どう見ても石造りなのに…

小樽運河の倉庫群は、何造りかと尋ねられると、普通は石造りと答えますよね。
371.jpg

しかし、実は建築法的には「木造なのだそうです。どうして?と思いますが、それは中を見ればわかります。

下の写真は石造りに見える倉庫の内部です。確かに中は壁から天井まで見事に木造ですね。一般的には「木骨石造」と呼ばれますが、あくまで法律上は「木造」のカテゴリーになるそうです。
370.jpg

倉庫を造るときに、まず木で骨組みを造ります。その方が形も作りやすいそうです。
小樽がかつて海運で栄えていた頃に使われていた倉庫は、今では様々な店舗に再利用されています。店内に入る機会があれば、ぜひ内部の木造の様子もご覧ください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



小樽の海岸線の痕跡

小樽観光の中心地は小樽運河北一ガラスなど多くの店が並ぶ堺町通りです。
ところで、この堺町通りのすぐ近くに下の写真のような険しい崖があります。
IMG_0316_2020041320505260c.jpg

わざわざこの崖を登っていく観光客はほとんどいませんが、この崖の上が「かつての本来の小樽」です。
実はこの崖はかつての海岸線の痕跡なのです。現在観光客で賑わっているあたりは昔は海で、後に造られた埋め立て地です。
IMG_0320_202004132047395ea.jpg

そう思ってこの地形を見たら昔の小樽の風景が見えてきます。
IMG_0303_2020041320474171c.jpg

ちなみにこの崖の上には水天宮という神社があります。せっかく小樽に来たらばここまで上がって昔の風景を想像しながら眺めてみるのもいいかもしれません。
IMG_0318.jpg

実はこの情報は以前にNHK「ブラタモリ」でやっていました。このブログでもそのときに紹介しましたが、新型コロナ感染拡大以来ネタが不足着気味なもので再掲しました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

安住アナの影響か!?

小樽はかつては流通の拠点で、たくさんの物資が保管された倉庫が今も小樽運河周辺に残っています。そして役割を終えた倉庫は新たに様々な施設や店舗として再利用されています。
そんな中にこのブログで前回・前々回と続けて紹介したライバルの六花亭北菓楼の店舗が並んでいます。
371.jpg

ところでだいぶ以前の話ですが、テレビ番組で北海道出身のTBSの安住アナ北菓楼を「ほっかろう」と読んで大泉洋さんに「北海道を捨てた男」と罵られるという場面がありました。(正しくは「きたかろう」です)
その放映1年後に小樽に行ったときの北菓楼の写真が下です。北菓楼という文字が新たに壁面に大きく掲げられています。
X7 2014 (364)

そして注目すべきはわざわざ「きたかろう」とふりがなが付けられたことです。
X7 2014 (365)

私は六花亭をライバル視する北菓楼が、全国ネットで名前を読み間違えられたことが、このふりがなの付いた看板に影響したように思えてなりません。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

運河横のここは初めて

小樽運河のいつも人の多い交差点に古めかしいがあります。
IMG_10752.jpg

出抜小路という商業施設ののシンボルタワーです。昔小樽入船町にあった望楼火の見やぐら」を模したもだそうです。
以前からあることはわかっていましたが、入店者のみ上がれるのだろうと思っていました。しかし今回初めて誰でも上がれるということがわかり上がってみました。
IMG_10758.jpg

そんなに高くはないので絶景とまではいかないまでも、見慣れた小樽運河の風景を俯瞰で眺めることができました。
IMG_10760.jpg

私と同じように思っている方はぜひ一度上がってみてください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



冬の運河も見てみたい

もう小樽運河を写真に撮るのは何度目でしょうか。
IMG_10755_20170812152941531.jpg

小樽フェリー埠頭があるので宿泊する機会が多く、泊まる度、せっかくなので運河の方を散歩しようということになり、写真に収めることにもなるわけです。
IMG_10296.jpg

ただ私が小樽に行くのはおもに夏で、真冬には行ったことがありません。運河周辺でも冬のイベントをしているとのことですので、一度冬に行ってみたいなとは思います。
IMG_10292.jpg

上の写真は唯一3月末に訪れたときのものですが、雪こそ少し残っていたものの冬の雰囲気はありませんでした...



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





早春快晴の運河

ここ数年は連続して小樽には立ち寄っていますが、ここまで快晴だったのは初めてかもしれません。
IMG_10296.jpg

これぐらい晴れると写真を撮っていても楽しくなります。
IMG_10295_20160417154641035.jpg

ただ3月でも人は多かったです。しかもほとんどはアジア系の外国人観光客です。
IMG_10299_201604171546409ce.jpg

同じ小樽運河でも北運河と呼ばれるエリアはまだ人は少ないです。
人が多すぎてうんざりするときはぜひ北運河方面へ行ってみてください。
IMG_10292.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


昔の小樽の痕跡

小樽観光の中心地は小樽運河北一ガラスなどの多くの店が並ぶ堺町通りです。
ところで、この堺町通りのすぐ近くに険しいがあるのにお気づきでしょうか。
IMG_10315.jpg

わざわざこのを登っていく観光客はほとんどおられませんが、このの上が「かつての本来の小樽」です。
実はこのはかつての海岸線の痕跡なのです。つまり現在観光客で賑わっているあたりは昔は海だった場所で、後に埋め立てられました。
IMG_10303_20160417152728e1c.jpg

古い地図にもこのは書かれています。小樽が水運で栄えたのもこのから下を埋め立てたからです。
IMG_10327.jpg

そう思ってこの地形を見たら昔の小樽の風景が見えてきます。
IMG_10320_201604171513014c3.jpg

ちなみにこの崖の上には水天宮という神社があります。せっかく小樽に来たらばここまで上がって昔の風景を想像しながら眺めてみるのもいいかもしれません。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


苦労した小樽の朝食

フェリー小樽港で降りて、その夜に小樽市内で泊まるのはたいていは素泊まりです。

その場合の翌朝の朝食は、前夜に小樽運河あたりをうろうろするとき、コンビニで朝食用のパンを買っておきます。
朝起きて簡単に食べてすぐに出発するためです。

6D2014 (1017)

ところが今回は夜は大雨だったのでホテルから出ずに、朝になってから適当な場所で朝食をとることにしました。

しかしながら、意外と7時頃から開いている喫茶店がなかなか見つかりません。探し方が悪いのか実際にないのか・・
気がつけば小樽運河からJR小樽駅まで歩いていました。

6D2014 (1026)

結局、JR小樽駅の中にある「バーガーキング」が7時半から開くということで、5分ほど待ってから入りました。

6D2014 (1024)

小樽といえば比較的大きな町だと思うのですが、これほど朝食場所を探すのに苦労するとは思いませんでした

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


なぜか小樽運河

小樽といえば小樽運河というくらい、今は小樽観光の中心です。
周辺にはいろいろなお店があり、夏の観光シーズンはちょっとした都会のラッシュ風景です。
1380_20100422172626.jpg

しかしあの運河、歴史的背景はともかく運河そのものはきれいなわけでもなく、大阪神戸の沿岸にも同じような運河はいっぱいあるわけで、どうしてあそこまで人をひきつける観光名所になりえたのでしょう?

かくいう私も2年連続、それも昼と夜に訪れてるのですが・・・(基本はミーハー)

1378l.jpg
IMG_04851_20100422171015.jpg


1367c.jpg
IMG_05081_20100422171014.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


小樽・旧手宮線

手宮線は、かつて南小樽駅から小樽市内の手宮までの2.8キロの鉄道でしたが、1985年に廃線になりました。
1367k.jpg

今もあちこちにその跡は残っています。
小樽運河の南には遊歩道となって軌道跡が残っていました。
1368l.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース