西郷どんと篤姫

鹿児島市の「歴史と文化の道」は国道10号の歩道に整備された散歩道です。

まずは台座を含んだ高さが8mある大きな西郷隆盛像です。桜島を見据えるようにして立っています。ちなみに作者は渋谷のハチ公像と同じ人らしいです。
IMG_0543.jpg

国道を挟んだ向かいの中央公民館前からが撮影ポイントだといいますが、交通量が多いので車の流れの切れ目を狙って撮らないといけません。さらに記念写真を撮る場所と像が離れているので人にピントを合わせると像がボケます。ちなみに下の写真は像にピントが合っているので手前の桜島の絵がボケています。
IMG_0545_20220110194027ffb.jpg

そこから300mほど歩くと鶴丸城(鹿児島城)跡があります。1601年頃に作られた島津氏の居城です。現在は県歴史資料センター黎明館があります。
IMG_0539_20220110194027f7c.jpg

その正門の御楼門は高さ、幅ともにおよそ20mと国内最大の城門でした。明治に焼失してしまいましたが、地元の方々の声で令和3年に復元されました。
IMG_0548_2022011019402641f.jpg

その門の中には天璋院篤姫像があります。篤姫と聞くと私は大河ドラマで演じた宮崎あおいの顔を思い浮かべますが、当然ですが像は実際の篤姫の顔です。
IMG_0550_20220110194026dca.jpg

私は時間の都合で行きませんでしたが、このあたりから城山方面に歩いて上ると見晴らしの良い城山展望台西郷隆盛が西南戦争で最期を迎えた洞窟があります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



島津家別邸「仙厳園」

鹿児島仙巌園は1658年に島津家19代光久によって、島津家の別邸として築かれました。
IMG_0422.jpg

大河ドラマ「西郷どん」で渡辺謙が演じた島津斉彬はいち早く西洋の技術を取り入れようとした先進的な藩主として描かれていました。それは決して創作ではなく、実際にそうだったというのはここへ来れば垣間見ることができます。

入口正面にあるのは反射炉の跡です。鉄製大砲の鋳造のため、島津斉彬が築きました
IMG_0424.jpg

鶴灯篭は鶴が羽を伸ばした姿に見えることからそう呼ばれています。島津斉彬がガス灯の実験を行ったと伝わる灯籠です。
IMG_0464.jpg

正門は明治になって開通した道路に合わせて、29代忠義が建てさせました。
IMG_0427_20220110185440254.jpg

錫門は江戸時代の正門で、屋根は薩摩の特産品の錫で葺かれています。「西郷どん」にも出てきました。
IMG_0431_202201132030406b0.jpg

御殿は、29代忠義の代には本邸として、また国内外の要人を招く迎賓館としての役割も果たしました。
謁見の間は来客への応接に使用された部屋です。二間続きで、廊下も畳敷きであることから、一度にたくさんの人と会うことができました。
IMG_0444.jpg

仙巌園には大きな池や築山がありません。それは目の前の錦江湾と桜島を借景にしたためです。現在は海から少し離れていますが、当時はすぐ前が海岸線でした。
IMG_0441_20220110185439085.jpg

秀成荘奥芝生広場は敷地の一番奥になります。ここは桜島展望ポイントです。
IMG_0476.jpg

1万5千坪の仙厳園と島津家の歴史について紹介した尚古集成館を見て回ると1時間以上はかかります。そのことを考慮して立ち寄るべき場所です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

花々と有珠山

前回紹介した有珠山サービスエリアには四季折々の花々が植えられています。
IMG_1352.jpg

訪れたときはチューリップの季節でした。
IMG_1356.jpg

そしてこの花々と有珠山などを同時に撮れるのもこのサービスエリアならではです。
IMG_1351.jpg

夏に来たときはひまわりと有珠山を撮りました。
1185b_20120828064045.jpg

ただいつの季節でも青空が必要です。写真がきれいというのはもちろんですが、そもそもどんよりしていると有珠山でさえも見えないことがあります。
ということでせっかくの快晴時にここを通るのであればぜひ立ち寄ることをおすすめします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

有珠山SAから見える山々

道央自動車道有珠山サービスエリアです。その名の通り有珠山がきれいに見えますが、晴れていればそれ以外の有名な山々も見えます。
IMG_1361.jpg

しかし見えている山が何山かよくわからないので、あとで確認できるようにまず設置してある解説パネル(下の写真)を撮りました。
IMG_1349.jpg

そして実際の山々の風景が下の写真です。さすがに正面の有珠山とその右の山肌がむき出しの昭和新山は一目瞭然です。
IMG_1343.jpg

その昭和新山の左に顔を覗かせているのがニセコアンヌプリです。
IMG_1347.jpg

そして昭和新山の右には羊蹄山が見えています。
IMG_1346.jpg

さらには肉眼では駒ヶ岳もうっすらと見えてはいたのですが、カメラに収めるのは無理でした。

解説パネルを見て意外だったのは、洞爺湖に浮かぶ中島もここから見えることです。
IMG_1348.jpg

実際に上の写真のように昭和新山の右に先端が見えていましたが、カルデラ湖の中に浮かぶ島が海近くのサービスエリアから見えるというのは驚きでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

六甲のあじさい4枚(__)

今日はあじさいの過去画像のみです(__)
047.jpg
046.jpg
007_202206181306532ac.jpg
021_20220618130652b5c.jpg
神戸市立森林植物園

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース