カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「施設 」カテゴリ記事一覧


道の駅「花ロードえにわ」

道の駅花ロードえにわです。木と石の素材感あふれる外観です。
IMG_2228_20220527132318049.jpg

2020年に全面リニューアルされました。新しくなってからは初めて行きました。
IMG_2237.jpg

ここの地元産の食材を使ったベーカリーの焼き立てパンは定評があります。
IMG_2236.jpg

目についたのは「ひつじの石けん」です。羊の毛に付いている保湿成分を加え、洗ったあとはしっとりとするそうです。
IMG_2235.jpg

ただ下の写真の「エニワ」のTシャツばかりは買う人がいるのかどうか・・
IMG_2241.jpg

テーマは「花・水・緑・田園」ということで、まさしくそれに相応しい雰囲気の道の駅です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



道の駅「たきかわ」

道の駅たきかわです。
IMG_1741.jpg

大規模な道の駅ではありませんが、2020年にリニューアルされ、農産物直売所が拡張されて建物内に移動しました。
IMG_1739_20220527104557273.jpg

菜の花が満開の時期でしたので、周辺の菜の花畑の情報がないかと思い寄りました。建物の外では訪れた日の週末に開かれる菜の花まつりの準備に追われていました。
IMG_1749.jpg

ということで置いてあった菜の花畑マップを片手に車を走らせました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

道の駅「香りの里たきのうえ」

芝ざくら滝上公園を出てすぐの場所に道の駅香りの里たきのうえがあります。
IMG_1789.jpg

さほど大きな道の駅ではなく、中には滝上町の特産品などを販売する売店があるだけです。
IMG_1792.jpg

ただ目を引いたのは外に飾ってあったモザイクアートです。さきほど訪れた芝桜の公園が描かれています。
IMG_1790.jpg

そして近づいて見ると絵は小さな写真で構成されています。1枚1枚は芝桜公園で撮られた風景や人物の写真のようです。
IMG_1791.jpg

この絵の前に立って、3mほど離れたり、30cmまで近づいたりして、しばし感心して眺めていました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

日本唯一の馬具メーカー

ソメスサドル砂川ファクトリーショールームです。
IMG_0599.jpg

ソメスサドルというのは革製品を製造販売する会社で、炭鉱の全盛が過ぎつつあった歌志内市の誘致で1964年に誕生しました。
原点は「馬具づくり」で、今でも多くの乗馬・競馬用品を作っています。日本唯一の馬具メーカーです。
下の写真は武豊騎手の鞍です。
IMG_0590.jpg

ソメスサドルの製品はすべてハンドメイドです。それだけに値段は高いですが品質には定評があります。
IMG_0586.jpg

とくに鞍の形をモチーフにしたバッグは人気があります。
IMG_0588.jpg

この砂川ファクトリーは建物の周りの庭も見どころです。室内から見ると絵画のようです。
IMG_0585.jpg

レンガ造りの建物の背景に暑寒別連山が見えます。
IMG_0593.jpg

庭には3頭の馬がいました。看板馬なのでしょうかね。
IMG_0595.jpg

ショールームでソメスサドルの製品を見たあとは、ぜひ広い庭で北海道らしい景色も楽しんでください。
IMG_0591.jpg

場所は道央自動車道砂川SAスマートインターを出ればすぐのところです。一度訪れてみてください。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

道の駅「ステラ☆ほんべつ」

道の駅ステラ☆ほんべつ」です。
何だか「つのだ☆ひろ」みたいな感じですが、「つのだ☆ひろ」はひらがなで続けると姓と名の区切りがわかりづらいので☆を入れたそうです。「ステラ☆ほんべつ」の☆はステラが星の意味で、おそらく星空がきれい場所ということでしょうね。
IMG_110258.jpg

本別町のマスコットは上の写真にも写っている「元気くん」です。モチーフはです。このように中は星に関係なく本別町特産の豆類を前面に打ち出して展示や販売をしています。それなら道の駅の名前も「ビーンズ・ほんべつ」などとした方が一貫性が出たでしょうに。
IMG_110266.jpg

ここは平成18年に廃止された旧ふるさと銀河線本別駅舎を利用しています。
IMG_110261.jpg

2009年にオープンした時に、跨線橋を活用した鉄道記念館や28メートルだけ復元された線路なども整備されました。
IMG_110259.jpg

国道242号線沿いにあり近くには本別公園などの名所もあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

北海道開拓の村

前回紹介した北海道博物館のすぐ近くにある「北海道開拓の村」は、54haの広大な敷地に52棟の開拓時代の歴史的建造物が移築・再現されています。
ところで、前回北海道百年記念塔のことについて触れたところ、老朽化のため取り壊されることが決まったという情報を寄せて頂きましたが、この北海道開拓の村の建物も改修が必要なものが多くあるようです。

さて下の写真は明治に焼失した「旧開拓使札幌本庁舎」です。内部はビジターセンターになっています。
333.jpg

旧小川家酪農畜舎」です。アメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもので、19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造です。サイロはのちに厚別の農家より移築されたものです。札幌軟石で造られているあたりに北海道らしさを感じます。
351.jpg

小樽沿岸を中心に鰊建網を経営した「旧青山家漁家住宅」は「マッサン」のロケ地として使用されたことでも知られる貴重な建物です。建物の外も漁村らしい風景を再現しています。
346.jpg

旧札幌警察署南一条巡査派出所」には当時の衣装を着た「お巡りさん」が常駐しており、道案内や写真撮影に応じてくれます。
342.jpg

広い敷地の中を鉄道馬車が走っています。どさんこが一生懸命に引いています。
348_20220125180804b26.jpg

北海道博物館と併せて見学すると半日はかかるでしょう。ただ同じ野幌森林公園の中ですし、お得なセット券もあります。せっかくなら両方とも訪れるのがいいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

北海道ファン必見の博物館

札幌野幌森林公園にある北海道博物館です。通称「森のちゃれんが」というそうです。
IMG_0649.jpg

開拓記念館アイヌ民族文化研究センターが統合され2015年に「北海道博物館」として誕生しました。
入場するとまずは巨大なマンモスナウマン象が出迎えてくれます。以前書いた帯広百年記念館のマンモスに負けず劣らず入館してくる人になかなかのインパクトを与えます。
IMG_0651.jpg

常設展示は考古学も含む歴史学系の内容とアイヌ民族や北海道開拓使などの民俗学系の内容が中心です。
IMG_0654.jpg
IMG_0660.jpg
IMG_0661.jpg

北海道好きの私にはなかなか見ごたえのある展示でした。
IMG_0655.jpg

入館料600円です。北海道がお好きな方にはコスパ的にもお得な施設だと思います。

ところで建物の反対側には北海道百年記念塔が見えます。
IMG_10784.jpg

展望室まで上ることができますが階段しかありません。私は上がったことはありませんが、かなりきついだろうと思います。余力がありましたらぜひ!
(追記:このブログをご覧いただいているくりきんとん99さんからの情報で、この記念塔は老朽化のため今は立入禁止でやがて取り壊されるようです)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

三笠はアンモナイト推し

道央の三笠市にある三笠市立博物館です。
IMG_110782.jpg

ここは別名「化石の博物館」と呼ばれています。
実際に第1展示室に入ると1mを超えるアンモナイトの化石がずらーっと並んでいます。大きさもですが、その数の多さに圧倒されます。
IMG_110786.jpg

もともと三笠は炭鉱の町で、この博物館も開拓や炭鉱の歴史を伝える郷土博物館だったそうです。今でも第2展示室以降はそれがテーマになっています。
IMG_110795.jpg

しかしその後、周辺の地層からいろいろな化石が発掘され、それに伴って博物館も一転して地質学重点になりました。そうなってからマスコミなどで取り上げられる機会も増え、私も旅番組でこの博物館の存在を知りました。
IMG_110788.jpg

三笠の町もこのアンモナイトをシンボルにしているようで、三笠高校制作のパンもアンモナイトメロンパン
IMG_110856.jpg

宿泊した三笠市のホテルのフロントの横にも大きなアンモナイト!
IMG_110844.jpg

それでも三笠=アンモナイトは知らない人が多く、まだまだPRなど工夫の余地があるように思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

乗馬してこそのAERU

前回もちょこっと紹介した浦河町の「うらかわ優駿ビレッジAERU」です。
IMG_10298_20170809070807db2.jpg

馬と自然とふれあえる里」のキャッチフレーズのとおり、広大な土地に馬が放牧されており、馬と触れ合ったり乗馬を楽しむことができる施設です。
IMG_10300.jpg

それだけでなく広い芝生グランドがあり、サッカーコートも余裕で2面はとれます。ですから夏は多くのチームが合宿にやって来ます。気温も湿度も低く、広い天然芝で試合や練習ができるのですから何とも贅沢な合宿です。グランド上の温度は大阪の土や人工芝のグランドと比べて10度以上は低いと思います。
IMG_10303_20170809070805704.jpg

ここへ来て馬と触れ合うことなく帰るのは少しもったいない気もしますが、ここで合宿を経験した人はきっといつかは馬目的で来るのではないでしょうか。

そしてAERUは合宿でなくても一般客も宿泊できます。
IMG_10296_201708090710175c9.jpg

ホテル並みの客室です。
2015広角6D (1205)

部屋番号の札が蹄鉄の形というのがおもしろい。
IMG_0096.jpg

食事はバイキングではなくセットメニューでした。浦河産ひらめ・つぶ貝などのお造りや牛ロースの陶板焼き、きんきの煮付けなど豪華です。
IMG_0103.jpg

なお浦河では苺の栽培もさかんということでデザートに添えられていました。
IMG_0108.jpg

ここに泊まるなら何らかの形で馬に関するプログラムと組み合わせるのがいいと思います。体験乗馬プログラムは宿泊者割引があります。馬に乗らないのであれば浦河市街地のホテルに泊まった方が安いです。

ということで馬に興味のある方はホームページでどのようなプログラムがあるか確認してぜひとも泊まってみてください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

釧路市動物園

釧路市動物園日本で最も東にある動物園です。

2008年に「軟骨形成不全症」という障害をもちながらも元気に成長するアムールトラタイガココアの兄妹がテレビで紹介されて全国的に知られるようになりました。
タイガはその後1才で亡くなりましたが、ココアは今も元気に暮らしています。
2016.6D (1098)

またシロクマミルクも愛らしい動きをすることで有名です。訪れた8月のこの日は釧路にしては暑くてこのポーズ
2016.6D (1101)

レッサーパンダはオスのメイメイとメスのコーアイの2頭です。やはり木の上でグロッキー気味でした。
2016.6D (1122)

そしてエゾヒグマの巨大な足の裏です。エサをやることのできる小さな管がありそこに寄ってくるのでこのような写真も撮れました。
2016.6D (1114)

園内は森の中を整備された散策路が続いています。
2016.6D (1091)

そして釧路湿原の上を木道が続いています。
2016.6D (1109)

やがて池が姿をあらわします。霧がかかっていることもあって神秘的な雰囲気のする池です。
2016.6D (1110)

北海道の動物園でも旭山動物園円山動物園にはない釧路市動物園ならではの散策コースです。
2016.6D (1082)

動物園ですから動物の姿を見て楽しむのはもちろんですが、周りの自然を感じつつ敷地内を歩くのも釧路市動物園の楽しみ方のひとつです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース