブル席を合わせて15名ほどの小さなスペースですが、このときは誰もいませんでした。
IMG_4021_convert_20230801122232.jpg

いつも安い回転寿司なので、ここでは奮発して2200円特上生寿司を注文しました!イクラ、蝦夷バフンウニ、ズワイガニ、真鯛、ホタテ、ボタンえび、数の子、カンパチ、サーモン、本マグロ…(*^_^*)
IMG_4022_convert_20230801122243.jpg

回転寿司では飲み込むように食べる寿司も、さすがにじっくりと味わいながら食べました。
IMG_4024_convert_20230801122252.jpg

今回の北海道旅行の中でもっとも贅沢な昼食となりました。もちろんとてもおいしかったです!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

釧路の釧之助へ再び

釧路にある釧之助本店です。訪れたのは2回目です。
IMG_4005_convert_20230801122118.jpg

わかりやすく言うと、メインの大きな海産物販売コーナーに加えて、海鮮食堂海鮮バーベキュー、さらに水族館まである魚屋さんが経営する複合商業施設といったところです。
IMG_4007_convert_20230801122136.jpg

エントランスの吹き抜け部分にある巨大な円柱形の水槽が圧巻です。この上にある水族館ぷくぷくは前回入ったので、今回はパスしました。
IMG_4014_convert_20230801122147.jpg

2階には「くしろ港町 釧ちゃん食堂」があります。海鮮丼や焼き魚定食など豊富なメニューがあります。
IMG_4010_convert_20230801122207.jpg

入り口を入って向かって左が販売コーナーです。ここでホタテなどを買って知人宅に発送しました。年末は多くの買い物客で混雑するのでしょう。
IMG_4008_convert_20230801122157.jpg

折からの物価高でそんなに安いという感じではありませんが、それでも完全に観光地化された和商市場と比べると安かったです。買い物をしたあと、ここで昼を食べることにしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

派手なツリーと素朴なクリスマスツリーの木

大坂・梅田周辺には大小たくさんのクリスマスツリーが飾られています。
こちらは阪急電車の大阪梅田駅近くにある茶屋町アプローズタワーのクリスマスツリーです。
IMG_0034_convert_20231119121457.jpg

そして今年で10周年を迎えたグランフロント大阪の今年のツリーは「Joyful-Go-Round Tree」という名前のメリーゴーラウンドをモチーフにした高さ12mの巨大ツリーです。
IMG0100_(10)_convert_20231121212453.jpg

前回書いた阪急百貨店のツリーもメリーゴーランドになっていましたが、こちらのメリーゴーランドは乗れません。ただ偶然だと思いますが、コンセプトが被ってしまいましたね。
IMG_0008_convert_20231119121448.jpg

このようにクリスマスツリーも年々デザインが斬新になり、場合によっては「それってクリスマスツリー?」と思うようなものたくさん登場するようになりました。

そして一方美瑛にあるクリスマスツリーの木です。クリスマスツリーそのものではありませんが、形からそういう愛称で呼ばれています。この木は「トウヒ」と呼ばれる松科の木で、実際にクリスマスツリーとして用いられる「ドイツトウヒの木」の仲間だそうです。
IMG_2598_convert_20231119133239.jpg

都会のにぎやかなショッピングモールの中で飾られた高価で派手な梅田のクリスマスツリーと、静かな美瑛のはずれにある素朴なクリスマスツリーの木。なんとなく『木綿のハンカチーフ』を連想します。

ちなみに6年前に神戸生木のクリスマスツリーが登場しました。この木は富山県氷見市で見つかった推定樹齢150年全長約30mの「あすなろの木」で、神戸まで1000km以上の距離を運ばれてクリスマスツリーとして飾られました。
IMG_10467_2017121013185714c.jpg

この当時、元気な生木をツリーのために伐採したことへの批判もありました。山奥ですくすくと育っている生木を切ってまで都会に運んできてクリスマスツリーに仕立て上げるのは確かにダメでしょうね。イベント終了後には生田神社などで再利用されたということですけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

幼い頃のワクワク感

いよいよクリスマスです。大阪・梅田クリスマス一色です。
阪急百貨店前の広いコンコースの天井も「祈りの翼」をテーマにしたモビールアートで飾られています。
IMG_0057_convert_20231203100258.jpg

大阪・梅田の阪急うめだ本店の今年のクリスマスは『不思議の国のアリス』がモチーフです。コンコースに面したショーウインドーも7面に渡り『不思議の国のアリス』の世界が展開されています。
IMG_0023_convert_20231119121438.jpg

そして9階の祝祭広場では、ヨーロッパのクリスマスの雰囲気が漂うクリスマスマーケットが催されています。
IMG_0048_convert_20231203100313.jpg

その中心にあるのは高さ約8mのミラーボールツリーです。1時間ごとに光と音のイルミネーションショーが行われます。
IMG_0034_convert_20231203100325.jpg

ミラーボールツリーの下部分にはメリーゴーランドがあり、小さい子どもが乗れるようになっています。その場で気軽に乗れるのかと思ったら、事前にローソンチケットなどで300円の予約券を購入し、決められた時間に来ないと乗れないようです。
IMG_0041_convert_20231203100335.jpg

毎年12月に梅田に行くと阪急百貨店のこの催事場に足を運びます。クリスマスの雰囲気を感じることができて幼い頃のワクワク感を思い出します。昔は大阪の百貨店に行くとなると子どもも「よそ行きの服」でしたね。
IMG_0047_convert_20231203103624.jpg

このクリスマスイベントも25日で終わり、それを過ぎると百貨店も一気に迎春ムードに包まれます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

認知度低い美瑛の四季の塔

前回は神戸市役所の展望フロアを紹介しましたが、今回は美瑛町役場展望塔です。その名も四季の塔です。知っている人は少ないかもしれません。
IMG_2553_convert_20230725145557.jpg

厳密に言えば、美瑛町役場の横にある塔です。高さは32.4mで、神戸市役所の3分の1以下ですが、周りに高い建物が無いので美瑛の町を360度見渡すことができます。
IMG_2558_convert_20230725145609.jpg

しかし町の中にありますので、目の前にパッチワークの丘が広がっているわけではありません。
IMG_2559_convert_20230725145640.jpg

はるか東の方向にはうっすらと十勝連峰を見ることができます。
IMG_2555_convert_20230725145627.jpg

また南の方にわずかに丘の風景が見えます。
IMG_2557_convert_20230725145653.jpg

美瑛の丘方面に行けばきれいな風景が目の前に広がる展望台はたくさんありますので、この展望塔はわざわざ訪れるスポットではないかもしれません。ただ入場無料ですし、美瑛駅の近くなので、時間があるようでしたら行ってみてください。
札幌市役所旭川市の新庁舎など最上階を無料開放している自治体は少なからずあります。その町に観光で訪れるとき、一応チェックしておくのもいいかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

展望フロア再開

30階建ての神戸市役所1号館です。24階が展望フロアとして一般開放されています。
IMG_5767_convert_20231128145629.jpg

新型コロナ流行時は閉鎖され、その後もワクチン接種会場になるなどしていましたが、現在は再び開放されています。
IMG_5763_convert_20231128145639.jpg

北側の風景です。六甲山系が神戸の街のすぐ近くまで迫っているのがわかります。
IMG_5749_convert_20231128145655.jpg

南側の風景です。人工島のポートアイランドに架かる神戸大橋が見えます。ただ南を見ているので逆光で見づらいです。
IMG_5757_convert_20231128145706.jpg

西側メリケンパークの方向です。白い網のような建物が神戸海洋博物館・カワサキワールドで、その隣に神戸港のシンボルであるポートタワーがありますが、この角度からだと手前のホテルオークラの建物で完全に死角になって見事に見えません。
IMG_5762_convert_20231128145715.jpg

市役所の南には東遊園地があります。遊園地といってもいわゆる公園です。写真の像はその公園の北側にある「波の上のモーツァルト像」です。
IMG_5773_convert_20231128145723.jpg

かつて展望フロアにはレストランや喫茶室があり、飲食しながら景色を楽しむことが出来ましたが、今は閉店になっており、フロアは無機質な雰囲気です。ただ地上100mの高さから神戸市街を無料で見られる貴重な場所ですし、午後10時まで開放されていますので、夜景を楽しむこともできます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

知らなかった 500円の筆ぐるめ

みなさん、年賀状の準備はされていますか?
hagaki_taba.png
私は年賀状の宛名印刷に筆ぐるめを使っています。先日とりあえず宛名印刷しようとしたところ、なぜか印刷できません。プリンターに異常はなく、原因を考えた結果、思い当たったのは今年パソコンのOSをWindows10からWindows11に入れ替えたことです。実際にWindows11に変えて動かなくなったソフトや機器がありましたし、私の使っている筆ぐるめ25もサポートは終了しており、Windows11での動作は保証されていません。試しにメーカーのHPから最新の筆ぐるめ15日間限定体験版をダウンロードしたら問題なく印刷できました。
IMG_0001_convert_20231214073603.jpg

今年はこのまま体験版で印刷してしまおうかとも思いましたが、宛名を印刷すると背景に「筆ぐるめ 体験版」と印字されてしまいます。これでは送りづらいです。メーカーもさすがですね…(;_;)
新しい筆ぐるめを買うとそこそこ(筆ぐるめ25で2990円でした)するので、無料の宛名印刷アプリも浮かびましたが、住所録の移行使い勝手を考えると、やはり慣れた筆ぐるめを使いたいところです。何より早く年賀状を印刷しないといけないし、これは買うしかないかなあと少しでも安い店を調べていたところ、行き着いたのが下の写真の筆ぐるめ年賀状です。
IMG_0002_convert_20231214073614.jpg

この本は以前から知っていましたが、すでに筆ぐるめを保有している人に対して年賀状のデザインを提供する本だと思っていました。ところが実は新しい筆ぐるめ自体のソフトも付属していることがわかりました。特別版ということで、通常の筆ぐるめに比べると、機能が限定され、使えるフォント数も減るようでしたが、宛名印刷にしか使わない私には十分です。本の価格は539円(税込)なので、覚悟していたよりも安く筆ぐるめ30を入手できました。
IMG_0004_convert_20231214073623.jpg

こうして無事に宛名印刷をすることができました。あとはコメントを書いたら投函です。
一昨年、仕事を引退したことで年賀状のやりとりは減りましたし、メールやLINEで年始の挨拶をする相手も増えつつあります。かつては数百枚の年賀状を書くのも一仕事でしたが、今では2日もあれば書けるほどの枚数です。先日、来年秋から郵便料金が値上げするという発表がありました。ハガキが63円から85円定形郵便が84円から110円という大幅な値上げです。さらに私(世間)の年賀状離れは加速しそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

4泊したコンフォートホテル

いつも北海道旅行でリーズナブルな宿として東横インスーパーホテルに泊まることが多いですが、今回はコンフォートホテルに初めて泊まりました。けっこう安い割に施設やサービスが充実しているという評判で、それで道内の以下の各地で4泊もしました。

コンフォートホテル苫小牧
IMG_3695_convert_20230801151333.jpg

コンフォートホテル帯広
IMG_3857_convert_20230801151359.jpg

コンフォートホテル釧路
IMG_4127_convert_20230801151408.jpg

コンフォートホテル北見
IMG_4280_convert_20230801145155.jpg

道内のコンフォートホテルはこれ以外に札幌函館にあります。

部屋の大きさも十分で、仕様も各店すべてまったく同じだったことも4泊する上で使い勝手が良かったです。また高くて固い枕が好みの私ですが、フロントで言えばそのような枕をレンタルできるのもありがたかったですね。
IMG_3688_convert_20230801151346.jpg

ここの無料朝食スムージーがあるのが特徴です。
IMG_3692_convert_20230801151418.jpg

ただ個人的にはそれよりもスクランブルエッグがとても美味しいのが気に入りました。
IMG_4281_convert_20230801145205.jpg

これで今後も料金が上がらなければ利用したいですが、どんどんインバウンドが増え、人件費や光熱費などが高騰しているので北海道のホテル代はさらに上がっていくと思います。コンフォートホテルも、今年でツイン1万円程度でしたが、来年はかなり上がるのではないかと予想しています。これまでも安いと思って泊まったホテルが翌年には信じられないくらい料金が上がったことはたびたびありました。もしそうなるとコスパが良かっただけに今年1回だけの利用になるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

「いちいちごくろうさん」で参拝

NHK大河ドラマ「どうする家康」も終了しました。最終回のラスト30分は若い頃の登場人物がすべて出てくるカーテンコールのような構成でした。

さて、前回紹介した徳川家康が最初に埋葬された久能山東照宮ですが、ここへ行くには2通りのアクセス方法があります。1つは内陸の日本平からロープウェイで行く方法で、もうひとつは海側から石段を上る方法です。
IMG_2884.jpg

私はせっかくなので石段を上りました。ロープウェイの方が楽ですが料金の節約にもなりますしね。
IMG_2885.jpg

でもその分けっこうしんどかったです。石段は1159段あります。段数を「いちいちごくろうさん」と語呂合わせで覚えている人もいます。下の写真のようなつづら折りの石段を20分くらい上ります。とくに真夏はつらそうです。
IMG_2887.jpg

石段の途中からは駿河湾の絶景が広がります。この日は晴天で伊豆半島まで見渡せました。この景色はロープウェイでは見られなかったと思います。
IMG_2889.jpg

当然のことながら帰りも石段で下ります。下りの方が息は切れませんが、膝にきます。
IMG_2930.jpg

久能山の麓の海岸沿いは石垣いちごの名産地です。いちご栽培のビニールハウスが並び、1月から5月初めまでいちご狩りを楽しむことができます。
IMG_2935.jpg

石段で東照宮まで往復して疲れたので、参道にある店でいちごを食べました。
IMG_2933.jpg

もともと久能山には武田氏久能城があったそうです。静岡市市街地方向は日本平があるのでまったく見通せず、もっぱら南の駿河湾を監視するための城だったと考えられています。
ロープウェイで行くのは足腰が弱くなってからでも可能なので、元気なうちに階段で行くことをおすすめします。紹介したように途中の風景も素晴らしいですし、何より昔からの参拝のルートだけにありがたみが増すような気がします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

最古の東照宮

いよいよNHK大河ドラマ「どうする家康」も今夜の最終回「神の君へ」を残すのみとなりました。

徳川家康が亡くなってすぐに葬られた場所が駿府城に近い静岡県久能山東照宮です。ですから家康を神として祀っている全国130社の東照宮の中で最も古い東照宮ということになります。ちなみに有名な日光東照宮はここの翌年に造られました。
そういうこともあって神社の門や建物は国宝・重要文化財が多く見られます。その中の一部をご紹介します。

まず最初に楼門です。この門での見どころは、正面上の後水尾天皇による「東照大権現」と書かれた額、門をくぐると左にある「家康公の手形」、門を飾る「」の彫刻の3つです。
IMG_2892_20230311173920beb.jpg

次に国宝本殿・拝殿です。2009年に塗り替えられたので鮮やかな外観です。
IMG_2905_20230311173919cee.jpg

私が注目したのは拝殿の上部に並ぶ家康のメッセージを込めた3つの彫刻です。
まず「ひょうたんから駒」 人生何が起こるか分からないので、日頃から十分な準備しておくようにというメッセージです。
IMG_2919.jpg

次に「司馬温公の甕割り」 甕の中でおぼれた子を高価な甕を割って助けたという中国の故事から命の尊さを伝えています。
IMG_2918.jpg

3つ目は「孟子孔子老子」 中国の賢人に倣って一生学問に励めというメッセージです。
IMG_2917.jpg

このようなメッセージを込めた彫刻は日光東照宮にも数多く見られますが、私たちがそれをどこまで読み解けるかが問題です。煌びやかな装飾や彫刻を細かく見ながら巡るのも東照宮のおもしろさです。
IMG_2906_convert_20231216152900.jpg

そして境内の一番奥にあるのが家康が亡くなった直後に葬られた神廟です。家康は「自分の遺骸は久能山に埋葬し、一周忌の後に日光に小さなお堂を建ててそちらに移動すること」という言葉を残し亡くなりました。ということで1年で遺骸はここから日光東照宮に移されましたが、この久能山東照宮の神廟にそのまま眠っているという説もあります。
IMG_2912.jpg

これら以外にも神厩鼓楼神楽殿唐門などたくさんの見どころがあります。一般的に受付で境内案内図をもらえることが多いですが、ここはもらえませんし、どこにも案内パンフレットは置いてありませんでした。それだけに見逃さないように事前に調べておいた方がいいかもしれません。
IMG_3459_convert_20231216104914.jpg

それにしてもついこの前に「どうする家康」の初回放送の逃げ惑う頼りない家康を見た気がしますが、もう1年近くが経ったのですね。いろいろと辛口批評もありましたが、私は概ね楽しく視聴しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

長い糸電話に最適な場所

先日ニュースで北九州市下関市の小学生が糸電話日本最長記録を更新したというニュースを見ました。これまでの242.626mという記録を上回る250mの距離で会話ができたということです。
記録が作られた場所は本州と九州を結ぶ海底トンネル関門トンネル人道」で、関門橋開通50周年を記念してのイベントだったようです。

以前、この「関門トンネル人道」を往復したことがあります。歩行者は通行料無料です。下の写真は下関側の入口です。
IMG_0548_20221031132706001.jpg

エレベーターで一気に地下55mまで降りるとトンネル入り口があります。
IMG_0550_20221031132704fb5.jpg

全長780mですので歩いて片道10分程度です。ここで250mの糸電話の挑戦をしたのですね。
IMG_0551_202210311327040d7.jpg

トンネルの中ほどに山口県と福岡県の県境の表示があります。県境の白線をまたいで「今、本州と九州の両方にいるねん」と言う人もいるでしょうね。
IMG_0555_20221031132703788.jpg

トンネルが上り坂になると出口も近いです。
IMG_0560_20221031133022a09.jpg

門司側からトンネルを出ると海上交通の神様を祀る和布刈(めかり)神社があり、その真上を関門大橋が架かっています。関門大橋は高速道路専用の橋ですので、歩行者や自転車は渡れません。
IMG_0564_202210311327034ed.jpg

この狭い関門海峡を多くの船が行き交います。潮の流れが速くまるで川のようです。
IMG_0577_202210311327000df.jpg

下関側にはみもすそ川公園があります。源平合戦で有名な壇ノ浦はこのあたりです。公園には源義経・平知盛像があります。
IMG_0598.jpg

毎朝このトンネルをウォーキングする人も多いようです。景色も見えず単調なので飽きないかなとも思いますが、車が通らないので安全でいいそうです。風雨の心配はないですし、夏の暑さや冬の寒さも緩和できそうですね。
250mの長さの糸電話となると、野外だと風の影響もあって糸がピンと張らず難しいでしょうから、なかなかいい場所に目をつけましたね。参加した小学生たちもいい思い出になったことでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

新しくなった「どさんこプラザ札幌」

北海道産品のアンテナショップ北海道どさんこプラザ札幌店JR札幌駅構内にあります。2023年2月にリニューアルオープンしました。大阪にも1店舗ありますが、残念ながら売り場面積は狭いです。
IMG_5142_convert_20230801194321.jpg

それに対してさすが札幌店は広く、道内各地の特産品が数多く揃っており、生産地でしか買えないようなレア商品もあります。
IMG_5143_convert_20230801194335.jpg

レトルトカレーもいろいろな種類があります。道内だけでこんなに多くのご当地レトルトカレーがあるのですね。
IMG_5151_convert_20230801194417.jpg

豚丼やジンギスカンのたれもたくさんあります。これも関西では売っていないものが多くありました。
IMG_5144_convert_20230801194521.jpg

またここは「北海道さっぽろ『食と観光』情報館」の一角ですので、道内各地のパンフレットが置いてあり、そのときの旬な情報を集めることができます。
IMG_5153_convert_20230801194427.jpg

JR札幌駅から帰る旅行客がお土産を買うだけでなく、意外と札幌近郊の地元の方も立ち寄って、豆腐や惣菜、漬け物などを自宅用に買っていくそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

神戸の真ん中にあった城

阪急電車花隈駅のすぐ近くにある花隈公園は、かつては花隈城があった城跡です。中華街の南京町などがある元町エリアからも歩いてすぐの場所です。
IMG_5683_convert_20231128144155.jpg


織田信長が大坂の石山本願寺に対する西国の援助を断つための拠点として、家臣の荒木村重に命じて築城した城です。しかし、荒木村重信長に反旗を翻したため、池田恒興などに攻められて落城しました。遺構は存在しておらず、石碑と解説板が設置されています。
IMG_5685_convert_20231129055414.jpg

公園をぐるりと囲んだ石垣も単なるここが城跡だという演出であって、歴史的な価値はありません。
IMG_5699_convert_20231128144311.jpg

公園の中には模擬天守台もあります。これも天守がここにあったわけでなく、城跡の雰囲気を出しているに過ぎません。
IMG_5696_convert_20231128144241.jpg

その模擬天守台の上からJR神戸線の高架が見えます。当時の城は東西350m南北230mの広さがあり、JRの線路も城内でした。このすぐ前まで海だったようです。三方を海に囲まれた地形を「~鼻」と表現することがありますが、花隈城の「」も元来は「」でした。
IMG_5694_convert_20231128144250.jpg

ここから少し西にある福徳寺の山門前に「花隈城天主閣之跡」の石碑があります。
IMG_5700_convert_20231128144303.jpg

なお公園の下は市営駐車場になっています。せめて花隈城の資料室などがあればよかったのでしょうが、遺構はなく天守を含めた建物の構造なども何もわかっていない状況では無理ですね。公園の模擬石垣を見て「この辺りに城があったんだなあ」と感じるのが精一杯です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今回の新日本海フェリー

今回の新日本海フェリー敦賀・苫小牧航路は往路すいせん復路すずらんでした。
IMG_3666_convert_20230803201956.jpg

往路復路とも船内に以前と比べてちょっとした変化がありました。
まずステートAの船室のテレビが新しく壁掛けの液晶大画面に替わって見やすくなっていました。以前は小さなテレビが洗面台横に置いてありましたが、それがなくなった分机上のスペースも広くなりました。
IMG_3680_convert_20230803202027.jpg

次にこの船で唯一外へ出られる後方デッキですが、手すりの2mほど手前にロープが張ってあり立入禁止になっていました。
IMG_3660_convert_20230803202038.jpg

サイドも行けないようになっていました。手すりの近くは夕日の絶好の撮影場所だっただけに残念です。もちろん手すりギリギリで撮影することが危険なので安全対策なのだろうとは思いますが。
IMG_3675_convert_20230803202048.jpg

下の写真は以前の乗船時に撮った夕日です。前にいる人もそうですが、手すりギリギリでないと船の横方向に沈む夕日は撮れません。
IMG_2660_202205311509460b1.jpg

今回の乗船は復路が大荒れでした。とくに秋田県沖はこれまでの乗船経験の中で最も揺れました。
S110.1 (1006)

そんなこともありレストランも麺類の提供が中止されました。私は北海道に名残を惜しんで「花畑牧場の豚丼」を食べました。
IMG_5609_convert_20230803202111.jpg

船には強い私ですが、さすがに今回の揺れはしんどかったですね。到着も30分遅れました(乗船時は1時間半遅延見込み)。欠航しなかっただけよかったとは言えますが…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

セコマカードをフル活用

セイコーマート北海道密着のコンビニです。コンビニといってもホカホカ弁当や焼き立てパン、オリジナルの限定商品などが充実していて、北海道旅行ではよくセイコーマートを利用します。けっこうな田舎でもあります。
IMG_4386_convert_20230728161806.jpg

ただ関西にはまったくありません。なのでセイコーマートのカードは作っていなかったのですが、北海道旅行中だけとはいえ、持っていると得なことが多そうなので、今回カードを作りました。
IMG_4045_convert_20230728161740.jpg

カードを作ったということで、より一層旅行中はセイコーマートだけを利用することになりました。
IMG_4116_convert_20230728161753.jpg

ちくわパン月寒あんぱんガラナなど北海道ならではの商品についつい手が伸びます。
IMG_4831_convert_20230801171421.jpg

結局、滞在中にクーポンで値引きしてもらったり、飲料を無料でもらうなど、カードとアプリをフル活用しました。ただ次の北海道旅行までカードは休眠です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

宇和島でブラタモリ

先週のNHKブラタモリ愛媛県宇和島市が舞台で、旅のお題「“ギザギザ”は宇和島に何をもたらした?」でした。
番組のオープニングは宇和島城でした。私は3年前に行ったことがあります。

宇和島城天守は、貴重な現存12天守のひとつで、築城の名手・藤堂高虎による城です。
IMG_0126_202009230532092f4.jpg

多くの城の縄張り(敷地)の形は四角形ですが、宇和島城は不等辺五角形です。このことが敵を混乱させ、幕府の隠密ですら誤った城の構造を報告した記録があるくらいです。
下の写真は代右衛門丸の石垣です。私は城内地図を見てこれを右へ行くと天守へ近道だと思い進んだのですが、結局行き止まりでした。私が攻める側の足軽なら討ち死です…
IMG_0113_20200923053210cef.jpg

本来は敵を拒むべき天守ですが、宇和島城の玄関は大歓迎とばかりにものすごく大きいです。
P1000122.jpg

鉄砲を撃つ狭間もないので、この天守は平和の象徴として築かれたと考えられています。
IMG_0127_202009230532061c0.jpg

天守からの眺めです。築城時はもっと海が城に迫っていたようです。海岸は下の写真のようなリアス海岸で、ブラタモリのお題の「ギザギザ」はこの地形を指しています。
IMG_0136.jpg

愛媛南予地方の特産品のひとつがじゃこ天です。伊達政宗の長男である秀宗が藩主として宇和島に来たときに、仙台から蒲鉾職人を連れて来て作られるようになったと説明していました。私が食べたじゃこ天は、じゃこの味がしっかりとしている上に、軽く炙ってあったので香ばしさがじゃこのおいしさを引き立てていました。
IMG_0172_20200922154839fd3.jpg

さらに愛媛の名物に鯛めしがあります。鯛めしには2種類あります。
IMG_0251.jpg

東予・中予地方松山鯛めしは焼いた鯛を土鍋や釜に入れて炊き込んだものです。私が食べた松山鯛めしは一人前でしたので、鯛は一匹乗っていませんが、オーダー後にひとつずつ土鍋で炊いているので、鯛や出汁の昆布の風味が広がってとてもおいしかったです。
IMG_0253.jpg

一方、南予地方宇和島鯛めしは鯛の刺身をタレにつけ込み、薬味といっしょに混ぜたものをご飯の上に生玉子とかけて食べる漁師料理です。贅沢な玉子かけご飯という感じでした。
P1000098_convert_20231210073750.jpg

宇和島松山から車で約1時間15分ほどの場所です。私は松山に連泊して松山から日帰りで宇和島大洲に行きましたが、それでもブラタモリで紹介されていた「遊子水荷浦の段畑(段々畑)」まで見ることは出来ませんでした。
愛媛県南予地方も意外に見るべき場所は多いです。
fashion_sunglasses_megane.png
年内のブラタモリはこれで終わりで、次回は1月13日の黒部峡谷のようです。タモリさんもだんだんと年を重ねて全国をロケで訪れる番組もしんどくなりつつあるでしょうが、私が楽しみに見ている数少ない番組なので、来年も可能な限りがんばってほしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

幣舞ロータリー

ラウンドアバウト環状交差点とも呼ばれます。ラウンドアバウトでは周回している車が優先され、北海道では上ノ国、浜頓別、北広島にあります。
これに対して、周回道路以外の道路が優先されるロータリーを「ロータリー交差点」と呼び、ラウンドアバウトとは区別されます。見た感じはまったく同じです。
IMG_4088_convert_20230730174125.jpg

北海道の「ロータリー交差点」の代表は旭川の「常盤ロータリー」と下の写真の釧路の「幣舞ロータリー」です。正面に見えるのは釧路のシンボルの花時計です。日本一傾斜のきつい花時計だそうです。
IMG_4063_convert_20230730174144.jpg

幣舞ロータリー」は六叉路ロータリーで、幣舞橋から南へ貫く道路が優先道路のため、東西に抜ける場合はかなりややこしそうです。


何度か通りましたが、そんなに苦労しなかったので、たぶんそのときは優先道路を南北に通り抜けたのでしょう。
IMG_4066_convert_20230730174206.jpg

いずれにしても地元の慣れた車に迷惑をかけそうなので、私としてはできれば避けたい交差点です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

大坂の陣と淀殿

大河ドラマどうする家康」もいよいよ最終局面の大坂の陣(1614年大坂冬の陣と1615年大坂夏の陣の総称)です。

前回の放送で描かれた大坂冬の陣徳川家康が陣を構えたのは大阪城の南に位置する標高26mの茶臼山です。現在は周辺一帯は天王寺公園になっています。
IMG_3875.jpg

一方の豊臣方で奮闘したのは真田信繁(幸村)です。2016年の大河ドラマ真田丸」で堺雅人さんが主役で演じた人物です。真田丸は真田が築いた出城で、徳川方はこれを攻略できず多くの犠牲者を出しました。正確な位置は長らく不明でしたが、最近の調査で明星学園高校の敷地にあったことが判明しました。それを受けて、校舎の外壁に真田信繁の壁画が描かれ、外には真田丸があったことを記した真田丸顕彰碑が作られました。
IMG_0742.jpg

この真田丸で大きなダメージを受けた徳川でしたが、最終兵器の大筒を大阪城天守に撃ち込み、有利な和睦に持ち込みました。その結果、真田丸は破壊され、堀も埋められて、大阪城は防御の備えが無くなった裸城になりました。
IMG_0009_convert_20231027135924.jpg

翌年の大坂夏の陣では大阪城を裸にされた淀殿豊臣秀頼親子に勝ち目はなく、結局2人は追い詰められて自害します。今の大阪城はその当時のものではなく、天守の場所も違いますが、現在の天守の裏に「秀頼・淀殿ら自刃の地」の碑があります。
IMG_0005_convert_20231027135900.jpg

このあたりにあった山里丸の櫓で自害したという記録があり、平成9年ここに碑が建てられました。ただ極楽橋から天守へ向かう順路から少し外れているので来る人は少ないです。
IMG_0003_convert_20231027135914.jpg

どうする家康」で淀殿を演じた北川景子さんは見事に淀殿と母のお市の二役を演じ分けられました。まったく異なる2人の人格は同じ人が演じているとは思えませんでした。さすが一流の女優さんですね。家康以上に存在感がありました。
IMG_0072_convert_20231027135849.jpg

北条政子日野富子と並んで日本三大悪女といわれる淀殿ですが、敗者の評価は勝者が作る部分が多いので、それを鵜呑みにはできません。しかもなぜか淀殿を主役にした大河ドラマはありません。妹のでさえ2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で描かれました。昨年の小池栄子さんが演じた「鎌倉殿の13人」の北条政子もイメージが変わって話題になりましたが、淀殿も新たな解釈で描くことでイメージが大きく変わる人物だと思います。

どうする家康」もいよいよあと2回で終了です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

予想外にまだ紅かった…

京都府立植物園京都野外彫刻展(京都府、京都彫刻家協会主催)が開催中です。
IMG_0005_convert_20231207190559.jpg

このブログで時々紹介させて頂いている松原氏から案内状を頂いたので見に行きました。
松原氏の作品は「EDAMAME」です。今年3月にも尼崎芸文美術展にこの作品を出品されていましたが、屋外で見るとまた違った雰囲気です。
IMG_0042_convert_20231207141805.jpg

広い植物園のあちこちにたくさんの立体作品が展示してあります。ぶらぶら歩きながら鑑賞していると、さらに知人の島崎將氏の作品も見つけました。題名は「Double faced」です。お二方とも精力的に作品を造って出品されているようです。
IMG_0025_convert_20231207141816.jpg

また敷地内の植物園会館では彫刻小品展も開催されています。こちらには40余りの作品が並んでいます。
IMG_0036_convert_20231207141832.jpg

松原氏はこちらにも出品されています。真鍮の作品で題名は「蜘蛛の巣(立方体)」です。
IMG_0033_convert_20231207141842.jpg

この彫刻小品展10日で終了ですが、屋外の京都野外彫刻展17日まで開催中です。

ちなみに訪れたのは昨日(12/7)ですが、園内ではまだ紅葉が残っていました。確かに京都紅葉の見ごろは12月上旬までと聞きますが、ここまで残っているとは思いもしませんでした。
IMG_0011_convert_20231207141857.jpg

さすがに少々色は褪せてはいましたが、「いつまで紅いねん!」と突っ込みながら撮影しました。いわゆる「名残の紅葉」ですね。
IMG_0046_convert_20231207141905.jpg

京都はインバウンド復活で混んでいるので、紅葉は見に行かなかったのですが、まさか彫刻展を見に行っておまけに紅葉まで見られたのは想定外でラッキーでした。人もほとんどいませんでしたしね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

釧路で定番のお土産施設

幣舞橋近くにある釧路フィッシャーマンズワーフMOOです。フィッシャーマンズワーフサンフランシスコの観光地の名称で、MOOMarine Our Oasisの略です。こちらは1989年オープンの商業施設ですので、前回書いたような最近流行のダジャレ名称ではありませんo(^▽^)o
IMG_0466_convert_20230801090446.jpg

観光で釧路を訪れてお土産を買うのであればここの1階のMOO市場ですね。六花亭や柳月などのお菓子から魚介類や塩干物、珍味までいろいろあります。
IMG_4056_convert_20230801090504.jpg

最近よくテレビでも取り上げられる「さんまんま」の店もあります。秘伝のたれに漬け込んだ秋刀魚とおこわを抱き合わせ、炭火でこんがりと焼いた新しい釧路名物です。
IMG_4055_convert_20230801090516.jpg

ただ海産物を買うのであれば午前に行くのがいいでしょう。昼から品薄になり、3時を過ぎると店は閉まり始めます。
IMG_4094_convert_20230801090806.jpg

前には岸壁炉ばたがあります。5月~10月の期間限定の仮設の炉端焼き店です。ここもテレビで取り上げられるようになってからは、夏は予約しないと入れないことが多くなりました。
IMG_4093_convert_20230801090533.jpg

ここへ来ればお土産、海産物、炉端、食事処、居酒屋、観光案内所と観光客の多くの目的を果たすことができます。また近くには人気の「炉ばた煉瓦」やスパカツの「泉屋」もあるので、観光で釧路に来たなら立ち寄っておきたい場所です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

新しい商業施設名にうんざり…

あくまで私の個人的な印象ですが、最近の新しい商業施設の名前は「またこのパターンか…」というのが多いです。

例えば…
先月すすきのにオープンした大型商業施設が「COCONO SUSUKINOここの すすきの)」です。「COCONO」には場所を意味する「此処」と多様性を意味する「個々」の2つの意味が込められているそうです。

私の住む尼崎に昨年11月にオープンした商業施設が「SoCoLa塚口そこら塚口)」です。「すぐそこにあるCOMMUNITY LAND」を集約した造語だそうで、野村不動産が展開する商業施設のブランド名です。
IMG_0007_convert_20230927163538.jpg

つまり、どれもいわゆるダジャレでそれをアルファベットで表記しておしゃれに見せたり、凝ったものでは英単語を並べて、その頭文字をとると別の意味の日本語になるというやはりダジャレパターンです。

さらに、2023年4月にオープンした奈良の近鉄西大寺駅の商業施設は「Coconimo SAIDAIJi(ここにも西大寺)」です。多彩なテナントが「個々にも」輝きを放ち、「此処にも」賑わいがあるという意味だそうです。

そして2025年3月開業予定の北広島駅前の商業施設名も「tonarie北広島となりえ北広島)」に決まったそうです。
building_shopping_mall.png
こうして新しい施設名を聞くたびに「またこのダジャレと英語を組み合わせたパターンか…」と感じてしまいます。
これが今の流行なのでしょうが、どこも発想が同じなので、完成した施設名も結局は似たようなものになります。

ここの すすきの」「そこら 塚口」「ここにも 西大寺」「となりへ 北広島(´・_・`)
money_ic_card.png
もしかするとこのようなネーミングの先駆けはJR北海道Kitacaきたか)」やJR西日本ICOCAいこか)」、JR九州SUGOCA(すごか)」などの交通系ICカードかもしれません。確かにこれらのカードは当時はなかなか上手いネーミングで、利用者にもすぐに定着しましたが、だからと言って二匹目のどじょうを狙ってみんなが真似すれば名前の個性とインパクトは失われますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

「じゃがポックル」は落ち着いた

北海道のお土産として定着している「じゃがポックル」です。
IMG_4316_convert_20230719062329.jpg

私の周囲ではとても「イモ感」が強いと好評で、いつも何箱かお土産に買って帰ります。
IMG_4320_convert_20230719062341.jpg

この「じゃがポックル」もかつては前回紹介した「赤いサイロ」のように人気沸騰で品薄状態になりました。下の写真はその頃の店頭の写真です。「当店は個数制限ありません!!」とわざわざ書いてあることから、当時の人気が伺えます。
250_convert_20230723092454.jpg

もちろん今も人気ですが、好きなだけ買うことができます。関西でも見かけることがあります。ちょうどこのときは発売20周年を記念して3箱買うとトートバッグが付いてきました
IMG_4321_convert_20230719062355.jpg

価格は昔の写真では840円という表示が見えますが、今は1050円になっています。10袋入っているので、めちゃくちゃ高いということはないかもしれませんが、それでも200円上がれば3箱で600円高くなるわけで、やはり痛いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

まだ品薄の「赤いサイロ」

北見のお菓子「赤いサイロ」です。カーリングのロコソラーレが試合途中の休憩時間(もぐもぐタイム)に赤いサイロを食べているのがテレビに映り、一躍有名になりました。
IMG_4318_convert_20230719062304.jpg

それ以来、品薄状態が続いており、店頭で見ることも少なく、この日はたまたま女満別空港で見つけました。それも1人2個までの限定販売でした。
IMG_4317_convert_20230719062245.jpg

中はチーズケーキの小箱が5個入っていて、箱の裏には北見の名所の写真が印刷されています。下の小箱はオホーツクビアファクトリーの写真です。
IMG_0004_convert_20230719084752.jpg

チーズケーキはしっとりしていてとてもおいしかったです。それにしてもロコソラーレの人たちによる宣伝効果はすごいですね。私もそれがなければわざわざ空港で買うことはなかったでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

久しぶりに女満別空港

久しぶりに女満別空港に行きました。といっても搭乗目的ではなく、近くを通ったので少し立ち寄ったという感じです。駐車場も1時間までなら無料です。
IMG_4305_convert_20230728155210.jpg

以前は関西方面と女満別空港は便数も多く、道東観光によく利用していましたが、今は伊丹空港から夏季のみ1日1往復、関西空港からはピーチが1往復飛んでいるだけなので利便性はよくないです。とくに北海道へフェリーで訪れるようになってからは、女満別空港に行く機会はなくなりました。
IMG_4307_convert_20230728155233.jpg

屋上は展望エリアになっていたのですね。初めて上がりました。
IMG_4313_convert_20230728155320.jpg

羽田行きの便が準備中でした。羽田空港とは1日何往復かの便はあるようです。
IMG_4311_convert_20230728155334.jpg

2階フロアには網走のPRとしてモヨロ人が使っていた土器のレプリカが展示されていました。
IMG_4310_convert_20230728155259.jpg

またその隣にはロコソラーレのサイン入りストーンもあります。
IMG_4309_convert_20230728155309.jpg

最後に利用したのはかれこれ20年くらい前ですので記憶が定かではありませんが、建物の内外は大きくは変わっていないように思います。ターミナルにはお土産店がいくつかありますので、一応そちらものぞいて見ることにしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ミニチュア博物館のある空港

2006年に開港した神戸空港は神戸沖にある海上空港です。オープン直後にこの空港から北海道へ行きましたが、ここへ行ったのはそれ以来になります。
IMG_2298_convert_20230614191002.jpg

神戸空港では昨年9月にミニチュア写真家・田中達也氏の常設ミュージアム「MINIATURE LIFE × KOBE AIRPORT」がオープンしました。
IMG_20230614_0001_convert_20230614204936.jpg

展望デッキに上がるとまず目に入るのが田中氏の作品のブロッコリーを大樹に見立てた「ブロッツリー」です。
IMG_2318_convert_20230614191041.jpg

作品展示室は2つあり、ひとつ目はAIRPORT ZONE空港や飛行機を見立てたミニチュアの世界」です。下の作品名は「エビフライト」です。
IMG_2314_convert_20230614191136.jpg

2つ目の展示室はKOBE ZONE神戸の町並みを見立ての世界で表現した世界」です。神戸ゆかりの製品パッケージなどを使って神戸の街がミニチュアで再現されています。
IMG_2307_convert_20230614191104.jpg

基本的に田中氏の作品名はダジャレが多いようです。下の作品名は「この坂道は甘くない」です。
IMG_2305_convert_20230614191122.jpg

以上のようなミニチュアアート展示施設がオープンしたのを知っていたので、一度見てみようと飛行機に乗らないのに空港に足を運んだ次第です。
IMG_2308_convert_20230614191200.jpg

15年前に利用したときは発着便数も少なかったですが、今では便数も増えました。とくに新千歳空港便はLCCもあり、本数も多いので、一度ここから安く北海道へ行くことを考えてもよさそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース