光秀の胴と首の行方

本能寺の変のあと、秀吉との山崎の合戦に敗れた明智光秀は近江の坂本城へ敗走中、現在の京都市伏見区小栗栖の藪の中で落ち武者狩りに遭い殺害されたとされています。
家来は切断された光秀を埋めたものの、掘り出され秀吉に差し出されたと言います。

その明智光秀の胴を供養する碑が殺害されたといわれる明智藪の2kmほど北にあります。
IMG_0030_2020060615403273a.jpg

明智光秀の「胴塚」は昔からあったそうですが、昭和になって石塔が建てられ、その後今の場所に移されたとのことです。
コイン精米所のとなりの交通量の多い道路の脇にひっそりとありました。
IMG_0035_20200606154031ae0.jpg

それに対して「首塚」はさらに離れた京都の三条にあります。風情ある白川のほとりに「餅寅」という和菓子屋さんがあり、その横の路地を入ります。
IMG_0070.jpg

路地を10mほど入ると小さな五重の首塚があります。
IMG_0073_20200607060925c90.jpg

首塚の前には小さな祠が建てられています。維持管理されているのは路地入り口の和菓子屋さんだそうです。
IMG_0075.jpg

亀岡の谷性寺にも光秀の首塚があり、墓もいくつかの場所にあります。それぞれに真偽のほどは定かではありません。
IMG_0076_2020060615402834d.jpg

そうだとしても、首塚がこのような目立たない路地裏にひっそりとあるのはやはり謀反人としての扱いなのでしょうか。

いよいよ「麒麟がくる」も日曜日で最終回です。明智光秀は死なずに生き延びて徳川家康から光秀までを陰で支えた南光坊天海という僧になったという伝説もあります。家光の「光」の字は光秀からとった、徳川家光の乳母お福(のちの春日局)は光秀の重臣斉藤利三の娘である、徳川家康が祀られる日光東照宮の近くに明智平という地名があることなどが根拠とされています。
さて大河ドラマでは光秀の最期はどのように描かれるのでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



水攻めのち猛ダッシュ!

大河ドラマ麒麟がくる」もいよいよ大詰めです。
明智光秀本能寺織田信長を討ったとき、羽柴(豊臣)秀吉は現在の岡山市北区高松にある高松城を攻略中でした。

香川の高松城と区別するため、岡山の高松城備中高松城と呼ばれることが多いです。現在は公園になっていて、城の痕跡はほとんど残っていません。
IMG_2964.jpg

この城は羽柴秀吉水攻めの城として有名です。高松城址資料館(上の写真の白い蔵の建物)へ行くとそのときの様子がわかります。
IMG_2966.jpg

石垣は築かれず土塁によって築城され、周囲は低湿地帯で天然の堀になっていました。
IMG_2970.jpg

築城年代は不明ですが、秀吉が攻めていたときの城主は清水宗治でした。
IMG_2972.jpg

低湿地帯の中にあるため攻めあぐねていた秀吉軍でしたが、黒田官兵衛の案で周囲に堤防を築き水攻めに転じ成功しました。
IMG_2969.jpg

この戦いの最中に本能寺織田信長明智光秀に討たれたという情報が入ります。秀吉はそれを伏せたまま毛利方と和睦を結び、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために急いで軍を引き返しました。ここから京都まで10日で戻ったという伝説の「中国大返し」がこの場所からスタートしたわけです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース