硫黄のない硫黄山

硫黄山という名前の山は全国にたくさんあり、北海道だけでも4つありますが、今回取り上げるのは弟子屈町川湯温泉硫黄山です。本当の名は「アトサヌプリ」で標高512mの活火山です。
山頂付近への立ち入りは禁止されており、麓の噴気孔が観光スポットとなっています。
IMG_10408.jpg

火山の中では活動度の低いランクC」に指定されているそうですが、勢いよく噴き出している様子を見ると私にはもっとランクが上に思えます。
IMG_10404.jpg

麓にはレストハウスがあります。
IMG_110487.jpg

ここの名物は「温泉蒸し玉子」です。といっても観光地の火山や温泉地では定番ですね・・箱根で真っ黒のゆで玉子を食べたことがあります。
IMG_110488.jpg

硫黄山山麓には、100ヘクタールものエゾイソツツジの群生地が広がり、高山植物もみられます。遊歩道もあります。
IMG_10411_20180812185340418.jpg

明治10年から本格的に硫黄が採掘され、明治21年には輸送のために釧路鉄道が硫黄山-標茶間に敷設されましたが、乱掘により資源が枯渇し、明治29年には操業を停止しました。硫黄が採り尽くされた硫黄山ということです。
なお駐車料金は500円必要です。摩周湖第一展望台の駐車場と共通になります。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

崖にはチャシ跡

前回に紹介した危険な遠軽瞰望岩湧別アイヌのチャシ(見張り台)だった場所です。
かつて湧別アイヌ十勝アイヌが争った際、湧別アイヌはこの岩の頂上をチャシとし、麓の十勝アイヌは湧別川の洪水で全滅したという「インカルシの戦い伝説」があります。
IMG_10456_2019110906203058b.jpg
IMG_110556.jpg

このように高く険しい場所にアイヌのチャシは多く残っています。
下の写真の様似エンルム岬の頂上にもチャシ跡があります。
IMG_10307.jpg

岩の下から急な階段を上ると岩の頂上に行けます。ここは瞰望岩とは違い柵があります。それでも足がすくみます。
IMG_10324.jpg

厚岸には下の写真の崖の上にチャシ跡があります。
IMG_10485_20170811071006dd7.jpg

このようにチャシは高い場所に築かれ、壕や崖などで周囲と切り離された施設であり、登り口は非常に傾斜がきついのが一般的です。
北海道には現在500ヶ所以上のチャシ跡が確認されているそうなので「険しい場所を見たらチャシ跡と思え」という感じです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

瞰望岩は自己責任

遠軽のシンボル「瞰望岩(がんぼういわ)」です。
地上約78mの火山礫凝灰岩の岩丘です。
IMG_110556.jpg

近くを流れる湧別川が削ってこのあたりの平野部を作りましたが、この岩の部分だけは非常に固く、取り残されてしまったと考えられています。
IMG_10451_2018081007350461b.jpg

下から見ると岩の頂上へ行くのは困難と思われますが、実は岩の向こうから頂上近くまで車で上がれ、駐車スペースから歩いて5分ほどで岩の先端部に行くことができます。
岩の頂上は岩肌がむき出しで、柵も設置されていないので注意と覚悟が必要です。
IMG_110559.jpg

頂上からは遠軽の町が一望できます。ただし写真のように高い場所が苦手な人は足がすくみます。
IMG_10458_20180810073503c11.jpg

かつてはアイヌのチャシだったらしいですが、ここからだと下の動きがすべて丸見えですね。
IMG_10460_20190721163239c08.jpg

ちなみに以前火野正平さんがNHKの番組の「日本縦断こころ旅」でここに行かれていました。高所恐怖症の火野さんは上の写真のベンチにも座れず、その下に座りこんで視聴者のお便りを読んでおられました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : NHKBS

全容見えない橋梁跡

斜里の山中にある越川橋梁国鉄根北線の橋梁として昭和14年から建築されました。
IMG_10279.jpg

ただこの路線は使われることなく廃止され、橋梁もほぼ完成していましたが列車が走ることはありませんでした。
全長147 m、最大地上高21.6 mの大きな10連コンクリートアーチ橋です。
IMG_10278_20180812153431771.jpg

昭和48年に旧根北線のルートと並行する国道244号の拡張工事の際、支障のある橋脚2本が撤去されましたが、残りの部分は今も健在だそうです
IMG_10285_20180812153102d54.jpg

残りの部分は今も健在だそうです」という表現をしたのは、実際に国道沿いこの場所に行っても山深く国道に直角方向に建っているアーチ橋全体は見えません。木の隙間から何となくアーチ橋の雰囲気はつかめますが・・
IMG_10280_20180812153221bc6.jpg

普通に車で走っていると絶対に通過しそうなくらい道からはわかりにくいです。私は見るのが目的なので気づきましたが・・
ちなみに国の登録有形文化財に指定されています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 斜里

お手軽フレペの滝

知床自然センターから歩いてフレペの滝へ行きました。
展望台までは片道約20分(約1km)の遊歩道が続いています。前半は開拓時代の名残が残る森を通ります。
IMG_10244_2018081006122007e.jpg

やがて断崖に近づいてくると、入り江の強風により木々の成長が妨げられた草原に出ます。
IMG_10245.jpg

そして到着です。フレペの滝は設置された展望台からでないとよく見えません。
IMG_10250_2018081006121846d.jpg

高さ約100mの切り立った断崖の途中から山々から流れてきた地下水が染み出し、海へと直接流れ落ちる滝です。年間を通して水量が少なく、しとしとと流れ落ちる様子から別名乙女の涙とも呼ばれています。
IMG_10255_20180810061539f8e.jpg

ウトロからいくつか観光船が出ていますが、小型のクルーザーはかなり岸に近づくので、この滝の様子もよくわかります。
1222k.jpg

車は知床自然センターに止めることができますし、滝への遊歩道も整備されています。多少のアップダウンはありますが歩きやすい道です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

ウトロを一望!

知床・ウトロのプユニ岬です。
IMG_10238_201808100557098ce.jpg

高い場所にありますので、ウトロの市街地もよく見えます。
IMG_10240.jpg

夕日の絶景ポイント知床八景のひとつです。私は夕刻に行ったことがありませんので、もっぱら青空ポイントです。前回紹介したオロンコ岩も全体の様子がよくわかります。
IMG_10239_20180810060237cf5.jpg

それでも最近は透明感のある青空に恵まれる機会がなく、きれいに晴れていれば知床半島の付け根の斜里岳まで見通せます。下の写真は数年前の写真です。
1089u.jpg

場所はウトロから知床峠へ向かう知床横断道路沿いです。
IMG_10242.jpg

展望台や駐車場はなく、ちょっとした路肩の駐車スペースしかありませんので、見学の際は気をつけないと危ないです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

オロンコ岩登頂

知床・ウトロのシンボル「オロンコ岩」です。高さが60mある巨岩です。
IMG_10234_20180810054955318.jpg

岩肌に作られた急な階段を170段上れば頂上にたどり着きます。
IMG_10217_20180810054954947.jpg

岩の頂上は意外と平らでここからの眺望は知床八景のひとつになっています。
IMG_10223_201808100549530ef.jpg

正面は夕日の名所プユニ岬、眼下の船は知床半島を巡る観光船です。
IMG_10231_20180810054953936.jpg

知床・ウトロに来る人は多いですが、オロンコ岩に上る人はあまりいません。というか上れることも知らない人が多いかもしれません。少々息は切れますが景色はすばらしいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

クジラの見える丘公園

羅臼に「クジラの見える丘公園」という場所があります。前回紹介した羅臼国後展望塔からも見えます。
IMG_10141_20180810051552e79.jpg

80mの高さにあり、羅臼の海を一望できます。
6D2014 (1345)

公園といっても、羅臼灯台の横に簡単な展望デッキがあるだけです。
波の穏やかな日にはその名の通りマッコウクジラの姿を確認できるという・・
6D2014 (1346)

しかし、以前ホエールウォッチングツアーに参加したとき、探して待ってやっと海面に出てきたクジラの尻尾だけを見た私には、こんな離れた高い場所から見て「あっ!あそこにクジラが泳いでいるぞ!」ということはそうあるとは思えません・・
2016.6D (1199)

クジラの現れる時期に毎日訪れて双眼鏡で何時間か観察していれば別でしょうが・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

羅臼国後展望塔

羅臼国後展望塔は羅臼町の市街地にほど近い167mの高台にあります。
IMG_10148_2018081005381958f.jpg

天気がよければ、国後島の姿を見ることができます。この日もうっすらではありますが見えました。
IMG_10138_20180810053817c4f.jpg

カメラを望遠にすると山肌の様子も確認できました。
IMG_10145.jpg

ちなみにテレビで羅臼を紹介するときに流れる映像は、ここから見た羅臼漁港だと思われます。
IMG_10139_20180810053818cf3.jpg

これまで何度となく羅臼に来ていますが、夏には意外と国後島がくっきり見えることは少ないような気がします。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

道東パワースポット「死者の沢」

斜里町来運神社です。
IMG_10287.jpg

ここに「来運の水」と呼ばれる湧き水があります。斜里岳を水源とする湧き水を毎分5トンも湧出しています。
IMG_10288_201808121543169bb.jpg

冬でも凍らず夏は冷たい湧き水は6℃の水温だそうです。
IMG_10293.jpg

水の透明度もきれいで、じっと見ているとまるでそこに水がないみたいな感覚になります。
IMG_10290_20180812154315ce1.jpg

ちなみに「来運」というのはこの辺りの地名です。アイヌ語の「ライクンナイ(死者の沢)」に漢字をあてはめるときに縁起のよい字にしたようです。
死者の沢」といっても、アイヌ民族にとって死者は残った者に知恵や恩恵を授け恵みを与えてくれる存在とされているので、そんなおどろおどろしい沢ではありません。
ということで道東のパワースポットのひとつとして有名です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また私の地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


ナビ!ちゃお 北海道


札幌レンタリース