カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「道外地域 」カテゴリ記事一覧


清水寺とプチ清水寺

有名な清水寺舞台です。断崖から前にせり出した「懸造り(かけづくり)」といわれる構造です。 崖など高低差が大きい土地に建物を建てる建築様式です。
IMG_0897_20221217153125fb7.jpg

139本のケヤキの柱と貫によって組まれており、舞台までの高さは約13mあります。
IMG_0908.jpg

一方、同じ京都市内にある狸谷山不動院です。こちらの本堂も清水寺の舞台と同じ懸崖造りです。
054_2022061212420063c.jpg

ただ清水寺に比べるとかなり規模は小さく、清水寺のミニチュアのようです。
IMG_1050_20221217153727fa4.jpg

最寄駅の叡山電車一乗寺駅から徒歩20分で、後半はけっこうな坂道です。しかも境内入口にたどり着くと本堂まで250段の階段が待ち受けています。
IMG_31060.jpg

ここは『タヌキ谷のお不動さん』の愛称で親しまれ、境内にはその名の通り「タヌキ」の焼き物が多く置かれています。
タヌキ→他抜き→他を抜く」ということから芸能人やスポーツ選手も多く参拝に来られます。
IMG_31064.jpg

冬は外国人観光客はおろか、一般の参拝客の姿もほとんどありません。落ち着けます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



幻の坂本城が見つかった!

琵琶湖畔にあった坂本城明智光秀によって築かれた水城です。ほとんど痕跡はありませんが、大天守と小天守を有する、信長の安土城と並ぶくらい豪壮な城であったという外国人宣教師の記録があります。
大津市に坂本城址公園があり、中には明智光秀像があります。ただここは城外であることは調査で明らかになっています。
IMG_0001_20200620182103089.jpg

本丸跡は公園の150mほど北の湖底と推定され、地上からは確認できません。渇水時に水位が50cmほど下がると石垣が見えてくるそうですが、私が訪れたときはまったく見えず、当時の本丸から見えた琵琶湖と対岸の風景を想像力を働かせながら眺めるにとどまりました。
IMG_0018.jpg

この近くにある東南寺という寺は二の丸のあったとされる場所です。やはり境内に碑があるだけでとくに痕跡はありません。
IMG_0015_20200620182100737.jpg

門の前には「坂本城址」の石碑があります。テレビや雑誌で坂本城が紹介される時はここの画像が出てくることが多いです。
IMG_0013_20200620182059b01.jpg

このように坂本城本丸は琵琶湖に沈み、城内と推定される場所は住宅地になり、絵図や地上の痕跡が何も無いために幻の城といわれてきました。
ところがこの度、宅地造成のために調査したところ石垣や堀が発見されたというニュースが昨日の新聞に出ていました。石垣は高さ1m、長さ30mあり、堀も8m分が確認されました。場所は湖底に本丸跡が沈んでいる地点(上から2枚目の写真)から300m内陸で、三の丸跡と推定されることから城全体の規模を知る上でも貴重な発見です。
bスクリーンショット_2024-02-08_062134_convert_20240208062907

さて調査後ここは埋められて予定通り住宅が建つのか、それとも大津市が買い取って石垣や堀を復元して城跡公園にするのかどうするのでしょう。貴重な痕跡ですので、私としては保存して公開してほしいところです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今年もひこにゃんから年賀状

今やひこにゃん彦根の代名詞といっても過言ではありません。
ひこにゃんの誕生は18年前の2006年です。ゆるきゃらブームも下火となり多くのゆるきゃらが消えていく中で、元祖ゆるきゃらのひこにゃんはまだまだ健在です。
018_20210402064809f89.jpg

ところで、昨年にも紹介した話ですが・・

彦根城の元祖ゆるきゃらひこにゃん年賀状を出すと全員にもれなく返事が届きます。しかもこの年賀状は招待券にもなっています。(下の写真は一昨日に届いた今年の年賀状です)
IMG_a20240126_0001_convert_20240126124809.jpg

彦根城天守・玄宮園・彦根城博物館の3カ所セット券は1200円ですが、これが年賀状の提示で無料で入れます。しかも1枚の年賀状で2名入れますので、我が家だと夫婦2名2400円分が無料になります。私はこれまで何度か彦根城に行きましたが、届いた年賀状で入りました。彦根市にすれば入場料が無料になっても、私のような人が多くやって来て、いろいろなお店でお金を使う効果が大きいのでしょうね。ある意味いい作戦かもしれません。
IMG_0826.jpg

昨春にも年賀状を持って彦根城に行きましたが、新型コロナが収まってきたことと、桜が満開の時期だったことが重なって多くの人が来ていました。
IMG_0153_convert_20240110104301.jpg

彦根城ホームページにはひこにゃんのスケジュールが出ていますので、彦根城へ行くときにそれをチェックしてその時間にその場所に行けば確実に会うことができます。たまに地方へ出張していることもあるので、とくに楽しみにしている子どもさんがおられるのであれば、必ずスケジュールを確認してからお出かけすることをお勧めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ゴジラが上陸してしまった…

石川県珠洲市の沿岸にあるゴジラ岩は人気の観光スポットです。まさに海からゴジラが現れたように見えることから名付けられました。
d26882704_m.jpg

高さ4mゴジラ岩はこれまで上の写真のように干潮時にようやく陸続きになる程度でしたが、能登半島地震の影響で地盤が隆起して完全に陸続きになったという記事と写真が出ていました。幸いなことにゴジラの形は崩れずに維持されているようです。
a7491f060b41355283bcfa2452d42ae05_2_convert_20240121130736.jpg

私がゴジラ岩と聞いて思い浮かべるのは知床・ウトロにあるゴジラ岩です。国内にはいくつかのゴジラ岩という名の岩がありますが、その中で高さ15mは最大級です。
IMG_10233_20180810055212155.jpg

近くにあるオロンコ岩の上から見ると、よりゴジラっぽい感じがします。ゴジラが大きな岩を抱えているように見えます。
IMG_10229_20180810055212531.jpg

現在ウトロゴジラ岩は陸上にありますが、おそらく昔は海上にあったと思われます。隆起や浸食などによって地形は少しずつ変化していくものですが、今回の能登半島地震のように一瞬で海だった場所が陸になるというのは驚きです。この変化で石川県の面積が福井県の面積を抜かした可能性があると聞いてさらに驚きです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



阪神淡路大震災から29年

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)から今日で29年が過ぎました。私の家も激しく揺れ、多くの家具や食器が壊れましたが、尼崎は兵庫県の最東部なので推定震度6とまだましな方でした。それでも経験のない激しい揺れになすすべもなく、尼崎市だけでも亡くなった方は40人以上ありました。
地震直後でもしばらくはテレビが映りました。アナウンサーは「神戸からの情報がまったく入ってきません!」と叫んでおり、震度情報も神戸だけ空欄になっていました。時間が経って上空からの神戸・阪神地区の映像が流れ、変わり果てた町の様子に愕然としたのを覚えています。
今回の能登半島地震で起きた輪島の火災映像を見て、当時の地震直後の神戸の火災を思い出した人は多いと思います。
bスクリーンショット 2024-01-16 150257

淡路島北淡震災記念公園では地震で現れた断層をありのままの姿で保存・展示しています。
IMG_0487_convert_20240111114829.jpg

この地震で動いた活断層の中で淡路島野島断層は最も震源に近く、南西方向に1~2mずれ、さらに南東側が0.5~1.2m隆起しました。
IMG_0497_convert_20240111114854.jpg

地震の激しさを物語る野島断層国の天然記念物に指定され、野島断層保存館で断層の一部をそのまま保存しています。
IMG_0499_convert_20240111114845.jpg

また活断層の横の家がメモリアルハウスとして保存・公開されています。
IMG_0506_convert_20240111114905.jpg

旧耐震基準で建てられた家ですが、多くのコンクリートを使った鉄骨の家だったので倒壊しませんでした。家の中は地震によるずれがわかるよう展示してありますが、断層付近にあってこの程度の傾きで済んでいるのは驚きです。
IMG_0505_convert_20240111114913.jpg

さらに第二次世界大戦の戦火に耐え、阪神淡路大震災でも揺れと火災に耐えた神戸市長田区の公設市場防火壁もここに移され「神戸の壁」として保存・展示されています。
IMG_0502_convert_20240111114923.jpg

阪神淡路大震災以降も主なものだけでも鳥取西部、新潟中越、東北、北海道胆振、熊本、そして今回の能登半島と全国各地で大地震が発生し、そのたびに甚大な被害が出ています。
今後30年以内にマグニチュード8~9級の南海トラフ地震発生する確率が70~80%程度といいます。もう勘弁してほしいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

平安時代を感じられる穴場

NHK大河ドラマ光る君へ」も第2回で紫式部役の吉高由里子藤原道長役の柄本佑が登場し、いよいよドラマも本格スタートです。

ところでドラマで描かれる平安時代の雰囲気を味わえる場所があります。
京都風俗博物館は『源氏物語』や藤原道長・紫式部の世界を4分の1サイズの大きさで表現している博物館です。
IMG_0127_202305191003277c7.jpg

入ってすぐの場所には、藤原道長が三女を後一条天皇の皇后とし、盤石の地位を得たときの宴の様子が再現されていました。下の写真の人形は藤原道長です。
IMG_0108_20230519100326e16.jpg

そしてそれを後ろの方から見守る道長の教育係の紫式部もいます。
IMG_0111_2023051910032450e.jpg

となりのエリアは光源氏の娘・明石の姫君の裳着(女子の成人式)の様子です。下の写真の手前が光源氏、奥が紫の上です。
IMG_0114_20230519100322ffa.jpg

このように儀式の様子から建物や衣装、調度品まで忠実に精巧に再現されています。
P1010672_convert_20240108123545.jpg

展示内容は定期的に変更されるようです。外国人にウケそうなのですが、あまり知られておらず、このときも貸し切り状態でした。撮影OKですので、大河ドラマが回を重ね、この博物館の存在が知られ始めると一気にSNSで拡散するかもしれません。
IMG_0126_20230519100320a0b.jpg

場所は西本願寺前の井筒左女牛ビル5階にありますが、表示がないので少々わかりづらいです。入館料は800円です。私が昨年行ったときは500円でしたが一気に300円も値上げされたようです。せめて注目される可能性のある今年は入場料を据え置いてお得感を出した方がよかったような気もします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

定番風景が復活

2021年末からリニューアル工事のために白い覆いがされていた神戸ポートタワーが昨年末に姿を現しました。神戸港の定番風景が復活しました。
IMG_0022_convert_20240108130309.jpg

鉄骨の赤も鮮やかになったような気がします。
IMG_0029_convert_20240108130319.jpg

折しも訪れたとき、ポートタワーの前のメリケン広場に物凄い数の警察車両が集まっていました。
IMG_0040_convert_20240108130341.jpg

最初は何か事件かと思い近づいたのですが、兵庫県警の年初のイベントだったようです。あれだけの警察車両が揃っていたら圧巻です。周囲にはたくさんの見物の人が集まっていましたが、みなさん情報をよく知っているのですね~
IMG_0035_convert_20240110142020.jpg

ところで以前に神戸市役所の展望フロアからメリケンパーク方向を見ても、手前のホテルオークラの死角になってポートタワーが見えないという話をしました。下の写真がそうです。白い網状の神戸海洋博物館は見えていますが、となりにあるはずのポートタワーはまったく見えません。
IMG_5762_convert_20231128145715.jpg

反対にポートタワー側から見ると下の写真のようになります。ポートタワーと向こうのホテルオークラを結んだ直線上に神戸市役所があります。ポートタワー高さ108mで、ホテルオークラ135mあるのですっぽり隠れてしまします。
IMG_0024_convert_20240108130329.jpg

こうしてポートタワーの外観は完成して眺めることができるようになりましたが、内装はまだのようで開業は今春の予定です。リニューアルオープンしたら、また足を運びたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

北陸ご当地めしを食べよう!

福井県若狭地方の名物と言えば、鯖街道というだけあって鯖寿司です。
IMG_3551_convert_20230803194630.jpg

それから最近テレビでもよく取り上げられる谷口屋の「おあげ」です。本店は福井県丸岡町にあります。
IMG_3550_convert_20230803194645.jpg

表面はパリッと香ばしい食感と中の柔らかい食感が絶妙のバランスです。
IMG_3555_convert_20230803194659.jpg

ソースカツ丼福井のご当地グルメで、薄くスライスされた豚肉をきめ細かいパン粉でカラッと揚げ、熱々のうちにソースに絡めたカツをご飯にのせた料理です。
IMG_3554_convert_20230803194709.jpg

金沢カレーは①ルーは濃厚でドロッとしている。②付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。③ステンレスの皿に盛られている。④フォークまたは先割れスプーンで食べる。⑤ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。という条件のご当地カレーです。
IMG_3653_convert_20230803194720.jpg

今の時期は金沢おでんもいいですね。昆布がきいた出し汁で車麩・ばい貝などの具を煮込んだ豪華なおでんです。
IMG_1315_convert_20240112161542.jpg

能登半島は地震で大きな被害が出て、旅行はもちろん、親戚を訪ねて行くのも困難な状況ですが、今回紹介した福井金沢は平常に戻っているようです。ただ金沢辺りでも宿泊のキャンセルが多く、ホテル側も余震が続いている状況なので大丈夫ですよと言い切れず、客足が減っているそうです。
現在大阪の阪急百貨店金沢・加賀・能登展が開催されています。被災して出店できなくなった店もあるようですが、売り上げの3%が石川県に寄付されるということもあって、例年よりも盛況のようです。大阪近郊の方は、とりあえずはそちらで石川のご当地めしや特産品を買うのもいいかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

断層と湧き水と酒と猫

昨日書いた京都盆地の東端にある八坂神社から、四条通をひたすら西に進み、京都盆地の反対側の西端に突き当たった場所にあるのが松尾大社です。八坂神社は京都の東を、松尾大社は京都の西を守護する神社です。
IMG_0090_convert_20231229095213.jpg

松尾大社は701年に建立された松尾山をご神体とする古い神社です。大きな絵馬でも知られています。有名な観光地の嵐山エリアの近くですが、ひとつ手前の駅になるので意外と人は少ないです。
IMG_0069_convert_20231229095237.jpg

この神社は酒づくりの神様として有名で、境内に山のように積まれた酒樽は、各地の酒造業者が奉納したものです。
IMG_0070_convert_20231229095250.jpg

松尾大社京都盆地の西を走る断層の上にあり、境内には滝や湧き水の井戸があります。昔からここの良質の地下水が酒造りに使われ、今もこの水を入れると酒が腐らないといわれています。
IMG_0075_convert_20231229095258.jpg

そして松尾大社から東へ10分ほど歩くと、梅宮大社があります。子授け・安産の神として信仰されています。
IMG_0044_convert_20231229101717.jpg

ただこの神社も松尾大社と同じく酒造の神としても信仰されており、楼門の上のたくさんの酒樽が目を引きます。
IMG_0045_convert_20231229095311.jpg

社務所の前では3匹の猫たちが昼寝中でした。実は私の事前調査不足だったのですが、この梅宮大社はここ数年、猫神社としても知られ、猫好き憧れの神社となっているようです。
IMG_0055_convert_20231229095332.jpg

確かにお参りもそこそこにやたら猫の写真を撮っている人がいるなあとは思ったのですが、それを目あてに人が来る神社とは知りませんでした。つられて私も数枚撮りましたが、探せば境内のほかの場所にもいたのかもしれません。
IMG_0053_convert_20231229095342.jpg

今回紹介した松尾大社梅宮大社にはいずれも立派な庭園があります。2カ所合わせて900円必要ですので、どうせなら花のきれいな時期に来て見学しようと思い、今回はパスしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

龍からのメッセージ

京都八坂神社です。疫病退散を祈願する祇園信仰の総本社です。参拝したのは年末のしかも早朝でしたのでほとんど人はいません。
IMG_0020_convert_20231228185953.jpg

本殿は江戸時代前期に焼失したあと、徳川家綱によって1654年に再建されました。そして3年前の2020年に国宝に指定されました。
IMG_0014_convert_20231228190005.jpg

八坂神社が辰年の今年に注目されるのは、本殿の下には池があり、そこに龍が住んでいるという龍神伝説があるからです。八坂神社は 古くから京都の「東」を守る「青龍」が宿る地といわれており、人気のパワースポットになっています。
IMG_0018_convert_20231228190019.jpg

そして敷地内からは御神水が湧き出ています。以前ブラタモリでもやっていましたが、八坂神社京都盆地の東端にあり、ここを南北に走る花折断層が走っています。なので地質的に見て地下水が湧き出やすい場所で、本殿の下が池のようになっていても不思議はありません。
IMG_0013_convert_20231228190028.jpg

境内入口の西楼門から四条通りを見ると高低差があることがわかります。つまりこの門がちょうど断層崖のヘリに建っているわけです。
IMG_0007_convert_20231228190037.jpg

京都盆地の地下には、琵琶湖の水量に匹敵するほどの地下水が湛えられていて、大きな水がめの上にのっているような地形だといわれます。昔の人は地下に龍がいると考えて畏敬の念を抱いていました。おそらく大きな地震が起こると龍が怒っていると考えたでしょう。北陸新幹線の延伸コース案のひとつに京都の地下を通すという案がありますが、多くの住民が反対するのも、地下水への悪影響を心配するからです。龍が住むという伝承は地下を守りなさいという大切なメッセージかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース