名水ふれあい公園

千歳市にある名水ふれあい公園です。
IMG_11822.jpg

市民の水道水に利用されているナイベツ川湧水が、「名水百選」に選ばれたことを記念し整備された公園です。
IMG_11823_20190811213834b36.jpg

間近で魚が泳ぐ姿を観察でき、時期にはサケが遡上している姿に遭遇することもあるそうです。
IMG_11824_20190811213833aa7.jpg

公園内のナイベツ川は、樹々の隙間から差し込む光が川を照らす様子が楽しめる川です。
IMG_11825.jpg

また浄水場の管理棟には、村民総出で整備した着陸場(現新千歳空港)に、最初に着陸した「北海」第一号機の原寸大模型が展示されています。
IMG_11821_201908112138323d1.jpg

場所は支笏湖に向かう道道16号の沿線にあり、新千歳空港から車で20分の場所にあります。開園期間は4月下旬から11月中旬までです。
ちなみに私はこの公園を火野正平さんの番組で知り訪れました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

エルムの森から大野池

前回紹介したサクシュコトニ川のある北大中央ローンクラーク像があります。有名な羊ヶ丘展望台のクラーク像とは別です。
IMG_1686.jpg

そこから北へ歩くと「エルムの森」があります。数十本のエルム(ハルニレ)がそびえています。ここは扇状地の末端部分で豊富な地下水があり、エルムの自生に最適でした。
IMG_1692.jpg

さらに北に歩くと大野池があります。かつてはゴミが廃棄されてドブ状態だった湿地帯を工学部大野教授の立案で整備されました。
IMG_1716.jpg

夏にはスイレンの花が咲きます。訪れたときはカモがいました。
IMG_1727.jpg

子ガモも数羽いて、訪れた人の被写体になっていました。
IMG_1733.jpg

秋には紅葉も美しい場所だそうです。旅行で札幌駅近くに宿泊したなら、北大構内の朝散歩はおすすめです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

札幌を作った小川

北海道大学の正門を入りまっすぐ歩くと小川が流れています。サクシュコトニ川というちゃんとした川です。
IMG_1679.jpg

よくある公園の小川とは違います。札幌は扇状地にある町ですが、この川はその扇状地を作った古代からある川です。それを知らなければ単に憩いのために作った小川にしか見えません。私もこのことをブラタモリで知りました。川について説明した案内板もありました。
IMG_1684.jpg

しかしこの川は、都市化による地下水位の低下で1951年に水源が枯れ、一部が埋め立てられ姿を消してしまいました。その後この川の役割の重要性が唱えられ、川の再生計画が持ち上がり、2004年に北海道大学のキャンパスの南端から流れる小川として復活しました。
IMG_1683.jpg

下の写真は再生された川の水源です。中央ローンの南端にあります。今は流れ出ているのは自然の水ではありません。
IMG_1682.jpg

川の北側には古河記念講堂があります。1908年建築のルネッサンス形式の洋館で、国の有形文化財になっています。
IMG_1689.jpg

中央ローンと呼ばれる正門近くのこの周辺だけでも見どころ満載の北海道大学です。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

北大の看板並木

北大のポプラ並木です。2004年の台風で倒木など被害がありましたが何とか再生しました。それでも以前に比べて元気がない印象を受けます。ポプラの寿命は長くて100年程度だそうなので限界かもしれません。
IMG_1700.jpg

それに対して勢いを感じるのが平成のポプラ並木です。従来のポプラ並木の場所からも見えます。2000年に70本が植樹されました。
IMG_1704.jpg

下の写真は2014年に撮影した平成のポプラ並木です。青々としていますがまだ低いですね。これから楽しみです。
6D2014 (1119)

こちらはイチョウ並木です。長さ380mの道路に70本のイチョウが植えられています。
IMG_1738.jpg

イチョウはポプラに比べて寿命が長いのでまだこれからも楽しめそうです。ちなみにこのイチョウ並木が植えられたのは1939年で、それまではサクラとカエデの並木道だったそうです。
IMG_1739.jpg

ポプラにしてもイチョウにしても、立派な北大キャンパスの看板並木です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

低くても存在感ある山

昭和新山は昭和18~20年の有珠山の噴火でできた溶岩ドームです。
1001 (207)

もともとは広大な畑だった場所がまたたく間に隆起しました。
1001 (211)

目の前で見ると異様な様相に圧倒されますが、高さは意外と低く175mほどしかありません。
183.jpg

ですから有珠山へ上がるロープウェイから見るとはるか下に見えます。このとき初めて意外と低いことを実感しました。
IMG_0012_20200415061805aa5.jpg

それでも今も噴煙が上がり、植物が育たない独特の山容からどこからでも目につきます。
2015A010X7 (245)

室蘭地球岬から見てもすぐに昭和新山だとわかります
2015A010X7 (271)

その意味では175mという高さにしては大変存在感のある山だといえるでしょう。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

開拓期の北海道が一堂に

札幌にある「北海道開拓の村」は、広大な敷地に52棟の開拓時代の歴史的建造物が移築・再現されています。

明治に焼失した「旧開拓使札幌本庁舎」です。内部はビジターセンターになっています。
333.jpg

旧小川家酪農畜舎」です。アメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもので、19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造です。サイロはのちに厚別の農家より移築されたものです。
351.jpg

小樽沿岸を中心に鰊建網を経営した「旧青山家漁家住宅」は「マッサン」のロケ地として使用されたことでも知られる貴重な建物です。
346.jpg

旧札幌警察署南一条巡査派出所」には当時の衣装を着た「お巡りさん」が常駐しており、道案内や写真撮影に応じてくれます。
342.jpg

これだけ重要な建築物が集まっていると、ひとつひとつの価値が薄まりますが、実は半日では見学しきれないボリュームです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

登別の大湯沼

登別温泉は人気の観光地ですが、有名な地獄谷からさらに奥にある大湯沼まで来る人はそんなに多くはありません。
大湯沼は今も噴煙を吐いている日和山の南麓にできた爆裂火口です。
水面は40℃~50℃程の温度ですが、深いところは130℃にもなるそうです。 
119_202004151909503c2.jpg

また周囲は1㌔、深さ22㍍という大規模な湯の沼で、この大きさは世界的にも類が無く、学術的にも貴重なものといわれています。ちなみに22mというと5階建てのビルが埋もれる感じですね。
127.jpg

車だと温泉地からすぐです。有料ですが駐車場もあります。一度地獄谷から歩いて行こうとしたことがあります。写真のようにまだ雪が残っているときでした。
IMG_0560.jpg

最後に大湯沼に下りる道が急な下りで、滑って転びそうな予感がして手前で引き返しました。
IMG_0562.jpg

前回紹介したニセコの大湯沼より大きなスケールです。ここからさらに歩くと、この大湯沼から流れ出る大湯沼川沿いに足湯があります。登別温泉まで来たならば立ち寄ることをおすすめします。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

ニセコの大湯沼

蘭越町にある大湯沼です。
331_202004152056280d6.jpg

縦50m、横90m、周囲200mの文字通り大湯沼です。
334.jpg

この大湯沼はニセコ湯本温泉の源泉で、熱いところで360度あるそうです。
335.jpg

案内板によると、明治までは間欠泉で定期的に数メートルのお湯が噴出していましたが、大量の硫黄を汲み上げたことで出なくなったといわれているそうです。
332.jpg

登別にもこのような大湯沼がありますが、いずれにしても大きさに圧倒されてしまいます。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

ニセコ千m台地展望台

もうずいぶん前の話と写真で恐縮ですが・・
ニセコ1000m台地展望台ニセコアンヌプリ国際スキー場の標高1000メートル地点にある展望台です。
CIMG0686.jpg

見通しが良ければ、となりの羊蹄山はもちろん遠くの洞爺湖有珠山まで見渡せます。
CIMG0688.jpg

2017年にリニューアルされ「1000メートル台地展望広場」として新しく生まれ変わりました。残念ながら私が訪れたのはリニューアルの前でした。
CIMG0693.jpg

新しくなったということであれば、また改めて上がってみようと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

消滅する宮島沼

美唄市にある宮島沼です。前回紹介した月形樺戸博物館からすぐの場所にあります。
面積25ha平均水深55cmの浅くて小さな沼です。
IMG_10739_20190809164417d4b.jpg

北海道にはウトナイ湖釧路湿原など12カ所のラムサール条約湿地がありますが、その中でも小さい沼です
IMG_10740.jpg

宮島沼マガンの国内最北・最大の寄留地として知られ、春のピーク時には東アジアに生息するマガンの約半数にあたる6万羽がここで羽を休めます。世界でも有数のマガンの渡来地です。私が行ったときはカモがのんびり泳いでいるだけでした。
IMG_10746_20190809164417381.jpg

冬のマガンの姿を観察するための小屋も設置されています。
IMG_10749.jpg

マガンが一斉に飛び立つ様子は圧巻だそうです。そのシーンをカメラに収めるべくここで粘るのでしょうね。
IMG_11741.jpg

この宮島沼草の堆積土砂の流入などでどんどん面積は小さく水深は浅くなっており、数十年後には消滅するといわれています。またマガンの小麦食害によって、近隣農家では害鳥とされている側面もあります。宮島沼とマガンと農家の三者にとっていい方向が模索されています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 美唄市

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
12 ≪│2021/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース