カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「道東 」カテゴリ記事一覧


浜中駅1枚(__)

今日は過去画像1枚だけです(__)
今ではこのあたりはルパン三世だらけみたいですね。
CIMG0613.jpg
(北海道浜中町・JR浜中駅)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



ひがしもこと芝桜公園を上から

前回に引き続いてひがしもこと芝桜公園です。
IMG_11842_20220527095524b50.jpg

こうして眺めると滝上町の芝桜公園よりも高いように思います。
IMG_11854.jpg

視野を公園の外に向けると田園と山の風景が広がります。
IMG_11850_202205270955238a1.jpg

やはり訪れた時は満開をやや過ぎたのでしょうね。色が薄くなっている部分があります。
IMG_11861_2022052709552328e.jpg

こちらの公園は芝桜そのものを楽しむ以外にも多くのアトラクションが用意されています。写真の遊覧車やゴーカート、釣り堀のほかに、日帰り温泉やキャンプ場もあります。
IMG_11855_202205270955228ac.jpg

この公園の入園料は500円です。2日間で滝上の芝桜公園湧別町のチューリップ公園東藻琴の芝桜公園の3カ所を巡るぜいたくをしました。それでも入園料は合わせて1600円というのはありがたい限りでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ひがしもこと芝桜公園を下から

滝上町の芝桜公園に行った翌日に藻琴山の麓にある芝桜公園にも行きました。
IMG_1827.jpg

ひがしもこと芝桜公園で山の斜面全体に芝桜が咲いています。この日はHPでは見頃でしたが、少し緑の部分が目立つ場所もありました。
IMG_1840.jpg

園内に植えられた芝桜の面積は約10万平方メートルといいますから、滝上の芝桜公園と同じですね。
IMG_1863.jpg

ただこちらの方が高低差があり、傾斜も急です。
IMG_1832.jpg

ということで上からの景色を見るべく急な階段を意を決して上がります・・
IMG_1837.jpg

階段が無理な人は上までの周遊バス(300円)もあります。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

アップもいいチューリップ

前回に続いてかみゆうべつチューリップ公園です。
IMG_11788.jpg

このよう広大なチューリップ畑は全体の美しさに目がいきますが、花が大きいので1輪単位で見てもきれいです。
IMG_11805.jpg

しかもチューリップは色も形も多彩です。
たとえば下のチューリップは花びらに緑色が刻まれています。
IMG_11806.jpg

また下の品種はバラのような形ですね。そもそもこのチューリップ公園には200品種があるそうです。
IMG_11793_202205270918594af.jpg

この日は幼稚園か保育園の園児たちが遠足で来ていましたが。あまりに楽しそうにしていたのでチューリップの背景にさせてもらって1枚パチリ!
IMG_11795_20220527091858af6.jpg

関西にもチューリップ公園やチューリップ畑はありますが、私の知る限りでは敷地面積、本数、周囲の風景、入場料(600円)において右に出る場所はないのではないでしょうか。
IMG_1767.jpg

やはり広大な土地があってこそ実現できるのでしょうね。ただ広いだけあって手入れが大変でしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

広い!かみゆうべつチューリップ公園

湧別町かみゆうべつチューリップ公園に行きました。
IMG_1804.jpg

敷地の総面積12.5万平方メートルで、作付け面積は7万平方メートルの広さです。歩くのが大変な場合は周遊バス(300円)に乗るのもいいかもしれません。
IMG_1769.jpg

ところで、遠くから見るとチューリップでぎっしりでも、近づいて畑に対して縦方向に撮ると意外に土部分が目立つことがあります。
IMG_1785.jpg

でも畝の横方向から撮ると花がぎっしり詰まって撮れますね。しかもチューリップの色がグラデーションになるよう考えて植えられているのでより一層きれいです。
IMG_1780_20220527091517da5.jpg
IMG_1765.jpg

真ん中にある風車が写真映えの立役者です。2階部分は展望台になっていて畑全体を見渡すことができます。
IMG_11803_20220527091857d4a.jpg

入園料は600円というのもうれしいです。シーズン券というのもあって1000円です。2回来ればもとが取れるわけで、近くに住んでいれば間違いなく購入すると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

晴れの知床峠を切望

知床峠です。ここへは何度となく訪れていますが、晴れていたことは稀です。
下の写真は私がこれまで訪れた天気では「上中下」の「中」で、モヤってはいないものの目の前の羅臼岳の山容はまったく見えません。これで「中」かと思われるでしょうが、視界が数メートルというときもあったので、まだマシな方です。
IMG_10149_20180812111024e64.jpg

このときは羅臼方向を見て目を凝らせば国後島がうっすらと見えます。
IMG_10153_201808121110244a9.jpg

望遠レンズを通せば国後島の山肌も確認はできます。こうして国後島が確認できるだけでもいい方です。
IMG_10154_20180812111023ca7.jpg

ちなみに下の写真は晴れていたときの知床峠からみた羅臼岳です。2008年夏の写真です。
IMG_0216_convert_20090707195923.jpg

そして下の写真は2014年夏です。この2回がこれまでの私の知床峠のベスト2ですね。
6D2014 (342)

ウトロ市街地から山を見れば雲の様子で峠の天気は察しがつきます。ウトロ市街地が雨ならさすがに諦めますが、あまりにウトロが晴天なら山に雲がかかっていても短時間での変化に期待して峠に上がってみます。しかし期待むなしく峠の手前から雲の中に突入することになります。旅行者の私には晴天の知床峠は希少価値です。とくに夏場は確率が低いです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

足すくむ瞰望岩

遠軽のシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」です。
地上約78mの火山礫凝灰岩の岩丘です。
IMG_110556.jpg

近くを流れる湧別川の浸食によってこのあたりの平野部ができましたが、この岩は非常に固く浸食されずに残ったと考えられています。
IMG_10451_2018081007350461b.jpg

下から見ると岩の頂上へ行くのは困難と思われますが、実は岩の向こうから頂上近くまで車で上がれ、駐車スペースから歩いて5分ほどで岩の先端部に行くことができます。
岩の頂上は岩肌がむき出しで、柵も設置されていないので注意と覚悟が必要です。
IMG_110559.jpg

頂上からは遠軽の町が一望できます。ただし写真のように高い場所が苦手な人は足がすくみます。
IMG_10458_20180810073503c11.jpg

かつてはアイヌのチャシ(城)だったらしいですが、確かにここからだと下の動きがすべて丸見えですね。
IMG_10460_20190721163239c08.jpg

ちなみに以前火野正平さんがNHKの番組の「日本縦断こころ旅」でここに行かれていました。高所恐怖症の火野さんは上の写真のベンチにも座れず、その下に座りこんで視聴者のお便りを読んでおられました。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

元気者は知床を歩く。でも…

観光バスで知床を訪れる団体ツアーで定番のウトロ観光といえば、例えばホテルに泊まってゆっくり温泉に入り、夕食はオホーツクの海の幸に舌鼓を打ち、翌日に観光船で断崖や滝を見学し、道の駅「うとろ・シリエトク」でお土産を買って帰るというような感じでしょうか。

もしも個人旅行であればウトロから半島の内部に入り、トレッキングコースを歩いて知床の自然を満喫するのもおすすめです。
IMG_0291_2022050313514605f.jpg

車で知床横断道路方面に上がっていくと内陸に入る手前にプユニ岬があります。ここは知床八景のひとつで夕日の名所ですが、昼間でも下の写真のように素晴らしい景色が広がります。中央にうっすらと見える山は斜里岳です。
086.jpg

知床には多くのトレッキングコースがあります。私がこれまで歩いたコースで最も距離があったのは羅臼湖トレッキングでした。所要時間は往復4時間です。個人で行く人もいますが、羅臼湖への散策道の入口には駐車スペースはありませんし、何かと不安もあり、私は知床ネイチャーオフィスのトレッキングツアーに参加しました。散策道まで送迎してもらえ、長靴など必要な装備も借りれます。そして何より途中でガイドさんからいろいろな話を聞けます。
IMG_10320.jpg

それよりも楽なのは知床五湖を巡るコースです。五湖すべてを回る大ループ3.0km 約1時間30分)、二湖と一湖だけを回る小ループ1.6km 約40分)です。
ただ今の時期はヒグマ活動期なのでガイドが必要で費用がかかります。私が行った8月は10分程度の講習を受ければ自由に五湖を巡ってもよい時期でした。
IMG_10164_201808121127071e9.jpg

ちなみに世界遺産になる前はヒグマが出ない限り一湖から五湖まで無料で自由に歩けたのですけどね。人が増え自由がなくなり、駐車場も有料になりました。
ただ一湖だけなら高架木道を通っていつでも自由に行けます。これは団体旅行でも訪れることが多いです。
192.jpg

15分くらい高架木道を歩けば一湖に着きます。木道の脚には電流が流れているのでヒグマに襲われる心配はありません。逆に木道の上からヒグマに遭遇し喜んで写真を撮ることもあるようです。私はエゾシカにしか遭いませんでした。
6D2014 (1327)

また知床自然センターに車を置いて20分ほど歩けばフレペの滝に行けます。オホーツク海に流れ込む滝を上から見ることができる貴重な場所です。
IMG_10255_20180810061539f8e.jpg

こうして知床の自然を体験できるコースやプログラムはたくさんあり、個人的にはおすすめです。しかし、多かれ少なかれ歩かないといけません。歩くのが不自由な方やお年寄りにとっては厳しいです。その意味で誰でも手軽に海から知床の自然を満喫できる観光船ツアーはやはりウトロには欠かせない観光の目玉です。
ということで、早く今回の事故をウトロの観光船業界が乗り越えないとウトロ観光客数に大きなダメージを与えることになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



ウトロの2つの巨岩

観光船事故の影響で知床ウトロが大きなダメージを受けています。これから夏に向けて観光客が減らないことを願います。

そこで今回はウトロのシンボルになっている2つの巨岩を紹介します。
まず1つ目はゴジラ岩です。その名の通り見た目がゴジラに見えることからその名が付いています。
IMG_10233_20180810055212155.jpg

確かにゴジラが大きな岩を抱えているように見えます。
IMG_10229_20180810055212531.jpg

近づいて下から見るとさらに迫力があります。サイズ的にもまるで本物のゴジラが現れたようです。
074.jpg

そして2つ目は「オロンコ岩」です。
IMG_10234_20180810054955318.jpg

高さが60mある巨岩で、町のどこからも見えるウトロのシンボルです。
075.jpg

岩肌に作られた急な階段を170段上れば頂上にたどり着きます。「世界の果てまでイッテQ!」でデヴィ夫人もぎゃあぎゃあ叫びながら登っていました。
IMG_10217_20180810054954947.jpg

岩の頂上は意外と平らでここからの眺望は知床八景のひとつになっています。
IMG_10223_201808100549530ef.jpg

正面は夕日の名所プユニ岬です。上から2枚目のゴジラ岩を俯瞰で見た写真もここから撮ったものです。
IMG_10231_20180810054953936.jpg

ウトロに来る人は多いですが、オロンコ岩に登る人はあまりいません。もちろんしんどいということもありますが、そもそも岩の上に登れることを知らない人も多いかもしれません。少々息は切れますが景色はすばらしいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

最東端の納沙布岬

本土最東端納沙布岬です。日本一早く朝日と出会える場所として有名です。
IMG_10539.jpg

岬の先端の納沙布岬灯台北海道最古の灯台で、納沙布岬のシンボルとなっています。
IMG_10544_20170811151246e61.jpg

タイトルも「最東端」と書きましたが、それは我々一般人が行ける「最東端」が納沙布岬で、本当の「最東端」は東京都小笠原村の「南鳥島」になります。
付け加えると北方領土の4島納沙布岬よりも東です。歯舞群島の島々は目と鼻の先で、一番手前にある貝殻島までの距離はわずか3.7㎞です。

上の写真では青空が見えていますが、沖に漂っていたモヤがどんどん近づいてきて岬を包み出しました。領土問題を暗示するかのように北方領土もまったく見えなくなりました。
IMG_10535.jpg

さらに、あっという間に目の前の展望塔も見えなくなりました。このあたりの視界は分刻みに変化します。
IMG_0318_201708111523064e9.jpg

根室半島は北海道の東の端にあります。ですからこの半島にあるいろいろな施設は日本最東端になります。

例えば「日本最東端の郵便局
壁面に郵便局名が書かれていますがまず読めません。そもそも見たことのない漢字です。
IMG_0319.jpg

ごようまい」郵便局です。難読郵便局としても有名です。名前が読みづらいのでフリガナが付けてありました。
IMG_0320.jpg

納沙布岬には最東端の郵便ポストもあります。
IMG_0316.jpg

また日本最東端のガソリンスタンドもあります。ここで給油すると「最東端給油所で給油した証明書」がもらえるらしいです。
IMG_0322.jpg

郵便局もガソリンスタンドもそれぞれ納沙布岬からわずか数キロの場所です。納沙布岬はモヤがかかっていましたが、こちらは快晴でした。これまでも岬の手前まで晴れていて、岬に着くとそこだけモヤがかかっているという経験が何度もあります。かかっているモヤが嘘のようにすぐに消え去ることもあります。時間があれば少し待ってみるのもいいかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース