賤ケ岳が近くなる

我が家ではすっかり恒例となった敦賀フェリーターミナルへ行く前に寄る北陸自動車道賤ヶ岳サービスエリアです。
IMG_11712.jpg

そして、ここのレストラン山小屋」で夕食をとるのも恒例です。名前の通り、木のぬくもりを感じるレストランです。2016年にリニューアルされたばかりなのでとてもきれいです。
IMG_11714.jpg

さらに、近江名物の近江ちゃんぽんを注文するのもこれまた恒例です。近江牛をがっつりというメニューもあります。
IMG_11720.jpg

ところで、賤ヶ岳といえば賤ヶ岳の合戦で有名な場所です。織田信長亡き後の羽柴秀吉柴田勝家の争いです。
IMG_11722.jpg

この北滋賀あたりは高速道路で走り抜けるだけで古戦場などに行ったことはありません。小谷城も含め歴史好きの私としてはいつかはゆっくりと訪ねたい場所です。4月には賤ヶ岳にリフトがオープンするそうですので、これを利用すれば気軽に古戦場に行けそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 織田信長 羽柴秀吉 柴田勝家

ほんとに関心あるの?

金沢21世紀美術館は兼六園の前にある現代アートの美術館です。建物にはここが正面という角度がありません。
IMG_21367.jpg

2004年オープン以来入館者数は全国トップクラスで北陸新幹線開業後は200万人を超える人気。ということは知ってはいましたがいざ行ってみると長蛇の列!(コロナ流行前の光景です)
私はあまり現代アートに関心がないこともあって、あっさり入場断念。
IMG_21356.jpg

この美術館は一部は無料ですのでそちらへ。
レアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」 プールの下部分は有料エリアです。
IMG_21359.jpg

外にあるオラファー・エリアソン作「カラー・アクティヴィティ・ハウス」 色の三原色でできた半円形の中心部に向かって歩くとガラスの重なりや日光の角度でいろいろな色に変化します。
IMG_21365.jpg

それにしても現代アートの美術館がいつもこれだけ混んでいるというのはすごいです。本当にみなさんそんなに関心があるのでしょうか・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

「六勝」をメインに巡る

金沢兼六園です。
兼六園の「六」とは中国の名園である湖園を「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望六つを兼ね備える名園」と称したことに由来しています。ということでこの6つの要素をである「六勝」を意識して巡りました。

①「宏大」 霞ヶ池の広々として明るく開放的な様子と琴柱に似た徽軫(ことじ)灯籠が印象的です
IMG_11217.jpg

②「眺望」 高台にある眺望台からは金沢市街や白山山系を見渡せます
IMG_11219.jpg

③「幽邃」 静寂と奥深さの意味で園内随一の名木である唐崎松の水面を這うように伸びた枝振りは見事です
P11010437.jpg

④「人力」 雁行橋は雁が列をなして飛んでいく姿を11枚の石で表現しています
IMG_11230.jpg

⑤「水泉」 高台にあっても辰巳用水から引き込んだ曲水とそれにかかる花見橋が景観に潤いを与えます
IMG_11236.jpg

⑥「蒼古」 兼六園の最初に作庭された場所で瓢池翠滝が注ぐ様子は風情ある昔ながらの自然を感じさせます
IMG_11248.jpg

以上の六勝は一番入場者の多い桂坂口からの順路に沿って紹介しました。
兼六園にはこの六勝以外にもすばらしい風景や名木が多くあり、とくに花の季節だと何枚写真を撮っても足らないのではないでしょうか。ツアーですと60分程度の見学時間ですが、できればもう少しゆっくりと見たいところです。私は朝一番に見学し、夕方に再入園しました。(入場券は1日出入り自由でした)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
genre : 地域情報

tag : 金沢

天守なくとも見所満載

四国徳島城です。
鎌倉時代に築城され、その後豊臣秀吉四国征伐で活躍した蜂須賀家政が阿波国を与えられたときに修復しました。そして明治の廃城令で撤去されてしまいました。
IMG_0461_20200112174352fde.jpg

写真の鷲の門は徳島城の南東に位置する城の正門です。平成元年に復元されました
IMG_0460_20200112182611f07.jpg

旧徳島城表御殿庭園から見た城山です。庭園は蜂須賀家の庭として造られたものです。
IMG_0458.jpg

城山は標高60m程で歩いて上るコースが3つあります。天守は残っていません。
IMG_0447.jpg

山頂の本丸跡周辺の木々がなければもっと眺望が開けてさらに人気の場所になるのでしょうけど、その役割は近くの眉山が担っているようです。私は行っていませんが、眉山はロープウェイで上れ、市街地が一望できる人気スポットです。
IMG_0451_20200112182610079.jpg

天守こそ残っていませんが石垣は立派です。「阿波の青石」とよばれる徳島特有の緑色片岩で築かれている石垣が現存しています。とくに本丸の周囲を囲む石垣は高さもあり見事な野面積みです。
IMG_0446_202001121749339ad.jpg

また徳島は吉野川の多くの分流の中州にあり、城も川を天然の堀として利用しています。これらの川を遊覧船で1周するクルーズもあり、川から城山を見ることができます。
IMG_0473_2020011217435289a.jpg

場所はJR徳島駅のすぐ近くで、今は徳島中央公園として市民の憩いの場所になっています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 徳島県
genre : 地域情報

tag : JR徳島駅 豊臣秀吉 四国征伐 蜂須賀家政 四国 吉野川

あれが横切る駅

山陽電鉄人丸前です。兵庫県明石市にあり、大阪から見れば山陽明石駅のひとつ手前の駅です。
IMG_10375_201901131444568af.jpg

普通電車しか停車しない小さな駅ですが近畿の駅百選に選ばれています。その理由はプラットホームをあれが横切っているからです。写真のホーム上の白い線がそうです。
IMG_10371_20190113144455c2d.jpg

そうです。日本の標準時である東経135度の子午線がプラットホームを通過しているのです。
IMG_10366_20190113144455f83.jpg

そしてその白い線の延長上に明石市立天文科学館があります。
IMG_10372_2019011314445469e.jpg

この人丸前駅天文科学館の最寄り駅になりますが、子午線が横切っているのは駅の出入り口の階段とは反対の端ですので、知らなければ気が付かないと思います。
ホームに引かれた白い線を見たところで・・と思う方もいるでしょうが、興味のある方は改札口を出る前にぜひ見てください。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 兵庫県

あまりに早過ぎ!

兵庫県宝塚市にある中山寺です。西国三十三所第24番札所です。聖徳太子が建立し、源頼朝も信仰し、豊臣秀頼が本堂を再建したと伝わる由緒あるお寺です。
IMG_2509.jpg

そしてここは安産のお寺として有名です。またここの梅林も兵庫では有名です。
IMG_2466.jpg

境内から少し奥に進んだ場所に観音像が立ち、その周辺に約1000本の梅の木が植えられています。2月20日のお寺のホームページに「満開」とありましたので行きました。
IMG_2498.jpg

山の斜面一面に紅梅白梅が花を咲かせていました。
IMG_2497.jpg
IMG_2490.jpg

例年なら中山寺の梅の見頃は3月に入ってからなのですが、今年は2週間近く早いです。
IMG_2504.jpg

先日発表になった桜の開花予想大阪で3月22日ということです。いくら暖冬とはいえあまりに早過ぎます
見に行こうと思っている者の予定にも大きく影響します・・



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 兵庫県

水仙の日本三大群生地

淡路島南あわじ市にある灘黒岩水仙郷です。
水仙の日本三大群生地福井越前海岸・千葉鋸南町・淡路島)として有名です。
IMG_10386_201902102009115dc.jpg

今から180年前に付近の漁民が漂着した水仙の球根を山に植えたものが繁殖したといわれています。
今では標高608mの諭鶴羽山から海へ続く急斜面一帯に500万本の水仙が咲き誇ります。
IMG_10415_201902102009108ab.jpg

海側の斜面に出ると、国産み神話の舞台である沼島を望むことができます。
IMG_10404_20190210200909517.jpg

水仙がそろそろ終わりの頃には梅が咲き始め、美しい「共演」も楽しめます。
IMG_10407_201902102009080d9.jpg

ちなみにここから10kmほど北に行くと立川水仙郷があります。
灘黒岩水仙郷が純粋な自生地なのに対して、ここは栽培による植栽の観光農園で、品種も地中海原産が外来種がほとんどです。
IMG_10481_20190210200908d6a.jpg

車で15分くらいですので両方行くといいと思いますが、個人的には灘黒岩水仙郷の方が見応えがありました。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 淡路島 南あわじ市

今くらいの静かさがいい

大阪城公園梅林に来た折に天守の方へ行ってみました。
IMG_0054.jpg

新型コロナウィルスの影響で大阪から外国人観光客がいなくなったという話ですが、実際に大阪城からも外国人観光客の姿が消えていました
例えば大阪城最大の蛸石と天守を同時に望める桜橋は最近では「たまり場」状態でしたが閑散としています。
IMG_0038.jpg

天守前広場も人はまばらです。とくに団体客がいなくなりました。結果的に静かで落ち着いた雰囲気が戻っていました
IMG_0045.jpg

ところで下の写真に写っている天守横の金属製の建築物は体が不自由な方用のエレベーターです。以前、安倍首相が「大阪城の失敗はあのエレベーターを作ったことです」という意味不明のジョーク(?)を言って話題になりました。
IMG_0047.jpg

思い返すとかつての大阪城はこのような落ち着いた雰囲気でした。静かなときは新しいカメラやレンズを買うとここへ来て試し撮りをしていました。お店は痛手でしょうが、私はこれくらいがいい・・



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 大阪
genre : 地域情報

蘇る豊臣石垣

現在の大阪城は徳川の大阪城を復元したもので、豊臣時代の城の遺構はすべて地中に埋められました。大坂の陣で豊臣家を滅ぼした徳川が徹底的に豊臣の痕跡を消したわけです。

今から6年前にその豊臣期の石垣の発掘調査の様子が一般公開されたことがありました。下の写真はそのときのものです。
021.jpg

昭和34年の調査で地下9mから古い石垣の遺構が見つかり、昭和59年には現在の天守東側の地下1.1mから高さ6mの石垣が見つかりました。6年前に公開されたのはこの石垣です。
015.jpg

調査後この石垣は埋め戻されましたが、大阪市は大坂夏の陣から400年の節目を迎えたことをきっかけに、豊臣期の石垣を公開する事業を起ち上げました。6年前にほ事業内容と寄付を募る掲示板が天守前広場に出ていました。
025.jpg

その後寄付金も順調に集まり、先日訪れたとき石垣公開施設が建設中でした。
IMG_0044.jpg

石垣公開施設の完成までまだ1年ほどありそうですが、完成したらぜひとも行きたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 大阪
genre : 地域情報

流氷遅く梅早し

紋別に続き網走でもやっと流氷初日を観測したというニュースを見ました。観測史上2番目に遅いそうです。
その一方で関西では場所によっては早くも梅が見頃というニュースがありました。そこで大阪城梅林へ行ってきました。
IMG_0008_2020020814085393e.jpg

暖冬の影響もあって、各地の梅の開花は例年よりかなり早いようです。
IMG_0003_20200208140852edc.jpg

ここは100品種1270本の梅が植えられており関西屈指の梅の名所です。
IMG_0027_202002081408517b3.jpg

梅林は豊臣家の家臣だった片桐且元の屋敷跡といわれる場所にあります。梅林横の道を上がると高層ビル群を背景に梅林全体を見渡すことができます。私はこの場所が気に入っています。
IMG_0026.jpg

いろいろな品種がありますので見頃は長く続きますが、それでも例年より8日早い開花でしたので見納めも早いでしょう。2月8日で7分咲きくらいでした。
流氷に梅と暖冬でいろいろなリズムが崩れています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 大阪
genre : 地域情報

tag : 紋別 網走

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース