北の「天」もコロナに勝てず

毎年2月の第2土曜日に行われる名寄の「北の天文字焼き」は地域から愛されているイベントです。昨年は2月8日に行われました。下の写真はその去年のパンフレットです。
image10.jpg

しかし、このイベントの存続が危機に直面しました。イベント開催の主力協力団体であった「王子マテリア名寄工場」が移転することになり、ドラム缶の設置や点火、ドラム缶回収作業をする人員がいなくなってしまうことになりました。それでも各方面の支持もあり、何とか2021年2月13日北の天文字焼きが行われることになりました
tenmonjiyakia.jpg

ところが図らずも新型コロナウィルス感染拡大の影響で、結局は中止されることになってしまいました。本当なら今週の土曜日だったのですけど、関係者の方々は無念でしょうね・・

ところで、そもそもなぜ「」の文字なのか。
実行委員会ホームページから文と図を引用させていただくと
「北北海道(道北)には、天塩岳を源流とする一級河川「天塩川」の流域に多くの市町村が点在しています。1989年当時の道北14市町村の所在地(点)と天塩岳を線で結ぶと、天塩川の『』という文字になっていることから、平成元年から広域振興・広域観光を目指してこのイベントが始まりました。」
とのことです。何となく無理やりの感じも・・
image.jpg

来年以降、仮に新型コロナが収束していたとしてイベントが存続するのか私はわかりませんが、せっかく30年も続き、ギネスにも認定されるまでになったのですから、ぜひ続けてほしいなと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



theme : 北海道
genre : 地域情報

一応今年もやって来た

26日、関西の新聞でも「紋別流氷接岸初日」という記事が出ていました。
IMG_20210129_0001.jpg

流氷初日」は岸から肉眼で流氷が確認できた初日のことで、流氷が岸に着くと「流氷接岸初日」となるそうです。平年に比べて11日、昨年と比べても13日早い接岸初日ということです。
(なお今回の写真はお借りしたものです 私は流氷未体験者です)
notoromisaki1.jpg

こうして流氷は今年も一応やっては来ましたが、最近の流氷そのものの量は減少しています。「野付牛・四季彩々」の野付ウシさんも昨冬に「流氷の量が一気に減りだしたのは、1989年頃からです。その後はほぼゼロの年もあったのですが、この先は相当難しくなるように思っています。北国の生活も一変するかもしれませんね。」というコメントを寄せてくださいました。
北海道好きの私は一度はガリンコ号やおーろら号に乗って流氷を目の当たりにしたいと思っているのですが急がないといけないかも・・
garinkogou.jpg

流氷の価値は何も観光資源だけでありません。オホーツク海の豊かな恵みの源ですから流氷が来なくなったり減ったりすることは深刻な問題です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

零下25度の奇跡の真珠

極寒の糠平湖で撮影された「アイスバブル」の写真が、昨年12月24日の朝日新聞夕刊に掲載されていました。(2019年1月に撮影されたものだそうです)
糠平湖では、ここ数年、台風などで土砂や有機物が流れ込み、湖底から大量のメタンガスが噴出しているそうで、その気泡がそのまま凍ってしまったのが「アイスバブル」と呼ばれる現象です。
この「アイスバブル」を撮影するには、気泡が凍るくらいの厳しい冷え込みでありながらも湖面を覆う雪はなく氷も薄く透明であるという特別な条件が必要だそうです。
IMG_20201225_0001.jpg

この写真の撮影者は零下25度の極寒の中、糠平湖で夜明けを待って撮影したそうです。厳冬期の夜明け前に糠平湖へ行くだけでも私にはできません。行っても条件が整わず撮影できないこともあるでしょうし・・それでも北海道在住の写真家のみなさんは「それくらい覚悟しないと冬の北海道のいい写真は撮れません」とおっしゃるかもしれませんね。

なお、10日ほど前になりますが、ブログ「道東からのフォト」(←クリック)のさゆうさんがご自身で撮影されたアイスバブルを掲載されています。カラーのアイスバブルの写真をぜひご覧ください。

それにしても関西在住の私には想像もつかない現象があるものです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

旭川の魔のロータリー

旭川常盤ロータリーです。前回ご紹介した常磐公園のすぐ近くにあります。下の写真の標識からもわかるように通称「魔のロータリー」と呼ばれています。
IMG_11835.jpg

国道40号を含む6本の道路が分かれています。
IMG_11827.jpg

このロータリーでは国道40号への出入りが優先されます。
IMG_11832.jpg

またロータリーから出る場合は赤信号でも出てよいそうです。
IMG_11830.jpg

通りすがりの旅行者には運転しづらいロータリーです。このとき私は徒歩でしたので横の歩道でしばらく見ていましたが地元の車はスムーズに流れていました。
IMG_11831.jpg

ちなみに中央の広場は緑地となってシンボルタワーが立っています。ここへ渡る術(横断歩道)はありませんし、タワーは関係者以外は立ち入りできません。
JR旭川駅前から買物公園をまっすぐ歩くとこのロータリーに出ます。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 国道 40号

旭川最古の公園は「盤」でなく「磐」

旭川常磐公園です。大正5年に開園した旭川で最も古い公園で「日本の都市公園100選」にも選ばれています。
IMG_10837_20190810184747a04.jpg

公園の中心にある千鳥ヶ池です。池のまわりのベンチに座って話をしている人も多くいました。(写真は夏の風景です)
IMG_10841.jpg

公園を抜けると石狩川の土手に出ます。土手の上からは旭川のシンボルである旭橋が見えます。
IMG_10843_20190810184746cb8.jpg

早朝でしたので空気が澄んでいて池に映る木々も色鮮やかでした。
IMG_10845.jpg

ちなみにこの公園名の漢字は「公園」で「公園」ではありません。しかし周辺の町名は「町」となっており、この違いは何なのでしょうね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 旭川

「北海道命名の地」って何?

北海道命名の地」に行きました。旭川稚内の中間の音威子府村にあります。
P11000059.jpg

音威子府市街から国道407号線を約7km北上したあたりに上の写真の看板が出ており、そこからダートを数百メートル進んだ先に駐車スペースがあります。そこから現地まで歩いてすぐです。
IMG_11944.jpg

そもそも北海道と命名したのは松浦武四郎という人物です。彼はこの地のアイヌの長老から、「カイ」は「この国に生まれたもの」という意味だと聞いたと『天塩日誌』に記録しています。
IMG_11945.jpg

明治2年に「蝦夷地」を命名するにあたり、開拓判官であった松浦武四郎はアイヌの長老から聞いたことを参考に、日本の「」にある「カイ」、それに旧領土を指す「」をつけ『北加伊道』という案を考えました。これが「北海道」の始まりです。(以前NHKで嵐の松本潤松浦武四郎を演じたドラマがありました。時間が短くあらすじのような仕上がりになっていたのが残念でした。)
IMG_11949.jpg

そしてこの松浦武四郎の『天塩日誌』に残された記録などから、武四郎がアイヌと交流した筬島地区天塩川流域のこの地点北海道命名之地』の碑が建立されました。このような経緯を聞かずに、地図で「北海道命名の地」という表記を見ると「いったいどういう場所?」と思います。
IMG_11950.jpg

2011年には、それまで建立されていた碑に代わって、新たに当時の高橋はるみ知事が書いた5mのトドマツの碑が建ちました。
IMG_11952.jpg

夏はこの付近はヒグマが出るそうなのでクマ除けの鈴を鳴らしながら行きました。ちなみに真冬は写真の碑のかなりの部分が雪に埋もれるみたいですね。以前テレビの「ブギウギ専務」で見ました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 旭川 稚内 NHK

姿見駅からトレッキング

山頂をめざす旭岳登山はともかく、標高1,600m地点までは旭岳ロープウエイが運行しているため、天気さえ良ければ終着の姿見駅から気軽に歩いて山岳の景色を楽しむことができます。

姿見駅から歩いて最初に見えてくるのが丸い形の満月沼です。7月でもまだ雪が残っています。
ho2006 18

そしてそのすぐ近くに夫婦池が見えます。小さい方が擂鉢池で大きいは鏡池です。鏡池はその名の通り水面に旭岳が映りますが、このときは曇天でだめでした。
ho2006 21

姿見駅から30分ほどで姿見の池に着きました。池の向こうに水蒸気が噴出しているのは見えますが、上方は霧がかかっていて旭岳の姿は確認できませんでした。
ho2006 32

これらの沼や池はかつての火山活動の痕跡で、噴火口跡のくぼ地に水がたまったものです。まだ水蒸気が噴出しているところもあります。
ho2006 28

ここは緯度が高いので、植生は日本アルプスの標高2,500m以上に相当するエリアになります。本州なら簡単には見れないような高山植物を手軽に見ることが出来ます。
ho2006 24

1周約1時間のトレッキングコースで、天候さえよければ真夏でも快適に歩けます。重装備は不要ですが、石がゴロゴロしている道をアップダウンしますのでサンダル等は避けて運動靴を履き、水や雨具は用意して歩きましょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

田んぼアートさえも中止

旭川JAたいせつでは毎年田んぼアートをされています。
しかし、残念ながら2020年は中止になりました。まったく「密」ではないのですけどね・・
IMG_10934.jpg

昨夏2019年には行きました。行ったのは確か5回目です。
IMG_10937.jpg

昨夏のテーマは「がんばろう 北海道」でした。まさしく「がんばろう○○」は全国各地の今のテーマですね。
IMG_10931.jpg

横170m縦40mの水田に旭川のキャラクターあさっぴーたちが描かれています。
IMG_10945.jpg

使われている苗の色は6色あるそうです。
IMG_10948.jpg

特設見晴らし台の上から眺められますが、それでも大きすぎて全貌がとらえきれません。
IMG_10949.jpg

現地でアンケートに答えると後日航空写真で撮影した絵葉書を送ってくれます。
IMG_120191129_0001.jpg

そこで初めて「こんな感じだったのか」と知ることになります。この絵はがきはけっこう楽しみなんです。

それにしても今夏は各地のイベントが次々と中止されています。北海道は冬のイベントも多いですが、どうなるでしょう・・


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


theme : 北海道
genre : 地域情報

名寄VS北竜

道北名寄市ひまわりで有名です。市内のあちこちにひまわり畑があり、マップも作られています。
037.jpg

中でも有名なのはサンピラーパークです。映画「星守る犬」のロケ地にもなりました。
033.jpg

ひまわりの咲く時期が限られますので、7月に行ってまだ早かったということもありました。やはり本州と若干ずれがあります。
038.jpg

そして北竜町ひまわりは名寄以上に有名です。とくにひまわりの里は混雑します。
IMG_110748.jpg

ひまわりの里では期間中はいつも満開に見えるよう植え方や品種にも工夫がされているそうです。
IMG_10570_20180809190616e85.jpg

ちなみに以上の写真は昨年までのものです。今夏は名寄のサンピラーパーク北竜のひまわりの里コロナの影響でひまわりは植えていないようです。コロナのため本当にどこの観光地も忍耐の夏になっています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 北海道 道北

天然湖のようなダム湖

前々回に紹介した夕張市シューパロ湖はダム湖では第2位の面積です。そして第1位は道北・幌加内町朱鞠内湖です。1943年に雨竜第一ダムが完成したことで湖ができました。
私が訪れた朱鞠内湖展望台はダムのすぐ横にあり、丘の上から朱鞠内湖を眺めることができます。
2015A010X7 (81)

湖の面積は23.73㎢あります。ダム湖の面積は湛水面積(最大貯水時の面積)ですので、単純に天然湖とは比べられませんが、あえて比較すると摩周湖より少し大きい第20位の面積です。
2015広角6D (113)

湖はリアス式海岸のような入り組んだ複雑な形をしていて大小13の島々も点在しており、天然の湖のように見えます。周囲は深い原生林に囲まれており、湖岸に近づける場所は少ないです。
shumarinaiko.jpg

このあたりの冬は厳しく、湖の北部にある母子里では1977年に氷点下41.2度を記録しました。
また釣りの名所で、幻の魚イトウも生息していることでも知られています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

theme : 北海道
genre : 地域情報

tag : 夕張市 幌加内町

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性 兵庫県在住

北海道旅行での写真や情報が中心のブログです。
夏に行くことが多いため、ほとんど夏の風景や情報です。

また地元周辺の京阪神や、北海道以外の旅行先の情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
お願い
当ブログの北海道記事は過去の情報も含まれます。ご紹介した情報について補足訂正等がありましたらお知らせ頂ければ幸いです。 また新型コロナの影響もあり関西周辺情報が多くなっています。ご了承ください。
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
ランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース