参道を横切る線路

前回紹介した白糠町白糠厳島神社ですが、ここには普通の神社とは違うレアな光景があります。

実はこの神社の参道をJR根室本線の線路が横切っています
IMG_3974_convert_20230731202909.jpg

しかも踏切には遮断機はおろか、警報機もありません。あくまで自分でしっかり確認して渡らないといけません。
IMG_3985_convert_20230731202935.jpg

しかしこの踏切は両方向とも踏切の手前でカーブしており見通しがよくありません。
帯広方面
IMG_3978_convert_20230731202947.jpg

釧路方面
IMG_3979_convert_20230731203002.jpg

列車が来ていないか目視するのはもちろんのこと、列車の音がしていないか耳でも確認して渡らないといけません。
このように遮断機・警報機のない踏切第4種踏切といいますが、全国には約2400カ所もあるそうです。最近も群馬県の第4種踏切で9歳の女の子が列車にはねられて亡くなるいう痛ましい事故がありました。
IMG_3991_convert_20240413093502.jpg

この白糠町白糠厳島神社の踏切も祖父母が孫を連れて渡るケースもあるでしょう。視力や聴力、歩行能力に衰えがある高齢者にとっては危険な踏切です。しかし遮断機・警報機を付けるのには1500万~3000万円かかるそうです。
IMG_3988_convert_20230731203018.jpg

下の写真のように鳥居の前は国道で、国道の向こうはすぐ海なので、線路は参道を横切るしかなかったのかもしれません。
IMG_3984_convert_20230731201709.jpg

帯広-釧路間のJR根室本線が廃線になるまで参道を横切るレアで危険な踏切は存在するのでしょう。

ちなみに関西でも近鉄電車神社の参道を横切っていますが、そこは警報機や遮断機がある安全な踏切です。
29464884_m_convert_20240416053628.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト



宮島でなく白糠の厳島神社

釧路の西の白糠町にある白糠厳島神社です。江戸時代に安芸宮島の厳島神社から分霊してできた神社と伝わっています。
IMG_3972_convert_20230731201617.jpg

下の写真の二の鳥居をくぐって石段を上がった先に本殿があります。
IMG_3983_convert_20230731201643.jpg

釧路市米町にも厳島神社がありますが、今回紹介している厳島神社釧路市の隣の白糠町にあります。
IMG_3987_convert_20230731201658.jpg

国道38号線から100mほど離れた標高24mの高台に鎮座しています。
IMG_3984_convert_20230731201709.jpg

白糠厳島神社例大祭」は夏の風物詩として地元民に愛されています。もちろん私は祭りは見たことはありませんが、クライマックスの海に入って神輿を清める海中神輿は見応えがあるそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ミャクミャクってかわいいかなあ…

大阪万博開幕まであと1年になりました。
当初の予算よりもどんどん膨らむ上に、大屋根やデザイナーズトイレなどに惜しげもなく大金をつぎ込む姿勢に批判は強くなる一方です。
大阪維新の会吉本興業協賛大手企業在阪テレビ局を掌握していますから、開幕1年前の金・土曜日は関西ローカル番組で朝から夕方まで万博情報を放送し、吉本のタレントや吉村大阪府知事が出演してPRしていました。レポーターも街へ出て万博で盛り上がっていると大騒ぎしていましたが、実際に街が万博で盛り上がっている様子はまったく感じません。ほとんど花が咲いていない花畑でわずか数本でも咲いていれば、たくさん咲いているかのような映像を撮って伝えるのがテレビですからね。
IMG_0010_convert_20240301153045.jpg

ところで、大阪万博が盛り上がらない要因湯水のごとく使われる費用万博の先に見えるIRへの反対が大きいですが、それ以外に公式キャラクター「ミャクミャク」の使用制限の厳しさを指摘する意見があります。
大阪のある商店街では「商店街に万博関連の販促物やポスターなどを掲示しようとしたんですが、『あれはダメ、これはダメ』と縛りがキツすぎる。みんな呆れていますよ。一部の大企業だけじゃなく、大阪全体で万博を盛り上げなきゃいけないのに、お偉いさんは何を考えているのか。疑問しかないですわ。」という声も出ています。
awaa_2024-04-05_161328_convert_20240405161540.jpg
それと正反対なのが熊本の「くまモン」です。「くまモン」は国内企業の商標使用は無料です。熊本県にすれば損のように思えますが、「くまモン」が広がることで観光客が増え、熊本経済の活性化につながるのであればOKという発想です。熊本へ行ったときに「くまモン」のグッズを買いましたが、そういう事情もあってか意外と安かったです。
IMG_0186_20221029181243c8c.jpg

ただそれ以前に私は「くまモン」はかわいいと思いますが、「ミャクミャク」はそう思いません。もちろんその外見にはいろいろな意味が込められていますが、結果として少し怖いというか気味が悪いように感じてしまいます。昔、水木しげるの漫画に百目という妖怪が登場したことがありますが、私は初めてミャクミャクを見たときに百目を連想しました。
story_img_1_convert_20240411164535.jpgaazz 2024-04-11 170641

かわいいという人もいるでしょうから、以上はあくまでも個人的な感想ですが、それでも私のように感じる人間も少なくないのであれば、「ミャクミャク」が広まらないのは、使用制限云々という以前にキャラクターデザインに問題があるようにも思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

物産展で豚丼とアイス

阪急うめだ本店北海道物産大会が開催中です。昨日のブログで書いた造幣局の桜の通り抜けに行った帰りに寄りました。
aa2024-04-10_182745_convert_20240410183423.jpg

こちらのイートインコーナーで豚丼を食べました。「豚丼ポルコ」という函館の店で、札幌江別にも出店しているようです。帯広から取り寄せた希少なブランド豚「かみこみ豚」を使用した豚丼です。「かみこみ豚」は脂身がとても甘く柔らかい肉質が特徴です。
IMG_0082aa_convert_20240410195220.jpg

メニューは2種類で、私が食べたのは十勝特製豚丼(1430円)です。肉が柔らかく、名前の通り帯広の豚丼を感じさせるタレと焼き方でした。
IMG_0085_convert_20240410183439.jpg

家内が食べたのは函館塩豚丼です。一切れ分けてもらいましたが、肉の甘さがより強調される感じがしました。「かみこみ豚」のおいしさを味わうにはこちらの方がいいように思いました。北海道でこの店に行く機会があれば塩豚丼を注文します。
P1010513_convert_20240410183452.jpg

そのあとスイーツエリアに行き、デザートにソフトクリームをいただきました。8種類の店のソフトクリームから選べます。
IMG_0098_convert_20240410183524.jpg

私が食べたのは中札内十勝フロマージュベリーベリーマスカルポーネソフトクリーム」です。ほのかにチーズの香りがしました。
IMG_0096_convert_20240410183505.jpg

家内は旭川スノークリスタルあさひやま北海道奇跡のプリンソフトクリーム」でした。
IMG_0094_convert_20240410183515.jpg

持ち帰りの豪華な海鮮弁当などは平気で3000円以上するのでとても手が出ません。それでも北海道と聞くと財布のひもが緩む人が多く、けっこう売れているようです。
food_kaisendon.png
私は今回のようにイートインコーナーで1500円ほどの飲食をして帰ってくれば十分に満足です。それでも現地のお店よりは割高なんですけどね。まあそれは仕方ありません。
ちなみにイートインの店や販売店の多くは期間の前後半で入れ替わります。つまりお客さんを期間中に2回足を運ばせる戦略です。阪急百貨店もなかなか商売上手です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今年も「通り抜け」ました

昨年に続いて大阪造幣局の「桜の通り抜け」に行きました。明治16年から始まり、今年で141年目という歴史のあるイベントです。
南門から北門までの560mの間に141品種340本の桜が植えられています。そこを桜を見ながら一方通行で通り抜けます。
IMG_0034_convert_20240410152737.jpg

造幣局の桜は八重桜など遅咲きの品種が中心ですが、今春はさらに開花が遅れ、開催期間の前半は咲き始めから五分咲きほどだったようです。私が訪れたのは最終日の1日前でしたが、見頃と晴天がマッチした貴重な日でしたので、大勢の人が来ていました。ちなみに開催期間は4月5~11日でした。
IMG_aaa0010_convert_20240410154949.jpg

その年の人気投票で1位の桜が翌年の『今年の花』になります。ということで昨年1位だった「大手毬」という品種が『今年の桜』に選ばれていました。たくさんの花が枝先に密生して咲いて大きな手毬のようなことからこの名が付けられました。ここ以外ではあまり見ることができない珍しい桜です。
IMG_0065_convert_20240410152747.jpg

珍しいといえば下の写真の「御衣黄」という桜も変わっています。一見すると葉っぱだけのように見えますが、よく見るとかわいい薄い緑の花が咲いています。
IMG_0061_convert_20240411092024.jpg

さらに今年は「松前薄重染井」という新たな品種が登場しました。北海道松前町の桜研究家浅利政俊氏がソメイヨシノと里桜を交配してつくった桜です。松前の浅利氏はいろいろな桜を交配して新しい品種を作っているようで、松前○○という名前の桜が何種類もありました。
IMG_0016_convert_20240410152758.jpg

この通り抜けで一番多い品種が八重桜の「関山」という品種です。造幣局にはこの木が60本あるということで、この花が咲く時期と、『今年の花』の見頃に合わせる形で予想して通り抜けの開催時期を決定するそうです。
IMG_0056_convert_20240410153624.jpg

ただ今年は3月末になって寒い日が続き、急に桜の開花が遅れたので、この「桜の通り抜け」も完全な満開まであと数日開催日が長ければよかった感じでした。
IMG_0052_convert_20240410153810.jpg

それでも全体として八分咲き以上でしたので見応えは十分でした。
IMG_0032_convert_20240411093256.jpg

例年であれば、造幣局の桜が咲く頃には前の大川沿いのソメイヨシノは散っているのが普通ですが、今年は両方の桜がきれいに咲き揃うという珍しい春でした。
IMG_0003_convert_20240410161340.jpg

でも思い返せば、関西では昔はソメイヨシノの満開は4月になってからで、入学式は満開の桜の下で記念写真を撮るのが恒例でした。いつの間にか3月にずれてきたのが、今年は急に昔に戻ったということです。
nyugaku_girl.png
このあと桜前線は北東北北海道と北上していきますが、それも例年に比べると早いのではないでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

これまでの訪問者数
FC2ブログランキング
にほんブログ村ランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

人気ブログランキング
★ランキング参加中★ クリックしてね~
リンク

このブログをリンクに追加する
応援

松原一彦立体造形作品


名寄 北の天文字焼き


札幌レンタリース