キュッキュもできないでしょう

女子カーリングチームが銅メダルを獲得したことはまだ記憶に新しいですね、
というとで北見市常呂町にあるカーリングホールに行ってみました。
IMG_12093.jpg

平成25年に新しくなったカーリング場で「アドヴィックス常呂カーリングホール」といいます。
IMG_12094.jpg

誰でも申請すれば借りることができます。私のようないきなりの見学者は2階から見ることができます。
IMG_12098.jpg

初めて生でカーリングをしている様子を見ました。
IMG_12095.jpg

一時のブームは落ち着いたとはいえ、彼女たちの健闘ぶりが全国にカーリングというスポーツを認知させ、およそのルールを浸透させたことには間違いありません。ときどきBS放送でカーリングの試合を放送していますが、つい見入ってしまうことがあります。先日も藤澤選手の姉妹対決を見ました。
IMG_12099.jpg

やったことはなくとも自分には満足にストーンを投げられないことは容易に想像できます。そもそもがあのポーズを床の上でとるだけでも私は困難です・・きっとブラシみたいなのでキュッキュすることもできないと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト



祝!LS北見銅メダル!

日本カーリング女子LS北見が(正式には日本が)銅メダルを獲得しました!

北見というと内陸のJR北見駅あたりを思い浮かべますが、現在の北見市平成の大合併で大きくなり、オホーツク沿岸から石北峠まで東西110kmもあります。
その広い北見市の中でカーリングが盛んなのはサロマ湖のある常呂町で、LS北見のメンバーの多くはここの出身です。
私はここ数年、旅行で常呂町に足を踏み入れてはいますが、訪れているのはカーリングとは無縁の場所ばかりです。

例えば・・
ところ遺跡の森
今から4000年~1000年前の幅広い年代に渡る2500個もの竪穴式住居の跡があります。北見市全体では1万以上の住居跡があり、世界一の規模といわれています。
1153g.jpg

ホタテタワー
常呂森林公園のなかにある塔で正式には開拓百年記念塔といいます。高いですが一番上の展望室まで階段です。
1120e.jpg

1本の木
JA採草地にあるイタヤカエデの木です。森林公園の奥をダート3kmくらい進んだわかりにくい場所にあります。
1052g.jpg

そして「サロマ湖
言うまでもなく北海道で最大の湖。
1038u_20110417102302.jpg

これまでも常呂町出身の選手はカーリングでオリンピックに出場していますが、今回は「そだね~」や「赤いサイロ」などでも注目され、最後にはメダルにまで届いたということで、きっと北見市、中でも常呂町は大盛り上がりですね。
私は旅行で行くだけで、縁もゆかりもありませんが、今回のオリンピックの中では一番うれしいメダルでした!



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



最北ヴォーリズ建築

北見市にあるピアソン記念館です。
2.2016.S120 (1167)

大正3年に建てられたアメリカ人宣教師ピアソン夫妻の私邸を記念館として復元したものです。
一階の床板などは新しくしたものの、ほとんどは当時のままで、場所もそのままだそうです。
2.2016.S120 (1152)

ただ当時はこのあたり一帯が敷地だったそうですが、現在は周りは公園として残されているものの規模は大幅に小さくなっているとのことです。
2.2016.S120 (1165)

以前から北見で最も古い洋館ということはわかってはいましたが設計者は不明でした。
ここの館長さんの話では、たまたま訪れた人により「この建物はあのヴォーリズの設計ではないか」という指摘があり、1995年に「最北のヴォーリズ建築」として確認されました。その結果、北海道遺産にも指定されています。
2.2016.S120 (1151)

ヴォーリズ建築は関西にはかなり残っています。私の家の近くでは関西学院大学大阪大丸心斎橋店などがあります。下の写真は大阪高槻市にある大阪医大別館です。国の登録有形文化財です。
IMG_10960.jpg

北海道でも函館小樽ではモダンな洋館は見かけますが、この北見での洋館は確かに貴重ですね。
モダン建築に関心のある方は必見の建物です。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



仁頃はっか公園

北見市仁頃地区にある仁頃はっか公園です。
写真の建物は「旧五十嵐弥一邸」、通称「ハッカ御殿」です。
2016.6D (1284)

北見はかつてはハッカの名産地で、それで財をなした五十嵐弥一氏の住居です。
昭和12年に建てられ昭和61年まで使用されてきた住居が、平成6年にここに移築されました。
2016.6D (1290)

園内では7月下旬から8月下旬にかけて群生しているエゾミソハギが満開になることでも有名です。訪れたのは8月3日でしたのでちょうど満開でした。
2016.6D (1289)

もともとの公園名は「北見名水公園」だったそうで、この日も車で湧き水を汲みにきている人もいました。
本当はもう少しゆっくり鑑賞したかったのですが空が真っ黒になってきたので先を急ぎました。実際、北見市街地に着いたときは車からも降りられないような雨になりました。

もしかしたら先週の台風ではこのあたりも大変だったのではないでしょうか。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


北見市の観光協会へお願い

北見市観光協会HPを見ると「北見八景」なるものが紹介されており、そのひとつに「川向の麦畑」という場所に行ってみることにしました。7月末のことです。

しかしその場所に私は悩みました。
HPには「道道川向端野線から道道北見端野美幌線に入り、東10号で左折。南5線を少し走ると美しい風景が広がる」と一見ていねいな表記があります。

ところが、皆さんも行く気になって真剣に地図に照らし合わせてみたらわかると思いますが、2つの道道が直角に曲がって交差しているので、この記述では場所が特定されず何カ所かの可能性があります。(少なくとも地元民でない私は悩みました)

とりあえず最初に着いたのが下のような場所 (う~ん、そうかなあ・・)

X7 2014 (1170)

でも違うんではないかと次に目をつけたのが下の場所 (そうであるような、ないような・・)

X7 2014 (1175)

それでも違うんではないかと行ったのが下の場所 (かなりいい感じだが・・)

X7 2014 (1173)

結局はすでに麦が刈り取られていたり、そもそも「北見八景」の表示もないので、これ以上どう頑張ってもここだという確信は得られないと思い、このあたりということにして、その日の宿へ向かったのでした。(小一時間は車を何度もUターンさせてウロウロしましたね)

同じく2年前にも観光協会HPにある「1本の木にも苦労してやっとたどり着きました観光協会の方にこの声が届きましたらぜひご一考ください。(あえて宝探し的な要素を入れているなら話は別ですが)


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


世界一の住居跡

サロマ湖畔の栄浦という場所の森の中に常呂遺跡という1974年に国の史跡に指定された遺跡があります。
197_convert_20091024103350.jpg
この遺跡の特長は擦文(1000年前)・続縄文(1800年前)・縄文(4000年前)という時期の大きく違う年代の遺跡が同じ場所にあることで、貴重な遺跡だそうです。
この遺跡には2500以上の竪穴式住居が発見されており、復元された住居もあります。
1153g.jpg
北見市にはこのような竪穴式住居跡が1万個以上もあり、おそらく世界一の規模だろうと言われています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


オホーツク北見塩焼きそば

北海道北見市B級グルメオホーツク北見塩焼きそばです。
1068r_20121111171300.jpg

現在、北見市内の24店で提供されていますが、私はたまたま宿泊しているホテルの近くにあった「瀋陽飯店」でいただきました。
1063c.jpg

地元産の小麦を使った麺地元産のたまねぎやホタテを使った具、とてもおいしかったです!

次には他店のものも食べ比べてみたいです。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


夜のJR北見駅

JR北見駅は特急も停車するオホーツク側で最大都市北見市の玄関口です。
それでも一日の利用者数は平均900人程度で、旭川駅の5分の1くらいです。
いかにも地方都市の駅という佇まいです。
1069r.jpg

夜とはいえまだ平日の午後8時だというのにこの閑散とした雰囲気です。
1071f.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


緋牛内の大カシワ

これまた北見市の銘木「緋牛内(ひうしない)大カシワ」です。
1128d.jpg

場所は国道39号線を北見から美幌に向かい、ちょうど市境の緋牛内あたりで道路左手(美幌に向かって)に白い看板があります
1072z.jpg

しばらく砂利道を走るとど~んと立っています。
1076m.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


わかりにくい場所の「1本の木」

北見市の「1本の木」を求めて車を走らせました。

北見市というよりもオホーツクに面した旧常呂町にあります。
常呂森林公園に行くつもりで丘を上がり近くまで行き、ホタテタワーに向かわず直進し、JA採草地を目指します。
さらに進むとダートになり不安になりますが、ダートになってからちょうど3kmで立派な木が目の前に現れます。

1051t.jpg

樹齢200年のイタヤカエデの木です。オホーツク海を望む丘の上にあります。
敷地外から撮影できます。木が立っているところはJAの敷地ですので敷地外から撮影しましょう。
1052g.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース