今では謎の「傾いた木」

富良野の麓郷にある「傾いた木」です。私だけの呼び名です。
340.jpg

麓郷の交差点の少し南を西に曲がって未舗装道路を少し走ります。
341.jpg

何かで麓郷の撮影ポイントのひとつとして紹介された写真を見て、わざわざ探して行ったのです。
339.jpg

しかしもうずいぶん前のことです。改めて検索して調べようとしましたがまったく出てきません。現在あるのかないのかさえわかりません。今となってはこの木がなぜヒットしたのかもわからない謎の木です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

ハートの木もありません

美瑛四季彩の丘です。
IMG_0451_2020041221061852e.jpg

そこにあったハートの木です。2本の桜の木が合わさってハート型に見えていました。
IMG_0456_20200412210620de7.jpg

しかし桜の木が弱り始めました。下の写真は上の写真の同じ季節の5年後のものですが、ずいぶんと葉が少なくなっているのがわかります。
10061.jpg

ということで今では伐採されてモミジの木に植え替えられたと聞きました。桜の木は弱いので仕方ないですね。少なくとも観光客のマナー違反が原因ではないので、少しほっとはします


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

消えて10年・・メルヘンの木

マナー違反の観光客に手を焼いて木を伐採している事例は富良野にもあります。

かつて富良野麓郷にあったメルヘンの木です。
129.jpg

ドラマ「北の国から」に登場以来、注目されるようになり、見に来る人が増えました。私もその一人でした。しかし観光客のマナーがどんどん悪くなり、迷惑した土地所有者により2010年に伐採されました
128_20200414153826787.jpg

近くの山は大麓山といい、麓郷という地区名はその大麓山のふもとという意味で命名されたそうです。
126.jpg

当時、ここへたどり着くのにかなり迷って着いた覚えがあります。
124.jpg

この木があるのは写真でわかるように畑の中です。木の近くで写真を撮るために個人の土地である畑を踏み荒らしながら入っていく人が後を絶たなくなりました。結果として木が伐採された今ではここへ訪れる人もいなくなり畑に平和が戻りました・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

マイルドセブンの丘が1つ消えた

有名な美瑛マイルドセブンの丘です。たばこのマイルドセブンのCMロケ地として有名になりました。
下の写真はずいぶん前のものです。現在はカラマツの木が伐採され以前の面影がなくなってしまったみたいですね。
1001 (191)

伐採された理由はわかりませんが、これまでの美瑛の状況からすると観光客のマナー違反に立腹した所有者が伐採した可能性が高いのではないでしょうか。

それに対して少しマイナーなマイルドセブンの丘があります。こちらは商品パッケージに使用された場所だそうです。
丘の頂上にこんもりとカラマツの木が密集しています。こちらは健在のようですが、メジャーなマイルドセブンの丘がなくなったことで、こちらに人が集まり、同じ運命をたどることがなければよいのですが・・
1001 (193)

美瑛で注目される木の所有者の多くは迷惑しています。畑に侵入され作物を荒らされたり、病気を持ち込まれると大変です。
マナー違反が増えて以来、私は何となく美瑛の丘には足が向きません。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

ルシャ湾のヒグマ

知床ウトロ港からはいろいろな会社が観光船を出しています。私が最後に乗ったのはもう10年以上前です。
IMG_0013_20200412174803033.jpg

大きな観光船で知床岬まで行ったこともあります。とにかく遠かったです。船が大きいので揺れが少ないです。
また小さな観光船に乗ったこともあります。揺れますが、小回りよく岸に近付けます
IMG_0234_2020041217480173f.jpg

私が乗った当時はさほど売りにはされていませんでしたが、かなりの確率でヒグマが目撃できるということが書いてある観光船に乗りました。
IMG_0254.jpg

そうすると親子のヒグマに遭遇しました。ここは漁師番屋のあるルシャ湾という場所です。ここはかつてはアイヌの集落があり、60頭ほどのヒグマが暮らすエリアだそうです。
IMG_0257.jpg

今では「ヒグマウォッチングコース」というこの場所までのコースもあります。ただその後ウトロには何度となく行きましたが、観光船は外国人で長蛇の列でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

低くても存在感ある山

昭和新山は昭和18~20年の有珠山の噴火でできた溶岩ドームです。
1001 (207)

もともとは広大な畑だった場所がまたたく間に隆起しました。
1001 (211)

目の前で見ると異様な様相に圧倒されますが、高さは意外と低く175mほどしかありません。
183.jpg

ですから有珠山へ上がるロープウェイから見るとはるか下に見えます。このとき初めて意外と低いことを実感しました。
IMG_0012_20200415061805aa5.jpg

それでも今も噴煙が上がり、植物が育たない独特の山容からどこからでも目につきます。
2015A010X7 (245)

室蘭地球岬から見てもすぐに昭和新山だとわかります
2015A010X7 (271)

その意味では175mという高さにしては大変存在感のある山だといえるでしょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

開拓期の北海道が一堂に

札幌にある「北海道開拓の村」は、広大な敷地に52棟の開拓時代の歴史的建造物が移築・再現されています。

明治に焼失した「旧開拓使札幌本庁舎」です。内部はビジターセンターになっています。
333.jpg

旧小川家酪農畜舎」です。アメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもので、19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造です。サイロはのちに厚別の農家より移築されたものです。
351.jpg

小樽沿岸を中心に鰊建網を経営した「旧青山家漁家住宅」は「マッサン」のロケ地として使用されたことでも知られる貴重な建物です。
346.jpg

旧札幌警察署南一条巡査派出所」には当時の衣装を着た「お巡りさん」が常駐しており、道案内や写真撮影に応じてくれます。
342.jpg

これだけ重要な建築物が集まっていると、ひとつひとつの価値が薄まりますが、実は半日では見学しきれないボリュームです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

坂と教会は偶然!?

函館元町地区函館山の麓にあり坂が多い場所です。中でも有名な坂は「八幡坂」です。石畳の道が海に向かって真っすぐ伸び、正面に摩周丸が見える函館屈指のビューポイントです。
227_20200416070854075.jpg

そして坂道の周辺には教会もたくさんあります。
大三坂沿いの「カトリック元町教会」です。
211_20200416070856802.jpg

六角屋根の上のニワトリが目印です。
210_20200526065702a90.jpg

そこから少し坂を登った先にあるのが「函館ハリストス正教会」です。日本初のロシア正教の教会です。鐘の音色が「日本音風景100選」に選定されていて「ガンガン寺」と呼ばれることもあるそうです。
204_20200416070857207.jpg

その向かいにあるのが「函館聖ヨハネ教会」です。茶色の屋根と外壁の十字架が特徴で、屋根も十字型です。
225_202004160708555b4.jpg

これらの教会群は函館山の上からも見えます。右端に写っている「函館聖ヨハネ教会」の屋根が十字型なのも確認できます。
234_20200416070335c62.jpg

このあたりにはレトロ建築のおしゃれなカフェなども多く、夜は教会はライトアップされますので人気の散策スポットです。

ちなみに、このような坂道と教会という風景は神戸長崎などともよく似ています。それが偶然か必然なのかはよくわかりませんが・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 神戸

函館風景で勘違い

北海道の緊急事態宣言も解除目前のようですね。関西にいると詳しい情報は入ってきませんが、北海道の第二波は札幌近郊中心で、それ以外の地域ではほとんど新規感染者はないのではないでしょうか。もしそうなら広い北海道を一括りに考えるのもどうなのでしょうね。

さて、下の写真はよく見かける函館山からの眺めです。
221.jpg

外国人が急増してからは上には行っていません。写真もそれ以前のものです。昨夏行った人の話だと下りのロープウェイに乗るだけで30分以上行列に並んだとか・・
235.jpg

函館山はもとは島だったのが土砂で陸続きになった陸繋島という地形です。上から見るとよくわかりますが、くびれた部分が、土砂で陸続きになったトンボロと呼ばれる部分です。(かつて「水曜どうでしょう」で安田顕が試験でこのトンボロを答えられず大泉洋が四国八十八カ所をまわることになりました)
233.jpg

ちなみにこのトンボロの部分を、地図で見たときの渡島半島の八雲町あたりの細い部分だと何となく勘違いしている人もおられるようです。
IMGhunnka.jpg

北海道民にすればありえないでしょうが、他の地域で北海道の形が頭にある人なら、その勘違いはわからなくはないです。冷静にスケールを考えればおかしいことでなんですけどね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 大泉洋 安田顕 水曜どうでしょう

登別の大湯沼

登別温泉は人気の観光地ですが、有名な地獄谷からさらに奥にある大湯沼まで来る人はそんなに多くはありません。
大湯沼は今も噴煙を吐いている日和山の南麓にできた爆裂火口です。
水面は40℃~50℃程の温度ですが、深いところは130℃にもなるそうです。 
119_202004151909503c2.jpg

また周囲は1㌔、深さ22㍍という大規模な湯の沼で、この大きさは世界的にも類が無く、学術的にも貴重なものといわれています。ちなみに22mというと5階建てのビルが埋もれる感じですね。
127.jpg

車だと温泉地からすぐです。有料ですが駐車場もあります。一度地獄谷から歩いて行こうとしたことがあります。写真のようにまだ雪が残っているときでした。
IMG_0560.jpg

最後に大湯沼に下りる道が急な下りで、滑って転びそうな予感がして手前で引き返しました。
IMG_0562.jpg

前回紹介したニセコの大湯沼より大きなスケールです。ここからさらに歩くと、この大湯沼から流れ出る大湯沼川沿いに足湯があります。登別温泉まで来たならば立ち寄ることをおすすめします。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース