今くらいの静かさがいい

大阪城公園梅林に来た折に天守の方へ行ってみました。
IMG_0054.jpg

新型コロナウィルスの影響で大阪から外国人観光客がいなくなったという話ですが、実際に大阪城からも外国人観光客の姿が消えていました
例えば大阪城最大の蛸石と天守を同時に望める桜橋は最近では「たまり場」状態でしたが閑散としています。
IMG_0038.jpg

天守前広場も人はまばらです。とくに団体客がいなくなりました。結果的に静かで落ち着いた雰囲気が戻っていました
IMG_0045.jpg

ところで下の写真に写っている天守横の金属製の建築物は体が不自由な方用のエレベーターです。以前、安倍首相が「大阪城の失敗はあのエレベーターを作ったことです」という意味不明のジョーク(?)を言って話題になりました。
IMG_0047.jpg

思い返すとかつての大阪城はこのような落ち着いた雰囲気でした。静かなときは新しいカメラやレンズを買うとここへ来て試し撮りをしていました。お店は痛手でしょうが、私はこれくらいがいい・・



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 大阪
genre : 地域情報

蘇る豊臣石垣

現在の大阪城は徳川の大阪城を復元したもので、豊臣時代の城の遺構はすべて地中に埋められました。大坂の陣で豊臣家を滅ぼした徳川が徹底的に豊臣の痕跡を消したわけです。

今から6年前にその豊臣期の石垣の発掘調査の様子が一般公開されたことがありました。下の写真はそのときのものです。
021.jpg

昭和34年の調査で地下9mから古い石垣の遺構が見つかり、昭和59年には現在の天守東側の地下1.1mから高さ6mの石垣が見つかりました。6年前に公開されたのはこの石垣です。
015.jpg

調査後この石垣は埋め戻されましたが、大阪市は大坂夏の陣から400年の節目を迎えたことをきっかけに、豊臣期の石垣を公開する事業を起ち上げました。6年前にほ事業内容と寄付を募る掲示板が天守前広場に出ていました。
025.jpg

その後寄付金も順調に集まり、先日訪れたとき石垣公開施設が建設中でした。
IMG_0044.jpg

石垣公開施設の完成までまだ1年ほどありそうですが、完成したらぜひとも行きたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 大阪
genre : 地域情報

流氷遅く梅早し

紋別に続き網走でもやっと流氷初日を観測したというニュースを見ました。観測史上2番目に遅いそうです。
その一方で関西では場所によっては早くも梅が見頃というニュースがありました。そこで大阪城梅林へ行ってきました。
IMG_0008_2020020814085393e.jpg

暖冬の影響もあって、各地の梅の開花は例年よりかなり早いようです。
IMG_0003_20200208140852edc.jpg

ここは100品種1270本の梅が植えられており関西屈指の梅の名所です。
IMG_0027_202002081408517b3.jpg

梅林は豊臣家の家臣だった片桐且元の屋敷跡といわれる場所にあります。梅林横の道を上がると高層ビル群を背景に梅林全体を見渡すことができます。私はこの場所が気に入っています。
IMG_0026.jpg

いろいろな品種がありますので見頃は長く続きますが、それでも例年より8日早い開花でしたので見納めも早いでしょう。2月8日で7分咲きくらいでした。
流氷に梅と暖冬でいろいろなリズムが崩れています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 大阪
genre : 地域情報

tag : 紋別 網走

仲良し猿集団

淡路島の洲本にある淡路島モンキーセンターです。
島の南東部に生息する約300匹の野生のニホンザルを餌付けしており、間近でサルの様子を観察できる施設です。
IMG_20456.jpg

ここが有名になったのは、冬の寒さの厳しい時期に大勢のサルが寒さをしのぐために密集してできる「サル団子」です。
訪れたときは気温3度と寒かったのですが、風がなかったためか「団子」にまではなっていませんでした。
IMG_20444.jpg

彼らはエサの時間がわかっているらしく、時間になると係の方がいる小屋周辺に集まってきます。
IMG_20439.jpg

よく見るとシカまで混じってエサを待っていました。
IMG_20451.jpg

子ザルもたくさんいましたが、中には小石を集めてきて転がして遊んでいる子もおりました。まったく人間の子どもと同じです。
IMG_20459.jpg

ここのサルはみんな仲がいいそうです。仲がいいからこそ大きな「サル団子」もできるそうです。ボスもほかのサル集団よりも「長期政権」になるらしく、どうして仲がいいのかを調査している大学の先生もおられるとのことです。
IMG_20429.jpg

今は山にエサの木の実がないので毎日「出勤」してきますが、9~11月は木の実の豊富な山奥に入るのでここも休園状態になります。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 洲本

石松餃子

先週のブラタモリは前回ご紹介したように「浜松はなぜ楽器の町になったか」がテーマでした。その番組の冒頭で「浜松は何かあったっけ・・最近では餃子か」という発言がありましたが、確かにその通りで浜松宇都宮と餃子の消費量を競っています。
ということで浜松に行った折に、浜松餃子の有名店である石松餃子に行きました。本店ではなくJR浜松駅店です。
IMG_10646_20180330161958b4b.jpg

まずはメニューを確認。せっかくなのでテレビでもよく見る盛り方のものを注文しました。
IMG_10644.jpg

夫婦で1皿注文した車盛り餃子 25個1500円IMG_10652_20180330161956644.jpg

浜松餃子は具の野菜にこだわりがあるようで、石松餃子もキャベツの甘味が印象的でした。
ちなみに茹でモヤシが付いているのも浜松餃子の特徴です。
IMG_10650.jpg

宇都宮餃子白菜やニラなどが餡に使われ、やや厚めの皮で包んでいるのに対し、浜松餃子キャベツや玉ねぎなどを使った餡を薄皮で包んだのが特徴です。同時に食べることができるイベントがあれば食べ比べてみたいものです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 静岡県
genre : 地域情報

tag : ブラタモリ

なぜ浜松は楽器の町

先週のブラタモリのテーマは「浜松はなぜ楽器の町になったか」ということでした。それを歴史だけでなく、天竜川との関りや気候の面からも解説していました。

浜松の楽器について手軽に学ぶのなら浜松市楽器博物館がおすすめです。平成7年にオープンしました。
IMG_10615_20180330161401782.jpg

1500点にも及ぶ世界各地の楽器が展示してあります。
IMG_10621.jpg

とくにピアノの展示は充実していて、発明された当初から現在までのいろいろなタイプのピアノが展示されています。演奏をしながらの専門の方の説明もありました。
IMG_10630.jpg

若かりし頃の富田勲氏が使っていた初期のシンセサイザーもありました。とにかく大きい・・
IMG_10641.jpg

場所はJR浜松駅のすぐ近くにあります。ただし駐車場はありませんので、近くの市営駐車場などをご利用ください。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 静岡県
genre : 地域情報

tag : ピアノ シンセサイザー

2つあった清水舞台!?

京都市左京区一乗寺にある狸谷山不動院です。
タヌキ谷のお不動さん』の愛称で親しまれ、境内にはその名の通り「タヌキ」の焼き物が多く置かれています。
タヌキ→他抜き→他を抜く」ということから芸能人やスポーツ選手も多く参拝に来られます。
IMG_31064.jpg

最寄り駅の叡山電車一乗寺から歩いて20~30分ですが、後半はかなりきつい坂道で、お寺に着いてからも250段の階段が待ち受けます。
IMG_31060.jpg

階段の途中には参拝者を迎える「お迎え大師」 そしてその傍らには段数を知らせる狸もいます。
IMG_31044.jpg

石段を上がると目の前にご本尊が安置された本殿がそびえ立っています。
これが清水寺の舞台にそっくり!
IMG_31050.jpg

清水の舞台と同じ懸崖造り(けんがいづくり)という技法で建てられているので似ているのは当然かもしれません。
IMG_31055.jpg

ちなみに下の写真が清水寺の舞台です。規模は異なりますが似ていますよね。
045.jpg

そっくりといえば上り口の赤い鳥居も伏見稲荷を連想します。
IMG_31041.jpg

すぐ下には有名な詩仙堂曼殊院がありますが、ここはあまり知られていません。おすすめの穴場ですが、歩いていくには体力も必要です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 京都市 左京区 一乗寺

オフの詩仙堂

京都市北部にある詩仙堂です。
IMG_51079.jpg

もともと徳川家の家臣であった石川丈山隠居のため造営した山荘でここで詩歌三昧の生活を送りました。ですから庭園も見事です。
IMG_51068.jpg

ちなみに庭園にある「ししおどし」は日本で初めて作られたものだと言われています。見学中も「カ~ン」といい音を出していました。
IMG_51077.jpg

ここの紅葉はすばらしいです。以前紅葉シーズンに訪れましたが下の写真のように大勢の人でいっぱいでした。
050.jpg

ところがシーズンがはずれると実にゆっくりと見学できます。もちろん名物の紅葉はありませんが、庭園は落ち着いて楽しめます。
IMG_51073.jpg

出町柳から叡山電車で3駅で徒歩15分というアクセスです。鞍馬寺貴船神社からの帰りに寄るのもいいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 出町柳 京都市 京都

インスタ映え「くくり猿」

京都・東山にある「八坂庚申堂」です。
IMG_91134.jpg

ここが最近「インスタ映え」すると人気を集めています。
IMG_91129.jpg

ここ八坂庚申堂は中国から伝わる庚申信仰の日本発祥となる場所です。
その象徴が境内のいたるところに奉納されているのがカラフルな布で作られている「くくり猿」です。図らずもこの鮮やかさがインスタ映えと人気のようです。
IMG_91133.jpg

猿は庚申の使いとされ「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿も境内のいたるところにいます。
IMG_91131.jpg

猿がくくられているのは、欲望のままに行動する猿を動けない姿にすることで、欲に走らないよう人間を戒めているそうです。
周辺には魔除けとして軒先に吊るしている家もあります。(猿といっても見た目はいわゆる猿とは違います)
IMG_91137.jpg

ちなみに三大庚申はここ「八坂庚申堂」のほかに、大阪の「四天王寺庚申堂 」と東京の「入谷庚申堂」だそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

神仏は喧嘩しません

よく複数の神社仏閣に初詣に行くのは神仏が喧嘩するのでよくないということも言われますが、実際のところはご利益も違うこともあり、まったく問題はないようです。ということで自分以外に親の代理祈願も含めてたくさんの神社仏閣を巡ってきました。

京都烏丸平等寺因幡堂がん封じにご利益
IMG_0001_2020010315441350d.jpg

京都御苑の西の護王神社足腰の病気にご利益
IMG_0004_20200103154412add.jpg

京都御苑の東の護浄院(清荒神台所(かまど)の神様
IMG_0007.jpg

京都河原町仲源寺眼の病気にご利益
IMG_0062.jpg

神戸湊川神社は楠木正成公を祀り大願成就の神様
IMG_0010.jpg

西宮門戸厄神は文字通り厄除けにご利益
IMG_0014_20200103154411a7c.jpg

いくら複数巡ってもいいとはいえ新年早々やや調子に乗りすぎましたかね~京都市内地下鉄市バスは使わなかったので、歩数計は軽く2万歩を超えていました。
ただそれぞれに違ったご利益があるのでついつい巡ってしまいました。神様仏様も分業ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
genre : 地域情報

tag : 京都 京都御苑 河原町 烏丸 神戸 西宮 京都市内 地下鉄 市バス

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース