カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「北海道の宿・温泉 」カテゴリ記事一覧


三島さんの芝桜

倶知安町の「三島さんの芝桜庭園」です。その名の通り、個人で芝桜庭園を開放されています。
IMG_1683_202205271240228a6.jpg

訪れたときはまだ咲き始めではありましたが、それでもなかなかのものです。
IMG_1686_20220527124021da6.jpg

とくに羊蹄山を背景にした構図は数ある芝桜庭園の中でも随一です。
IMG_1682_202205271240229b9.jpg

個人の庭といっても4000平方メートルの広さがあります。1人だけで世話されているわけではないとは思いますが、それでもこれだけの芝桜庭園を造って好意で無料開放するのはなかなかできるものではありません。
IMG_1680.jpg

庭園には駐車場はありません。離れた場所に駐車して歩いて来ます。でないと近隣に迷惑がかかります。それでも庭園の前に止めている車が数台ありました。こういう人のために名所が公開を中止していくことになるのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



遅かった・・たんぽぽ公園

ししゃもで有名な鵡川の河川敷にたんぽぽがきれいな公園があるというので行ってみました。
IMG_2479.jpg

着くと広大な緑の原っぱがあるだけです。場所を間違ったかと思い、近くの案内板を確認してみるとここで合っていました。よく見ると一面に綿毛になったたんぽぽがあります。どうやら訪れたのが遅かったようです・・
IMG_2483.jpg

そんな中でもまだ咲いているたんぽぽをアップに撮っておきました。
IMG_2481.jpg

案内パンフレットでは今が見頃の時期だったはずですが、どうやら今年は早かったようですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

旧増毛駅と風待食堂

2016年に留萌本線の留萌-増毛間が廃止となり、それに伴って増毛駅廃駅となりました。
しかし駅舎の復活を望む声が多く、2018年4月に駅舎が開業時と同じ広さに復元されました。
IMG_110745.jpg

駅の内部は当時のまま復元しているのではないですが、鉄道の歴史を伝えるパネルなど展示されています。ちなみに写真の人物パネルは増毛出身三国清美シェフです。
IMG_110692.jpg

ホームと線路は残されていますが、もともと終着駅ですので南方向には線路はありません。
IMG_110689.jpg

また2016年に廃線になった留萌方向の線路はホームの先の草むらの中に消えています。実際に見ると何だか線路が森の中の「異空間」へと消えていっているような感じがしました。
IMG_110684.jpg

増毛には観光ポイントがいくつかありますが、駅舎を復元したことでここは観光拠点になると思います。
IMG_110695.jpg

ちなみに復元された増毛駅のすぐ目の前にあるのが「風待食堂」です。高倉健主演の映画「駅 STATION」に出てくる架空の食堂です。
IMG_110697.jpg

もともとは「多田商店」というお店でしたが、今では貴重なロケセットとして保存されています。
IMG_110702.jpg

中はヒロイン倍賞千恵子が営む「居酒屋 桐子」のセットが復元されています。
IMG_110701.jpg

現在は観光案内所としても使われています。
IMG_110744.jpg

いろいろな記念品も販売していますので、旧増毛駅まで来たならぜひ覗いてみましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

親子岩

浦河方面から襟裳岬方面に向かって走っていると>様似市街の入口右側の海上に3つ並んだ岩が目に飛び込んできます。
3つの岩が親子のように寄り添っているということで「親子岩」と呼ばれています。
IMG_10327_20170809182608fc9.jpg

この親子岩は様似のシンボルでもあり、前の砂浜は「親子岩ふれあいビーチ」として憩いの場として親しまれています。
IMG_10331.jpg

このあたりには奇岩が多く、左に目を向けると前回紹介したエンルム岬も見えます。
IMG_10333_20170809182607c56.jpg

襟裳岬を目指して走っているとついつい通過してしまう場所ですが、ビーチには広い無料駐車場もありますので、暖かい時期にぜひこのあたりの風景もごらんください。
IMG_10332_20170809182606abc.jpg

私は見たことはないですが、夕景も美しいようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

湯宿だいいち

養老牛温泉湯宿だいいちです。道東の中標津町にあります。
IMG_0377.jpg

ここにはこれまで3度ほど宿泊しました。じゃらんでも北海道の温泉宿部門でいつも上位にランクされる宿です。
IMG_0346.jpg

到着すると広いロビーでウェルカムドリンクの山ぶどうのジュースを飲みながらゆっくりとチェックインの手続きをします。
IMG_0348.jpg

このとき泊まった部屋は新館でした。フロントからはかなり距離がありますが新しいだけに長い廊下はピカピカで手入れが行き届いています。
IMG_0373.jpg

新館には部屋が11室ありそれぞれに特長があります。ホームページでそれぞれの室内の様子を見ることができます。
IMG_0350.jpg

部屋からの眺めです。目の前を標津川が流れています。夜になると魚を求めてシマフクロウがやってきます。それを撮影するのが目的のお客さんも多くいます。
IMG_0354.jpg

夕食も豪華です。北海道の旬を活かした創作和食です。花咲カニもまるまる一匹付きます。
IMG_0368.jpg

釜めしも花咲カニまたはアサリと鮭のいずれかを選びます。私はこれも花咲カニを選びました。
IMG_0369.jpg

焼き物は網走産やまべの炭火焼きを選びました。
IMG_0371.jpg

温泉部屋食事館内の設備サービスまわりの環境お客さんの数・・どれも満点です。
養老牛温泉には今では2軒の宿しかなく、たくさんの観光客がやって来る場所ではないですが、それだけに個人のリピーターが多いのではないでしょうか。
宿泊料金は1名2万円くらいするので決して安くはないのですが、雑踏の中で宿泊する大きな温泉宿よりもずっと落ち着ける良宿です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

オーセントホテル小樽

オーセントホテル小樽に宿泊しました。
IMG_0630.jpg

このホテルに泊まったのは、利用したヴィーナストラベルの北海道旅行パックに、もれなくこのホテルの1泊も付いていたからです。
IMG_0627.jpg

場所はJR小樽駅と小樽運河の中間あたりです。夜にフェリーで小樽港に着いて泊まり、早朝には小樽をあとにするという素泊まりでの利用でした。
IMG_0629.jpg

ただこの旅行パックは必ず小樽のこのホテルに宿泊しないといけないので旅行行程に制約が出ます。オーセントホテル小樽が新日本海フェリーの系列だからなのでしょうが、できれば小樽以外にも宿泊地にも選択の余地がほしいところです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

羅臼の宿「まるみ」

知床半島にある羅臼の宿まるみ」です。
2.2016.S120 (30)

最初に泊まったときは小さな民宿でしたが、その後リニューアルされて大きくなりました。玄関ホールのクジラがインパクトがあります。
2.2016.S120 (32)

食事はボリューム的にはサロマ湖の船長の家レベルまではいかないものの、毛ガニタラバのほかに刺身焼き魚など豪華な夕食です。
2.2016.S120 (40)

晴れていれば宿から国後島が見えるはずですが、泊まった時は雨でまったく見えませんでした。
2.2016.S120 (35)

時期によってホエールウォッチングなどのオプションもあります。おすすめの宿です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

地球岬とカレーラーメン

室蘭地球岬です。「水平線がまるく見える」というのがキャッチフレーズです。写真のときは雲が多く何となく今ひとつという印象でした。
2015広角6D (309)

この日は室蘭で宿泊でしたので、夕食に名物のカレーラーメンを食べました。味の大王室蘭本店です。
IMG_0234_20200414210934785.jpg

熟成させた自家製ちぢれめんと濃厚でコクのあるカレースープが特長です。値段は820円でボリュームもたっぷりでした。
IMG_0233_20200414210933401.jpg

翌朝起きると晴れていたので再び地球岬に行きました。昨日より見通しは良かったものの、それでも少しモヤっていました
2015広角6D (322)

どこの岬もそうですが、地形的なものか、それとも私の普段の行いか、きれいな青空に恵まれることが少ないような気がしています。とくに暖かくなると水蒸気が多くなることもありますかね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ふわっと苫前

前回紹介した苫前町で宿泊した施設についての話です。
道の駅風Wとままえ(ふわっととままえ)」に併設されている宿泊施設苫前温泉ふわっとです。
6D2014 (172)

ここに泊まるのであればぜひとも海側の部屋をお勧めします。下の写真の右が海側で、左が山側です。
6D2014 (158)

下の写真は私が泊まった海側の部屋からの眺めです。
もちろん昼間もいい眺めですが、やはりここは夕景が最高です。
ちなみに建物の前には足湯温泉がありますので、ここに腰掛けながら夕日を眺めることもできます。
S110.1 (31)

敷地内にとままえ夕陽丘キャンプ場があります。名前の通り夕日がきれいなキャンプ場です。
6D2014 (161)

翌朝8時発の羽幌からのフェリーに乗るためここに泊まりました。苫前から羽幌まで5kmほどですので朝一番の便を利用したい場合でも十分間に合います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

根室に泊まろう

札幌旭川での新型コロナ感染のニュースはよく報道されますが、東の端の根室での感染はほとんどないようですね。それだけ人の往来が少ないということなのでしょう。

道東4振興局が発表している年間の宿泊者数(令和元年度)を調べると、十勝振興局171万人・オホーツク振興局158万人・釧路振興局158万人に対して根室振興局19万人という状況です。
私もこれまで北海道へは何度も行っていますが、根室に宿泊したのは2回だけです。

2度目の宿泊は根室市の中心にある根室グランドホテルでした。
250.jpg

ホテルの「売り」のひとつである展望室(上の写真の建物の飛び出している部分)からの夕景に期待していました。ところが下の写真のように、あいにくの雨模様で夕日はおろか近くにある海さえもモヤで見えませんでした。
252.jpg

宿泊したときのホテルでの夕食はエスカロップでした。
P1000230_20200415175643386.jpg

エスカロップはバターライスに豚カツを乗せドミグラスソースを掛けた根室市のご当地料理です。市内のいくつかのお店でも提供されています。
P1000233.jpg

前回根室に宿泊したときは大野屋という旅館で、夕食も花咲ガニを中心とした豪華なメニューでした。このホテルにも豪華な夕食プランはありましたが、このときは低料金に抑えるべくこの宿泊プランにしました。
ちなみに前回泊まった大野屋旅館は2008年に閉館となり、現在はホテルねむろ海陽亭として営業しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース