1千万円のアスパラ

札幌市喜茂別町の境にあるのが中山峠です。峠の頂上に道の駅望羊中山」があります。
IMG_5188_convert_20230802151427.jpg

ここの名物はあげいもです。ただけっこうボリュームがあるので、このときは食べませんでした。
IMG_5191_convert_20230802151438.jpg

それにしてもこの日の峠は真っ白で羊蹄山の眺望どころか数m先がやっと見える程度でした。
IMG_5194_convert_20230802151447.jpg

8年前に訪れたときはいい天気でした。
IMG_10426.jpg

このときば羊蹄山もよく見えて文字通り「望羊」でした。
IMG_0428_convert_20240319135949.jpg

ちなみに写真の3本のモニュメントは「アスパラの塔」というそうです。覚えておられる方もいると思いますが、1990年に当時の竹下内閣が「ふるさと創生事業」という名目で全国3300の自治体に1億円ずつ配りました。このときに喜茂別町は地元の特産品としてPRするために1億円のうち1000万円を投じてこの「アスパラの塔」を制作したそうです。ステンレス製で高さは10・9・8mあります。
a2472122_m_convert_20240124162016.jpg

ふるさと創生事業」の1億円は経済活性化に役立った一方で、使い方がわからず無意味に自由の女神や村営キャバレーなどに費やした例も多くありました。この1000万円のアスパラの評判はどうだったのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



コスパ良好のアパ室蘭

室蘭アパホテルです。2021年に改装リニューアルされました。
IMG_1085_202205310908280d3.jpg

北海道で利用するビジネスホテルは東横インスーパーホテルが多いのですが、室蘭にはどちらもないのでアパホテルに泊まりました。
IMG_1086.jpg

ツインで7500円でしたが、夫婦でその金額というのはコスパはいいですね。しかも部屋はかなりゆったりとしていて過ごしやすかったです。
IMG_1087.jpg

50型大画面テレビもウリのひとつです。スマホ等の写真や動画を映し出す「ミラーリング機能」や映画・アニメなど200タイトル以上が見放題の「VOD無料視聴サービス」が標準です。
IMG_1088_20220531090826b61.jpg

室蘭の主要駅といえばJR室蘭駅JR東室蘭駅の2つがあります。私の印象では室蘭駅は市役所などがある行政の中心で、東室蘭駅は特急停車駅で商業施設の多いにぎやかなエリアです。アパホテル室蘭東室蘭駅から徒歩7分ほどの中島町という繁華街にあり便利です。
a25645934_s_convert_20240128142808.jpg

ただし、ビジネスホテルによくある無料の朝食は付いていません。近くのコンビニでパンとコーヒーを買いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

アンモナイトの宝庫

10日ほど前になりますが、道央の三笠市立博物館の学芸員の唐沢さんの話が新聞に出ていました。
北海道はアンモナイトの死骸が堆積した約1億年前の蝦夷層群が南北に貫いており、多くの化石が産出されます。とくに三笠から夕張あたりは大きなアンモナイトの化石が多く発掘されており、世界的に見ても貴重な地域だそうです。
aスクリーンショット_2024-01-16_171334_convert_20240116171802

三笠市立博物館は別名「化石の博物館」と呼ばれています。実際に第1展示室に入ると1mを超えるアンモナイトの化石がずらーっと並んでいます。大きさもですが、その数の多さに圧倒されます。
IMG_0784_convert_20240116164235.jpg

これまで発掘された中で世界最大のアンモナイトのレプリカがあります。想像以上の大きさに圧倒されます。
IMG_0785_convert_20240116164243.jpg

もともと三笠は炭鉱の町で、この博物館も開拓や炭鉱の歴史を伝える郷土博物館だったそうです。今でも第2展示室以降はそれがテーマになっています。しかし周辺の地層からいろいろな化石が発掘され、それに伴って博物館も一転して地質学重点になりました。そうなってからメディアで取り上げられる機会も増え、アンモナイトは三笠市のシンボルになりました。
IMG_0788_convert_20240116164251.jpg

それでも「三笠はアンモナイトの町」ということはまだまだ浸透しておらず、PRなど工夫の余地があるように思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


もふもふ姿が人気

数年前から人気のシマエナガです。北海道全域に生息ししています。シマエナガは寒ければ寒いほど羽毛の中に空気を溜めて膨らむそうで、真冬の丸いもふもふ姿が人気です。

昨年もこのブログに書いたのですが、1年で最も寒いとされる暦の「大寒」の始まる日が「シマエナガの日」と制定されています。2024年は1月20日から2月3日までが「大寒」なので、昨日の1月20日が「シマエナガの日だそうです。
IMG_10003_convert_20230730052718.jpg

ブームの今は北海道各地でシマエナガのぬいぐるみを見かけます。

恵庭道の駅
IMG_5511_convert_20231108102729.jpg

紋別道の駅
IMG_4453_convert_20231108102741.jpg

小清水道の駅
IMG_4403_convert_20231108102802.jpg

摩周湖レストハウス
IMG_2388_convert_20231116091053.jpg

見かけるのはぬいぐるみだけではありません。

旭川ではおまんじゅうになったシマエナガ
IMG_4649_convert_20231108102752.jpg

恵庭では巾着袋になったシマエナガ
IMG_5512_convert_20231108102812.jpg

帯広では絵馬になったシマエナガ
IMG_3806_convert_20231108102820.jpg

もちろん私は実物を目撃したことはありませんが、上級者は鳴き声を頼りにシマエナガを探すそうです。見つけても、動きは早く、じっとしていないので写真に収めることが困難なようですね。
bird_shimaenaga.png
冬が終わるとシマエナガは再び森の奥に帰ってしまうため、姿を見かけなくなるそうですが、グッズになったシマエナガは真夏でも北海道各地で見ることができます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

同じ目線の高さで八角塔屋根

北海道を代表する札幌赤れんが庁舎は前回書きましたように現在改修工事中です。その工事の様子が公開されていますので、その見学施設に入りました。
IMG_5117_convert_20230723094429.jpg

訪れたときはシンボルの八角塔屋根が展示されていました。
IMG_5119_convert_20230723094440.jpg

このようなときでないと目の前で見ることは出来ません。確かに近くで見ると塗装も老朽化しているようすがわかります。
IMG_5120_convert_20230723094456.jpg

見学施設の2階からは八角塔の最上部が見られます。上はこんな感じになっているのですね。同じ高さの目線で八角塔屋根を見られるのは貴重です。
IMG_5122_convert_20230723094508.jpg

3階に上がると屋根の修復工事の様子が見られると同時に、赤れんが庁舎の歴史がわかる資料が展示されています。
IMG_5134_convert_20230723094520.jpg

2025年リニューアルオープンということなので、まだしばらく先の話ですが、この見学施設は来年5月で終わります。今だけのレアな施設です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

道の駅「しらぬか恋問」

道の駅 しらぬか恋問です。「コイトイ」という地名は北海道には多く、アイヌ語で「波が崩す・越える」という意味です。白糠町の「コイトイ」は、これに「恋問」というロマンチックな字を当ててウリにしています。
IMG_3993_convert_20230801110836.jpg

北海道で4番目に出来たという古い道の駅で、物産館の「恋問館」では、白糠町ならではのお土産や海産物、野菜などの特産品が並んでいます。
IMG_3995_convert_20230801110846.jpg

レストラン「むーんらいと」が併設されており、豚丼が人気のようです。
IMG_3997_convert_20230801110857.jpg

道の駅の裏は太平洋を一望できる恋問海岸です。いい気候のときは海岸の木に座って何か食べるのもありです。
IMG_3998_convert_20230801110915.jpg

敷地の隅っこに展望台のようなものがあります。
IMG_4001_convert_20230801110927.jpg

上がってみましたが、どうもこれは道の駅の斜め向かいにある太陽光発電施設を見るための展望台みたいです。それ以外はこれといって眺めがいいわけではありませんでした。
IMG_4004_convert_20230801110938.jpg

白糠町の国道38号線沿いにある道の駅です。もうほとんど釧路市といっていいような場所です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

馬もいろいろin北海道

ひとことで馬と言っても大きな馬から小さな馬までその大きさは千差万別です。今日は北海道で出会ったいろいろな大きさの馬を紹介します。

軽種は体重400~500kgのスマートな馬です。その代表格はサラブレッドで、競走馬や乗用馬として活躍しています。下の写真は網走原生牧場の軽種のアラブ種です。
IMG_0629_202302211428084de.jpg

それに対して重種は体重800~1000kgもある大きな馬です。昔は農耕馬として使われていました。ばんえい競馬のばん馬重種です。下の写真は帯広ばんえい牧場十勝ばん馬です。
2019G3X (617)

中間種はその名の通り軽種と重種の中間です。代表格はクォーターホースです。下の写真は小樽春香ホースランチクォーターホースです。
P1000057.jpg

和種馬は日本の在来馬です。現存するのは8種類でいずれも希少です。和種馬は小柄で胴長短足のずんぐりとした体形が特徴です。ただ時代劇では絵になりにくいのでサラブレッドが使われます。下の写真は鶴居どさんこ牧場北海道和種どさんこです。
ho2006 78

そして最近人気なのがミニチュアホースです。大人でも体高は80cm以下です。おとなしく優しい性格なので、小さい子どもの遊び相手として最適です。下の写真は日高町おひさま牧場です。
IMG_2012_20230118133435dcc.jpg

重種の馬とミニチュアホースの対格差は下の写真の通りです。ちなみに写真は中札内村花畑牧場のイベントでの1シーンです。
122_20230118161128edb.jpg

それにしても、こんなに対格差のある2頭が出会ったとき、お互いに同じ馬だとわかるのでしょうか。まあそれを言い出すと犬でもセントバーナードとチワワなら同じ状況ですけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ニセコ高橋牧場から羊蹄山

ニセコ高橋牧場です。
IMG_1624.jpg

ここから見る羊蹄山は格別です。手前が広い牧草地で、電線などの障害物もありません。「映え」のために置いてある牧草ロールの位置もなかなかです。
IMG_1623.jpg

目を左にやるとニセコアンヌプリも近くに見えます。
IMG_1633.jpg

羊蹄山の左右対称の美しい形は、まさしく蝦夷富士の名に相応しい山容です。
IMG_1622.jpg

高橋牧場は農地を合わせると100ヘクタール(東京ドーム約21個分)の敷地があります。北海道ならではのスケールです。
この風景を見るだけでもここに来る価値はありますが、来るとどうしても何か食べたくなります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

駅舎初の国の重要文化財

九州の門司港駅は1914年(大正3年)に門司駅として開業しました。その後、門司港駅と改称され、1988年には鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定されました。昨日紹介した北海道旧室蘭駅舎が役割を終えて保存されているのに対して、この駅舎は現役バリバリです。
IMG_0737.jpg

木造2階建ての駅舎はネオルネサンス様式で、左右対称の造りが特徴的で「」を表現しているとも言われています。正面の大時計は大正7年に取り付けられたものですが、その歴史的価値から残されています。
IMG_0652.jpg

2019年に復元工事が終了し、外観だけでなく内部のコンコースも当時の姿になりました。
IMG_0657.jpg

ホームにはベンチなどがありません。一直線に抜けたホームと「もじこう」のレトロな駅名表示が人気です。柱や屋根の内側は木製で、屋根を支える梁には線路のレール材が使われています。先日紹介した小樽駅4番ホームと同じ雰囲気です。
IMG_0659.jpg

関門連絡船就航当時に駅から桟橋までの約100mを結んでいた「関門連絡船通路跡」が残され、その傍らに旧日本軍の命令で設置された渡航者用監視窓の跡も残っています。
IMG_0663.jpg

1階にはスターバックスがあります。この奥にエレベーターがあり、2階の貴賓室を見学することもできます。
IMG_0672_20221031151922a24.jpg

ちなみに毎週火曜日には豪華列車「ななつ星in九州」がやって来るそうです。午後1時半から1時間停車しているとのことで、その時間帯にいればぜひとも見たかったですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

かまぼこのファーストフード店

北海道かまぼこ専門店と聞いて、私がまず思い浮かべるのは小樽かま栄です。
IMG_1594.jpg

小樽運河近くに工場と直営店があります。数年前にリニューアルされて店内も明るく広くなりました。
IMG_1597_20220606201942020.jpg

イートインスペースもありますので、買ってそのまま店内で食べる人も多いです。商品によっては揚げたてのぬくぬくです。揚げたての練り物ってぷりぷりで美味しいですね。
IMG_1595.jpg

やはり人気No1はパンロールです。スケトウダラのすり身に豚肉と玉ねぎを加えて、極薄のパンで包んで揚げたものです。
IMG_1596_20220606202009f76.jpg

これが家の近くにあれば頻繁に行くのですけどね。練り物専門のファーストフード店というのは兵庫県内であればヤマサ蒲鉾がありますが、姫路ですので自宅からは少々遠いです。そりゃ小樽よりは近いですけど…

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース