カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「施設 」カテゴリ記事一覧


北大博物館でOSO18

北海道大学総合博物館に行きました。北大キャンパスの中にあります。
IMG_5950_convert_20240205162228.jpg

1929年に建てられ、1999年まで理学部本館として使われていた校舎を利用しています。
IMG_5952_convert_20240205162236.jpg

140年以上前に札幌農学校として開校して以来、収集・保存・研究されてきた300万点以上にも及ぶ標本や資料の一部を展示しています。
大きなマンモスもいましたが、さすがに前回紹介した14mの巨大クジラの立体骨格を展示するのは無理そうです。
IMG_5964_convert_20240209073258.jpg

下の写真はアショロアの骨格標本です。束柱類という絶滅した哺乳類で、足寄町で発見されました。足寄動物化石博物館にはこのアショロアのほかにも足寄で発掘された動物の化石がたくさん展示したあります。
IMG_5968_convert_20240205162248.jpg

また訪れたときは、たまたまOSO18の名称で恐れられた家畜を次々と襲ったヒグマの骨も展示されていました。NHKスペシャルOSO18の特集を見ましたが、この展示もNHKとのコラボ企画のようです。
IMG_5976_convert_20240210064747.jpg

捕獲した猟師はOSO18と知らず食肉業者に渡し、判明後にNHKがわずかに残っていた骨を回収しました。その骨が展示されていました。
IMG_5977_convert_20240205162257.jpg

3階まで吹き抜けの白天井のドームは「アインシュタイン・ドーム」の愛称で親しまれています。
IMG_5974_convert_20240205162306.jpg

この博物館へは一度行きたかったのですが、私が旅行で北大キャンパスに行くときは朝の散歩が多いのでまだ閉館しています。今回ようやく念願がかなって見学できました。入場は無料です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

江差でなく穂別の中村家住宅

中村記念館穂別町開拓の先駆者である故中村平八郎が大正10年から13年にかけて建築した住宅です。
IMG_2596_20220607144804121.jpg

平成6年に親族より町に寄贈されました。
IMG_2591.jpg

その当時は建物はかなり老朽化が進んでいましたが、北海道内陸部における大正期邸宅建築の様子を知るうえで貴重な建築と判断され、解体復元されました。
IMG_2592_20220607144803396.jpg

そして場所も見学しやすいように町立穂別博物館のとなりに移築されました。おかげで私も博物館に来て、併せてこの住宅も見学できました。
IMG_2593.jpg

中村平八郎は、明治26年に石油資源開発のために新潟から穂別に入植し、穂別の開拓や穂別村政に貢献した人物です。当時の貴重な品物も住宅内に展示されています。
IMG_2582_202206071448028d0.jpg

中村家住宅というと同じ名前の江差の江戸時代の住宅の方が有名ですが、穂別中村家住宅も貴重で、国の登録有形文化財に指定されています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

むかわ竜で有名になった穂別

むかわ町立穂別博物館です。主にむかわ町穂別地域から産出した化石が展示されています。
IMG_2560.jpg

前回は三笠市立博物館アンモナイトについて書きましたが、ここが有名になったのはむかわ竜の発見です。当初は首長竜と思われていましたが、その後恐竜の化石だと判明しました。死後もバラバラにならず埋もれていたため、極めていい保存状態で8mの全身骨格が発掘されました。そして2016年むかわ竜と命名され、2019年には新属新種と認められて「カムイサウルス・ジャポニクス」という学名が付きました。
IMG_2562.jpg

このカムイサウルスの全身復元骨格のレプリカが特別展示室に展示されていました。ただ部屋の大きさの都合で尻尾がなく少し残念な姿でした。やはり恐竜は尻尾まで含めて恐竜ですね。
IMG_2574.jpg

また首長竜ホベツアラキリュウ(愛称ホッピー)の全身復元模型が入り口近くに展示されています。全長は8mあります。1977年に胴体の大部分と前後のヒレなどが採集されました。首長竜のまとまった骨格としては国内で2例目だそうです。
IMG_2563.jpg

そしてモササウルス類ティロサウルスの生体復元模型もありました。これもむかわ町穂別地域で化石が発見されました。現在はこのあたりはかなり内陸部になりますが、昔は海だったのですね。
IMG_2565.jpg

大きな博物館ではありませんが、そんな中でも多くの化石やレプリカが展示されています。
IMG_2572.jpg

屋外にはアンモナイトを口にくわえたモササウルスの模型がありました。地面を水面に見立てているのですね。
IMG_2559_202206071449263a5.jpg

博物館のアクセスの案内では「道東道むかわ穂別ICより約20分」とありましたが、もう少しあったような気がします。
そもそも鵡川穂別は別の町でした。今は併せてむかわ町となりましたが、旧鵡川町ししゃも旧穂別町恐竜でそれぞれが町おこししています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

アンモナイトの宝庫

10日ほど前になりますが、道央の三笠市立博物館の学芸員の唐沢さんの話が新聞に出ていました。
北海道はアンモナイトの死骸が堆積した約1億年前の蝦夷層群が南北に貫いており、多くの化石が産出されます。とくに三笠から夕張あたりは大きなアンモナイトの化石が多く発掘されており、世界的に見ても貴重な地域だそうです。
aスクリーンショット_2024-01-16_171334_convert_20240116171802

三笠市立博物館は別名「化石の博物館」と呼ばれています。実際に第1展示室に入ると1mを超えるアンモナイトの化石がずらーっと並んでいます。大きさもですが、その数の多さに圧倒されます。
IMG_0784_convert_20240116164235.jpg

これまで発掘された中で世界最大のアンモナイトのレプリカがあります。想像以上の大きさに圧倒されます。
IMG_0785_convert_20240116164243.jpg

もともと三笠は炭鉱の町で、この博物館も開拓や炭鉱の歴史を伝える郷土博物館だったそうです。今でも第2展示室以降はそれがテーマになっています。しかし周辺の地層からいろいろな化石が発掘され、それに伴って博物館も一転して地質学重点になりました。そうなってからメディアで取り上げられる機会も増え、アンモナイトは三笠市のシンボルになりました。
IMG_0788_convert_20240116164251.jpg

それでも「三笠はアンモナイトの町」ということはまだまだ浸透しておらず、PRなど工夫の余地があるように思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


帯広ESTAは東も西も

JR帯広駅構内にはESTA東館と西館があります。
エスタ東館の2階にはとかち物産センターとかち観光案内所が入っています。
IMG_2169_2022052717200813a.jpg

とかち観光案内所は十勝が初めてという人にはなかなかありがたい施設です。
IMG_3863_convert_20230729152046.jpg

たくさんの資料があり、場合によってはお得なクーポンをもらえることもあります。
IMG_3866_convert_20230729152057.jpg

またとかち物産センターは大きなスペースではありませんが、たまにマニアックな品物を見つけることがあります。JAFの割引もありました。
IMG_3867_convert_20230729152033.jpg

反対側のエスタ西館にオーソドックスなお土産物屋さんが集中しています。こちらには人気店の豚丼の「豚はげ」もあります。
IMG_3870_convert_20230729152424.jpg

ESTA東館と西館は帯広駅の東西の両端に分かれていますので、意識しないと両方とも行くことはないかもしれません。でも時間があれば東西とものぞいてみた方がいいと思います。

それに対して、JR大阪駅構内には大きなお土産店はありません。
IMG_5844_convert_20240111163710.jpg

JR新大阪駅の方が多いかもしれません。やはり大阪へ旅行で来る人の玄関口は空港か新幹線のJR新大阪駅ですからね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

旭山動物園の次のステージ

旭山動物園坂東園長が3月で定年退職になるものの、後任の園長選びが難航しているという記事を昨日ネットで見ました。

スクリーンショット 2024-01-14 154552a

坂東園長といえば、園長に就任する前から、動物の習性を活かした「行動展示」で、廃園寸前だった旭山動物園を復活させた立役者です。

初期にクローズアップされたのがアザラシの展示で、透明の筒をアザラシが上下するのは衝撃的でした。筒の向こうの男の子の驚いた顔が展示の凄さを物語っています。
6D2014 (448)

訪れたときはタイミング悪く泳いでいませんでしたが、ペンギンがまるで空を飛んでいるように泳ぐ姿が見られる展示も注目され、ペンギンが鳥類であることを改めて世間に知らしめたように思います。
IMG_10900.jpg

オランウータン檻から出てエサ場までロープを渡っていく姿も画期的でした。そもそも動物が檻から出ることが斬新で、落ちてこないか心配しながら見ていました。
IMG_10917_20190812063323ace.jpg

また長崎からカバのもも吉が来たときも、新たにカバ館をつくり、水槽の底から観察できるようにしました。この角度からカバのお腹や足の裏を見たことはなかったです。
IMG_10907.jpg

坂東さんは園長になってからも、いろいろなアイデアを出し、施設の増設から改修まで手掛け、また海外にも活動の幅を広げるなどしてました。今や多くの動物園が旭山動物園の手法を参考にしています。
坂東園長がこのような偉大な功績を残しただけに、次の園長はプレッシャーも大きいでしょう。しかし旭山動物園のさらなる進化には次の園長の力が重要です。旭山動物園の新たなステージを楽しみにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



Fビレッジと北広島の勢い

正月休みも終わり、今日から仕事という方も多いと思います。

年末の新聞報道によると、北広島市Fビレッジ開業1年で300万人以上の集客数を記録したそうです。しかもその3割は試合のない日に訪れているそうで、私もその中のひとりです。
スクリーンショット 2023-12-25 101719

市幹部の方は「通りすがりの街」から「立ち寄ってくれる街」に変わったのが大きな成果と話しています。今後は行楽地から高齢者向け住宅や病院、北海道医療大学ができ、さらに企業のオフィスなども増えて、「遊・職・住が近接する街づくり」をめざしているそうです。札幌に近く、新千歳空港もすぐそばという立地も好条件ですし、まさに勢いを感じる街です。
IMG_5531_convert_20231225162121.jpg

一方の札幌市は、年末にコンサドーレ、レバンガ北海道、札幌ドームが提携して、札幌ドーム周辺の活性化やスポーツ交流拠点の形成を目指していくことを発表しました。
6D2014 (64)

秋山札幌市長は「プロスポーツを中心とし、様々な賑わいを札幌ドームを中心に作っていきたい」と話していますが、日本ハムに去られ、多くの市民が反対していた冬季オリンピックの招致活動も結局は停止となり、もっと札幌市民に寄り添って、スポーツだけに留まらない斬新な発想を持った新しい市長が出てこないと同じことの繰り返しになるような気がします。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

おつかれ生です\(^o^)/

世間一般に今日は仕事納めですね。「みなさん、おつかれ生です」と阪神タイガース平田コーチが2度のビールかけで言ったことで、関西ではちょっとした流行語のようになり、挙句の果てにはアサヒビールからCMのオファーがありました。
character_beer.png
北海道ではビールと言えばサッポロビールでしょう。
サッポロファクトリーはサッポロビールの前身である札幌開拓使麦酒醸造所だった跡地に作られた大型商業複合施設です。
1004_convert_20231219163608.jpg

シンボルは大正時代に建てられた黒い大きな煙突とレンガの建物です。ここへ行ったのはもう8年前のことですので、画像も情報も少々古いです…
1002_convert_20231219163623.jpg

開業当時の製法にならったビール造りを続けているブルワリー「札幌開拓使麦酒醸造所」があります。現在は耐震工事中ということですので、もしかすると今は見学できないかもしれません。
1003_convert_20231219163558.jpg

ビヤケラー札幌開拓使」という店はかつてのビール貯蔵庫が大型ビアホールになっています。ただやはり耐震工事のため、店は一時閉店しているようです。工事はもうそろそろ終わるとは思いますけど。
1001_convert_20231219163546.jpg

さあ今年も残すところあとわずかです。大掃除、買い物、帰省…と年末休みに入っても大晦日まで息つく暇もない方も多いかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

新しい商業施設名にうんざり…

あくまで私の個人的な印象ですが、最近の新しい商業施設の名前は「またこのパターンか…」というのが多いです。

例えば…
先月すすきのにオープンした大型商業施設が「COCONO SUSUKINOここの すすきの)」です。「COCONO」には場所を意味する「此処」と多様性を意味する「個々」の2つの意味が込められているそうです。

私の住む尼崎に昨年11月にオープンした商業施設が「SoCoLa塚口そこら塚口)」です。「すぐそこにあるCOMMUNITY LAND」を集約した造語だそうで、野村不動産が展開する商業施設のブランド名です。
IMG_0007_convert_20230927163538.jpg

つまり、どれもいわゆるダジャレでそれをアルファベットで表記しておしゃれに見せたり、凝ったものでは英単語を並べて、その頭文字をとると別の意味の日本語になるというやはりダジャレパターンです。

さらに、2023年4月にオープンした奈良の近鉄西大寺駅の商業施設は「Coconimo SAIDAIJi(ここにも西大寺)」です。多彩なテナントが「個々にも」輝きを放ち、「此処にも」賑わいがあるという意味だそうです。

そして2025年3月開業予定の北広島駅前の商業施設名も「tonarie北広島となりえ北広島)」に決まったそうです。
building_shopping_mall.png
こうして新しい施設名を聞くたびに「またこのダジャレと英語を組み合わせたパターンか…」と感じてしまいます。
これが今の流行なのでしょうが、どこも発想が同じなので、完成した施設名も結局は似たようなものになります。

ここの すすきの」「そこら 塚口」「ここにも 西大寺」「となりへ 北広島(´・_・`)
money_ic_card.png
もしかするとこのようなネーミングの先駆けはJR北海道Kitacaきたか)」やJR西日本ICOCAいこか)」、JR九州SUGOCA(すごか)」などの交通系ICカードかもしれません。確かにこれらのカードは当時はなかなか上手いネーミングで、利用者にもすぐに定着しましたが、だからと言って二匹目のどじょうを狙ってみんなが真似すれば名前の個性とインパクトは失われますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

会社名が付いた道の駅

道の駅みたら室蘭です。今夏より正式名称が「カナスチールみたら室蘭」になっています。カナスチールというのは鉄・非鉄スクラップを中心に敷板や中古鋼材などを扱う室蘭の会社で、道の駅の命名権を取得し、名前に企業名が付きました。意外と珍しいケースではないでしょうか。
IMG_1060.jpg

名前に企業名は付きましたが、道の駅そのものには大きな変化はありません。この道の駅2019年4月にリニューアルオープンされて新しくなっています。1階ラウンジには、室蘭や室蘭近郊の特産品を取り扱う物販コーナーがあります。
IMG_1038_20220531082359c06.jpg

そして2階は白鳥大橋記念館があり、白鳥大橋建設や室蘭港に関わる貴重な資料を展示しています。
IMG_1057.jpg

展望デッキに出れば白鳥大橋を見渡せます。道の駅の裏には考えられない広さのパークゴルフ場があります。ちなみにパークゴルフは十勝の幕別が発祥地だそうですね。
IMG_11059.jpg

道の駅の近くには昭和26年オープンという北海道最古の水族館室蘭民報みんなの水族館」がありますし、また入浴施設「むろらん温泉ゆらら」もあります。道の駅の駐車場のキャパシティーはそんなに大きくはありませんが、多くの人でにぎわう道の駅です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース