密談場所は紅葉名所

奈良談山神社です。この地で中大兄皇子中臣鎌足蘇我氏打倒の密談を行ったとされています。(談山の談の字はそこから来ているそうです)
かなり山奥で、妻は「本当にここまで登ってきて話をしたのか」と疑念を抱いておりました。境内からさらに15分ほど山道を登った場所に、ここで密談したという碑がありますが、ピンポイントで場所まで特定されるのは確かに怪しい・・あくまで伝承ですね。
IMG_0369_20201121174431bfb.jpg

ただこの場所は奈良でも屈指の紅葉名所として有名です。紅葉シーズンの今は多くの人が訪れます。神社ですが拝観料は600円必要です。
IMG_0450_2020112117442907d.jpg

藤原鎌足の息子が687年に父の供養のために十三重塔を建造したことが談山神社の起源となっています。なので祭神として藤原鎌足を祀っています。
IMG_0384_20201121174427126.jpg

現在の塔は1532年の再建ですが、それでも現存する世界唯一木造十三重塔です。国の重要文化財です。
IMG_0441.jpg

紅葉に囲まれる塔は人気の撮影ポイントです。
IMG_0380_20201123132010f48.jpg

本殿は701年の創建され、1850年に建て替えられました。これも国の重要文化財です。
IMG_0438.jpg

本殿は三間社隅木入春日造という珍しい建築様式(私にはよくわかりませんが・・)で、日光東照宮の手本にされたといいいます。
IMG_0439.jpg

拝殿の中から眺める紅葉は、建物がフレームになり、まるで絵画のようです。
IMG_0423.jpg

最寄駅からバスで25分ということで、アクセスのよい京都嵐山東山の紅葉名所に比べると混雑具合ははるかにマシです。ニュースで見ると3連休の嵐山などは通勤ラッシュのような混雑ぶりでしたからね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



西塔エリアは人少なめ

比叡山延暦寺西塔エリアです。前回紹介した東塔エリアから歩いて20分くらい離れています

まず最初にあるのが2つのお堂。左に常行堂
IMG_10532.jpg

右に法華堂
IMG_10533.jpg

常行堂と法華堂は同じ形をしています。そしてこの2堂は渡り廊下でつながっており、俗に「にない堂」と呼ばれています。延暦寺の紹介で必ず登場します。重要文化財です。法華と念仏が一体であるという延暦寺の教えを表現しているそうです。
IMG_10530_2017050320003732c.jpg

西塔エリアの中心釈迦堂です。ここも.織田信長焼き討ちにあっています。現在の建物は豊臣秀吉園城寺三井寺)の弥勒堂を移したものだそうです。
IMG_10543.jpg

浄土院です。最澄の御廟所で、比叡山で最も清浄な聖域とされています。
IMG_10544.jpg

東塔エリアよりも北に1キロのこの西塔エリアは美しい木立に囲まれ荘厳な雰囲気が漂います。
東塔エリアよりも人は少なめです。さらにここから離れた横川エリアはもっと人は少ないようです。歩くと1時間以上かかります。(私も横川まで行きませんでした・・)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング






国宝が勢ぞろい!

京都国立博物館特別展覧会国宝」に行ってきました。京都で開かれるのは41年ぶりだそうです。
IMG_10330_20171027152030e71.jpg

200点以上の国宝展示期間を4期に分けて公開されています。私が訪れたのは第Ⅱ期で、残念ながら見たかった「伝源頼朝像」「金印」「燕子花図 尾形光琳」などは別の期間でした。せめてもと売店でこれらがデザインされたグッズを購入・・主催者の思うツボです(笑)
IMG_10359_20171027152029c64.jpg

俵屋宗達風神雷神図屏風」は展示されていました。以前、建仁寺でレプリカ(下の写真)を見たことがあります。本物と聞くと重厚に見えるから不思議(というか単純)です。
IMG_20929.jpg

会場の京都国立博物館そのものも見どころがあります。
正門は明治28年10月竣工。昭和44年に重要文化財に指定されました。
IMG_10351_20171027153727676.jpg

また正門の正面奥にある明治古都館(旧 帝国京都博物館 本館)も、明治28年10月竣工、30年5月開館の煉瓦造の建物で、やはり昭和44年に重要文化財に指定されました。、
IMG_10340_201710271537261c8.jpg

ちなみに京都国立博物館のすぐ南には三十三間堂があります。
10010.jpg

私は平日に休暇を取り、開館前から並びました。おかげでスムーズに見学できました。それでも開館10分後には「曜変天目」には100人を超える行列ができていました。きっと「なんでも鑑定団」の影響ですね。実際に私もテレビを見なければ真っ先に駆け足で陶磁器の部屋などには行かなかったですからね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


中之島モダン建築

複雑に入り組んだ大阪の土佐堀川堂島川にはさまれた中洲部分中之島です。
このあたりには大阪市役所もあり大阪行政の中心です。
なので、この周辺には戦前に建築されたモダン建築も多く残っています。

大阪証券取引所
昭和10年建築。12年前に全面改装されましたが、円筒形の旧市場館と外壁は残されました。
IMG_10048_20150823142827539.jpg

大阪市中央公会堂
大正7年建築。16年前に復元改修が行われました。国の重要文化財です。
IMG_10059_20150823142827f11.jpg

大阪府立中之島図書館
住友家の寄付により明治37年に開館
IMG_10061_20150823142826eec.jpg

日本銀行大阪支店
明治36年建築。内部は改修されたがレトロな外観は残されています。
IMG_10067_20150823142825af9.jpg

神戸モダン建築は有名ですが、このような建築を楽しみながらの中之島散策もいいものです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


三名閣をご存じですか

京都西本願寺にはいくつかの国宝建築物があります。
門をはいってすぐ見える2つの建物も国宝です。左が御影堂で右が阿弥陀堂です。
IMG_10005_20160620175615804.jpg

南側にある唐門国宝です。伏見城の遺構ともいわれています。確かに派手な装飾は秀吉の好みです。
IMG_10015_201606201756147ec.jpg

下の写真は西本願寺の僧侶の研修施設である伝道院です。そもそもは明治に真宗信徒生命保険株式会社の社屋として建てられました。
これは重要文化財ですが、西本願寺と対照的なイメージのこの洋風建築も一見の価値があります。
IMG_10002_20160620175614851.jpg

そして西本願寺で私が一番見たい国宝建築は飛雲閣です。
金閣銀閣と並んで「京都三名閣」といわれ、秀吉の建てた聚楽第の一部だという説もあります。
残念ながら普段は非公開です。ときどき特別公開されますが、私はこれまで見たことはありません。
塀の上から背伸びして撮影しました。やはり派手な色の装飾絵画が秀吉の好みですね。
P11010385.jpg

ちなみにちょうどこの日BS日テレ船越英一郎の京都の極み」という番組のロケをやっていました。後日このときのオンエアーを見ると、船越さんはこの飛雲閣の建物の中まで入っていました。うらやましい限りで・・
P11010388.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都の三大三門

前回は妙心寺の三門の特別拝観の話でした。
ちなみに、京都の寺院の三門で「三大三門」というと一般的には以下の三門があげられます。

知恩院三門

現存する木造の2階2重門としては、高さ24m横50mで日本最大です。現在の三門は、1621年に徳川秀忠によって再建されたもので、国宝に指定されています。

1043.jpg

東福寺三門

現在の三門は、1427年足利義持によって再建されたものです。現存する禅寺の三門としては最古のもので、国宝に指定されています。

IMG_10695.jpg

南禅寺三門

現在の三門は、1628年に藤堂高虎の寄進によって再建されたものです。国の重要文化財に指定されています。
有料ですが、常時楼上の拝観ができます。そこからの眺めは石川五右衛門の「絶景かな~」で有名ですね。

123022_2015022815510737b.jpg

いずれの三門も実際に近くで見ると圧倒されます。ぜひ訪れてみてください。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


安土山を丹念に

安土山に登ったのなら、天守跡だけでなく、ぜひとも摠見寺跡まで足を運びましょう。
織田信長が築城時に自分の菩提寺にするため他から移築してきた寺と伝えられています。
今は本堂はなく、礎石だけが残っています。

2010.jpg

本堂はなくても三重塔が今にも崩れそうな雰囲気で残っているのが何ともいい味です。

2020.jpg

ここは西の湖(昔は琵琶湖だった)が一望できる絶景ポイントです。

2020_201404282054150f1.jpg

さらにこの場所から石段を降りると仁王門があります。順路だと内側から門をくぐることになりますので、いったんくぐってから振り返って仁王門を眺めましょう。重要文化財に指定されています。

2030.jpg

本来はここから下まで降りれるのですが、私が訪れたときは道が崩れていて通行禁止でしたので、再び戻ることになりました。それだけに山頂まで登った疲れもあって行かない人も多いような気もします。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


桜の名所ではありませんが

京都下鴨神社です。(写真は境内にある重要文化財舞殿」です)
神社造営の時期は明確ではないですが、677年が有力だそうです。

1016u.jpg

そんな由緒ある下鴨神社ですが、の名所というわけではありません。

この神社でが見れるとすれば・・
まず「糺(ただす)の森」と呼ばれる本殿に続く森の中に枝垂れ桜

1008p.jpg

糺(ただす)の森」を抜けた朱塗りの楼門の手前にも数本の

1009t_20140401181207e7e.jpg

境内の中の御手洗池に架かる橋のところに1本の
ちなみにこの御手洗池は「みたらしだんご」の発祥地です。

1013f_20140401181206a69.jpg

ですからの季節でも人は少なめなので、この神社のもつ神秘的な空気を十分に堪能できます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


京都・仁和寺

私が初めて仁和寺の名前を知ったのは高校の古典の授業だったと思います。
それほど歴史のあるお寺なわけですが、私は初めて訪れました。

二王門重要文化財です。左右に金剛力士像を安置することから名付けられたとのことです。
100046.jpg

五重塔重要文化財です。
100041.jpg

仁和寺の本堂である金堂。これは国宝です。
100043.jpg

世界遺産にも登録されているお寺ですが、この日は空いていました。
100039.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース