ひこにゃん年賀状は招待券

今やひこにゃんは彦根の代名詞といっても過言ではありません。

実はひこにゃんにはちゃんとした由来があります。
彦根藩2代目藩主・井伊直孝が突然の雷雨に遭い大木の下で雨宿りをしていると、1匹の白猫が現れ手招きをするので、直孝が猫の方に歩いて行くと直後に雨宿りしていた木に雷が落ちて難を逃れたといいます。この白猫に井伊家の象徴の赤備えの兜を被せたのがひこにゃんです。しかもこれが招き猫の元祖だという説もあり、ひこにゃんは招き猫でもあるのですね。
018_20210402064809f89.jpg

ところで、このことは以前にも紹介した話ですが・・

彦根城の元祖ゆるきゃらひこにゃん年賀状を出すと全員に返事が届きます。しかもこの年賀状は招待券にもなっています。(下の写真は今年の年賀状)
IMG_20210402_0001.jpg

彦根城天守・玄宮園・彦根城博物館の3カ所セット券は1200円ですが、これが年賀状の提示で無料で入れます。しかも1枚の年賀状で2名入れますので、私の場合で夫婦2名2400円分が無料になります。私はこれまで3回彦根城に行きましたが、そのうち2回は年賀状で入りました。彦根市にすれば入場料が無料になっても、私のような人が多く来て、いろいろなお店でお金を使う効果が大きいのでしょうね。ある意味なかなかいい作戦かもしれません。

ところでホームページにはひこにゃんのスケジュールが出ていますので、彦根城へ行くときにそれをチェックしてその時間にその場所に行けば会うことができます。私も過去3回ひこにゃんのイベントを見ました。

2010年のひこにゃん天守前
050_20210407152129a57.jpg

2018年のひこにゃん彦根城博物館
IMG_0826.jpg

そして今年のひこにゃん四番町スクエア
IMG_0783.jpg

こうして訪れる日の登場時間と場所がわかっていれば、お子さん連れのときにひこにゃんに会いたい子どもをがっかりさせずに済みます。
IMG_0774.jpg

ひこにゃんの誕生は15年前の2006年です。ゆるきゃらブームも下火となり多くのゆるきゃらが消えていく中で、元祖ゆるきゃらのひこにゃんはまだまだ元気です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

彦根城桜散策②

前回に書きましたように彦根城天守から多くの人は来た経路を引き返しますが、天守の裏へ回って三重櫓に行きました。
下の写真は三重櫓から見た西の丸の桜と天守です。
IMG_0725.jpg

三重櫓は小谷城天守を移築したという言い伝えもありますが、現在は築城時に新築されたというのが定説です。国の重要文化財に指定されています。
IMG_0721_202104020904324e0.jpg

櫓には琵琶湖を通る船を監視する役割がありました。下の写真は琵琶湖から見た三重櫓です。湖上から見ると監視されている感じがよくわかります。
IMG_0799_20210404192730e0d.jpg

そして三重櫓から下へ降りたところにあるのが大名庭園の玄宮園です。彦根藩4代藩主井伊直興が整備した庭園です。
IMG_0738.jpg

天守を借景にした回遊式庭園で、かつては琵琶湖の内湖と接しており、御座船で外に出ることもできたそうです。
IMG_0739.jpg

彦根城の外堀に架かる京橋から真っ直ぐ南へ延びる通りが夢京橋キャッスルロードです。江戸時代の町並みを再現した約350mの通り沿いには、土産物店、食事処、甘味処などが軒を連ねています。
IMG_0762.jpg

夢京橋キャッスルロードの南端にある四番町スクエアでは、ひこにゃんのイベントも行われます。
P1000419.jpg

駐車場は数カ所ありますし、JR彦根駅からも歩けますので、車と電車のいずれでも訪れることができます。ただ周辺には北は長浜、南は安土、近江八幡などの観光スポットも多いので、それらも計画に入れるのであれば車が便利です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

彦根城桜散策①

彦根は関西でも少し遅く満開の時期を迎えますが、暖かい今春は4月を待たずして満開になりました。
そこで国宝彦根城に行ってきました。彦根藩主井伊家の城です。
IMG_0671_2021040209020040f.jpg

入城してすぐに見えてくる廊下橋です。この橋が架かっている場所は堀切といって人工的に掘って低くして橋を架けています。いざというときには橋を落とし、敵の侵入を防ぐ役割がありました。
IMG_0661_20210402090200f16.jpg

その廊下橋から続く天秤櫓です。長浜城大手門を移築したといわれているこの櫓は、その名の通り左右対称になっており、国の重要文化財です。このあたりは彦根城の防御の要になっています。
IMG_0664.jpg

天秤櫓の中にはよくある敵を攻撃する狭間や石落としはありません。しかし、格子窓は火縄銃をかまえるのに適度な広さがあり、どの角度でも敵を射程範囲に入れることができます。
IMG_0706_20210402103626e86.jpg

本丸は、東西約120m、南北は約110mの広さがあります。かつてここには御広間や月見櫓などの建物がありました。
IMG_0673.jpg

天守三重三階国宝5城のうちのひとつです。外観は小ぶりながら破風の数が多いのが特徴です。
IMG_0692.jpg

天守の反対側には西の丸があり、その奥に三重櫓があります。この時期は桜で埋め尽くされます。櫓の背後に写っているのは琵琶湖です。
IMG_0686.jpg

天守を見学してそのまま来た経路を戻る人が多いですが、三重櫓も中に入れますし、そこから下ると玄宮園に行く近道でもありますので、引き返さずに天守の裏へ回って西の丸方面に行くのがおすすめです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

京都桜散策③~岡崎・東山エリア~

京都の満開の桜を見るために哲学の道を北上して銀閣寺近くまで行った後、再び歩いて南下し岡崎エリアに来ました。
IMG_0621.jpg

平安神宮の大鳥居の前にある京都市京セラ美術館の中をちょこっと見学しました。
2020年にリニューアルされ無料で見学できるエリアが出来ました。「光の広間」は屋外だった中庭にガラスの大屋根をかけて、特別展示などに活用できるスペースとして生まれ変わりました。もともと屋外だったので自然に錆びた銅の雨どいや年季を感じる建物の壁がいい味になっています。
IMG_0614_202103270954575be.jpg

この美術館の前にも疏水が流れていて、川沿いの桜が八分咲きでした。
IMG_0623.jpg

さらに南下して東山エリアに入り、知恩院の前を通ります。とりあえず桜と三門を撮影。
IMG_0628.jpg

そして京都市最古の公園の円山公園に入りました。シンボルの祇園しだれ桜が満開でした。
IMG_0630_20210326153945a12.jpg

数年前の春に来たときは枝や花に元気がないような印象を受けたのですが、今回は若返っているかのように見えました。
IMG_0634_2021032615394420d.jpg

そして昨年国宝になった八坂神社本殿の前を通り、四条河原町へと向かいました。
IMG_0643.jpg

地下鉄蹴上駅をスタートして南禅寺・哲学の道経由で銀閣寺近くまで北上して、再び岡崎・東山エリアまで南下して四条河原町まで歩いたことになり、図らずも約12kmの京都桜散策になりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

京都桜散策②~哲学の道~

満開になった京都の桜見物に蹴上インクラインから南禅寺を通り、そこから「哲学の道」にやって来ました。
人出は前回紹介した蹴上インクラインほどではなかったものの、平日の午前8~9時台にしては多かったです。
IMG_0606_20210326145540fae.jpg

哲学の道」は南の熊野若王子神社と北の銀閣寺あたりををつなぐ疏水に沿った約1.5kmの散策路です。京都の哲学者の西田幾太郎らが思索にふけりながら歩んだことから、その名前が付いたといわれています。
IMG_0587.jpg

道沿いには日本画家の橋本関雪によって寄贈された桜が並んでおり、ここも京都で有名な桜スポットになっています。
IMG_0574.jpg

沿道には大小の寺社や変わった外観のお店なども多く並んでいて距離を感じずに歩けます。
IMG_0603.jpg

こうして哲学の道を終点まで歩きましたが、このあと今度は哲学の道より1本西の白川通を歩いて南下して平安神宮などのある岡崎エリアを目指しました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 京都

京都桜散策①~蹴上エリア~

京都桜満開の便りが届き、洛東エリアに行ってきました。降りた駅は地下鉄蹴上駅(けあげ)です。

明治時代、琵琶湖の水を京都へ引くために作られたのが琵琶湖疏水で、その運河の36mの高低差を船を運搬するために傾斜鉄道(蹴上インクライン)が敷かれました。昭和23年に廃線になりましたが、現在も軌道跡は保存され、京都市文化財に指定されています。
IMG_0528.jpg

その後、廃線跡にはソメイヨシノやヤマザクラが植えられ、京都屈指の桜の名所になっています。
IMG_0538_20210326152413923.jpg

有名な桜の名所だけあって、訪れた日は平日のしかも朝7時半でしたが、下の写真のような人出でした。
IMG_0526_202103261524122a4.jpg

そして、この蹴上インクラインから歩いて5分の場所にあるのが南禅寺です。大きな三門石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな~」という台詞で有名です。
IMG_0563_20210326152412e67.jpg

南禅寺の境内には疏水が流れるレンガ作りの水路閣があります。なかなか風情があります。
IMG_0555_202103261524116ed.jpg

サスペンスドラマでもよく使われていました。呼び出されたヒロインが柱の陰から出てきた意外な犯人に襲われるというような・・
IMG_0557_20210326152411fa6.jpg

南禅寺よりも紅葉が有名ですが、今回は蹴上から哲学の道へ向かう通り道でしたので寄りました。
ということで、このあと哲学の道に向かって歩きました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 京都

大鳴門橋を5カ所から

淡路島と徳島をつなぐ大鳴門橋5カ所の絶景ポイントから眺めました。

 まず、お茶園展望台です。
IMG_12047.jpg

かつて藩主がここに茶屋を設けて観潮していたことから名付けられた展望台です。
IMG_12049.jpg

 そのお茶園展望台から徒歩5分の高速道路を渡る陸橋の上も橋を見るのに絶好のポイントです。
IMG_12052.jpg

橋を真正面から眺められる貴重な場所です。
IMG_12054.jpg

 「エスカヒル鳴門」は展望台まで全長68mのエスカレーターで上がっていきます。
IMG_12073_20191101062157c5a.jpg

その長いエスカレーターを上った先に展望台があります。ちなみにこの展望台はいわゆる行き止まりで、再びエスカレーターで下りるしかありません。料金が400円必要です。
IMG_2058.jpg

 千畳敷展望台大鳴門橋を一番近くで眺められる場所です。渦潮を見る場所として昔から最高の地点とされてきました。
IMG_12075_2019110116222444e.jpg

 対岸の淡路島側にある道の駅うずしお」からの眺めです。南を向いているので逆光で眩しいです。
IMG_12091.jpg

鳴門海峡は以前から渦潮で有名な観光地でしたが、20年前に大塚国際美術館が出来てからさらに訪れる人が多くなったエリアです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

海峡を挟み名物堪能

鳴門海峡をはさんで鳴門側淡路島側で名物をいただいて来ました。

鳴門では鯛茶漬け定食をいただきました。激しい潮流で育った鯛だけあって身がプリプリしておいしかったです。鯛も特製ダレで漬けてあったのでそのまま食べてもおいしく、実際に店員さんも「出汁をかける前にそのまま一口食べてみてください」とおっしゃっていました。
IMG_12079.jpg

店は千畳敷展望台という展望台にある「潮風」という店です。この周辺には同じような食堂が何軒かあります。ガイドブックには「うず乃家」という店がよく紹介されています。
IMG_12081_201911010607029a9.jpg

潮風」は大鳴門橋が目の前に見えて眺望は抜群でした。
IMG_12077.jpg

そして淡路島側では「あわじ島オニオンビーフバーガー」をいただきました。
IMG_12107_201911010607010c1.jpg

淡路島オニオンキッチン」という店のバーガーで「全国ご当地バーガーグランプリ」で1位のハンバーガーです。主役の玉ねぎカツとオニオンチップに淡路牛が乗っています。
IMG_12096.jpg

店は道の駅うずしお」にあります。
IMG_12095_201911010607009e3.jpg

こうして贅沢に鳴門海峡の両サイドで名物をいただいたのでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 徳島県
genre : 地域情報

猫は観光地を救う

和歌山電鉄が赤字で廃線寸前だったのを救ったのはネコのたま駅長でした。5年前にたまが亡くなったあとはニタマ、よんたまの2匹が後継猫として人気を集めています。
023.jpg

和歌山電鉄をV字回復に導いたのは経営を引き継いだ岡山両備グループ岡山電気軌道です。たま駅長のアイデアやカリスマ鉄道デザイナーの水戸岡鋭治氏デザインの車両の導入で観光客が一気に増えました。
たま電の人気とともに両備グループの地元岡山でもたま電が見たいという要望が高まり、岡山市内を走る路面電車にもたま電が登場しました。
IMG_3032.jpg

そして岡山県高梁市にも観光に貢献する猫がいます。前回紹介した現存天守の備中松山城城主さんじゅーろー」です。
備中松山藩出身の新撰組7番隊隊長の「谷三十郎」にちなんで「さんじゅーろー」と命名されました
P1000440.jpg

岡山に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨のあとふらっと城にやって来て住みつき、その後見つかった飼い主から正式に譲渡され「城主」になりました。もともと備中松山城は貴重な現存山城天守として有名ですが、最近は「さんじゅーろー」効果で来城する人が増えています。
IMG_2900.jpg

たま駅長と大きく違うのは「自由」ということです。私がたま駅長に会ったときはガラスの向こうにいて触れることはできませんでした。
しかし、さんじゅーろー放し飼いです。下の写真の水色のリードもどこにも結ばれておらず引きずって歩いています。
IMG_2916.jpg

本当は城を背景に写真を撮りたかったのですが、なかなかこちらの都合で動いてはくれませんでした。
P1000432.jpg

豪雨災害のあと減少していた観光客も猫城主のおかげで回復しました。人間が近づいても逃げることも媚びることもしない風格が城主らしく人気を呼んでいるのでしょう(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 岡山県
genre : 地域情報

tag : 岡山県 高梁市

不便だから残った城

前回紹介した、ふいご峠から20分歩いて着いた備中松山城は、もっとも高い場所にある現存天守として有名です。
二層二階の天守は1683年に大修復され、国指定重要文化財に指定されています。
IMG_2897.jpg

1階には城が攻められた時に城主が自害をするための装束の間があります。
IMG_2904.jpg

とりわけ天守の中に囲炉裏があるのは大変珍しいです。
IMG_2910.jpg

2階には神棚が設けられいます。
IMG_2906.jpg

明治の廃城令後もあまりにも不便な場所にあることから、天守は解体すらされずに放置され、倒壊寸前の荒れ放題でした。それが昭和初期に修復の予算が組まれ、多くの人の力で現在の姿になりました。
IMG_2905.jpg

天守入り口から見た本丸です。標高430mのこの場所まで城の修復のために地元の小中学生も協力して石を運びました。私のように整備された道を途中までシャトルバスで上がって来るのとはわけが違います。重労働だったと思います。
IMG_2903.jpg

天守北側の岩盤の上に築かれた二重櫓国指定重要文化財です。
IMG_2923.jpg

さらにこの先に備中松山城よりも古い大松山城跡へも行けます。こちらは建物はなく石垣の一部が残るだけですが、雲海に浮かぶ備中松山城の撮影ポイントになっているようです。なお下から別ルートで車でここまで行くことができます。
IMG_2926.jpg

二の丸から見ると、櫓や塀に隠れることなく天守が眺められ、見上げた時の建物のバランスなど計算しているように思えます。
IMG_2895.jpg

それにしても不便すぎて解体作業ができず、結果として貴重な12しかない現存天守のひとつに数えられる城になったというのは何とも皮肉な話です。
以前から一度は行ってみたいと思っていました。最も高い場所にある現存天守と聞いて、きつい山道を覚悟していましたが、シャトルバスのおかげで比較的簡単に行けてありがたかったです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 岡山県
genre : 地域情報

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
お願い
当ブログの北海道記事は過去の情報も含まれます。ご紹介した情報について補足訂正等がありましたらお知らせ頂ければ幸いです。 また新型コロナの影響もあり関西周辺情報が多くなっています。ご了承ください。
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース