カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「兵庫 」カテゴリ記事一覧


あじさい3枚(__)

今日は近所のあじさい画像だけです(__)
IMG_0005_2022061811434201c.jpg
IMG_0007_202206181143426d5.jpg
IMG_0001_20220618114343625.jpg
兵庫県尼崎市

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマは「びん」

芦屋市にある小さなギャラリーPawです
IMG_0009_20220615132350c23.jpg

ここでは定期的にあるテーマが出され、それを独自に解釈した作品が展示されます。今回のテーマは「びん」です。
IMG_20220615_0002.jpg

所狭しといろいろな作品が並んでいます。
IMG_0004_20220615132349171.jpg

そして知人の造形作家の松原氏もよくここに出展されていて、今回もご案内状を頂きました。ただいつも素材は真鍮か木なので「びん」はどうするのだろうと拝見すると・・
IMG_0001_202206151323495ba.jpg

真鍮で作られたグラスワインの「びん」でした。
ちなみに出展するのは造形だけでなく、絵や写真でもOKですし、テーマを拡大解釈するのもOKです。中には「この作品はなぜこのテーマになるのだろう」と考えるものもあり、それがわかったときに大いに感心するものもあります。松原氏の作品はその最たるものです。(よろしければクリックしてみてください⇒松原一彦立体造形作品


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

おじいちゃんといっしょにバラ1枚(__)

今日は過去画像1枚だけです(__)
022_20220513121136f7c.jpg
(兵庫県伊丹市・荒牧バラ園)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

尼のバラ2

尼崎大井戸公園バラ園です。
IMG_1221.jpg

尼崎には7つのバラ園があるそうで、昨日紹介した潮江公園やこの大井戸公園もこれらのバラ園に含まれます。
IMG_1216.jpg

大井戸公園バラ園約130種類、2000本のバラ園があり季節になると美しい花々が楽しめることで有名です。
IMG_1240.jpg
IMG_1229.jpg

昨年コロナ禍の制限でどこへも行けず、家から徒歩圏内のこのバラ園に行きました。ということでこのバラ園のブログでの紹介は2年連続になります。
IMG_1215.jpg

そして昨年も書きましたが、公園内には大井戸古墳があります。どちらかというと古墳の方が主役だと思うのですが公園の隅っこの目立たない場所にひっそりとあります。直径約13メートルの円墳で7世紀頃のものと言われています。
IMG_1245.jpg

公園の場所は尼崎市の阪急武庫之荘駅から南へ徒歩5分です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

尼のバラ

尼崎の潮江公園バラ園があります。
IMG_0814.jpg

ブログに載せるタイミングがずれてしまいましたが撮影日は5月5日です。ちょうど満開でした。
IMG_0816.jpg

バラ園の面積はさほど広くはないですが、ここには70品種1000本のバラがあるそうです。
IMG_0817.jpg

花壇にはていねいに品種名の札がありましたが、それをきちんと記録していないので「それぞれに美しいバラ」としか紹介できません。
IMG_0809.jpg

公園には野球グランドがあります。今では下の写真のように整備されており、使うのもきちんと手続きをしないといけません。私が小中学生の頃は単なる空き地で早い者勝ちで場所取りをして遊んでいました。公園と道をはさんだすぐ南は潮小という小学校で、となりの小学校の私たちと時々ここで揉めていました(笑)
IMG_0825.jpg

ちなみに潮小学校はダウンタウンの2人の母校です。かつてダウンタウンの歌番組で宇多田ヒカルがアメリカンスクールに通っていたという話を聞いてまっちゃんが「それやったら僕と同じやね」と言うと、浜ちゃんが「何を言うてんねん!お前はさんずいに朝と書いて潮小学校やんけ!」とツッコミを入れていました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

芝桜1枚(__)

今日は過去画像1枚だけです(__)
072_20220426194059523.jpg
(兵庫県三田市・永沢寺の芝桜)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

相楽園

兵庫県庁のすぐ北相楽園という庭園があります。下の写真は重厚な正門ですが総ケヤキ造りだそうです。
IMG_0025_20211218153129cc6.jpg

明治の政治家小寺泰次郎邸跡です。建物のほとんどは神戸空襲で焼失しました。その後、2万平方メートルの敷地は神戸市所有となり、庭園は都市公園としては珍しい池泉回遊式日本庭園として整備されました。
IMG_0022_202112181531283a2.jpg

敷地内には3つの重要文化財があります。

旧小寺家厩舎
明治43年頃に建築された厩舎です。空襲でも焼けずに残りました。円形の塔屋、急勾配の屋根と屋根窓などの外観が印象的です。
IMG_0014_20211218153128b7c.jpg

旧ハッサム住宅
英国人貿易商のハッサム氏が明治35年異人館街に建てて住んだもので、昭和38年に移築されました。下の写真の真ん中に写っているレンガ造りの物は煙突です。阪神淡路大震災時に崩落したものを保存しています。
IMG_0010_20211218153128e0c.jpg

船屋形
江戸時代、姫路藩主の川御座船の屋形部分だけが陸上げされたものです。建造年代は1682~1704年と推定されています。現存する川御座船としては国内で唯一のものだそうです。
IMG_0019_202112181531270a1.jpg

おすすめは5月のツツジの季節です。下の写真は2015年5月に行ったときのものです。ちなみに真ん中に写っているのが上の写真の御座船の屋形です。
IMG_10019.jpg

入園料300円ですので気軽に入園できます。しかも私は無料券がありましたのでさらに気軽でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

生田の森

神戸生田神社です。湊川神社・長田神社と並んで神戸を代表する神社です。
IMG_3766.jpg

それがさらに陣内智則と藤原紀香が結婚式を挙げたことで全国に知られることにはなりました。
IMG_3741.jpg

本殿に向って左にある「生田の池」は拾遺和歌集など古い歌集にも詠まれている由緒ある池だそうです。
IMG_3742.jpg

本殿の北側には「生田の森」が広がっています。
生田の森に置かれた鳥居の一部分(下の写真)は、もともと参道にあった鳥居が安政の大地震で倒壊したものです。倒壊後は道路脇に置かれ「生田の折鳥居」と信仰されていましたが、その後ここに移されました。
IMG_3761.jpg

そして生田の森源平合戦の舞台にもなった場所です。
源氏に京を追われた平家は幼い安徳天皇と三種の神器とともに神戸の福原におりました。平家軍は福原の東西両端を守るため、西端の一の谷と東端の生田の森に陣を構えていましたが、それぞれ源義経源範頼に破られてしまいました。つまり、この森は源平合戦の古戦場です。
IMG_3746.jpg

境内には「箙の梅」「梶原の井」「敦盛の萩」「弁慶の竹」など源平にちなんだものがたくさんあります。NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」でちょうどこれから描かれる時代です。
IMG_3739.jpg

生田神社阪急神戸三宮駅の西口からだと歩いてすぐです。時間があれば参拝後ぜひ本殿北側の生田の森を散策してみてください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

大都市駅近のフェリーターミナル

前回紹介した神戸ポートターミナルのとなりの突堤には神戸三宮フェリーターミナルがあります。将来的に利用することもあるのでついでに行ってみました。
IMG_0783_2022040906274020b.jpg

ここからは小豆島・高松を結ぶジャンボフェリー宮崎を結ぶ宮崎カーフェリーが出ています。
IMG_0785.jpg

このときは「みやざきエキスプレス」という船が停泊していましたが、今週金曜日(つまり明日)に新船「たかちほ」が就航するので、この船は見納めです。さらに10月には新船「ろっこう」も就航予定です。
IMG_0789.jpg

このフェリーターミナルの展望フロアからメリケンパークが見えます。下の写真の右端に写っているローソクのような塔は改装中のポートタワーです。ある意味期間限定のレア風景です。
IMG_0791.jpg

そして神戸三宮フェリーターミナルのすぐ北の道路は日本一短い国道です。その長さは187.1mしかなく、十分1枚の写真に納まります。本やテレビでも何かにつけ紹介されます。
IMG_0804.jpg

神戸三宮フェリーターミナルからJR三ノ宮駅まで歩いても15分くらいでした。いつも新日本海フェリーで帰ってくると敦賀舞鶴に着き、そこから車で2時間以上かけて帰ります。神戸あたりに着いてくれたら楽なのですが・・

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

にっぽん丸とエリザベス号

少しずつ国内クルーズが再開されるようになり、神戸ポートターミナルにも大型クルーズ船のにっぽん丸がまた寄港するようになりました。
IMG_0754.jpg

私は船を見に行っただけでしたが、このときのクルーズは神戸港を17時に出港して瀬戸内海を寄港することなく周遊し、翌々日の9時に神戸港に寄港する短い行程です。
IMG_0743.jpg

それでも日本での新型コロナウィルス感染はクルーズ船から始まったので、クルーズ旅行への風当たりは強いです。参加者は乗船前にPCR検査を受け、船内でも検査体制が整っている状況のようです。
IMG_0742_20220408160224fad.jpg

ちなみにこのにっぽん丸は、大きさだけでいえば超級ではありません。いつも北海道旅行で利用する新日本海フェリーの敦賀-苫小牧航路の船の方が全長では60mほど長いです。

もう8年前ですが、この同じ場所でクイーンエリザベス号を見たことがあります。このときの迫力はインパクトがありました。下の写真はその当時のクイーンエリザベス号です。
017.jpg

にっぽん丸全長が166m、重さ2.2万トンなのに対してクイーンエリザベス号294m9万トンもあります。
近くで見上げるとまるでホテルかマンションのようでした。
025_20220408165948541.jpg

いずれにしても、豪華客船のクルーズ旅行は金額もかなりのものです。今回のにっぽん丸の17時出帰し、どこも寄らずに翌々日9時帰港するクルーズで1名11万2千円からで、標準的な価格帯は20万円を超えます。もちろんクイーンエリザベス号でのクルーズとなると比ではないと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース