オンコの荘の目前で力尽きた・・

焼尻島レンタサイクルで周りました。
先に天売島を同じくレンタサイクルで周りましたので、焼尻島に着いた頃にはかなり体力を消耗・・天売島はアップダウンが厳しい・・
それでも頑張ってオンコ自然林の中を走り、牧草地の間を抜け、そしてオンコの荘へ!

6D2014 (1215)

自転車はこの看板の手前に置いて歩いていくわけですが・・坂を上りきって眺めたら・・遠い!

向こうの木がこんもりしている辺りがオンコの荘です。
オンコの荘は、本来15mにはなるオンコの木が風雪のため1mくらいにしかならず横に伸びているオンコの植生地です。

6D2014 (1216)

オンコ自然林も見たし、ここは撤退・・とヘトヘト状態の夫婦の意見はすぐにまとまりました。

ちなみに焼尻島は8年前にも行きましたが、やはりオンコの荘には行っていません
今思うとたぶん同じ状況だったのだと思います。

X7 2014 (1127)


2度あることは3度ある、次に行く機会があってもオンコの荘にはたどり着かないような気がします(苦笑)


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



天売島と焼尻島

天売島焼尻島はすぐ近くに浮かぶ島ですが、その風景はずいぶんと異なっています。

私の場合は2島ともレンタサイクルで周りました。

まず天売島は断崖絶壁の場所が多く、ウトウの世界一の繁殖地としても有名です。
ターミナルの横の大きな人形はオロロン鳥(ウミガラス)で天然記念物に指定されています。
道北の日本海沿いの国道は「オロロンライン」と呼ばれており親しまれています。

6D2014 (1197)

天売島断崖絶壁の島なので、この島を自転車で1周するのはきついです。とくに赤岩灯台に至る坂は押して上がるしかありません・・

X7 2014 (1101)

焼尻島は2種類の風景が楽しめます。1つは島の3分の1を占める鬱蒼とした森、もう1つは拓けためん羊牧場です。

6D2014 (1198)

こちらは天売島と比べて高低差が少ないので自転車でも周りやすいです。

X7 2014 (1126)

それぞれ2時間くらいで1周できます。それぞれの詳しい写真はまた改めて紹介します。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


安土を巡る効果的方法

しばらく安土のことについて書いてきましたが、これで終わりです。

安土へ電車で行ったなら歩いて現地の史跡などを巡るわけですが、距離的にはけっこうあります。
それでも私自身、歩いて巡るつもりで行ったのですが、JR安土駅の前にレンタサイクルがあるのを見て自転車でいくことにしました。(写真はJR安土駅前でレンタサイクルの店が見えます)

4010.jpg

まず自転車で数分でセミナリヨ跡に付きます。1581年に創建された日本最初のキリシタン神学校です。
安土城焼失のときに一緒に焼失しました。その跡地だと推定される場所に碑が建っていて小さな公園になっています。

4020.jpg

さらにそこから数分で安土山の麓に着きます。ここに自転車を置いて天守跡まで往復します。1時間程かかりました。

4030.jpg

安土山から数分で滋賀県立安土城考古博物館です。県内の古代遺跡や安土城をテーマとした展示があります。

4050.jpg

ほとんど同じ敷地内に信長の館があります。ここには安土城の天守の5・6階部分を原寸大に復元されています。

4060.jpg

ただうるさいほどブログなどのネット掲載を禁止する表示があります。
仕方がないので安土山の麓の休憩所に展示されていた模型の写真を載せました。
この実物大で黄金のものが信長の館にあります。

4070.jpg

ここからJR安土駅まで戻って自転車を返却しました。所要時間は2時間45分でけっこうギリギリでした。
レンタル料は3時間までで700円です。この距離を歩くのはけっこう大変だっただろうなと思います。
少しでも多くの史跡を巡るためにもレンタサイクルはおすすめです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


サロマ湖の切れ目

サロマ湖オホーツク海とつながっている汽水湖です。
レンタサイクル砂州の真中へ進むとその切れ目が近くで見れます。
1043f.jpg
1044a.jpg

さらに自転車を進めるとこんな場所なのに真水が湧いている「ワッカの水」があり、ここが散策の終点となります。
ちなみに観光馬車ではここまで来ませんし、歩くのも無理な距離です。
1048x.jpg
1047r.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ワッカ原生花園の馬車

ワッカ原生花園散策レンタサイクルが一番だとは思いますが、体力的に無理な場合は観光馬車がおすすめです。
1033c.jpg

15年前に来たときには「照雄くん」というお馬さんが馬車を引いていましたが、さすがに世代交代したようです。
1036s.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ワッカ原生花園

サロマ湖オホーツク海を分ける細い砂州の上にワッカ原生花園があります。
1042b.jpg

意外と夏休み中は咲いている花は少ないですが、はまなすなどが見られます。
1031v.jpg

ここはレンタサイクルで行きました。
1032t.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


天売島はややきつい

天売オロロン鳥をはじめとする海鳥の生息地で有名です。
周囲の断崖絶壁に巣を作っています。
天売島のシンボルは海から直立した赤岩です。
CIMG0346_convert_20090501202406.jpg

レンタサイクルで島を1周できますが、けっこう起伏があり、押していかないといけない部分もあります。(電動自転車もありますが、稀少・・・)
自転車屋さんで簡単なマップも頂けます。
先にしんどいのと、あとからしんどいのと・・・それが先に天売か焼尻かの大きな判断材料でしょう。
IMG_0002_convert_20090501204324.jpg

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

二島物語~天売島・焼尻島~

天売焼尻は礼文島・利尻島よりもずいぶんと小さい島です。
羽幌から羽幌沿海フェリーが出ていて、これで渡ります。CIMG0332_convert_20090501200002.jpg

それぞれの島にはレンタサイクルがありますから、それを利用すれば欲張って1日に二島を巡ることも可能です。

ただし、これには条件があって夏の土日に限られます

なぜなら、夏の土日には高速船が出て便数が多いので、うまく予定を組めるのです。
ただし、朝8時の便に乗ることも必要条件です。

例えば私の行程では
羽幌 8:00発→天売 9:00着(天売島滞在 約3時間半)
天売12:40発→焼尻12:55着(焼尻島滞在 約3時間)
焼尻16:05発→羽幌17:00着

でした。(いずれも高速船を利用)
焼尻島を先に行くことも可能です。
IMG_convert_20090501200246.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース