賤ケ岳が近くなる

我が家ではすっかり恒例となった敦賀フェリーターミナルへ行く前に寄る北陸自動車道賤ヶ岳サービスエリアです。
IMG_11712.jpg

そして、ここのレストラン山小屋」で夕食をとるのも恒例です。名前の通り、木のぬくもりを感じるレストランです。2016年にリニューアルされたばかりなのでとてもきれいです。
IMG_11714.jpg

さらに、近江名物の近江ちゃんぽんを注文するのもこれまた恒例です。近江牛をがっつりというメニューもあります。
IMG_11720.jpg

ところで、賤ヶ岳といえば賤ヶ岳の合戦で有名な場所です。織田信長亡き後の羽柴秀吉柴田勝家の争いです。
IMG_11722.jpg

この北滋賀あたりは高速道路で走り抜けるだけで古戦場などに行ったことはありません。小谷城も含め歴史好きの私としてはいつかはゆっくりと訪ねたい場所です。4月には賤ヶ岳にリフトがオープンするそうですので、これを利用すれば気軽に古戦場に行けそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 織田信長 羽柴秀吉 柴田勝家

ほんとに関心あるの?

金沢21世紀美術館は兼六園の前にある現代アートの美術館です。建物にはここが正面という角度がありません。
IMG_21367.jpg

2004年オープン以来入館者数は全国トップクラスで北陸新幹線開業後は200万人を超える人気。ということは知ってはいましたがいざ行ってみると長蛇の列!(コロナ流行前の光景です)
私はあまり現代アートに関心がないこともあって、あっさり入場断念。
IMG_21356.jpg

この美術館は一部は無料ですのでそちらへ。
レアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」 プールの下部分は有料エリアです。
IMG_21359.jpg

外にあるオラファー・エリアソン作「カラー・アクティヴィティ・ハウス」 色の三原色でできた半円形の中心部に向かって歩くとガラスの重なりや日光の角度でいろいろな色に変化します。
IMG_21365.jpg

それにしても現代アートの美術館がいつもこれだけ混んでいるというのはすごいです。本当にみなさんそんなに関心があるのでしょうか・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

「六勝」をメインに巡る

金沢兼六園です。
兼六園の「六」とは中国の名園である湖園を「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望六つを兼ね備える名園」と称したことに由来しています。ということでこの6つの要素をである「六勝」を意識して巡りました。

①「宏大」 霞ヶ池の広々として明るく開放的な様子と琴柱に似た徽軫(ことじ)灯籠が印象的です
IMG_11217.jpg

②「眺望」 高台にある眺望台からは金沢市街や白山山系を見渡せます
IMG_11219.jpg

③「幽邃」 静寂と奥深さの意味で園内随一の名木である唐崎松の水面を這うように伸びた枝振りは見事です
P11010437.jpg

④「人力」 雁行橋は雁が列をなして飛んでいく姿を11枚の石で表現しています
IMG_11230.jpg

⑤「水泉」 高台にあっても辰巳用水から引き込んだ曲水とそれにかかる花見橋が景観に潤いを与えます
IMG_11236.jpg

⑥「蒼古」 兼六園の最初に作庭された場所で瓢池翠滝が注ぐ様子は風情ある昔ながらの自然を感じさせます
IMG_11248.jpg

以上の六勝は一番入場者の多い桂坂口からの順路に沿って紹介しました。
兼六園にはこの六勝以外にもすばらしい風景や名木が多くあり、とくに花の季節だと何枚写真を撮っても足らないのではないでしょうか。ツアーですと60分程度の見学時間ですが、できればもう少しゆっくりと見たいところです。私は朝一番に見学し、夕方に再入園しました。(入場券は1日出入り自由でした)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

tag : 金沢

天守なくとも見所満載

四国徳島城です。
鎌倉時代に築城され、その後豊臣秀吉四国征伐で活躍した蜂須賀家政が阿波国を与えられたときに修復しました。そして明治の廃城令で撤去されてしまいました。
IMG_0461_20200112174352fde.jpg

写真の鷲の門は徳島城の南東に位置する城の正門です。平成元年に復元されました
IMG_0460_20200112182611f07.jpg

旧徳島城表御殿庭園から見た城山です。庭園は蜂須賀家の庭として造られたものです。
IMG_0458.jpg

城山は標高60m程で歩いて上るコースが3つあります。天守は残っていません。
IMG_0447.jpg

山頂の本丸跡周辺の木々がなければもっと眺望が開けてさらに人気の場所になるのでしょうけど、その役割は近くの眉山が担っているようです。私は行っていませんが、眉山はロープウェイで上れ、市街地が一望できる人気スポットです。
IMG_0451_20200112182610079.jpg

天守こそ残っていませんが石垣は立派です。「阿波の青石」とよばれる徳島特有の緑色片岩で築かれている石垣が現存しています。とくに本丸の周囲を囲む石垣は高さもあり見事な野面積みです。
IMG_0446_202001121749339ad.jpg

また徳島は吉野川の多くの分流の中州にあり、城も川を天然の堀として利用しています。これらの川を遊覧船で1周するクルーズもあり、川から城山を見ることができます。
IMG_0473_2020011217435289a.jpg

場所はJR徳島駅のすぐ近くで、今は徳島中央公園として市民の憩いの場所になっています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 徳島県
genre : 地域情報

tag : JR徳島駅 豊臣秀吉 四国征伐 蜂須賀家政 四国 吉野川

石松餃子

先週のブラタモリは前回ご紹介したように「浜松はなぜ楽器の町になったか」がテーマでした。その番組の冒頭で「浜松は何かあったっけ・・最近では餃子か」という発言がありましたが、確かにその通りで浜松宇都宮と餃子の消費量を競っています。
ということで浜松に行った折に、浜松餃子の有名店である石松餃子に行きました。本店ではなくJR浜松駅店です。
IMG_10646_20180330161958b4b.jpg

まずはメニューを確認。せっかくなのでテレビでもよく見る盛り方のものを注文しました。
IMG_10644.jpg

夫婦で1皿注文した車盛り餃子 25個1500円IMG_10652_20180330161956644.jpg

浜松餃子は具の野菜にこだわりがあるようで、石松餃子もキャベツの甘味が印象的でした。
ちなみに茹でモヤシが付いているのも浜松餃子の特徴です。
IMG_10650.jpg

宇都宮餃子白菜やニラなどが餡に使われ、やや厚めの皮で包んでいるのに対し、浜松餃子キャベツや玉ねぎなどを使った餡を薄皮で包んだのが特徴です。同時に食べることができるイベントがあれば食べ比べてみたいものです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 静岡県
genre : 地域情報

tag : ブラタモリ

なぜ浜松は楽器の町

先週のブラタモリのテーマは「浜松はなぜ楽器の町になったか」ということでした。それを歴史だけでなく、天竜川との関りや気候の面からも解説していました。

浜松の楽器について手軽に学ぶのなら浜松市楽器博物館がおすすめです。平成7年にオープンしました。
IMG_10615_20180330161401782.jpg

1500点にも及ぶ世界各地の楽器が展示してあります。
IMG_10621.jpg

とくにピアノの展示は充実していて、発明された当初から現在までのいろいろなタイプのピアノが展示されています。演奏をしながらの専門の方の説明もありました。
IMG_10630.jpg

若かりし頃の富田勲氏が使っていた初期のシンセサイザーもありました。とにかく大きい・・
IMG_10641.jpg

場所はJR浜松駅のすぐ近くにあります。ただし駐車場はありませんので、近くの市営駐車場などをご利用ください。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 静岡県
genre : 地域情報

tag : ピアノ シンセサイザー

米津玄師で有名に

今年もいよいよあとわずかとなりました。そこで昨年のNHK紅白歌合戦にも関係のある話題です。

下の写真は徳島県大塚国際美術館にあるシスティーナ礼拝堂です。
ローマ教皇の公邸で、本物はバチカン宮殿の中にあります。大塚美術館の礼拝堂はこれを細部まで忠実に再現したものです。
IMG_11959.jpg

天井画はルネッサンス期の代表作でミケランジェロによって描かれました。天井のカーブまで正確に再現されているというから驚きです。
IMG_11997.jpg

正面の壁画は「最後の審判」です。天井画が描かれてから24年後のミケランジェロが60歳のときに描かれました。壁画の大きさは横13m縦14.5mで、これを450分割し、その1区画を1日で仕上げて最終的に450日で仕上げたという話です。
IMG_12000.jpg

この大塚国際美術館の「システィーナ・ホール」は、昨年の紅白歌合戦米津玄師が歌った場所として全国的に有名になりました。そのときの様子がパネルで飾ってありました。
IMG_11998.jpg

実は以前からこの美術館には行ってみたかったのですが、先に紅白歌合戦で中継されてしまい、混雑すると予想して先送りしていました。
IMG_11999.jpg

それにしても、ついこの間にこの中継を見たように思うのですが、もう1年経ったのですね。本当に年齢とともに時間の経過が早くなります。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

tag : 紅白歌合戦 徳島県 NHK

国宝になった明治の学校

旧開智学校は、長野県松本市に残る明治初期の洋風校舎です。
1873年(明治6年)に開校し、校舎は1876年に建設されました。
IMG_10381.jpg

文明開化時代の小学校建築を代表する建物として知られています。
この校舎が2019年9月に国宝に指定されました。
IMG_10380_20191103111925473.jpg

正面の唐破風には2体の天使が校名の額を掲げており、このデザインは東京日日新聞の題字がモチーフになっているそうです。
IMG_10383.jpg

建築物だけでも十分価値がありますが、内部にも明治初期の学校資料、明治・大正・昭和の3時代に使用された教科書や生徒作品などが展示されており、おもしろく見て回れました。
IMG_10384.jpg

当時の算数の問題も掲示してありました。文章問題に出てくるもの(牛や馬、水車、博覧会)が時代を反映しています。それにしても今と比べるとハイレベルです。
P11000453.jpg

同じく国宝の松本城から歩いて10分ほどの場所にあります。下の写真は松本城の天守から撮影した開智学校です。
IMG_10350.jpg

こんな近くにまったく別の時代の2つの国宝建築があるというのはすごいことですね。私がここへ行ったのは2015年でした。松本城から歩いて行ったのですがガラガラでした。国宝となった今では来訪客も激増しているのでしょうね。実際に松本市のHPを見ると駐車場は20台分しかないので公共交通機関でお越しくださいという注意書きが付加されていました。
IMG_10378.jpg

目の前に現在の開智小学校があります。こちらの校舎もなかなかおしゃれです。
IMG_10377_20191103111925c60.jpg

テレビ番組でこの小学校の児童が定期的に旧開智学校の掃除をしているようすを「国宝を掃除できるのは誇らしい」というコメントとともに紹介していました。こうして地域に愛されているものが国宝になるのはいいことです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 長野県
genre : 地域情報

現存しない絵もここにある

前回紹介したように大塚国際美術館は「陶板複製画」を中心とした美術館です。
古代壁画から現代絵画まで1000点以上の作品が鑑賞できます。
美術に疎い私でも知っている絵画がいっぱいあります。

言わずと知れたレオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」
IMG_12031_201911041359580b8.jpg

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」IMG_11963.jpg

ミレー「落穂拾い」IMG_11973.jpg

ムンク「叫び」
IMG_11965_2019110214431775d.jpg

いずれも撮影OK(三脚フラッシュ不可)だけでなく、触るのもOKです。

またこの美術館のもうひとつの特徴は、今は存在しない作品も復元して展示しているということです。
レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」修復前と修復後のものが同じ部屋の中で展示されていますが、もちろん修復前の作品は現存しません。下の写真はその修復前の「最後の晩餐」です。
IMG_11952_20191102132211aee.jpg

下の写真はエル・グレコ「祭壇衝立」です。この作品は今では戦災等で各地に分散している作品です。これを集めてもとの状態にして復元されています
IMG_12010.jpg

これ以外にもゴッホの作品など戦火で焼失した作品も復元展示されています。

このような数々の作品をガイドの説明を聞きながら鑑賞することもできます。(解説中なのは「ヴィーナスの誕生」ですね)
IMG_12025.jpg

とにかく広い美術館で、鑑賞ルートは4kmに及びます。ここだけで1日を過ごすのであればいいですが、そうでなければ事前に館内マップや展示作品リストなどを手に入れて計画しておいた方がいいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

複製の美術館

今や全国的に有名になった徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行きました。
陶板複製画」を中心とした美術館で、作品を撮影したり触れたりできます。陶板なので劣化しないため新しい絵画の保存方法としても注目されています。
IMG_11946.jpg

建設にあたり、国立公園内のため景観維持などの理由から、一旦は山を削り、5階分の建物を造ったあとで、また埋め戻すという難工事の末に1998年にオープンしました。
ですから下の写真で写っている屋上庭園のような芝生庭園が1階で、上の写真の正面玄関が地下5階ということになります。
IMG_12063_20191101191857f63.jpg

地下5階の玄関を入ると長いエスカレーターがあり、一気に地下3階まで上がります。そこから地上2階までが展示施設です。
IMG_12087.jpg

訪れたのは平日です。土日祝を避け平日に行けるタイミングを待っていました。開館直後でしたので、まだ団体客もなく予想以上にすいていました。
IMG_11967_20191101185552ff1.jpg

入館してすぐにとりあえず目あての知っている絵画の場所に行ったこともあり、「モナ・リザ」も独占。
IMG_11957.jpg

1階の芝生庭園にも誰もいません。
IMG_11985.jpg

昼頃になると、ここでお弁当を食べる学生の姿がありました。それでも混雑はしていません。
IMG_12045.jpg

庭園の横にあるピカソの「ゲルニカ」のフロアもひっそり・・
IMG_11990.jpg

車で行く場合は少し離れた場所に駐車場があり、そこから美術館までシャトルバスが出ています。駐車料金は無料です。
IMG_11944_20191101185542ea7.jpg

入館料は3300円と少々高めです。ただ事前にホームページで前売りチケットを購入すれば3160円と少しだけ安くなります。私は少しでも安い前売りチケットをPCで購入し印刷して持っていきました。(スマホに表示してもOKです)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
02 ≪│2020/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース