乗馬を満喫!

たっぷり乗馬を楽しむなら・・・

川湯パーク牧場摩周湖トレッキングコースです。
片道で90分はかかります。
摩周湖の山のふもとからけもの道を通って外輪山を越えていくというワイルドなコースです。
集合は朝の8時くらいですが、このコースに参加する初心者の方は前日夕方までに簡単なレッスンを受けます。(本当に簡単でした)
ですから前日は川湯温泉に宿泊しないといけませんね。

場所は川湯温泉の入り口近くにあります。摩周湖コースでなければ、草原コースなど手軽なトレッキングコースもあり、硫黄山周辺を堪能できます。
CIMG0924_convert_20090628093003.jpg

摩周湖コースは後半はけもの道あり、急こう配ありで、本州では初心者は行かせないようなコース。
CIMG0949_convert_20090628093053.jpg

このコースを開拓したのは牧場の社長さん(写真)です。このコースは必ず社長さん自らが先導するそうです。
IMG_0338_convert_20090628093214.jpg

ゴールは摩周湖の近く。ここは一般の人は行けません。(法律上も地理上も・・・)
つまりこのアングルで摩周湖を撮れるのはこのコースに参加してのみということです。
ちなみにこの場所はかつてはシカが休憩していた場所だそうです。
IMG_0339_convert_20090628093540.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


摩周湖は実は単なる水たまり!?

美しいカルデラ湖の摩周湖
あの湖は法律上は「ただの水たまり
だそうです!
CIMG0635_convert_20090105223301.jpg


摩周湖は明治以来宮内大臣名義だったのを、2001年にやっと名義を替えることになりました。
だが、摩周湖に樹木がないため農水省名義にできず、また摩周湖を源流とする河川もないので国交省名義にもできなかったそうです。

2003年に湖内のカムイシュ島は農水省林野庁の管轄下となり、摩周湖の管理も林野庁が行うことになりました。
しかし摩周湖そのものは法律上は所有省庁のない無登記の「大きな水たまりだそうです。

日本地図のおもしろい読み方 (扶桑社文庫)日本地図のおもしろい読み方 (扶桑社文庫)
(2008/02)
「地図の読み方」特捜班

商品詳細を見る




北海道へ行こう!~食を求めて~

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




くりーむ童話

北海道は冬のアイスクリームの売り上げが全国1位だそうですね。
確かに外の寒さは厳しいですが、室内はハワイ並みだとか~

だからでしょうか、北海道にはおいしいアイスクリームがいっぱいあります。

川湯温泉摩周湖の間の国道391号近くにあるのが、くりーむ童話
260_convert_20100122215227.jpg

たくさんの種類があり、2年連続で訪れました。
店内でもゆっくりと座って食べれます。
百聞は一見にしかず、一度行ってみてください!
261_convert_20100122215340.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

道東の観光地駐車場

私が初めて北海道を訪れたのは今から15年ほど前です。
そのとき関西と比べて小さな感動だったのが観光地駐車場です。
とくに道東のほとんどの所が無料でした。

それが知床世界遺産になったころから、事情が変わってきました。
今では私が知っているだけでも、知床五湖摩周湖硫黄山などの場所が有料になりました。
女満別空港などの地方空港の駐車場も無料でしたが、今でもそうなのでしょうか。ここ数年はフェリーを利用しているので知りませんが、ひょっとしたら有料になっているような気も・・・

もちろん施設の維持を考えれば、これまで無料だったことの方が不思議ではありました。

ただ、別に北海道の魅力とは無関係かもしれませんが、お金のことではなく、何となく残念な気が・・・
CIMG0985_convert_20091107201025.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


たっぷり乗馬したいなら

たっぷり乗馬を楽しむなら・・・

川湯パーク牧場摩周湖トレッキングコースです。
片道で90分はかかります。
摩周湖の山のふもとからけもの道を通って外輪山を越えていくというワイルドなコースです。
集合は朝の8時くらいですが、このコースに参加する初心者の方は前日夕方までに簡単なレッスンを受けます。(本当に簡単でした)
ですから前日は川湯温泉に宿泊しないといけませんね。

場所は川湯温泉の入り口近くにあります。摩周湖コースでなければ、草原コースなど手軽なトレッキングコースもあり、硫黄山周辺を堪能できます。
CIMG0924_convert_20090628093003.jpg

摩周湖コースは後半はけもの道あり、急こう配ありで、本州では初心者は行かせないようなコース。
CIMG0949_convert_20090628093053.jpg

このコースを開拓したのは牧場の社長さん(写真)です。このコースは必ず社長さん自らが先導するそうです。
IMG_0338_convert_20090628093214.jpg

ゴールは摩周湖の近く。ここは一般の人は行けません。(法律上も地理上も・・・)
つまりこのアングルで摩周湖を撮れるのはこのコースに参加してのみということです。
ちなみにこの場所はかつてはシカが休憩していた場所だそうです。
IMG_0339_convert_20090628093540.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

摩周湖と太陽3つが見たい~

太陽が3つに見える幻日という現象があります。

両端の太陽は空中の氷の結晶の影響で見えるそうです。



で、北海道の場合、摩周湖がこの幻日の観測ポイントで4~5月と10~11月のやや曇った日に出現率が高いそうです。
地元の写真家のみなさん、4月です。
ぜひ摩周湖と上に輝く3つの太陽の写真をお願いします!

摩周湖はただの水たまり!?

羊蹄山が大きな浄水器と一昨日に書きました。
同じ美しいカルデラ湖の摩周湖は法律上は「ただの水たまりだそうです。
CIMG0635_convert_20090105223301.jpg


摩周湖は明治以来宮内大臣名義だったのを、2001年にやっと名義を替えることになりました。
だが、摩周湖に樹木がないため農水省名義にできず、また摩周湖を源流とする河川もないので国交省名義にもできなかったそうです。

2003年に湖内のカムイシュ島は農水省林野庁の管轄下となり、摩周湖の管理も林野庁が行うことになりました。
しかし摩周湖そのものは法律上は所有省庁のない無登記の「大きな水たまりだそうです。

日本地図のおもしろい読み方 (扶桑社文庫)日本地図のおもしろい読み方 (扶桑社文庫)
(2008/02)
「地図の読み方」特捜班

商品詳細を見る

今や超有名な神の子池

少し前までは知っていることが自慢だった神の子池

いまやガイドブックにも載ってる観光スポットですね。
CIMG0890_convert_20081122205006.jpgでも大型バスでは行けないので、訪れる人は多くないようで、私も数回行きましたが、池で人に会ったことはないです。

地下で摩周湖とつながっているとかで、その水の色は神秘的です。
池の中には大きな倒木があるのですが、水がきれいなため腐ることなくそのままの形で残っています。

あの人のいない森の中であの池の水の色を見たら、神秘的というよりは、少し不気味な印象を持つのは私だけでしょうか・・・

摩周湖第二展望台 どこやの~?

昔は摩周湖への道は第三展望台で行き止まりで、折り返しだったようです。

その頃には第一と第三展望台の間に第二展望台があったようです。

鉄道の廃線跡と同じように、第二展望台跡のようなものはないのでしょうか。

どのような摩周湖が見れたのか、そもそもなぜ使われなくなったのか・・・
ネットでも詳しいことはわからず、北海道ファンの私としても大変気にはなっています。

ちなみに写真は馬に乗って行ったどこの展望台でもないところからの摩周湖を眺める私です。
CIMG0954_convert_20081122203200.jpg

摩周湖のとなりに新しい摩周湖!?

摩周湖のすぐそばに新しい摩周湖があるの知ってます?

摩周湖を見下ろすように摩周岳(カムイヌプリ)がそびえています。
この火山の頂部には直径1.2~1.5km、深さ270~470mの大きな火口があります。
ここにすでに水が貯まりはじめており、数千年後には新しい摩周湖になるそうです。(写真右の山頂部)

CIMG0633_convert_20081120212731.jpg

以前、テレビ番組で空撮しておりましたが、まさしくここが湖になるぞという雰囲気でした。
ひょっとしたら、今の摩周湖とつながったりするかもしれません。
その頃も北海道は観光客がいっぱいいて「昔は摩周湖って今より小さかったんだって~」などと言っていればいいのですけどね。
これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース