鉄砲痕に気をつけて

初詣に訪れた京都の護王神社のすぐ前に御所の入口である「蛤御門」があります。
ここは幕末に長州薩摩会津が衝突した「蛤御門の変(禁門の変)」で有名な場所で、門には当時の鉄砲痕があるといわれています。
IMG_21194.jpg

実際にそれらしき痕が門のあちこちにあります。しかしそのほとんどはいたずらで付けられたものだそうです。ネットなどにはいたずらの鉄砲痕の写真が本物のように載っていたりします。下の写真もいたずらです。
IMG_21192.jpg

係りの方の話では、実際の鉄砲痕は風雨にさらされほとんど消えているそうです。
この門でニセモノの鉄砲痕を見て、幕末の戦乱風景を思い浮かべた歴史ファンもいると思います。どこでも心無いことをする輩はいるものです。
IMG_11191.jpg

世界遺産云々と言う以前に御所の門に傷をつける神経も信じられませんね。
IMG_21200.jpg

蛤御門を通られるときには「ニセの鉄砲痕」に惑わされないようお気を付けください。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト



五稜郭を見習うべき

大阪府の堺市役所高層館21階展望ロビーから百舌鳥古墳群を見渡すことができます。
IMG_10171_20170617114524ae0.jpg

一番近くに見えるのは反正天皇陵古墳です。全長148m前方後円墳ですがその形は確認しづらいです。
IMG_10181.jpg

そして仁徳天皇陵古墳です。全長486m日本一ですが、やはり前方後円墳であることはわかりにくいですね。
IMG_10173_20170617114522c27.jpg

さらにその南にある履中天皇陵古墳です。全長365m日本3位といわれています。
IMG_10178.jpg

展望ロビーの高さは約80mありますが、古墳から離れているので、それぞれこんもりした森にしか見えず、あの前方後円墳の独特の形を確認することはできません。
世界遺産をめざす動きはありますが、せめて仁徳天皇陵古墳と履中天皇陵古墳の間に100mクラスの展望台が必要のように思います
IMG_10175_201706171145209c9.jpg

ちなみに函館の五稜郭もかつての五稜郭タワー高さが60mほどで独特の星形はほとんど確認できませんでした。
IMG_10008.jpg

それを2006年に新しく立て替えて高さ107mにしたため全容が確認できるようになりました。
1160f.jpg

あの前方後円墳の独特の形や大きさが俯瞰で確認できなければ、古墳マニアでもない限りわざわざ遠方から見に来る人がいるか私には少々疑問です。

(古墳名はわかりやすいように従来の通称名にしました)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

姫路城、少し落ち着く

平成の修理」が終わってちょうど1年の世界遺産国宝の「姫路城

IMG_10008_20160315161659baf.jpg

人出も当初と比べるとずいぶん落ち着いてきたようなので行ってきました。
修理中修理完了直前に見ましたが、修理の足場が外れた天守を見るのは久しぶりです。
白さが眩い。

IMG_10020_20160315163532811.jpg

下の写真は天守最上階からの眺めです。
ここからだと屋根の白漆喰が目の前に見られます。
そして眼下に三の丸広場、そして大手前通りが正面に見えます。

IMG_10017_201603151616580e1.jpg

これからのシーズンを迎えると多くの人で混雑しますが、開花前の平日の朝一番というタイミングを選んだおかげでゆっくりと見学できました。

IMG_10048_201603151616584ad.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


官兵衛に乗っかれ~!

NHK大河ドラマ軍師官兵衛」が放映されています。姫路城のすぐ目の前に大河ドラマが特設されています。

IMG_11876.jpg

それでも国宝世界遺産の姫路城を有する姫路市にとって、大河ドラマで地元ゆかりの黒田官兵衛を取り上げてもあまり関係ないかと思いきや全力をあげての乗っかりようでした。

IMG_11885.jpg

写真の石垣は姫路城の中でも古い年代の石垣で貴重なものです。
以前は大きな表記はなっかたかと思うのですが、「官兵衛の石垣」と銘打って、順路誘導の表示ができ、その場所にも目新しい案内板ができていました。

IMG_11902.jpg

また天守は平成の大修理で近づけないですが、下の写真の「十字紋の鬼瓦」の下までは行けるようになっていました。
この瓦もキリシタンの黒田官兵衛に関係があるという話もありますが、否定的な説の方が有力のようです。

P11010086.jpg

そもそも今の五重の姫路城は1609年に池田輝政が完成させたものですから、本来はその関係の解説や展示がたくさんあってしかりですが、今は黒田官兵衛が主役です。
とにかく姫路駅から姫路城までのいたる場所に官兵衛の文字があります。
最近は大河ドラマの視聴率の低下が取り上げられますが、それでもやはりNHKの影響力は大きいのですね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


姫路城が白い!

国宝世界遺産姫路城
今は平成の大修理中ですが、この4月に城を覆っていた工事のための壁が取り払われました。
噂には聞いていましたが、姿を見せた天守は真っ白!

IMG_11910.jpg

別名は白鷺城というだけあって白いのはわかりますが、想像以上に白い!

P11010092.jpg

漆喰の壁が汚れて黒っぽく見えていたのが、きれいに塗り直され本来の白い姿に戻ったわけです。
さらには、壁だけでなく屋根目地にも白漆喰が施されていることが、全体的に雪が積もったように「白い」印象を強くしているようです。

IMG_11904.jpg

完成は来年の3月なので今は中はもちろん近くにも行けません。
ただ、この白さも徐々に黒っぽくなっていくとのことですので、本来の真っ白な姫路城を見るチャンスは覆いのはずれた今かもしれません。

IMG_11895.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


焼けずに残っていてほしかった・・

安土城織田信長標高199mの安土山に築いた城です。しかし本能寺の変の直後に焼失しました。(誰が火を放ったかは諸説あるようです)
下の写真の3つのこんもりした真中の山頂にありました。

1010_201404282048385f3.jpg

城は復元されていませんが、天守跡まで石段が整備されていますので、20分ほどで登ることができます。

1020_20140428204838136.jpg

下の写真は天守跡です。ここに五層七重(地上六階・地下一階)の木造高層造りの天守が建っていました。写真は地下一階部分の礎石です。

1030.jpg

さらに下の写真はここからの眺望です。
天守は33mの高さがあったといいますから、織田信長はこの写真以上にひらけた景色を眺めていたのですね。

1040.jpg

ちなみにそれほどの高さを誇る木造建築は当時はヨーロッパでも類を見ないそうです。現存していれば、国宝はもちろん、間違いなく世界遺産に指定されていましたね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


知床五湖の木道

もう昨夏のことなのですが、久しぶりに知床五湖に行きました。
世界遺産に登録されて以来初めてです。
この日は天気も良く、それでも早朝だったので人は少なかったです。

1191t.jpg

最近ではかつての五湖の散策路レクチャーを受講したり、ネイチャーガイド同行のツアーなどでないと歩けなくなり、通常は木道で一湖へ行けるのみです。

1192y.jpg

木道は大蛇のようにくねくねしていました。だから距離的にはけっこう歩きました。

1094x.jpg

かつて1時間以上かけて5つの湖を巡ったのが懐かしいです。こうなるならもっと堪能しておくべきでした。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


旅の夕景も運次第

世界遺産でもある広島原爆ドーム
1125k.jpg

ここは広島きれいな夕景のスポットでもあります。
1130j.jpg
何度も通う北海道では夕景に巡り合う機会が少ないのに、たった一度の広島では見事な夕景に出会いました。
1127u.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


水あるもよし、ないもよし

世界遺産宮島厳島神社。やはりシンボルは朱色の大鳥居です。

私が着いたときは干潮で、大鳥居まで行って触れる状態でした。
1060e.jpg

午後には海水が満ちていて、いわゆる一番写真で見かける海の中の大鳥居でした。
1110w.jpg

それぞれに良さがあります。

ちなみにこの大鳥居単に石の台座の上に乗って立っているだけだそうで、鳥居の中の数トンの石の重みで荒波の時もびくともしないで立っているそうです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


青空!ウトロの海

世界遺産になってさらに観光客が増えた知床ですが、その中心はウトロです。
左端の遠くに小さく見えるのはウトロのシンボルオロンコ岩です。
IMG_02911.jpg

エゾシカの増加で草木が食い荒らされる中で高さが60mのオロンコ岩の上はエゾシカが来れないので自然な姿が残っている・・らしいです。ウトロには何度も行っていますがオロンコ岩には登ったことがありません。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース