サメの指パク体験

標津サーモン科学館です。知床半島の付け根の標津川河口付近にあります。
2.2016.S120 (13)

基本的にはその名の通りサケの水族館ですが、サケ以外にも幻の魚イトウなどいろいろな種類の魚がいます。
2.2016.S120 (21)

そして少し変わった体験もできます。
下の写真はチョウザメに指を噛んでもらう体験です。噛むと言ってもチョウザメは歯がないので大丈夫だそうです。としてもサメの名前が付いていると少しおっかない・・
2.2016.S120 (19)

1枚目の写真にも写っていますがここには高い展望塔があります。
残念ながらこの時は大雨で見晴らしは最悪でした。晴れていれば国後島も見えるようです・・
2.2016.S120 (23)

サケのライフサイクルに合わせ季節ごとに展示の内容は変わります。9~10月にはサケの遡上を、11月には産卵行動を展示するので、できればこの時期に訪れるのがおもしろいでしょうね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

三毛別へ行く前に寄りたい資料館

北海道苫前町は、日本海沿いに走るオロロンラインの留萌管内中ほどにある町です。その中心に苫前町郷土資料館があります。昭和59年までは役場だったそうです。
6D2014 (152)

ここは苫前の歴史や民俗資料を展示しています。例年5~10月が開館期間になっていますので、現在は閉館中です。
6D2014 (153)

大正時代に苫前町の山奥の三毛別で起こった「三毛別ヒグマ事件」の再現ジオラマも展示されています。(大正4年、開拓民の集落が巨大なヒグマに襲われ多くの人命が失われました
ここから実際の事件現場まで片道20kmほど距離があります。現地には当時の家などを復元しているそうですが、遠いことと淋しい山中で少し気味が悪そうなのとでまだ行ったことはありません。
X7 2014 (96)

ましてや郷土資料館の受付の張り紙(下の写真)を見ると行こうという気持ちがしぼみます・・
S110.1 (28)

それでも三毛別の復元現場へ行こうと思う方は、ここで予備知識を得てから出かけるのもいいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

エミューの規格外の食事

どうでもいい話から・・・このブログの右上のアクセスカウンターがまもなく「777777」になります。この記事掲載中に達成されるかもしれません。12年余りブログを続けてきた私としてはその瞬間を見てみたいです。(22日12時30分に見るともう777795でした)

さてクリスマスの鳥と言えば七面鳥ですが、今回はエミューの話題です。
東藻琴(正確には網走市)にあるオホーツクエミューらんどです。たまたま前を通ったこともあり、2年連続で行きました。
IMG_11098.jpg

日本国内では最大規模のエミューの牧場です。精肉や卵、油をとるために飼育しています。
IMG_11103.jpg

4500坪の敷地に1000羽以上いるそうです。
IMG_11109.jpg

そうなるとエサ代も馬鹿になりません。ところがあるとき近くの小清水町にあるお菓子「ほがじゃ」の工場から規格外品をもらってきたら好んで食べたようで、それ以来工場から譲り受けているそうです。下の写真のようにエサ箱の中に大量に入っていました。
規格外といえど、人間が食べるお菓子ですから、いろいろと調味料も入っているでしょうに、鳥が食べても問題ないのでしょうかね。
IMG_11106.jpg

ここからその小清水の「ほがじゃ」の工場まで車ですぐです。見学もできます。
IMG_0396_20201221054426b48.jpg

工場の売店では「ほがじゃ」をはじめ、いろいろなタイプの商品があります。
IMG_110401.jpg

北海道旅行中にも何度となく土産物店で「ほがじゃ」を見かけました。1箱16枚入りで650円くらいです。私もエミューと同じく規格外品でいいので分けてほしかったです(笑)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

旭川のアナ雪の城・・らしい

旭川にある「雪の美術館」です。
ディズニー映画「アナと雪の女王」が話題になり、旭川のこの美術館が映画の「氷の城」に似ていると評判になったことで一気に来館者が増えました。今でも時々テレビで紹介されているのを見かけます。
X7 2014 (360)

受付を過ぎるときれいなおとぎ話に出てくるような螺旋階段を降りていきます。
6D2014 (467)

そして「氷の回廊
何となくヒンヤリしますが、ガラスの中はマイナス15度だそうです。
6D2014 (470)

音楽堂」の天井には巨大な油絵「北の空」が広がります。 座席数が200席あり音楽会や結婚式が行われるそうです。
6D2014 (475)

アナと雪の女王」を見たことのない私にはその城とどこがどのように似ているのかまったくわかりませんでした・・以前から美術館の存在は知っていましたが、評判と聞いて行くという典型的なミーハーですね。

追記
いつもお世話になっていますブログ「実戦空手道 旭峰会 お気楽日記">実戦空手道 旭峰会 お気楽日記」の旭峰会katayamaさんからこの美術館は閉館しましたとの情報を教えていただきました。調べると新型コロナの影響で入場者数が激減し今年の6月で閉館になったようです。本文にも書きましたがアナ雪の影響で2019年度は過去最多の10万人が訪れたにも関わらず翌年には閉館です。インバウンドが途絶えたのが大きいのでしょうかね・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 旭川

愛国と幸福の間でひっそり

前回、前々回と旧広尾線愛国駅幸福駅について書きました。
ところで、幸福駅駅標を見るとひとつ北(写真の左方向)の駅は「愛国」ではなく「大正」という駅です。
IMG_12420.jpg

やはり愛国駅駅標を見るとひとつ南(写真の左方向)の駅は「幸福」ではなく「大正」です。
IMG_12406.jpg

つまりブームになった「愛国」と「幸福」の2つの駅の間にはあまり知られていない「大正」という駅がありました。
IMG_12408.jpg

実はその大正駅跡もひっそりと残されています。
IMG_12409.jpg

たぶん愛国駅幸福駅に行っても大正駅は行かない、というか存在すら知らない人がほとんだと思います。でもこうして島式ホームが現在も保存されています。
IMG_12407.jpg

マニアの中には「大正-幸福」を「たいそうしあわせ」と読む(やや無理がありますが)人もいるそうで、切符もある程度は売れたそうですよ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 島式ホーム 駅標

幸福ゆき

帯広の旧幸福駅愛国駅と同じく1987年に廃線になった広尾線の駅です。前回も書きましたが「愛国から幸福ゆき」という切符が一大ブームとなり、愛国駅とこの幸福駅が脚光を浴びました。
IMG_12424.jpg

駅舎近くの売店では、その切符のカードが販売され、それを駅舎に張り付けていく人が多いです。
IMG_12426.jpg

帯広~広尾間を走ったディーゼルカー2両や、板張りのプラットホームが当時のまま保存されています。
IMG_12430.jpg

ここへ来たら幸福の鐘を鳴らすというのが定番になっています。もともとは模擬ウェディング用に設置したものがそのまま残され、人気スポットの一つになりました。
IMG_12422.jpg

廃線跡の廃駅なのに2013年に耐震補強を兼ねてリニューアルされました。路線は30年以上前に廃止されたのに、駅はその後に修復されるなんてすごい駅ですね~

この幸福駅のひとつ南の駅は中札内駅でした。その近くの中札内美術村の散策路には旧広尾線の枕木が再利用されています
IMG_1451.jpg

北海道の鉄道はほとんど赤字路線なので、次々と廃線になり、今や道内は廃線だらけです・・そのほとんどは保存されずに、やがて森となって痕跡さえ消えていきます。幸福駅などのように観光スポットになり、廃駅後30年以上も保存され、修復までされるのは希少なパターンです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 帯広

愛国から

帯広の旧愛国駅1987年に廃線になった広尾線帯広-広尾)の駅です。
IMG_12394.jpg

明治の開拓団が愛国青年団と名乗ったことからこのあたりの地区を愛国と呼ぶようになったのが駅名の由来です。
1970年代「愛国から幸福ゆき」という切符が一大ブームとなり全国的に有名な駅になりました。
IMG_12398_20190812190436b8e.jpg

旧駅構内には蒸気機関車-19671号が記念展示されています。
IMG_12405.jpg

駅舎は改築され、現在は交通記念館として開館されています。記念館内部には、旧国鉄時代の懐かしい品々が当時のまま展示されています。
IMG_12399.jpg

あのブームがなければ今は駅舎は完全になくなっていたかもしれません。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 帯広

ブラタモリに学ぶ「モヨロ貝塚」

オホーツク海にそそぐ網走川の河口にモヨロ貝塚はあります。
先週のNHK「ブラタモリ」では前回紹介した網走監獄に続き、ここにも訪れていました。

今から約1300年前、北の大陸からやってきた人びとは、ここにムラをかまえました。下の写真の五角形の窪みは住居跡です。
番組ではオホーツク海の地図を逆さまにして「網走は南の最果て」という表現をしていました。寒い土地から見ると網走は南の端にある楽園」だったのですね。
199.jpg

そのオホーツク人のモヨロ貝塚について紹介するモヨロ貝塚館リニューアルされたのは2013年です。
196_20200415201406404.jpg

モヨロ貝塚を発見したのは東京で理髪店を営んでいた米村 喜男衛というアイヌ研究家です。下の写真のパネルの人物がその人です。
彼は、大正2年に網走で放置された貝塚を見つけて調査しました。その結果これまで発見されていない特異な文化を持つ「オホーツク人」のものだわかり、ここに移住し、私財を投じて研究したそうです。ちなみに「ブラタモリ」の案内役はこの人のお孫さんでした。たぶんおじいさんの影響で考古学の道に進まれたのでしょうね。
198.jpg

私が最初にここを訪れたのはもう25年も前のことです。資料館はとても小さな古い木造の建物(下の写真)で、中には発掘された人骨が展示されていました。ちょっと怖かったです。
IMG_0010c.jpg

うっそうとした貝塚には当時は立ち入ることはできず、とにかく薄気味悪い雰囲気でした。まったく人もいませんでしたしね。
IMG_0011_20200415201712891.jpg

それが現在は施設が新しくなり、大きな駐車場も作られ来場者も増えました。「薄気味悪さ」も完全に払しょくされています。
427.jpg

網走監獄博物館のある天都山とは離れていますが入場料も300円と安いので足を運んでモヨロ人のことも知ってください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : オホーツク人

173mからの札幌

前回大阪のあべのハルカスからの眺めを掲載しましたが、今回はJR札幌駅に隣接するJRタワーからの眺めです。
IMG_10194.jpg

高さは173mということで大阪のあべのハルカス300mの半分強の高さです。しかしそこから見える風景はまったく引けを取りません。以下に東西南北4方向の写真を載せましす。

(東)遠くに十勝連山が見える方向です
IMG_10414.jpg

(西)小樽方面で、手稲山大倉山ジャンプ競技場などが見える方向です
IMG_10416.jpg

(南)藻岩山や遠くに恵庭岳が見え、近くは札幌ドームさっぽろテレビ塔が見える方向です
IMG_10413_2016040513374145d.jpg

(北)石狩湾方面で唯一海が見える方向です
IMG_10417.jpg

四方向にそれぞれ違った味わいがあり、回廊を何周も周って堪能しました。
ちなみに入場料はハルカス1500円に対してJRタワーの入場料は720円で、駅構内の観光案内所に置いてある券を提示すると100円安くなりました。そうなると620円となり、私にはかなりのお得感がありました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

道の駅「摩周温泉」

道の駅摩周温泉」です。摩周湖摩周温泉街の玄関口にあたる道の駅です。
IMG_12172.jpg

テイクアウトコーナーでは北海道独特のエゾシカバーガーが売られていました。
IMG_12195.jpg

北海道道の駅ごとにジャガイモを調理したおやつがあります。名前も揚げいも、いももちなどいろいろですが、ここはいもだんごがありました。
IMG_12185.jpg

敷地内には来館者が気軽に利用できる源泉掛け流しの足湯があります。
IMG_12194.jpg

敷地の奥は緑の多い環境です。
IMG_12174.jpg

2011年に新たな施設にリニューアルオープンしたので、まだ新しい雰囲気の漂う道の駅です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 道の駅 北海道

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
お願い
当ブログの北海道記事は過去の情報も含まれます。ご紹介した情報について補足訂正等がありましたらお知らせ頂ければ幸いです。 また新型コロナの影響もあり関西周辺情報が多くなっています。ご了承ください。
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース