カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「大阪 」カテゴリ記事一覧


幼い頃のワクワク感

いよいよクリスマスです。大阪・梅田クリスマス一色です。
阪急百貨店前の広いコンコースの天井も「祈りの翼」をテーマにしたモビールアートで飾られています。
IMG_0057_convert_20231203100258.jpg

大阪・梅田の阪急うめだ本店の今年のクリスマスは『不思議の国のアリス』がモチーフです。コンコースに面したショーウインドーも7面に渡り『不思議の国のアリス』の世界が展開されています。
IMG_0023_convert_20231119121438.jpg

そして9階の祝祭広場では、ヨーロッパのクリスマスの雰囲気が漂うクリスマスマーケットが催されています。
IMG_0048_convert_20231203100313.jpg

その中心にあるのは高さ約8mのミラーボールツリーです。1時間ごとに光と音のイルミネーションショーが行われます。
IMG_0034_convert_20231203100325.jpg

ミラーボールツリーの下部分にはメリーゴーランドがあり、小さい子どもが乗れるようになっています。その場で気軽に乗れるのかと思ったら、事前にローソンチケットなどで300円の予約券を購入し、決められた時間に来ないと乗れないようです。
IMG_0041_convert_20231203100335.jpg

毎年12月に梅田に行くと阪急百貨店のこの催事場に足を運びます。クリスマスの雰囲気を感じることができて幼い頃のワクワク感を思い出します。昔は大阪の百貨店に行くとなると子どもも「よそ行きの服」でしたね。
IMG_0047_convert_20231203103624.jpg

このクリスマスイベントも25日で終わり、それを過ぎると百貨店も一気に迎春ムードに包まれます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



大坂の陣と淀殿

大河ドラマどうする家康」もいよいよ最終局面の大坂の陣(1614年大坂冬の陣と1615年大坂夏の陣の総称)です。

前回の放送で描かれた大坂冬の陣徳川家康が陣を構えたのは大阪城の南に位置する標高26mの茶臼山です。現在は周辺一帯は天王寺公園になっています。
IMG_3875.jpg

一方の豊臣方で奮闘したのは真田信繁(幸村)です。2016年の大河ドラマ真田丸」で堺雅人さんが主役で演じた人物です。真田丸は真田が築いた出城で、徳川方はこれを攻略できず多くの犠牲者を出しました。正確な位置は長らく不明でしたが、最近の調査で明星学園高校の敷地にあったことが判明しました。それを受けて、校舎の外壁に真田信繁の壁画が描かれ、外には真田丸があったことを記した真田丸顕彰碑が作られました。
IMG_0742.jpg

この真田丸で大きなダメージを受けた徳川でしたが、最終兵器の大筒を大阪城天守に撃ち込み、有利な和睦に持ち込みました。その結果、真田丸は破壊され、堀も埋められて、大阪城は防御の備えが無くなった裸城になりました。
IMG_0009_convert_20231027135924.jpg

翌年の大坂夏の陣では大阪城を裸にされた淀殿豊臣秀頼親子に勝ち目はなく、結局2人は追い詰められて自害します。今の大阪城はその当時のものではなく、天守の場所も違いますが、現在の天守の裏に「秀頼・淀殿ら自刃の地」の碑があります。
IMG_0005_convert_20231027135900.jpg

このあたりにあった山里丸の櫓で自害したという記録があり、平成9年ここに碑が建てられました。ただ極楽橋から天守へ向かう順路から少し外れているので来る人は少ないです。
IMG_0003_convert_20231027135914.jpg

どうする家康」で淀殿を演じた北川景子さんは見事に淀殿と母のお市の二役を演じ分けられました。まったく異なる2人の人格は同じ人が演じているとは思えませんでした。さすが一流の女優さんですね。家康以上に存在感がありました。
IMG_0072_convert_20231027135849.jpg

北条政子日野富子と並んで日本三大悪女といわれる淀殿ですが、敗者の評価は勝者が作る部分が多いので、それを鵜呑みにはできません。しかもなぜか淀殿を主役にした大河ドラマはありません。妹のでさえ2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で描かれました。昨年の小池栄子さんが演じた「鎌倉殿の13人」の北条政子もイメージが変わって話題になりましたが、淀殿も新たな解釈で描くことでイメージが大きく変わる人物だと思います。

どうする家康」もいよいよあと2回で終了です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

農協チップス「ふらのッち」を衝動買い

朝日放送「朝だ!生です 旅サラダ」の番組イベント「旅サラダ EXPO 」がこの3連休中に大阪駅前で開催されています。
5f18d9c2e01bfa1e6e0bc4c0d92a24bb68b4e9f6_convert_20231104120240.jpg

20余りの自治体が出店していて、それぞれの地域の特産品などを販売しています。
IMG_0001_convert_20231104122823.jpg

ゆるキャラも来ている自治体もけっこうありました。写真は京丹後のゆるキャラです。
IMG_0012_convert_20231104122756.jpg

西日本の自治体が多い中、北海道からは上富良野町別海町が出店していました。
IMG_0005_convert_20231104122808.jpg

思わず上富良野町のブースでポテトチップスをうすしお味とバター味の2袋買ってしまいました。JAふらの農協チップスふらのッち」という商品で、1袋220円と普通のポテトチップスにしては少々高めですが、実際に高いかどうかは食べてみてのお楽しみです。
IMG_0006_convert_20231104122946.jpg

さすがテレビ番組のイベントだけあって朝から多くの人が来ています。会場の特設ステージ前も人でぎっしりです。
IMG_0008_convert_20231104122739.jpg

大阪・梅田に行く用事があったので、ついでに寄ってみようかとのぞいてみましたが、テレビの宣伝効果ってやはりすごいものですね。少なくとも上富良野町にはポテトチップス2袋440円分の経済効果はありましたしね(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

大盛況の高槻将棋イベント

大阪府高槻市は、高槻城跡から江戸時代の将棋の駒が多数発掘され、古くから将棋が広まっていた地域だということで、最近は将棋による町おこしに力を入れています。下の写真はしろあと歴史館に展示してある発掘された将棋の駒です。
IMG_2795_convert_20231030082922.jpg

そして来年の秋にはJR高槻駅前に大阪市から関西将棋会館が移転してくることになっており、一気に新しい将棋の聖地への機運が高まっています。そんな高槻市で28・29日の2日間、将棋のイベントが開かれました。2日間とも参加してきました。

まず28日(土)に開かれたのは「全国将棋サミット2023」です。
会場は今年3月にできた高槻城公園芸術文化劇場で、5月にはここで渡辺名人(当時)と藤井竜王名人戦第3局が行われました。
IMG_3403.jpg

全国将棋サミットは、将棋を通じて地域の発展を目指す自治体が、それぞれの取り組みについて意見交換を行い、交流と連携を深める目的で毎年開催され、今年は高槻市が会場になりました。
オープニングセレモニーのあと、まず羽生善治会長による記念講演がありました。演題は「将棋界の現在地と次の百年を刻む将棋の将来」です。最近ではAIにより将棋のスタイルがどう変化し、それが今後どのようになっていくかなどの話でした。
IMG_2810_convert_20231029192119.jpg

次に参加自治体からの報告があり、そのあと中村太地八段豊川孝弘七段村田智穂女流二段、声優の岡本信彦さんによるトークショーです。テーマは「将棋の魅力を伝えるために!」でした。会場に若い女性が多いなあと思っていましたが、ここで出演した声優さんのファンだったようです。この声優さんはかなりの将棋の実力者のようで、おおいに話が盛り上がっていました。
IMG_2823_convert_20231029192130.jpg

最後に藤井猛九段久保利明九段による記念席上対局がありました。解説は藤森哲也五段、聞き手は藤井聡太八冠の姉弟子の室田伊緒女流二段です。さきほどのトークショーに出演した声優の岡本信彦さんも解説に加わり、イベントならではの盛り上がった対局になりました。
IMG_2836_convert_20231029192142.jpg

そして2日目の29日(日)には「高槻将棋まつり」が安満遺跡公園で開催されました。安満遺跡約2500年前の弥生時代の集落遺跡で、国の史跡にも指定されています。
22.04安満遺跡S120 (5)

今年の3月に第1回「高槻将棋まつり」が同じ会場で開かれ、今回は2回目の開催です。羽生会長はオープニングの挨拶だけの出演でしたが、それでも多くの観客が集まりました。羽生会長はこの翌日には東京で渡辺明九段と対局していて、トップ棋士と日本将棋連盟会長の二足の草鞋は実に多忙そうです。しかも渡辺九段に勝ちました。
IMG_2848_convert_20231029192159.jpg

イベントの目玉は棋士と女流棋士が4組のペアになり、5手ずつを指し合うペアマッチトーナメントです。第1局は久保利明九段・石本さくら女流二段VS中村太地八段・加藤桃子女流四段の対戦です。対局中はペア同士の会話は禁止されているので、相方がどのような意図で指しているかを汲まないと一貫性のない将棋になります。
IMG_2856_convert_20231029192221.jpg

トークショー第1部は加藤桃子女流四段、漫画家の伊奈めぐみさん、山口恵梨子女流二段の女子トークです。漫画家の伊奈めぐみさんは漫画「将棋の渡辺くん」の作者であり、渡辺明九段の奥様です。また山口女流二段はNHK将棋フォーカスでMCをされています。
IMG_2863_convert_20231029192233.jpg

ペアマッチトーナメントの第2局は藤井猛九段・山口恵梨女流二段VS藤森哲也五段・武富礼衣女流初段の対戦です。藤井猛九段は同じ名字なので藤井聡太八冠と混同されることも多く、最近はそれをギャグにしています。
IMG_2870_convert_20231029192256.jpg

トークショー第2部は福崎文吾九段、東和男八段、浦野真彦八段、長沼洋八段という高槻市にゆかりのあるベテラン勢です。下の写真の左端にいる福崎九段はしゃべりがおもしろいことでも有名で、この日もおおいに会場を沸かせていました。
IMG_2878_convert_20231029192308.jpg

ということで、2日間楽しく過ごしました。多くの人気棋士が参加したとはいえ、将棋イベントに1000人以上の観客が来るというのはかつては考えられなかったことで、ここにも藤井聡太八冠の影響が大きく出ています。高槻市もいいタイミングで関西将棋会館の誘致に成功したものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今秋も靭公園で「花と彫刻展」

知人の松原一彦氏は造形作家です。たまに作品展にも寄せて頂き、このブログでも紹介させて頂いています。
その松原氏が所属する大阪彫刻家会議主催の「花と彫刻展」が大阪の靭(うつぼ)公園で開催中です。この作品展は毎年この公園で10月に開かれ、私が訪れるのも今年で5回目です。
IMG_5648_convert_20231018123931.jpg

下の写真が松原氏が今回出品されている「蜘蛛の巣」です。真鍮の針金を使って制作されています。
IMG_5653_convert_20231018124016.jpg

ご本人もブログにこの作品を載せ、「真鍮ということもあって画像では見えにくい」と書いておられます。私も現場で撮影しましたが、確かに離れた写真は蜘蛛の巣がわかりづらかったので、アップの写真だけ載せました。(松原氏のブログ→松原一彦立体造形作品
IMG_5654_convert_20231018124005.jpg

公園内にはおよそ30人の作家さんの造形作品が展示されています。下の写真は「いっぽん たたら」という作品です。
IMG_5676_convert_20231018124101.jpg

下の写真は「TOWER131」という作品です。夜見ると少々怖いかもしれません。
IMG_5677_convert_20231018124112.jpg

会場の靭公園花の公園として市民に親しまれています。今は秋バラのシーズンです。下の写真はクイーンエリザベスという品種のバラです。2006年に大阪は世界バラ会議の会場となり、そのときに靭公園バラ園優秀庭園賞を受賞しました。
IMG_5662_convert_20231018124134.jpg

大阪のビジネス街にありながら、東西800m・南北150mという大きな公園です。
IMG_5679_convert_20231018124147.jpg

なお「花と彫刻展」は11月5日まで開催されています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

藤井八冠と永瀬九段の対局を生観戦!

これまでイベントでプロ棋士の対局は見たことはありますが、今回は真剣勝負の公式戦を初観戦しました。しかも観戦した対局は、奇しくも先々週に藤井竜王名人王座を奪取して八冠になったときと同じ「藤井聡太八冠-永瀬拓矢九段」という注目のカードです。

大会は八大タイトル戦に次ぐグレードの「将棋日本シリーズJTプロ公式戦(通称JT杯)」です。前回覇者や八大タイトル保持者などトップ棋士12名で争われるトーナメント戦で、私が観戦した段階では下表のようにベスト4が出そろった状態でした。
230923-table-19-44-jt-t-01_convert_20231013094606.png
観戦は無料ですが、事前申込制で、応募多数の場合は抽選となります。9月に申し込んだ時点で「藤井VS永瀬」という王座戦と同じ顔合わせであることは決まっており、まずは抽選に当たらないものと思っていましたが、期せずして当選メールが届きました。

会場はAsueアリーナ大阪いわゆる大阪市中央体育館です。当日の来場者は4200人以上いたそうで、大きな会場だったので当選したのでしょうね。
IMG_2727_convert_20231021211541.jpg

まず最初に対戦する藤井八冠永瀬九段がスーツ姿で登壇し、意気込みなどを語りました。
IMG_2733_convert_20231021210919.jpg

そして対局時には和服に着替えて登場です。永瀬九段の先手番で始まりました。
IMG_2753_convert_20231021210932.jpg

大盤解説は谷川浩司十七世名人とこれまた豪華です。
IMG_2759_convert_20231021210949.jpg

王座戦では敗れはしたものの、藤井竜王名人を追い詰めた永瀬九段でしたので、その10日後のJT杯では雪辱を果たすのではという見方もありました。
P1000853_convert_20231021211010.jpg

ところが、持ち時間が10分という早指し対局の影響もあってか、中盤から一気に藤井竜王名人がリードする展開になり、あっさり84手で永瀬九段が投了しました。
IMG_2770_convert_20231021211023.jpg

対局後の大盤を前にしての感想戦でも、永瀬九段は首を大きく傾けて大盤を見つめる場面もあり、反省の弁に終始していました。
IMG_2780_convert_20231021211044.jpg

JT杯では勝った棋士が出口で来場者を見送るという慣例があります。係員は「撮影はかまいませんが、立ち止まらないでくださ~い!」と大きな声で呼びかけていました。まるで上野動物園に初めてパンダがやって来たときみたいです。おかげで写真もピンボケです。それにしても4000人を超える来場者を笑顔で見送る藤井八冠も大変です。と見送られた私が言うのも変ですが…
P1010006_convert_20231021211129.jpg

このあと11月19日の決勝で藤井八冠は連覇をかけて渡辺明九段糸谷哲郎八段の勝者と戦います。会場は東京ですが、しかしそれまでに、今週の25・26日に北九州で、11月10・11日には小樽で、伊藤匠七段との竜王戦第3・4局があります。まったく息つく暇もありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

流行のコキア

大阪鶴見緑地公園の中に風車の丘という場所があります。
IMG_0043_convert_20230920142037.jpg

この風車の前には季節の花々が植えられますが、訪れたときはまだ緑だけのコスモス畑でした。それを見下ろす斜面にコキアが少しだけありました。
IMG_0046_convert_20230920142125.jpg

コキアも完全には赤くなっておらず、まだ緑のコキアも多くありました。
IMG_0041_convert_20230920142112.jpg

コキアの数としては4000株ある万博記念公園には及びません。下の写真は昨年10月中旬の万博記念公園コキアです。
IMG_2057.jpg

それにしてもコキアの赤くなった感じは独特です。
IMG_0045_convert_20230920142059.jpg

もさもさとした見た目がかわいいと、最近では人気のコキアですので、今秋も探せばあちこちの公園で赤いコキアが見られるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

大阪城は豊臣の上に徳川

前回のNHK大河ドラマ「どうする家康」では、ムロツヨシさん演じる豊臣秀吉が関白になり、ほぼ天下を手中に収めました。番組最後の「どうする家康ツアーズ」では、豊臣期の大阪城が紹介されていました。

豊臣秀吉が建てた大阪城は、大坂の陣の後、徳川が完全に破壊し跡形もなく地中に埋めてしまいました。徳川はその上に新たな大阪城を築き、現在の大阪城はその徳川の天守を模して昭和6年に復元されたものです。
IMG_3633_convert_20230827200741.jpg

大阪城公園で見ることができる堅固な高い石垣も、豊臣ではなく徳川が築いた石垣です。つまり今の大阪城から秀吉の大阪城の面影を感じることは出来ません。
IMG_3599_convert_20230827200808.jpg

昭和34年の調査で地下9mから古い石垣の遺構が見つかり、さらに昭和59年には現在の天守東側の地下11mから高さ6mの石垣が見つかりました。これが徳川によって埋められた秀吉の石垣です。それにしても徹底的に地中深く埋めたものです。それだけ豊臣の影響を消し去りたかったのでしょう。写真は数年前に再発掘されて一般公開されたときのものです。
007_convert_20230827200821.jpg

大阪市は大坂夏の陣から400年の節目を迎えたことをきっかけに、この豊臣期の石垣を公開する事業を起ち上げて寄付を募っています。現在、埋められた豊臣期の石垣を見学できる施設を建設中です。
IMG_0044.jpg

さらに豊臣期の大阪城の雰囲気を垣間見ることができる遺構があります。

堀に架かる極楽橋は今はコンクリート製の橋ですが、築城当時はきらびやかな屋根の付いた絢爛豪華な橋だったそうです。
IMG_3619_convert_20230827200836.jpg

琵琶湖に浮かぶ竹生島の宝厳寺唐門が、その極楽橋の遺構だと伝わっています。あくまで伝承の域でしたが、平成18年にオーストリアで発見された『大坂図屏風』に描かれている極楽橋が宝厳寺の唐門に似ていることから一気にその信ぴょう性が高まりました。事実ならば豊臣期の大阪城の唯一現存する貴重な遺構ということになります。ちなみに宝厳寺の唐門は国宝に指定されています。
IMG_0811.jpg

このように秀吉の築いた大阪城の痕跡は発掘された地下の石垣や琵琶湖の寺に辛うじて残っているだけです。でも現在の大阪城公園の天守や石垣を秀吉が築いたものだと何となく思っている人は関西でも意外と多いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今度は大阪の「どうする家康」展

NHK大河ドラマどうする家康」の全国巡回展NHK大阪放送局で開催されているので行きました。6月にはNHK神戸放送局にも行ったので2回目の巡回展です。神戸の巡回展と何か変わっているところはあるのかなと思い行きました。
IMG_0001_convert_20230818141358.jpg

会場はNHK大阪放送局の前の広いロビーです。平日でしたが多くの人が来ていました。
IMG_0018_convert_20230818141418.jpg

神戸と同じく徳川家康(松本潤)、織田信長(岡田准一)、豊臣秀吉(ムロツヨシ)の3人の全身パネルがありました。ただ神戸では加えて、瀬名(有村架純)、お市(北川景子)、榊原康政(杉野遥亮)のパネルもありました。
IMG_0002_convert_20230818141434.jpg

ドラマ衣装も神戸と同じ徳川家康と織田信長の衣装がありました。ドラマで使われた小道具や展示パネルなどこのほかの展示内容もほとんど同じでした。
IMG_0003_convert_20230818141446.jpg

神戸ではアンケートに回答すればもらえたクリアホルダーが、大阪では入場時に全員もらえました。
IMG_0011_convert_20230818141505.jpg

ということで大河ドラマ全国巡回展は場所は変わっても内容はほとんど同じということがわかりました。あえて違いを言えば、出演者のサイン色紙のコーナーに、新たに登場してくる人物を演じる俳優さんのサインが増えていることくらいですね。
IMG_0015_convert_20230818164423.jpg

ただ今回はNHK大阪放送局で収録されている「歴史探偵」で出てきた安土城のVR体験ができました。ゴーグルを付けると目の前に安土城が映し出されます。今はない安土城の天守をいろいろな角度から眺められる3分ほどの体験でした。
ちなみ次回の「歴史探偵」(8/23水 午後10時)は「家康VS.秀吉 どうする家康コラボスペシャル(前編)」です。
IMG_0012_convert_20230818141515.jpg

NHK大阪放送局での巡回展は27日まで開催中です。このあたりは大阪城・難波宮跡・大阪歴史博物館が集まっていて歴史が好きな人にはおすすめの場所です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ジュラシックパーク展

大阪大丸梅田店ジュラシックパーク展が公開30周年を記念して開催されています。私は1・2作目しか見たことはありませんが、入場無料ということなので行ってみました。
IMG_0001_convert_20230806124958.jpg

映画で使われた小道具類も展示されていました。下の写真はデニスネドリーが着用している「レインコート」です。
IMG_0003_convert_20230806125007.jpg

正直「デニスネドリー」といわれてもピンと来ませんでしたが、横のパネル写真を見てわかりました。ジュラシックパークから恐竜の胚を盗んでコンピューターシステムにバグをしかけて嵐の中を逃亡中に小さな恐竜に襲われた人物です。
IMG_0008_convert_20230806125017.jpg

恐竜の皮膚の質感や傷跡など細部まで表現された恐竜のフィギュアも展示されていました。これらの一部は購入でき、20万円近くするものもあります。
IMG_0013_convert_20230806125027_20230806125130b4f.jpg

特設エリアの半分近くはグッズ販売エリアです。やはり熱烈なファンが多いようで、買い物かごいっぱいに商品を入れてレジに並んでおられる方もおられました。
IMG_0018_convert_20230806125036.jpg

最初入場無料と聞いて太っ腹と思いましたが、あれだけグッズが飛ぶように売れるのであればそれも納得です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース