復元しない納得の理由

前回から引き続き金沢城についてご紹介します。

テレビの旅番組や雑誌で金沢城が紹介されるときに必ず紹介されるのが五十間長屋です。平成13年に復元されました。向かって右の櫓は菱櫓、左は橋爪門続櫓です。
IMG_11265_201903280946499b9.jpg

内部も有料ですが見学できます。兼六園とセットでお得なチケットがあります。
IMG_11285.jpg

玉泉院丸庭園です。高低差22mの立体的な庭園で上から見るとすり鉢の底に庭園があるみたいです。平成27年に復元されました。
IMG_11293.jpg

この玉泉院丸庭園のまわりを囲んでいる石垣は「色紙短冊積み」という庭園の景観を意識したと思われる積み方です。とくに大きな長方形の石は珍しいです。
IMG_11290.jpg

三十間長屋です。倉庫として使われていました。国の重要文化財に指定されています。
IMG_11297.jpg

堀切です。敵の侵入を防ぐために掘られた人工の谷です。これこそ城が好きでなければ何がおもしろいのかという写真ですね。レンガのトンネルは、陸軍の司令部が置かれていた時に物資輸送のために設けたといわれています。
IMG_11302.jpg

いわゆる金沢城公園の敷地外になりますが尾山神社という神社があります。ここはかつて金沢城の出丸とのことですが、この神社の神門は一見の価値ありです。明治に作られた門で、洋風建築を模した建築の中でも中国風の混入した数少ない例だそうで、国の重要文化財です。
IMG_1384.jpg

ここまで紹介してきた金沢城ですが、建てられてすぐに焼失した天守は復元されていません。これはすでに復元されている五十間長屋などの建物が江戸期のもので天守とは300年近くの時間のずれがあり、天守を復元すると城跡公園全体の年代の統一感がなくなってしまうため、あえて復元していないのだそうです。納得の理由です。
確かに天守の復元は集客にはなるでしょうが、すでに兼六園もあることですし、本当の城の歴史を伝えるためには確かに今の「金沢城」の姿がいいかもしれません。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト



theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

石垣の玉手箱や~

加賀百万石の象徴である金沢城です。
ちょっとした城好きというレベルの私でも見どころ満載の城です。
IMG_11255.jpg

まず兼六園方面から入る門が石川門です。金沢城三御門のひとつで1788年の遺構です。国の重要文化財に指定されています。
IMG_11260.jpg

普通ならこの門をさっと通過しますが、ぜひ壁面に注目してください。
左右の石垣の種類が違います。左は「粗加工石積み」で右は「切り石積み」という積み方です。このように異なった積み方の石垣が隣合っているのはとても珍しいです。
IMG_11259.jpg

全国でもここほど多種多様な石垣のある城はなく、金沢城は「石垣の博物館」と呼ばれています。入り口にも「金沢城石垣巡り」というここで観察できる石垣の種類と順路を記したパンフレットがあります。
下の写真の石垣もきれいな多角形をしていて、カラフルな色とともに印象に残ります。
IMG_1275.jpg

石には作った人たちが仕事の証に刻んだといわれる刻印も残っています。
IMG_11262_2019032809270994b.jpg

そして石川門をくぐり次に見えるのが河北門です。実質的な正門です。これも金沢城三御門ですが平成22年の復元です。内部を見学できます。
IMG_11268.jpg

最後にくぐる金沢城三御門橋爪門です。藩主の住まいに通ずる門で城内最大の枡形門です。平成27年に復元されました。
IMG_11280.jpg

城跡は明治以降、陸軍の所有となり司令部などが置かれていましたが、その後金沢大学のキャンパスとなりました。そして大学移転後に公園として整備され、ようやく市民の金沢城公園となり2008年に国の史跡になりました。
関心の有無にもよりますが、石垣や門など実に見どころの多い金沢城です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

道の駅「一乗谷あさくら水の駅」

前回紹介した一乗谷朝倉氏遺跡を見学したあと、近くの一乗谷朝倉氏遺跡資料館に行きました。
IMG_11566.jpg

本来なら遺跡へ行く前に訪れた方がよかったのですが、行程の都合で逆になってしまいました。

そして資料館から福井ICに向かって車で走ってると偶然通りかかったのが道の駅一乗谷あさくら水の駅」です。
IMG_11580.jpg

直径4mを超える三連水車があります。裏には粉ひき小屋があり、ひき臼・つき臼を設定して水車の力で米やソバの実などを粉にすることができるそうです。
IMG_11571.jpg

そして印象に残ったのが後ろを流れる足羽川にあった水門です。調べると足羽川頭首工という設備のようです。
IMG_11574.jpg

5つの農業用水をまとめて安定供給しているらしいです。
IMG_11575.jpg

私は反対方面から来ましたが、福井ICから一乗谷をめざすと玄関口になるので、この朝倉氏の屋敷のような外観は水流の轟音とともに訪れる人にインパクトを与えるでしょうね。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

焼かれ埋められた一乗谷

せっかく楽しみに見ているNHK大河ドラマ麒麟がくる」もコロナの影響で撮影が出来ず6月7日で中断するようですね。

前回の放送では明智光秀美濃から逃れて越前朝倉義景のもとへやって来ました。
このころ朝倉氏の城下町はおおいに繁栄していましたが、のちに敵対した織田信長に焼かれ埋められました。その後400年間そっくりそのまま埋もれたままでした。

織田信長が見事なまでに城下町を焼き尽くし埋めたことで、逆に遺構はきれいな状態で発掘されました。現在は一乗谷朝倉氏遺跡として公開されています。。
一乗谷は福井市街から東南約10キロにある下の写真のような細長い谷です。
IMG_21565.jpg

城下町の両端はそれぞれ上下城戸によって仕切られていました。
下の写真は上城戸跡です。
IMG_21559.jpg

そして下城戸跡です。山裾には巨石を積んだ桝形の城戸口が発掘されました。
IMG_11562.jpg

発掘された城下町の一部の町並みが忠実に復元されています。ここへの入場料は230円です。少し離れた場所にある資料館と共通です。
IMG_21541.jpg

復元されたといっても一部分です。寺院や屋敷の跡は発掘されたまま残されています。
IMG_21544.jpg

谷を流れる一乗谷川をはさんだ場所に朝倉館跡があります。山の上の方へと領主の館跡は続きます。前回の大河ドラマで明智光秀が朝倉義景と対面した場所です。(史実では疑わしいですが)
IMG_21552.jpg

朝倉氏遺跡金閣寺厳島神社と同じく国の三重指定特別史跡・特別名勝・重要文化財)を受けている貴重な遺跡です。
ブラタモリやソフトバンクCMのロケ地にもなっています。さらにNHK大河ドラマの舞台にと盛り上がっていましたが、まさかウィルスに水を差されることになるとは・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

tag : 金閣寺 厳島神社 美濃 越前

八丁味噌が迷走

愛知県岡崎市には2軒の老舗八丁味噌会社があります。

1軒は「カクキュー」1645年創業とされています。
IMG_10719_20180330163411cae.jpg

もう1軒は「まるや」1337年創業とされています。
名古屋X7望遠 (123)

カクキュー」は以前に見学したことがあるので、今回は「まるや」の見学に行きました。(今はコロナの影響で見学は中止しています)
IMG_10722.jpg

大きな木桶の中で2年かけて醸造されます。木桶に積まれた円錐状の石が印象的ですが、この石の積み方が職人技で多少の地震では崩れないそうです。
IMG_10726_2018033016340918e.jpg

売店では八丁味噌を使ったいろいろな商品を販売しています。八丁味噌のきんつばを買いました。
IMG_10728.jpg

なお八丁味噌の名前は岡崎城から八丁(約870m)離れた場所にあることに由来するらしいです。
老舗「カクキュー」と「まるや」の間にある写真の細い道が旧東海道です。
IMG_10731.jpg

ところで「八丁味噌」という商標使用について、この老舗2社と愛知県内のほかの味噌団体の間で揉めています。「カクキュー」「まるや」の2つの老舗で「八丁味噌」という名称を使えなくなる可能性もあるそうす。どちらに非があるのか私にはよくわかりませんが、少なくともそのような揉め事があるということだけで「八丁味噌」のイメージは悪くなります


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

tag : 愛知県 岡崎市 まるや カクキュー

念願の「しまかぜ」!

前回の続きです。念願の近鉄特急しまかぜ」に乗りました。
IMG_10348_20181008125752c4d.jpg

座席の贅沢さにひとしきり感動したあと、カフェ車両に行きました。席数は2階に13席、1階に6席と限られていますのですぐ満席になります。
IMG_10328_20181008125813777.jpg

松坂牛カレー1400円を注文しました。正直、松坂牛ということはよくわかりませんでしたがカレーはおいしかったです。牛肉のランクを下げて値段を下げる手もあるでしょうが、そこは豪華特急のこだわりでしょうね。
IMG_10331_20181008125809d5f.jpg

実は私の席は最後部の展望車両の一番うしろでした。ですから下の写真のようにシートを後ろ向きに回転させると・・
IMG_10346_20181008125805dbb.jpg

目の前は列車のうしろへ流れていく展望が開けます。しかも展望車両は床が高く、前面のガラスも大きいので迫力のある風景が広がります。
IMG_10339_20181008125758c02.jpg

そもそも当初の乗車予定日を荒天で断念し、1週間後の「しまかぜ」を見ると日曜日にも関わらず最後部のこの席だけが空いていました。きっと何かの事情でキャンセルされてその直後に見て予約したのでしょうね。
IMG_10340_2018100813050617a.jpg

予約の取りづらい日曜日の「しまかぜ」をわずか1週間前に予約できただけでもラッキーだったのに、それがこんなにいい座席で大満足の「しまかぜ」初乗車でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 三重県
genre : 地域情報

往路ビスタ&復路しまかぜ

昨秋の話ですが・・
三重県鳥羽へ日帰りで行きました。大阪難波から乗車したのが近鉄特急ビスタカー」です。
IMG_10095_20181008125521646.jpg

1編成4両のうち、中2両が2階建ての車両です。同じ料金ですし、せっかくですから2階に乗車しました。
IMG_10097_2018100812551775d.jpg

そして復路に鳥羽から乗車したのが近鉄特急しまかぜ」です。いつか乗りたいと思っていた豪華特急です。
IMG_10319_20181008125515b1a.jpg

乗り込んでまず驚いたのはデッキに大きな荷物用のロッカーがあることです。確かにキャリーバッグは邪魔になりますからね。
IMG_10327_20181008125513c28.jpg

座席は3列シートです。普通の車両は4列ですからかなりゆったりです。前後の間隔も広々としています。
本革ソファーのシートです。
IMG_10322_20181008125511047.jpg

シートにはいろいろな機能があります。電動でシートが倒れたり、フットレストが上がったりするほか、腰のあたりが出たり引っ込んだりしてマッサージする機能まであります。読書のための照明もありました。
IMG_10344_20181008125636208.jpg

このような機能の座席シートにひとしきり感動して試したあと、カフェ車両に行きました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 三重県
genre : 地域情報

tag : 三重県

賤ケ岳が近くなる

我が家ではすっかり恒例となった敦賀フェリーターミナルへ行く前に寄る北陸自動車道賤ヶ岳サービスエリアです。
IMG_11712.jpg

そして、ここのレストラン山小屋」で夕食をとるのも恒例です。名前の通り、木のぬくもりを感じるレストランです。2016年にリニューアルされたばかりなのでとてもきれいです。
IMG_11714.jpg

さらに、近江名物の近江ちゃんぽんを注文するのもこれまた恒例です。近江牛をがっつりというメニューもあります。
IMG_11720.jpg

ところで、賤ヶ岳といえば賤ヶ岳の合戦で有名な場所です。織田信長亡き後の羽柴秀吉柴田勝家の争いです。
IMG_11722.jpg

この北滋賀あたりは高速道路で走り抜けるだけで古戦場などに行ったことはありません。小谷城も含め歴史好きの私としてはいつかはゆっくりと訪ねたい場所です。4月には賤ヶ岳にリフトがオープンするそうですので、これを利用すれば気軽に古戦場に行けそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 織田信長 羽柴秀吉 柴田勝家

ほんとに関心あるの?

金沢21世紀美術館は兼六園の前にある現代アートの美術館です。建物にはここが正面という角度がありません。
IMG_21367.jpg

2004年オープン以来入館者数は全国トップクラスで北陸新幹線開業後は200万人を超える人気。ということは知ってはいましたがいざ行ってみると長蛇の列!(コロナ流行前の光景です)
私はあまり現代アートに関心がないこともあって、あっさり入場断念。
IMG_21356.jpg

この美術館は一部は無料ですのでそちらへ。
レアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」 プールの下部分は有料エリアです。
IMG_21359.jpg

外にあるオラファー・エリアソン作「カラー・アクティヴィティ・ハウス」 色の三原色でできた半円形の中心部に向かって歩くとガラスの重なりや日光の角度でいろいろな色に変化します。
IMG_21365.jpg

それにしても現代アートの美術館がいつもこれだけ混んでいるというのはすごいです。本当にみなさんそんなに関心があるのでしょうか・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

「六勝」をメインに巡る

金沢兼六園です。
兼六園の「六」とは中国の名園である湖園を「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望六つを兼ね備える名園」と称したことに由来しています。ということでこの6つの要素をである「六勝」を意識して巡りました。

①「宏大」 霞ヶ池の広々として明るく開放的な様子と琴柱に似た徽軫(ことじ)灯籠が印象的です
IMG_11217.jpg

②「眺望」 高台にある眺望台からは金沢市街や白山山系を見渡せます
IMG_11219.jpg

③「幽邃」 静寂と奥深さの意味で園内随一の名木である唐崎松の水面を這うように伸びた枝振りは見事です
P11010437.jpg

④「人力」 雁行橋は雁が列をなして飛んでいく姿を11枚の石で表現しています
IMG_11230.jpg

⑤「水泉」 高台にあっても辰巳用水から引き込んだ曲水とそれにかかる花見橋が景観に潤いを与えます
IMG_11236.jpg

⑥「蒼古」 兼六園の最初に作庭された場所で瓢池翠滝が注ぐ様子は風情ある昔ながらの自然を感じさせます
IMG_11248.jpg

以上の六勝は一番入場者の多い桂坂口からの順路に沿って紹介しました。
兼六園にはこの六勝以外にもすばらしい風景や名木が多くあり、とくに花の季節だと何枚写真を撮っても足らないのではないでしょうか。ツアーですと60分程度の見学時間ですが、できればもう少しゆっくりと見たいところです。私は朝一番に見学し、夕方に再入園しました。(入場券は1日出入り自由でした)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

tag : 金沢

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース