道後の大黒屋

愛媛県道後温泉にある大黒屋道後店に行きました。うどんと釜めしの老舗です。
IMG_0123_20200922141239cdb.jpg

いつも混んでいると聞いていましたが、緊急事態宣言やまん延防止の期間ではなかったのですがすいていました。
IMG_0124_20200922141239359.jpg

ネギや錦糸卵、海苔などの具材がたっぷり乗った名物の「大黒うどん」をいただきました。讃岐うどんと同じくしっかりとしたコシが特長です。
IMG_0126.jpg

訪れたときは宇和島鯛めしとのセットが安かったので、釜飯ではなくこちらをいただきました。鯛そのものにタレで味が付いているのでこのまま醤油もかけずにおいしくいただきました。
IMG_0127_20200922141236791.jpg

道後温泉にはたくさんの人気店がひしめいていますが、ここは道後温泉駅や商店街から少し外れているので、もしかすると比較的すいているかもしれません。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



建物が貴重な資料館

愛媛県にある宇和島市立歴史資料館です。
IMG_0164_20200922175014b21.jpg

何より見どころは建物です。明治17年に「宇和島警察署」として建てられたものです。その後、南宇和で役場として使われるなどして、平成4年に今の場所に移築・復元されました。
IMG_0152_20200922175013d4b.jpg

復元の調査で、小屋組みの合掌には、隅合掌(すみがっしょう)や蕪束(かぶらづか)といった高水準の工法が用いられたことが確認されました。一部天井に穴があけられ工法が見られるようになっています。
IMG_0157_202009221750120d2.jpg

また窓は西洋風の重厚な上げ下げ窓枠を用いるなど愛媛では先駆的な本格的洋風建築です。
IMG_0161.jpg

目の前には樺崎砲台跡が復元されています。江戸時代はこのあたりは海岸線だったのですね。結局外国船がここまで来ることはなく使用されることはありませんでした。
IMG_0150.jpg

宇和島市立歴史資料館の建物は平成8年に登録有形文化財に登録されました。愛媛県では初だそうです。
IMG_0166.jpg

資料館への入館は無料です。宇和島の歴史資料や郷土の偉人の説明などが展示してありました。前回紹介した宇和島城から少し離れていますが、宇和島に行ったならぜひ見ておきたい建物です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

すし丸本店の鯛釜めし

以前、愛媛県松山市に行ったとき、せっかく松山まで来たのだから郷土料理をいただきたいと思い「すし丸本店」に行きました。
場所は松山城に近い大街道という市内で最も賑やかな場所にあります。
IMG_10170_20170331071104750.jpg

雑誌には「寿司を中心に瀬戸内の小魚や山里の幸が味わえ、日本料理の専門店として地元でも人気が高い」と掲載されていました。そして、おすすめメニューとして「松山鮓」が紹介されていましたが、私はお品書きを見て「鯛釜めし膳」(1350円)を注文しました。
店員さんに「30分ほどお待ちいただいても大丈夫ですか」と聞かれましたが、このあと予定もありませんでしたのでお願いしました。
IMG_10167_20170331071103b7d.jpg

鯛の上品な風味生米から炊き上げた釜めしの味わいが絶品です。
IMG_10166_20170331071102cea.jpg

釜めしならではのカリッとしたおこげもなかなかのもの!
IMG_10169_201703310711018fc.jpg

年配の店員さんがお二人おられましたが大変やさしい方で大満足の夕食となりました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


みかんジュース専門店

愛媛県松山市10FACTORY道後店へ行きました。道後温泉駅近くの商店街の中にあります。
IMG_10149_20170330210131d5f.jpg

愛媛県産みかんを使ったジュースやジャムなどオリジナル商品を販売しています。
IMG_10155.jpg

店内にはイートインスペースがあり、ジュースなど店内で買ったものを飲食できます。
IMG_10153_20170330210130b25.jpg

みかんジュースお試し3種セット」(300円)は、3種のジュースを飲み比べることができるようセットされています
このときは産地の違う温州みかん2種類伊予柑を飲みましたが、なるほど確かに違います。
IMG_10150_20170330210129e6f.jpg

みかん王国愛媛ならではのお店です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




のまうまハイランド

愛媛県今治市にある「のまうまハイランド」です。話題の「加計学園 獣医学部」の近くです。
IMG_10093_201703301656382d5.jpg

野間馬」というのは体高110センチ以下日本最小の在来馬です。江戸時代にこのあたりで育てられていた合戦用の馬でしたが、その中で合戦に不向きな小柄な馬が農家に無償で払い下げられて増えました。
IMG_10081_20170330165637a38.jpg

おとなしい性格で粗食に耐え丈夫で力持ちだったので、田畑を耕したり荷物を運んだりするのに役立ちました。
P11010846.jpg

その後、農作業の機械化に伴い数が激減し絶滅の危機にありましたが、今は野間馬保存会がここ「のまうまハイランド」で育成・保存して80頭にまで増えています。
IMG_10088_2017033016563611e.jpg

入園無料ですので、馬好きの方は今治に行かれたらぜひ訪れてみてください。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



難攻不落の松山城

伊予松山城愛媛県松山市の中心にある現存12天守の名城です。
IMG_10113_20170331182835bbe.jpg

松山城は難攻不落の城として有名です。
写真のような高石垣が巧みに配置され敵の侵入を阻みます。
IMG_10099.jpg

下の写真の場所は本来天守へは右に曲がるべき所を見学者が誤ってまっすぐ行かないようになっていますが、実際に侵入してきた足軽たちは目の前に見えている天守を目指して直進するでしょうね。これもです。
IMG_10105.jpg

このほかに石落とし(下の写真の石垣の上の飛び出している部分)があちこちにあり、また隠門もあり、とにかく攻めにくい工夫がされた城であることがわかります。
IMG_10114_20170331183839ad1.jpg

標高132mの勝山の上にある松山城へは徒歩かロープウェイリフトで上がれます。
私は上りはロープウェイ、下りはリフトを利用しました。
IMG_10133_2017033118283359e.jpg

昨日、この周辺でゴルフの練習をする人が多く、土塀がゴルフボールでへこんでいるというニュースを聞きました。本当に残念な話です・・



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



初しまなみ海道

四国に渡るのに初めて広島県尾道市愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」を通りました。
瀬戸大橋明石海峡大橋と違い、たくさんの島々を経由して本州四国を結んでいるので橋の数も多いです。
写真は向島と因島を結ぶ因島大橋です。本州から2つ目の橋です。
IMG_10002_201703311856049d4.jpg

下の写真は生口島の瀬戸田PAから見た多々羅大橋です。生口島と大三島を結んでいます本州から4つ目の橋です。
IMG_10005_201703311856035b5.jpg

最後7つ目に渡った来島海峡大橋です。日本三大急潮に数えられる来島海峡にかかる全長4kmの橋です。
IMG_10018_20170331185602c17.jpg

この橋の全景を見るために四国側の来島海峡SAに寄りました。
下の写真のように木が邪魔で少し見にくい状態でした。
IMG_10027_20170331185601e29.jpg

ただここで食べた「じゃこカツ」がおいしかったです。
じゃこ天」もありますし、その意味でこのサービスエリアは立ち寄る価値ありでした。
IMG_10031_20170331185600c50.jpg

私は旅行の行程上、途中の島々に降りることなく四国に渡りましたが、村上水軍の資料館や展望台、いろいろなお店もあるようなので、そこも行ってみる価値はあると思います。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース